ハレイワタウン おすすめ観光マップ【その2】
ハンバーガー・スイーツ・ショッピング編

ハレイワタウン観光MAPと各店舗の感想(ランチ&買い物)2ページ目です。

このページでは、私が訪れたハレイワのお店のうち、名物ハンバーガー・サンドイッチ・トルティーヤなどの「セルフサービスのカフェ&レストラン」、「買い食いデザート」「ショッピング」編を書いてみました。

ハワイらしい、ノースショアらしい、ハレイワタウンらしいお店を中心にご紹介します!

2017年12月更新版
ビートボックスカフェ・ファットボーイズ・アオキシェイブアイスを追加

スポンサーリンク

ハレイワ観光 & ランチ & 買い物スポット

「ハレイワタウンのおすすめグルメ&観光マップ - その2」を作ってみました。

前のページは「シュリンプ屋台、名物レストラン(サービスのあるタイプ)編」でしたが、今回は、セルフサービスのカフェ&レストラン(ハンバーガー・サンドイッチなど)、スイーツ、ショップ編です!

スマホの方は、2本指で地図を広げれば拡大されます。
ハレイワタウン地図

地図上の赤番号は、下の口コミのお店の位置を示しています。(ランキングではありません)前ページからのシリーズ物なのですが、数字は再び1からスタートしています。

カフェ形式・セルフサービスのお店(ハレイワタウン)

カウンターで先に会計を済ませるタイプの軽食レストランです。(屋台以外)

「屋台以外が希望だけど、チップも煩わしいなぁ〜」という方にもおすすめのラインナップです。

クアアイナ Kua ‘Aina

クアアイナ ハレイワタウン
▲これで1/2LB(お肉:約230g)
 2人でシェアしました

今や日本に29店舗もあるハンバーガーショップ「クアアイナ」ですが、発祥はここ・ハレイワタウン。(2004年に現在の場所に移転)

いつ行っても混んでいて、お昼時は、注文を終えてから料理を受け取るまで20分〜30分くらい掛かるほどの人気店なんですよね〜。

ここでのおすすめは、人気のアボカドバーガー。

と、言いながらこの写真はチーズバーガーなんですけど。。。(売り切れてた)

アボカドバーガーは看板メニューだと思うんですけど、売り切れってことが多々あります。

やる気あんのかぁ?

まあ、フレンチフライも食べたかったので、少しはボリュームを抑えられて良かったけどねぇ。。(と自分に言い聞かせる)

写真の奥に写ってる「フレンチフライ」は、細くカリカリしてるタイプで、私のハワイ州フレンチフライ・ランキングで7本の指に入る美味しさ。(褒めてます)

2017年12月現在、ハワイのクアアイナはこのハレイワ店だけ。
日本にも有りますが、発祥の地で食べるのも良い感じです。

クアアイナまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターの目の前、ノースショアマーケットプレイスから約350m、ハレイワストアロッツから約140m

ビートボックスカフェ The Beet Box Cafe

ザ・ビートボックスカフェ ハレイワ

ヴィーガン料理・ベジタリアン料理で地元民に人気の「ビートボックスカフェ」。

2017年9月に行って来ました!

今まで、「はるばるハレイワに来てまで、健康的な料理はいらないかなぁ〜。他に食べたい名物料理が沢山あるし。。」と思っていましたが、

ハレイワのビーガン料理 ビートボックスカフェ
▲私が頂いたメニューはどれも美味しかった

実際に頂いてみると、野菜の味の濃さ、食材1つ1つの美味しさを感じることができ、今後の私のハレイワ訪問に変革をもたらすであろうと思える程、気に入ってしまいました。www

連日の脂っぽい食事で優しいグルメを欲する時にも、ここはおすすめです。

ザ・ビートボックスカフェまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約800m、ノースショアマーケットプレイスから約500m、ハレイワストアロッツから約1.1km

ワイアルアベーカリー Waialua Bakery & Juice Bar

ワイアルアベーカリー
▲ワイアルアベーカリー

マラマ・マーケット駐車場の向かって右側にあるベーカリー。(道路を背中にして)

「今日はガッツリ系のものはちょっと。。」という時におすすめの、サンドイッチとスムージーのお店です。

ここのサンドイッチは、ターキーやBLT、エッグなどスタンダードなものから、ヘルシーに野菜だけを使ったものまで、とにかくメニューが豊富なんですよね〜。

ワイアルアベーカリー店内
▲Egg(2016年2月再訪)

