ハワイのハッピーアワー特集!3/3
各店のハッピーアワー条件&メニュー
地図・時間割も!(私が行った店限定)

ハッピーアワーとは、人気レストランがすいている時間帯に限り、お得な料金で料理やアルコールを提供するサービスメニュー&サービスタイムのこと。

でも、その安い料金と引き換えに、「時間帯が中途半端」「ハッピーアワーは予約不可」「カウンターなど条件が悪い席のみ」「メニューはハッピーアワー専用」など、ハッピーアワーには幾つかの我慢ポイントもあったりします。(条件はお店によって異なります)

そこでこのブログでは、私たちがハワイ・ホノルルで実際に頂いたハッピーアワーを「おすすめポイント & 我慢ポイント」をセットにしてご紹介致します!(ワイキキ編)

2017年9月更新版

スポンサーリンク

ワイキキ・ハッピーアワーMAPお金なくてもハワイに行きたい!オリジナル地図

ワイキキ全域マップ(広域)

「ハワイのハッピーアワー特集!」(当ページ)対応のオリジナル・ワイキキMAPを作ってみました☆ 中央・西・東の線引きは、あくまでも私の独断です。 ワイキキ地図 広域

ワイキキ中央マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等) ワイキキのハッピーアワーMAP(中心部)

ワイキキ東部マップ

赤丸の番号は、当ページ(地図の下)でご紹介している飲食店の位置を示しています。 ワイキキハッピーアワー地図(東部)

ワイキキ西部マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等)ワイキキ ハッピーアワーマップ(西部)
スポンサーリンク

ププ充実のハッピーアワー(後編)

このページは、ハッピーアワー集の3ページ目です。

肉系ハッピーアワー(1ページ目)ププ充実のハッピーアワー前編(2ページ目)に続き、

ハッピーアワーのフードメニューに、ププ(おつまみ)が5種類以上あるお店(後編)をご紹介します。

「ちょい飲み」のイメージがあるハッピーアワーですが、食事の代わりにしたい私たちにとって、ププ(おつまみ)の充実度は“最重要チェックポイント”となっています。笑

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ
Wai'olu Ocean View Lounge

毎日 15:00〜18:00(お得なサンセットフェア)
毎日 21:00〜22:00(アラカルト全品50%オフなど)

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ
▲ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジは、「トランプ・インターナショナル・ホテル」の6Fロビーフロアにある、お食事もできるラウンジ。

公園を臨めるオープンエアな造りは、とてもリラックスできて、イイ雰囲気でした。

そんなワイオル・オーシャンビュー・ラウンジのハッピーアワーは、毎日午後3時〜夕方6時まで

予約も出来ましたし、ハッピーアワーでも普通のテーブル席で頂けました。

夕方のハッピーアワーは「サンセットフェア」という名で、

  • 10ドルのつまみ 8種類
  • 14ドルのつまみ 2種類
  • 16ドルのつまみ 1種類

11種類のフードメニューがありました。
※日本語公式サイトにあるメニュー表は2015年から更新されていない模様。2017年は上記の価格でした。

ワイオルオーシャンビューラウンジのサンセットメニュー(ハッピーアワーメニュー)ポケとタイ風手羽先
▲左:本日のポケ、右:タイ風手羽先 各10ドル

私が注文したのは、本日のポケ(左)と、タイ風手羽先(右)。

どちらも美味しかったです。

各10ドル。

ワイオルオーシャンビューラウンジ ハッピーアワーメニュー
▲左:ハートオブパームシュリンプサラダ、
 右:本日のお刺身

また、10ドルのハートオブパームシュリンプサラダ(左)は、二人でも食べ切るのが大変な程、大きかったです。

付属のドレッシングがあまり好みではなかったので、手羽先に付いてきたソースを代用しました。

また、本日のお刺身(写真右)は14ドルでマグロが5切れ。新鮮で美味しかったのですが、私にはちょっと高かったわ〜。(メニューには、何切れなのか記載がない)

ワイオルオーシャンビューラウンジ ハッピーアワー シーフードダイナマイト
▲シーフードダイナマイト
ワイオルオーシャンビューラウンジ(ハッピーアワー)

私のヒットは、シーフードダイナマイト。

複数のシーフードが入ったグラタン風の料理です。

見た目はコッテリに見えますが、味付けはマイルド。

小ぶりで14ドルと、なかなかのお値段ですが、素材の味が楽しめて、とても美味しかったです。

尚、ハッピーアワーメニューから姿を消していた「巻き寿司」ですが(2017年4月)、2017年9月には3種類(各10ドル)のロール寿司が復活。であれば、食事の代わりにもイイですね。(飲めない母も連れて行ける!)

