ワイキキビーチマリオット・ハイアットリージェンシー・
アウトリガーワイキキオンザビーチ編 (ブログでホテル比較)ハワイ “4つ星ホテル” お気に入りランキングと人気の理由 3/3

わりと最近宿泊した7件の4つ星ホテルを、比較を交えて口コミしています。

この頁は「ワイキキビーチマリオットリゾート&スパ」「ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパ」「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート ホテル」編。

部屋からの眺望・プール・コインランドリー・朝食・レストラン等、ホテル選択の読み物になればと、他ホテルとの比較を念頭に置きながら書いてみました。

尚、当ブログにありますクチコミ・ランキングは、私見以外の何者でもないことをお断りしておきます。
では、ハワイ オアフ島「4つ星ホテル編(その3)」をどうぞ。

スポンサーリンク

当ブログで、比較口コミするホテル【デラックス、Aグレード】
(私が泊まったオアフ島4つ星ホテル)

2016年現在、下記のオアフ島4つ星ホテルのうち、私が実際泊まったことがあるのは、ピンク字で書いた下記7ホテルです。

【ワイキキの4つ星ランクホテル】・・・アイウエオ順
  • アウトリガーリーフワイキキビーチリゾート
  • アウトリガーワイキキ オン ザ ビーチ
  • エンバシースイーツ ワイキキビーチウォーク
  • ザ モダン ホノルル
  • シェラトン ワイキキ リゾート
  • タートルベイ
  • ハイアットリージェンシー ワイキキビーチリゾート&スパ
  • ハワイ プリンスホテル ワイキキ
  • ヒルトン ハワイアンビレッジ ワイキキビーチリゾート
  • モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ
    ⇒ モアナはHIS・JALパックで、4つ星ではなく5つ星の最高級ホテルにランク分けされてます!ちなみにJTBは4つ星ランク。
  • ワイキキビーチマリオット リゾート&スパ

HIS:デラックス、JTB、JALパック:Aグレード

この7つ限定ではありますが、お気に入りランキング、おすすめポイント、私は微妙だった点などを、私自身の旅行記から抜粋。箇条書きにしてみました。ちなみにこのシリーズはページが分かれています。コチラも宜しければどうぞご覧くださいませ。

「5つ星・最高級ホテル」の比較口コミ編
ハワイホテル 価格帯別ランキング!ホテル地図&グレード別口コミとおすすめ

「4つ星・高級ホテル」の比較口コミ編 -1
ハワイ 高級ホテルおすすめランキングと人気の理由。4つ星ホテル編-1

「4つ星・高級ホテル」の比較口コミ編 -2
ハワイ 高級ホテルおすすめランキングと人気の理由。4つ星ホテル編-2

ワイキキ・ホテル地図はコチラ(オリジナルマップ付きホテル・コンドミニアムトップ)
ハワイのおすすめホテル・コンドミニアム - 地図・宿泊比較レポ!
ワイキキホテル地図

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパ。
ロビーが新しくなって、今いちばんオススメ!

ワイキキビーチマリオット口コミ

ワイキキビーチ マリオットホテルは、ワイキキ東側に位置する大型ホテル。

2015年夏にロビーフロアの改装が終わって、めちゃくちゃ綺麗になりました!

中心部から少し歩く事をいとわなければ、2016年現在、1〜2位を争う程のおすすめ4つ星ホテルかも!

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパの特徴
色んなホテルに泊まって分かる良さと不便さ

ロビー・レセプションがカッコ良くなった!