ベーカリーと言っても、よくあるパン屋さんのような作り置きではなく、注文を受けてから作ってくれるので、とっても美味しいです。

パンは自家製で6種類から選択可能。

ちなみにこの写真は、エッグサンドイッチです。

サイズが大きいので2つに切ってもらえるのですが、これで半分。

あら?食べきれるかしら〜ん?・・といった心配は私には無用で、この写真のサンドイッチ×2を、あっさり平らげました〜(笑)

もっとヘルシーなサンドイッチだと、ローストベジとかベジバーガーっていうのもありました。

ワイアルアベーカリーは、サンドイッチのほかスムージーもメインで、こちらもメニュー数がすさまじかった!あとは、レモネード、バナナブレッドプディングも人気メニューみたい。(これは未体験)

ノースショアが最も混雑する日曜日はお休み!という、何ともマイペースなワイアルアベーカリーです。

ワイアルアベーカリーまでの距離(ハレイワタウン主要場所から
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターの目の前、ノースショアマーケットプレイスから約270m、ハレイワストアロッツから約265m

ストートス(ストルトス) Storto’s Deli & Sandwich Shop

ストートス
▲ラニカイジュース(左)とストルトス(右)

1978年オープンの有名老舗サンドイッチ屋さん「ストートス」。

野菜たっぷり&ボリューム満点のサンドイッチが特徴で、地元サーファーにとても人気とのこと。

お隣にはラニカイジュースもあります。

ストートス ワイメア
▲これでハーフサイズ(ストートス)

どどーん!

こちら、ストートスのサンドイッチ「ハーフサイズ」です。

ちなみにこちら、ワイメア(WAIMEA)っていうメニューで、中身はハム・ターキー・サラミ。

それと、全てのサンドイッチに、レタス・トマト・オニオン・ピーマン・スプラウト・チーズ(数種類から選択)・ドレッシング(数種類から選択)が入ってくるので、

苦手な物は注文時に「抜いて〜」と言わないとね。
ちなみに私は、ピーマン〈Bell Pepper〉抜きでお願いしました〜

ハーフサイズでも最初はデカッって思いましたが、フワフワのパンに沢山の野菜がふんわり包み込まれていたせいか、見た目よりも軽く、とても美味しかったので、難なく完食いたしました。

ストートス ハレイワタウン

アウトサイドのイートインスペースが、なんか素朴な感じ。イイね、こういう雰囲気。

ストルトスも、ワイアルアベーカリーと同様に、注文してから作るので、フワフワでとっても美味しかったです!

ストートスまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約95m、ノースショアマーケットプレイスから約180m、ハレイワストアロッツから約300m

コノズ レストラン KONO'S RESTAURANT

コノズ ハレイワタウン
▲コノズ(ハレイワタウン)

ローカルの口コミサイトで常にランキング上位の「コノズ Kono's」。

看板メニューは、トルティーヤの「ブレックファースト・ボンバーズ(数種類あり)」と、

「カルアポーク」(サンドイッチ・プレートランチ・トルティーヤ・丼物など数種類あり)。

特にカルアポーク(カルアピッグ)は、毎日12時間以上掛けて調理しているとのこと。

※カルアポーク(カルアピッグ)・・・伝統的ハワイ料理の1つで豚肉の蒸し焼きをほぐしたもの

コノズのトルティーヤ ラップ
▲トルティーヤ・ラップ
(ブレックファースト・ボンバーズ)

私はこちらで、トルティーヤ・ラップの「ブレックファースト・ボンバーズ」を頂いた事があるのですが(写真)、相当なボリュームでした。

(中身がいっぱい詰まってるっ)

コノズ 店内 ハレイワ

店内はこんな感じ。
外から見た印象とは違い、かなり狭いです。

右側に注文カウンターがあって、ローカルの人が引っ切り無しにオーダーしていきます。

さすが、地元民に愛される人気店。
それゆえ、10分〜15分待ちました。

コノズ ハレイワ

外の通路には、このようなテラス席もあります。

ノースショアマーケットプレイス内、しかも通り沿いにある割に、結構のんびりムード。

観光客が少ないので、ローカル気分も味わえますよ。

尚、営業時間は、毎日/7:00〜14:30 。
朝食と昼食だけのお店なのでご注意くださいね。

コノズまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約310m、ノースショアマーケットプレイス内、ハレイワストアロッツから約525m

