入金伝票の書き方 - ハワイの銀行口座

ハワイの銀行口座を活用するには、たまに入金作業が必要ですよね。

でも、アメリカのCD/ATM機の「預け入れ機能」は信頼性に欠けるため、
銀行窓口で入金する方がお勧めなんです。 引き出しは、CD/ATM機でも問題ない

そこで、ファーストハワイアンバンクとセントラルパシフィックバンクを例に、
入金伝票(預金用紙・入金チケット・deposit ticket)の記入方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ファースト・ハワイアン・バンクの場合

ファーストハワイアンバンク

ハワイ最大の銀行、ファーストハワイアンバンク。

この銀行では、下記のようにフォームをうめて
預入金と共に、窓口へ提出します。

チェッキングアカウント(当座預金)へ入金

ファーストハワイアンバンク当座預金 入金書類

  1. 「CHECKING」の用紙を使う
  2. 「DEPOSIT」の用紙を使う
  3. 口座番号は、「12ー345678」のように「2ケタ ー 6ケタ」の番号です

    日本の銀行とは違い、口座番号は、チェックカード(デビットカード)に記載されていませんので、予めメモしてから出発された方が良いです。

    [口座番号の調べ方]
    • 口座開設時に受け取った小切手に記載されています
    • 郵送で送られてくる取引明細書に記載されています
    • ネットバンキングにログインすると記載されてます
    口座番号の調べ方
  4. 入金日を「月/日/西暦年」で記載します

    アメリカでは、日付はこの順番が一般的のようです。
    (イギリス式は、日/月/年 の順がポピュラー)

    例:2013年5月1日なら、05/01/13

  5. この欄は口座名義。アルファベットで記入します
  6. 入金額を記入します。
    セントの単位まで記入するので、もし1,000ドルだったら「100000」となります。

    • 1段目:キャッシュ(現金)の入金額
    • 2〜3段目:チェック(小切手)の入金額
  7. 合計額を記入します。同じくセントの位まで記入します

これらの項目をうめて、窓口にお金を添えて提出すればカンペキです!

セービングアカウント(普通預金)へ入金

ファーストハワイアンバンク普通預金 入金書類

セービングアカウント(普通預金)も、チェッキングアカウント(当座預金)と
書き方は同じです。違うのは、

  1. 「SAVINGS」の用紙を使う
  2. 「DEPOSIT」の用紙を使う

記入する入金伝票の違いだけ。あとは全部一緒なのです。

スポンサーリンク

セントラル・パシフィック・バンクの場合

セントラルパシフィックバンク

日本語の通じる「ワイキキ支店」の存在など、
日本人向けサービスが充実している
セントラルパシフィックバンク。

でも、それ以外の支店となると
日本語はまったく通じません。。。

ワイキキ中心にある「ワイキキショッピングプラザ支店(DFSギャラリア近く)」や「ドンキホーテ支店」など、今いる場所の近くでサクっと入金するなら、下記のようにフォームをうめて出せばOK!

チェッキングアカウント(当座預金)へ入金

セントラルパシフィックバンク当座預金 入金書類

  1. 「CHECKING DEPOSIT」の用紙を使う
  2. 口座番号は、10ケタの番号です

    口座番号は、チェックカード(デビットカード)に記載されていませんので、予めメモしてから出発されることをお勧めします。

    [口座番号の調べ方]
    • 口座開設の際、もらった小切手に記載されています
    • 郵送で届くステートメント(取引明細書)にも掲載されています
    • WEBでサインインしても調べられます
    セントラルパシフィックバンク口座番号の調べ方
  3. 入金日を「月/日/西暦年」で記入します。各2ケタでOK!
  4. この欄は口座名義なのです
  5. 預金金額を書き入れます。
    セントの位まで記入するので、もし1,000ドルだったら「100000」です。

    • 1段目:キャッシュ(現金)で入金する額
    • 2〜3段目:チェック(小切手)で入金する額
  6. 合計額も記入します

基本的には、どこの銀行も一緒ですね。

セービングアカウント(普通預金)へ入金

セントラルパシフィックバンク普通預金 入金依頼書

セービングアカウント(普通預金)の入金書類も、書き方は一緒です。
右上が「SAVINGS DEPOSIT」となってる入金伝票に書けばOK!

ハワイでの入金書類の書き方、いかがでしたか?
私は初めての時、キャッシュカードさえ持っていれば口座番号も書いてあるんだと思い込んでいた為、窓口の方に口座番号調べのお手間を取らせてしまいました。
スマートに手続きするためにも、口座番号のメモ持参がお勧めです!

スポンサーリンク

ハワイの銀行口座

このページの先頭へ