ワイキキビーチマリオット 口コミ レセプション

改装後のレセプションはこんな感じ。

ワイキキビーチマリオット 口コミ 改装後

最近ハワイで流行ってる大人っぽいインテリアです♪

椅子がたくさん配置されているので、風の抜けるロビーで寛ぐこともできます。

marriott-waikiki-beach-lobby.jpg

奥には「シアトルズベストコーヒー」もあるので、コーヒーを買って、ここで寛ぐのもいいですね。

贅沢な時間の使い方って感じで。

やっぱり、改装されたばかりって、気持ちいい〜〜

ハイアット端から徒歩6分、免税店からは徒歩15分。「ワイキキをウォーキング&ショッピングしながら歩けばそのうち着く」という距離感。

ちゃんとストップウォッチ機能で測ってみました!
実際、歩いて何分掛かったか。(←毎度おなじみ暇人レポ)

途中、「人混みがあって前へ進みにくくても、その速度のまま計測 & 信号待ちも時間にカウント & 店には立ち寄らない」という条件のもと、ハイアットリージェンシー・ダイヤモンドヘッドタワー入口付近からマリオットまでは6分、Tギャラリア(旧DFS・免税店)からは15分でした。

カラカウア通りは、ホノルル動物園付近まで店がずーっと軒を連ねていて、ワイキキビーチマリオットもその途中にあります。だから、お店に入ったり、景色を楽しんだりしながら「散策も観光の一部」と楽しんじゃえるタイプの方なら、全く苦にならない距離&時間だと思います。

アラモアナセンターからの帰りなら、トロリーに乗っちゃえば良いしね。

ちなみに夜も賑やかなので、暗くなっても徒歩で帰れます。

“通り沿い” オーシャンフロントホテル の特徴と宿命(ワイキキ東側)

部屋からの眺望は引けを取らない

ワイキキビーチマリオットのプールサイドより
▲ワイキキビーチマリオットのプールサイドより
カラカウア通りの向こうがビーチ

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパは、ワイキキビーチの目の前。

通りを1本挟みますが、遮る建物は何も無い!

なので、オンザビーチにある一等地ホテル・同等カテゴリー同士で比較しても、景色の素晴らしさは遜色ない!と思っています。

この写真は3階プールから撮影したもの。ビーチが道路向こうに広がっているのが見えます。

オンザビーチの一等地ホテルには無くて、ワイキキビーチマリオットにあるものは、昼は海、夜は夜景っていう2種類の良い景色を部屋のバルコニーから堪能できる点かもしれませんね。(デラックスオーシャンビュー・オーシャンフロントジュニアスイート)

通り沿いオーシャンフロントホテルなので、1階は中庭。プールは3階

ワイキキビーチマリオットの中庭
▲ワイキキビーチマリオットの中庭
奥に進むと、建物で囲まれたお庭が出現

でも、四方向が道路で囲まれているのは紛れもない事実。

それゆえ、オンザビーチにある他の有名ホテルのように、

「エントランスから風を感じて奥へ進むと、そこは青い海とプールが広がっていた」

ってことは・・無いです(笑)

(前述の通り、道路を渡ったら海ね)

その代わり、奥に進むとこのような中庭があります。ちょっと地味ではあるけれど。。。

(寛ぐ感じではない)

それと、プールは3階なのです。

仕方ないのですが、「ビルの中にあるプール」という感は否めないかなぁ〜

ワイキキにあるホテルやコンドミニアムの殆どは、四方向が道路かビルに囲まれているため、こういう造りは “普通” だし、私は気にならないです。

が、しかし、「オンザビーチにあるホテルと比較検討することも多いワイキキビーチマリオット」・・・ということで、一応書いてみました。

マリオットのプール・コインランドリー。

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパのプールは2つ
▲ワイキキビーチマリオットのプールは2つ

プールは、3階に四角いのが2つ。温水プールでした。

ジャグジーもありましたよ。

プールの営業時間は、6時〜23時と長いのが特徴。

ワイキキでは3番目に大きなホテルなのですが、その広い敷地をめいいっぱい使って、だだっ広いプールエリアを作っている割には・・・プール小さくないですか? 縦長敷地だから仕方ないか。

私が思うに、プールはちょっと庶民的な雰囲気。(他の4つ星ホテルとの比較で)

Waikiki Beach Marriott Resort & Spaのビーチチェアとモアナテラス
▲プールサイドには、沢山の椅子とモアナテラスが

でも、リクライニングチェアの数は結構あるからね。

私が行く時はいつも、チェア争奪戦とは無縁な感じです。

また、プールサイドには「モアナテラス」というリゾート感たっぷりのレストランバーがあって、毎晩、生演奏をやってます。(写真右)