ファットボーイズ Fatboys Haleiwa

ファットボーイズ ハレイワ
▲ファットボーイズ・ハレイワ

ハレイワストアロッツ内・マツモトシェイブアイス裏手には、オアフ島で4店舗を展開するプレートランチ店「ファットボーイズ」があります。

こちらには、2017年4月に伺ってみました。

ファットボーイズ ハレイワ
▲イートインスペースが綺麗

イートインスペースが綺麗なせいか、オプショナルツアーの昼食場所にも使われている模様。ガイドさん付きの日本人グループもいらっしゃいました。

ハレイワタウン グルメ ファットボーイズ
▲ファットボーイズ・ハレイワにて頂いたメニュー
左:シュリンプスキャンピ、右:ハレイワボウル

この時頂いたのは、ハレイワ店限定メニューの「シュリンプ・スキャンピ」と、本日のスペシャル「ハレイワボウル」。

ハレイワボウルは、カルアピッグ・生姜醤油ポケ・ガーリックチキン・キムチが丼になっているもの。人気のプレートランチメニューをちょっとずつ乗せたミックス丼です。

食べてみたかったファットボーイズの人気メニュー「ガーリックチキン」も入っていました。鳥の唐揚げに甘辛なガーリックソースが絡んでいるのですが、甘過ぎず、衣の厚みも適度で美味しかったです。また、カルアピッグも控え目な塩加減が絶妙で美味でした。

一方の「シュリンプスキャンピ」は、辛さを選べるのでミディアムを選択。“ピリ辛”な感じでした。ここのシュリンプスキャンピは、私は普通だったかな。(近郊に点在しているエビ屋台のシュリンプスキャンピの方が、個人的には好みです)

とは言え、食べる場所がとても綺麗なことと、他のメニューが美味しかったので、それなりに良かったです。(カイルアやハワイカイにも有るので、そこで違うメニューも食べてみたい・・言う話になりました)

尚、上の料理写真は「To Go」にし、お持ち帰り用のボックスに入れて頂きました。ファットボーイズのテラス席で食べ切ったのですが、何となくそうしました。「Here」と言えばお皿で提供されるようですよ。

ファットボーイズまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約150m、ノースショアマーケットプレイスから約584m、ハレイワストアロッツ内
スポンサーリンク

ハレイワタウンの買い食いスイーツ & ジューススタンド

マツモトシェイブアイス Matsumoto Grocery Store

マツモトシェイブアイス ハレイワ

今や、単なる“かき氷店”ではなく、「ハレイワの主要観光スポット」って言っても過言ではない名物店・マツモトシェイブアイス。

暑い時間帯は、行列必至の人気店ですね〜

ちなみに、左下のシェイブアイス写真は「イチバンスペシャル」。他のと違い、お皿がワッフル生地なので食べられるようになっています。

マツモトシェイブアイス ハレイワタウン
▲ハレイワストアロッツの一角として改装を
終えても、以前の風景は少し残りました

初めてハレイワタウンを訪れる方には、マストスポットじゃないかしら。

モヤさまを始め、日本のテレビ番組にはよく登場するので、あとで視聴した際、

「あ!あのシェイブアイス店だ!行った行った!」って共感できるから、2度楽しめますしね。

マツモトシェイブアイス - シェイブアイスのメニュー・Tシャツなどのグッズ・行き方など

マツモトシェイブアイスまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約146m、ノースショアマーケットプレイスから約580m、ハレイワストアロッツ内

アオキシェイブアイス Aoki Shave Ice

アオキシェイブアイス ハレイワタウン
▲2017年10月訪問時(Lサイズ)

2017年10月、アオキシェイブアイスが4年ぶりに復活したというので、行ってみました。

かつてマツモトシェイブアイスのお隣にあったアオキシェイブアイスさん。

今は、マツモトシェイブアイスの道路向かい、ちょっと奥に入った場所で営業を再開しています。

アオキシェイブアイス
▲アオキシェイブアイス(リニューアルオープン後)

赤い小屋と古い看板が、以前と同じような雰囲気。

違うのはイートインスペースと、インスタ映えする店名ロゴ入り「ホルダー台」がある事です。

この台に乗せれば、テーブルに置いたまま、落ち着いてシェイブアイスを頂けます!(Lサイズだけかもしれません)

ただ、個人的にはもう少しシロップを多めに掛けて欲しかったかなぁ・・と。
この日は、シロップが中まで染みていなくて、中の方はただの白い氷だったのでね。オープンしたばかりでスタッフの技量にバラツキがあったのかもしれません。今後に期待したいと思います。

アオキシェイブアイスまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約150m、ノースショアマーケットプレイスから約584m、ハレイワストアロッツの目の前

ワウワウ・レモネード Wow Wow Lemonade

Wow Wowレモネード ハレイワタウン

人気のレモネード店「ワウワウ・レモネード / WOW WOW LEMONADE」が、ハレイワのビッグウェーブ前に出店していました。

「WOW WOW レモネード」の最大の特徴は、ご覧のメイソンジャー。

「aloha」のロゴがとっても可愛いから、気分も上がります!