食べてないので味は分からないのですが、夜のムードは満点です。

ちなみにプールから海は見えないけど、この「モアナテラス」からはバッチリ見えます。(夜は見えないけど)

それと、マリオットにもコインランドリーがありました。
洗濯機・乾燥機とも数はまあまあだったような(8台〜10台くらい)。

また、目の前のビーチにはボディーボード専用ポイントもあるそうです。
アクティブな子連れファミリーさんには良いかもですね。(レンタルできるらしい)

日本人専用デスクがある

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパにも、アウトリガーリーフと同様、日本人専用カウンターがあります。混雑することもありますが、何かと便利ですね。

珍しいファミリールームがある

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパには、正規ベッド4台あるファミリールームがあります。とっても珍しいです。コネクティングルームで2部屋頼むより楽しそうですね!

ワイキキビーチマリオットリゾート&スパの眺望例

パーシャルオーシャンビュー

ワイキキビーチマリオット リゾート&スパ パーシャルオーシャンビュー
▲パーシャルオーシャンビューのラナイより
(ケアロヒラニ・タワー/マリオットホテル)

こちら、ワイキキビーチ マリオットリゾート&スパ「パーシャルオーシャンビュー」20階からの眺めです。

海に近い棟「ケアロヒラニ・タワー」のダイヤモンドヘッド側でした。

1つ隣の部屋(海寄り)はカテゴリーが1つ上がるので、パーシャルオーシャンビューの中ではラッキーなお部屋♪

とは言え、真正面にはお隣の「パシフィックビーチホテル」があり、視界を遮っているので「パーシャルオーシャンビュー」になっているんだと思います。

プレミアム・パーシャル・オーシャンビュー

プレミアム・パーシャル・オーシャンビュー マリオットホテル ワイキキ
▲プレミアム・パーシャル・オーシャンビュー
(ケアロヒラニ・タワー/マリオットホテル)

そしてこちらは、プレミアム・パーシャル・オーシャンビュー、17階です。

こちらも、海に近い棟「ケアロヒラニ・タワー」ダイヤモンドヘッド側でした。

どこがどうプレミアムなのか、理解に苦しんでいたんだけど。。。

先ほど紹介したパーシャルオーシャンビューよりは海寄りの部屋だからなんですよねぇ〜〜
(階数低いけど、位置は1つ海寄り)

こっちの方が、ラナイの奥から撮影しているので遠く見えますけど、実は1部屋分、海に近いのです。(撮り方の違いね)

それにしても、ネーミングがちょっと大げさではなかろうか?
プレミアムだなんてねぇ〜

・・・って思ってたけど、オーシャンビューとは言ってないし、「あくまでもパーシャルなんだけど、その中でも上等な」って考えると、間違ってる訳でもない。。。

などと考えながら、落ち着いたのでありました。

パーシャルオーシャンビューの欄にも書きましたが、ケアロヒラニタワーのダイヤモンドヘッド側は、お隣の「パシフィックビーチホテル」が真正面に見え、斜め前方向に海を臨む感じになっています。(写真にチラッと写ってる建物ね)

なので、海から遠い部屋になるほどパシフィックビーチホテルの存在感が増し、海の存在感は薄くなります。(それがお値段となってシビアに反映 ^ ^; )

ちなみに、パシフィックビーチホテルとの距離は、道路2車線分。
ワイキキ内だとこの位は普通かな〜。。。なんて思います。
もっと狭いこともあるし、もっと広いこともあるのでね。

いずれにしても、パーシャルオーシャンビューは“微妙なライン担当”ってことになりますね。

ダイヤモンドヘッド・オーシャンビュー

マリオットホテル・ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー パオアカラニタワー
▲ダイヤモンドヘッド・オーシャンビュー
(パオアカラニ・タワー/マリオットホテル)

そしてこの写真は、ワイキキビーチ マリオットリゾート&スパ「ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー」29階のラナイから。

だいぶ、ダイヤモンドヘッドが近い!ですよぉ〜。迫力ある全景と海がしっかり見渡せました。

都市としてのワイキキではなく、「雄大な自然」を感じられる眺め。

東側ホテルならでは、ですかね。

このカテゴリーは海から遠い棟「パオアカラニタワー」ですが、高層階なので邪魔な建物がなく、海もダイヤモンドヘッドから右方向に見渡すことが出来ました。

賑やかな方角とは逆向き & 高層階なので、夜は静かでしたよ。

それと、「デラックスオーシャンビュー」は、かなり素敵な眺めのようですね!
宿泊された方々の旅行記ブログを拝見すると、やっぱりお値段なりに一番良いですもんね!(残念ながら、私はまだ経験なし)

あと、何気にここの1階に入ってるアランチーノが超美味しいです!宿泊してなくても入れますけど。リーズナブルなのに、私が食す機会のないハイクラスな味がします。(・・結局は、食い気。。。笑)

ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート アンド スパ
立地と眺望が良い、夜景も楽しめるホテル

ハイアットリージェンシー ハワイ 口コミ
▲ハイアットリージェンシーはツインタワー

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパは、オンザビーチではないけれど、ビーチの目の前に建つホテル。

便利な立地 & 1階にも普通にお店が入ってるので、宿泊客以外の一般買い物客も多く訪れています。

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパ
色んなホテルに泊まって分かること・他ホテルとの比較で口コミ

ひときわノッポなタワー型ホテル。だから高層階は、眺望が良い

ハイアットリージェンシー ワイキキ リージェンシークラブオーシャン
▲ハイアットリージェンシー 38階のラナイより
カテゴリーは、リージェンシークラブ オーシャン

ハイアットリージェンシー ワイキキは、40階建の高層ホテル。

この写真は38階から撮ったものですが、全てのホテルを見下ろす高さなので、遮る建物は1つも有りませんでした。

マウンテンビュー(ワイキキビュー)も、高層階はきっと素晴らしいんだろうなぁ。

ワイキキはホテルが密集しているので、邪魔な建物が何かしらあるものですが、

ハイアットリージェンシーの高層階は、「遮る建物がないGOODな眺望ランキング」の上位に食い込むことは間違いないと思いますよ(笑)

でも、高所恐怖症でない私でさえ、ちょっと足がすくんで、心臓がキュンとなってしまったことは隠さずに言っておこうと思います。。。

買い物客も立ち寄る、カジュアルな雰囲気

ハイアットリージェンシー ハワイ 口コミ
▲ハイアットリージェンシーのアトリウム

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパは、私が思うにカジュアルな雰囲気。

1階アトリウムで週2回夜のファーマーズマーケットが開催されたり、

店舗部分に人気店があったりなど、

宿泊客以外の買い物客が訪れやすい雰囲気だからです。

ちなみに1階〜3階のパブリックスペースでは、パスワードなしのフリーWi-Fiが使えます。

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパのロビー
▲ハイアットリージェンシーのレセプションが改装
(2016年夏撮影)

以前このページで、レセプションが古いと紹介していたのですが・・・このように改装されて綺麗になっていました!

洗練されていなかったあのロビーが、ゴージャスな感じに。。。

残るのは1階の床の古さ。
改装しないのかしらん?

でも、1階部分の古い感じは否めませんが、眺望良し・利便性良しのホテルなので、ハイアットリージェンシーに高級感をプラスするなら、専用ラウンジを利用できるカテゴリー「リージェンシークラブ」での予約はイイですよ。おすすめです。

“通り沿い” オーシャンフロントホテル の特徴と宿命

ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート アンド スパのプール
▲プールエリアから海を臨む
カラカウア通りの向こうがワイキキビーチ

ハイアットリージェンシーは「通りを挟むけどオーシャンフロント」に建つホテル。

ワイキキビーチマリオットと同様ですね。

海方向に遮る建物がないため「眺望は良し」、

四方を道路に囲まれているので「プールと海が同じフロアじゃない」など、

オンザビーチにあるホテルとは違い「都会的なリゾート」という印象です。

オーシャンカテゴリーなら海も夜景も楽しめるのがこの立地の良さですが、目の前の「椰子の木」が多いため、ある程度の高さがないと海が綺麗に見えなかったり、便利な場所にあるので低層階だと外の騒音が気になるような気がします。