ワウワウ レモネードで10杯お代わりすれば1杯無料
▲10回リフィルで1回もらえる

使い捨てのカップも、もちろんありますが、もし、このメイソンジャーで注文すると、

このようなポイントカードをもらえて、次回以降、このメイソンジャーにリフィルで注文して、ポイントカードも提示すれば

10回お代わりで1回無料なんです♪

頑張って貯めて、引き換えに行ったら、

「観光客ですかぁ?」
「はい!」
「ワオ! 観光客でコレ持ってきたお客さん、初めてですよ!!」

ですって!ここで Wow!と言っていただけたのは、なんだか光栄です。。笑

Wow Wowレモネード ハレイワタウン 店内

甘味料は、オーガニックのサトウキビを使用しているそうですよ。

Wow Wow レモネードまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約1km、ノースショアマーケットプレイスから約700m、ハレイワストアロッツから約1.3km

ハレイワボウルズ Haleiwa Bowls

ハレイワボウルズ アサイーボウル
▲ハレイワボウルズ(移転後)

一度は閉店してしまった「ハレイワボウルズ」が、ハレイワジョーズの前に移転オープン!

南国風の可愛いフードスタンドは健在です。

健康志向のアサイーボウルやスムージーがいただけるお店ってことで、

ハレイワボウルズ アサイーボウル
▲ハレイワボウルズ のアサイーボウル S

私は、ハレイワボウルズ・Sサイズのアサイーボウルを頂いてみました。

こちらの写真は「トッピングなしバージョン」。
Sサイズでも結構どっしりなボリューム感です。

ちなみに、上に乗ってるバナナは「アップルバナナ」という品種なのですが、ノースショアの農園で穫れたものだそうです。

また、スライス・ココナッツも、何も手を加えていない生のものを使っているとのことでした。

ハレイワボウルズまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約300m、ノースショアマーケットプレイスから約755m、ハレイワストアロッツから約150m

ハレイワタウンのコーヒーショップ

ちょっと休憩したい時、コーヒーブレイクをしたい時、ハレイワタウンだったらどこに入る?・・・という時用の、ちょっとゆっくりできるカフェをご紹介します。

コーヒーギャラリー Coffee Gallery

コーヒーギャラリー ハレイワタウン
▲コーヒーギャラリー(2016年8月再訪)

ノースショア・マーケットプレイス内にある、ちゃんと休みたい時に役立つ、のんびりしたコーヒーショップです。

コーヒーギャラリー アイスコーヒー
▲ラテ(左)、コールドブリュー(右)

アイスコーヒーSとラテSで、ホッと一息です。

ちなみに、コーヒーギャラリーのアイスコーヒーは「コールド・ブリュー・コーヒー」(水出しコーヒー)で、作り置き。

作り置きなのですぐに提供されること、値段がリーズナブル(2.65ドル/2017年9月)、味は薄い(苦笑)・・という特徴があります。

一方のカフェラテは、注文を受けてから作るタイプ。値段は上がりますが、コーヒーの味もしっかり出ていました。(価格の差が、味にハッキリ反映されている。。笑)

コーヒーギャラリー テラス席
▲コーヒーギャラリー 屋外席

店内にも席はあるのですが、ちょっと暗っぽいので、奥にあるこちらの屋外テーブル席を、私は利用します。

日差しが強い日は、とてもじゃないけど無理でしたけどね。。。ww

店内には、お土産用のハワイ産コーヒー豆や、ハレイワタウンのすぐ近く「ワイアルア・コーヒー」の豆や、Tシャツなども買えますよ。

コーヒーギャラリーまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約320m、ノースショアマーケットプレイス内、ハレイワストアロッツから約570m

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー ISLAND VINTAGE COFFEE

アイランドヴィンテージコーヒー ハレイワタウン
▲アイランドヴィンテージコーヒー
(ハレイワストアロッツ)

ワイキキで混雑必至の「アイランドヴィンテージコーヒー」も、ハレイワ店はまったりムード。

場所はハレイワ・ストアロッツ内、マツモトシェイブアイスのお向かいにあります。

ハレイワタウン北部でコーヒーブレイクをするなら、こちらが良いですね〜。

ハレイワタウンのアイランドヴィンテージコーヒー
▲アイランドヴィンテージコーヒーハレイワ店

コーヒー豆やマグカップなどのグッズ販売棚が並んでいるので、店内の座席数は少な目。

でも、入口の左右に屋外のテーブル席がいくつかありました。(屋根付き)

ハレイワストアロッツ アイランドヴィンテージコーヒー

単なるカフェラテでも、ハート形のラテアート♪

なんかいい感じ。

ハレイワストアロッツのお店レポ!

アイランドヴィンテージコーヒーまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約130m、ノースショアマーケットプレイスから約564m、ハレイワストアロッツ内
スポンサーリンク

ハレイワタウンのショップ(お土産・雑貨・Tシャツなど)

ハッピーハレイワ happy haleiwa hawaii

happy-haleiwa-hawaii2.jpg
ハッピーハレイワ

エコバックやTシャツがとっても人気だったハレイワの名物店「ハレイワスーパーマーケット」(2009年閉店)の伝統を受け継いだ雑貨屋さん。

日本で、女子に人気ありますよね〜

トートバックやTシャツ、チョコレート、クッキー、パンケーキミックス、コーヒー豆など、

トレードマークの女の子がデザインされたハッピーハレイワグッズは、どれもこれも可愛いです。

場所は、ハレイワタウンセンター(=ハレイワショッピングプラザ)内にありますよ。

ハッピーハレイワまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハレイワタウンセンター内(ハレイワショッピングプラザ内)、ノースショアマーケットプレイスから約370m、ハレイワストアロッツから約130m

パタゴニア Patagonia

パタゴニア ハレイワ

アメリカ発のアウトドア・ウエア&グッズ店。

綿素材の商品には、すべて無農薬のオーガニックコットンが使われているらしい。

Tシャツ、パーカー、帽子、リュック、小物類など、日本のパタゴニアでも買えそうなラインナップかと思いきや、

ハワイのパタゴニア

ハワイの限定商品「パタロハ」というシリーズがあって、これが結構な人気らしい。

パタロハは、「パタゴニア」とハワイの「アロハ」を組み合わせたネーミングなんだって〜。
ニセモノじゃないよ〜 笑

パタロハの他、ハレイワ店限定品もあるので、パタゴニア好きの方にはおすすめのお店です。

パタゴニアまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約300m、ノースショアマーケットプレイス内、ハレイワストアロッツから約550m

サーフ&シー SURF N SEA

サーフ&シー ハレイワ

アナフル橋を北方向に渡ると、やがて見えて来るのがサーフ&シー。

1965年オープンの老舗サーフショップです。

アナフル橋からは歩いてすぐなのですが、ここまで来るとノースショアの雰囲気が、より感じられていい感じ♪

後ろに海があるからね。

サーフンシー ハレイワ

こちらで私がチェックするのは、SURF N SEAのログマーク入りオリジナルグッズ。

Tシャツやトートバッグ、ビーチバック、エコバッグ、ステッカー、キーホルダーなど、結構な種類があります。

ロゴマークも、サーファー横断注意の道路標識(女の子がサーフボートを抱えているもの)や、アナフル橋が描かれたものなど、さりげない可愛さがあって好きなんです〜

古ぼけたお店の感じも、ワイキキにはない素朴さがあってGOODです。

サーフ&シー SURF & SEAまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約570m、ノースショアマーケットプレイスから約1km、ハレイワストアロッツから約380m

閉店したお店
(ハンバーガー・軽食・スイーツ・ジュース・ショッピング 編)

かつて、このページでご紹介していた下記お店は閉店しています。(2017年4月更新)

ハンバーガー・軽食・スイーツ・ジュース・ショッピング 編 のみの閉店情報です。
1ページ目(ハレイワタウンのおすすめB級グルメ・レストラン編)にも閉店情報あります。

  • ストロングカレント STRONG CURRENT

    ストロングカレント ハレイワ

    モヤモヤさま〜ず2でもすっかり有名になった、名物オーナー・ジョニーさんのいるサーフショップ「ストロングカレント」は、2015年11月に閉店してしまいました。残念!


この他、ラニカイジュース(ワイキキにも支店あり)、スプラウト・サンドイッチショップ(カイムキにもあり)、テディース・ビガー・バーガーズ(ワイキキにもあり)などなど、ハレイワには、ハワイらしいお店がまだまだあります!(その辺は近場で頂こうかな〜)

あと、ハレイワタウンの飲食店は、キャッシュオンリーのお店が多いので、ご注意くださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