ハイアットリージェンシーのプール・コインランドリー

ハイアット リージェンシー ワイキキのプール
▲ハイアットリージェンシーのプール

こちら3階のプール。

四角いのが1つだけ。
小さいですね。

ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート&スパ プール
▲ジャグジー。プールエリアはやや大人っぽい

ジャグジーもありました。
カタチ的にちょっとお風呂っぽい。。。(笑)

同じカラカウア通り沿い「ワイキキビーチ マリオット」との比較だと、ハイアットのプールの方がセレブっぽい雰囲気があるかな〜。

リクライニングチェアのクッションはこちらの方が厚いし、カクテルを飲んでる人もチョイチョイいるし。。。

ということで、プールエリアは高級感がありました。(1・2階の雰囲気とは違うわ)

また、ハイアットリージェンシーにもランドリールームがありましたよ。
ダイヤモンドヘッドタワーの4階に、洗濯機・乾燥機各5台くらいだったかな。
ホテル価格だったもんで、使わなかったけど。。。

(ちなみに、モアナサーフライダー・シェラトンワイキキ・ワイキキビーチマリオット・ハイアットのコインランドリーは全て同価格帯で、各1回 3ドル〜3.5ドル。洗濯機&乾燥機を両方使うとして、6〜7ドル。私には高いわw)

改装したばかりの新しい部屋

古くてもっさりしているなぁと感じていたハイアットリージェンシーの客室が、2015年3月末に改装完了しました。これはかなりポイント高い!

噂のエレベーター

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパのエレベーター

このサイトに辿り着いた皆様は、すでに口コミサイトやブログ等で、ハイアットのエレベーターにまつわる噂を、ご存知なのではないかと思います。

エレベーター近くの部屋はうるさくて眠れない、エレベーターがなかなか来ないという例の噂です。

配置図を見ていただくと分かるとおり、エレベーターが紫で塗った部屋の一角にあるんですよね。

1面だけ隣の壁が接してる・・とかじゃなく、2基のエレベーターをガッツリ覆っている感じの部屋ってわけ。

ダイヤモンドヘッドタワー・エバタワー共にほぼ同じ配置になってます。

こりゃ、確かにヒドイ。。。

私はオーシャンビューだったので、その影響はなく大丈夫でした。
(エレベーターを囲むこの2つの部屋は、山側の部屋です)

「エレベーターがなかなか来ない」という点は、私は特に何か集合時間があったわけでもなく、のんびり過ごしていたので感じませんでした。オプショナルツアーなど集合時間が決まっている時は早めの出発が良いみたいですね。

(エレベーターの隣は、ダイヤモンドヘッドタワーが51、68号室、エバタワーは01、18号室)

ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパの眺望例

リージェンシークラブ・オーシャンビュー

ハイアットリージェンシー ワイキキ リージェンシークラブ オーシャンビュー
▲リージェンシークラブ・オーシャンビュー38階より

こちら「リージェンシークラブ・オーシャンビュー」からの眺望です。

ラッキーなことにオーシャンフロントの位置だったため、ダイヤモンドヘッドも少し見える部屋でした。

(でも頭の部分だけ)

リージェンシークラブ
高層階は確実だけど、部屋の位置は運任せなのです

このリージェンシークラブ、予約サイトによってはお得なプランが出ていて、条件が合えば “コスパ良し” です。

例えば私が利用したのは「予約後の変更不可。返金なし」というプラン。

つまり「キャンセルや変更は絶対しない!」という人向けのプランです。

こういう「我慢ポイント・条件付きのプラン」は、他のホテルでもよくやっていますが、高級ホテル、しかも高級カテゴリーでは、あまり見ないような気が。。。

高層階確約、軽食が無料提供されるクラブラウンジ(朝食・昼・夜のデザートなど)、アメニティが増える(スリッパ)、プールでタオルを受け取る際、部屋番号を言ったら待遇が良かった気がする(笑)・・などなど、

良い思いをさせていただきましたので、またリージェンシークラブで宿泊したいと思っています。その時は、またお得なプランを使って(笑)

ご予約後の変更不可&返金なし。でもその分大変お得なプラン♪

スポンサーリンク

アウトリガーワイキキビーチリゾート ホテル
賑やか&フレンドリーでアメリカン!って雰囲気

アウトリガーワイキキオンザビーチ
▲アウトリガーワイキキオンザビーチ

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート ホテルは、日本人宿泊客の少ないホテル。

他のどの4つ星ホテルとも特徴がかぶらない、とってもフレンドリーでカジュアルなホテルだと思います。

眺望の良い部屋が少な目なので、順位を低めにしちゃいましたが、スタッフはとても感じが良かったです。

(特にポーターさんの動きは素早い!)

アウトリガーワイキキ オンザビーチ
色んなホテルに泊まって分かること・他ホテルとの比較で口コミ

陽気な欧米人同士が、仲良くなってる

アウトリガーワイキキオンザビーチ デュークス(Duke´s)
▲アウトリガーワイキキオンザビーチ内の
レストラン「デュークス(Duke´s)」

アウトリガーワイキキ オンザビーチにあるオーシャンフロントレストラン「デュークス(Duke´s)」は、ワイワイ賑やかな雰囲気。

昼間っから飲んで、ご機嫌な欧米人お父さん、

ウクレレ片手に歌い出すお客さん、(ここで歌う職業の方じゃなくて、純粋にお客さんのようでした)

ギャラリーは立ち止まり、隣の席の客もノリノリで歌い出し、あれよあれよと言う間に、通路側の2テーブルは大合唱に!

これはたまたまだと思いますが、そんな行為が許される雰囲気のカジュアルレストランって感じです。私がイメージする陽気なアメリカンそのもの!

日本人の私は圧倒されるばかりでしたが、皆さんはとても楽しそうでした。

海とカラカウア通り - 両方に面している「最高の立地」と・・・

中心地にあるホテルの中で、海とカラカウア通り両方に面しているのは、アウトリガーワイキキオンザビーチとモアナサーフライダーだけ。
そのため、景色が良いのはもちろん、外出中、荷物が増えてもすぐに戻れて本当に便利です!

アウトリガーワイキキオンザビーチ オーシャンビューのラナイよりロイヤルハワイアンセンターをのぞむ
▲アウトリガーワイキキ ビーチリゾート
オーシャンビュー14階のラナイから見た
ロイヤルハワイアンセンターの屋上。
大きい空調が常時稼働していて結構な音量に

でもその便利な立地ゆえ、オーシャンビューの中でも「ロイヤルハワイアンセンター側」になった私は、

同センター屋上にあるエアコンか何かの装置がずーっと「ゴーーーーッ」という音を立てていたため、

ラナイでの静かなひとときを過ごすことは出来ませんでした。

(室内は、窓を閉めれば大丈夫)

それと、お隣が超人気レストラン「チーズケーキファクトリー」なもんで、ニンニクやステーキを焼く香りが常時、ぷーんと風に運ばれてきたりして。。。

(と言いながらも、構わずラナイに出てちょっと一杯飲みましたけど。。→最終日には慣れた

街とは反対方向を向いている「オーシャンフロント」や「デラックスオーシャンフロント」は未経験ですが、レストラン「デュークス(Duke´s)」がすぐ下という位置関係。
夜遅くまで音楽や会話でざわついているので、こちらも賑やかでしょうね。

でも、デュークス(Duke´s)の生演奏の方が、エアコンのゴーーーッよりも、リゾート感があって良いような気が。。。

好ロケーションなのに、日本人宿泊客が圧倒的に少ない、日本語は通じない

アウトリガーワイキキ ビーチリゾート、最大の特徴は、「オンザビーチに建っているのに、日本人宿泊客が少ない」ということだと思います。

景色と立地が良いホテルには、日本人観光客がいっぱい!
(・・・と言ってる私こそ、皆さんが会いたくない日本人観光客♪σ^_^;)

だけど、アウトリガーワイキキだけは少ないのです。

「折角のハワイ旅行なので海外旅行気分を味わいたい!しかもロケーションは便利かつ景色にもこだわりたい!」という2つの希望がある方には、むしろ「アウトリガーワイキキ ビーチリゾートしかない!」とさえ思います。(買い物に出ると一杯会うけどね)

尚、フロントや、部屋に置いてあるレストラン割引券なども、日本語は一切なしです。

パッケージツアーなら現地スタッフに言えば何とかなりますが、個人旅行だと何かあっても自分で解決!英語でね。(または、身振り手振り。それか愛嬌で乗り切るか ⌒_⌒)

夜になると、レストラン・デュークス(Duke´s)などにディナーで訪れる日本人は結構いるのですが、昼間はやっぱり少な目でしたね。

ちなみに、他にも「日本人宿泊客が少ないホテル」は実は沢山あります。それらは、街の中(=カラカウア通りより山側)だったり、中心地から少しだけ離れる場所にあったりするので、あくまでも「景色と立地が良いオンザビーチホテル」の中での比較とお考えくださいね。

アウトリガーワイキキ ビーチリゾートのプール・コインランドリー

アウトリガーワイキキのプール
▲アウトリガーワイキキビーチリゾートのプール
(2015年撮影)

アウトリガーワイキキビーチリゾートのプールはこんな感じ。

ダイヤモンドヘッドがバッチリ見える「これぞハワイ!」といった景色最高のプールです。

こんなに景色が良いのに。。。
気取った感じがない!ってのがアウトリガーワイキキ ビーチリゾートの良い所♪

プールは小さいけどね。

アウトリガーワイキキビーチリゾートのジャグジー
▲ジャグジー/アウトリガーワイキキオンザビーチ

脇にはジャグジーもあったりして。

アウトリガーワイキキビーチリゾートのプールサイドにはデュークスのテラス席が
▲プールサイドにはデュークスのテラス席が
その先はダイヤモンドヘッドが。

で、プールのすぐ横には、デュークス(Duke´s)のテラス席が。

この場所、昼間はリクライニングチェアが置かれプールサイドの寛ぎスペースとして使われているのですが、

夕方になるとお食事できるようにテーブルとチェアにチェンジされるんですよね。

狭いなりに工夫されてます。

アウトリガーワイキキ コインランドリー
▲コインランドリー

それと、アウトリガーワイキキのコインランドリーはプールの裏にあります。
洗濯機5台、乾燥機6台。

とってもアウトドアな感じのランドリーでした。

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート ホテルの眺望例

オーシャンビュー

アウトリガーワイキキ オンザビーチ オーシャンビューより
▲オーシャンビュー14階バルコニーより
(アウトリガーワイキキ オン ザ ビーチ)

こちら、アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート ホテル「オーシャンビュー」からの眺めです。

ロイヤルハワイアン側。
16階建ての14階でした。

1ベッドルームオーシャンフロント スイートの「隣の隣」なので、オーシャンビューの中でも海に近い方だと思われます。

しかも、わりと高層階。

なのに、この見え方。

まあ、大体予想はしていましたが、そんな素晴らしくもないオーシャンビューです。

(パーシャルオーシャンビューと言っても過言ではない)

せめてもの救いは、ロイヤルハワイアンのピンク色が、海の色とマッチしていて、コントラストがステキなこと♪

・・・って、めちゃくちゃ借景じゃないかぁ〜!

アウトリガーワイキキ オンザビーチ オーシャンビューのバルコニーは狭い
▲バルコニーは狭い / アウトリガーワイキキ オン ザ ビーチ

ちなみに、
バルコニーは狭いです。

でもプライバシーは守られてますよ、隣同士はね。

ロイヤルハワイアンのバルコニーは見えちゃいますけど。

(あちらからは見えないけど気まずい時もある)


以上、「ワイキキビーチマリオットリゾート&スパ」「ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパ」「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート ホテル」編の口コミ・ブログ旅行記でした。
(ハワイ “4つ星ホテル” お気に入りランキングと人気の理由 - パート3)

スポンサーリンク

このページの先頭へ