ワイオルオーシャンビューラウンジ ハッピーアワー
▲コナ ビッグウェーブ(ハワイ産ビール)
(ワイオルオーシャンビューラウンジにて)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • カクテル 2種類 各9ドル
  • 生ビール 3種類 各4ドル
    (ハワイ産ビールも、4ドル)
  • グラスワイン 赤・白 各6ドル

ハワイ産ビールが、4ドルなのはイイですね!

他のハッピーアワー店と比べると、ビールとサラダ以外はお高めに感じましたが(量との対比で)、リラックスできる雰囲気と、リゾート感があるのに穴場なことから、予算が合うならおすすめです。

また、21時〜22時の1時間はレイトナイト・ハッピーアワーがあり、全てのアラカルト料理(セットメニューは除く)が50%オフ、ボトルワインが25%オフだそうです。遅くなってしまった時にはアリかも。

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ/Wai'olu Ocean View Lounge
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ トランプ・インターナショナル・ホテル6階
  • サンセットメニュー(夕方)
    • 10ドルのつまみ 8種類
    • 14ドルのつまみ 2種類
    • 16ドルのつまみ 1種類
    • アルコール類 4ドル〜9ドル
  • レイトナイト・ハッピーアワー(21:00〜22:00)
    • 全てのアラカルトメニュー:50%オフ(セットメニューは対象外)
    • ボトルワイン:25%オフ
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日 15:00〜18:00、21:00〜22:00
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも、予約できました。
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席でした。

都レストラン
Miyako Restaurant

毎日 17:30〜18:00(火曜日定休)
毎日 20:00〜20:30(火曜日定休)

都レストランのカバナ席
▲都レストランのカバナ席

都レストランは、「ニューオータニ・カイマナビーチホテル」の2Fにある、和食レストラン。

とっても珍しい「本格和食 + オーシャンフロント」のお店なんですよね〜!

写真は、この日、私が利用したカバナ席。(3卓あります)

都レストラン 店内の席
▲都レストランの店内席

でも店内のお席でも、結構海が見えます。

2面ガラスですし、海が近いのでね〜。

都レストランのハッピーアワーは、「アーリーディナースペシャル」という名で午後5時半〜6時までと、

「レイトディナースペシャル」という名で午後8時〜8時半まで

いずれも定休日の火曜日以外、毎日だそうです。

たった30分しかオーダー出来ないので、遅れずに行かなくちゃ〜。ワイキキ中心地からちょっと距離あるから、気を付けなくちゃね。(時間内にオーダー完了が条件)

予約も出来ましたし、ハッピーアワーでも普通のテーブル席
しかも、カバナ席も利用出来ました!(カバナ席は、1人30ドル以上のお料理代金利用〔飲み物除く〕が求められます。また、予約時にカバナ席希望リクエストが必要とのことで、私も予約時にリクエストしておきました。)

リーズナブルな「アーリー/レイト ディナースペシャル」は、

都レストラン 先付けとアーリーレイトディナースペシャルのサラダ
▲先付けとサラダ(都レストラン)

先付けとミニサラダ、

都レストラン アーリーレイトディナースペシャル 銀ダラ
▲銀ダラを選んでみました
アーリー/レイトディナースペシャル

そして、こんな感じの和定食でした。

メインは、

  • 銀鱈みそ焼き
  • 豚の生姜焼き
  • 若鶏串焼き
  • 牛肉てり焼き
  • 鰻かば焼き
  • 海老と野菜の天ぷら
  • とんかつ

からの選択制。私は銀ダラにしてみました。
この銀ダラ、味噌の風味と味の強さが丁度ご飯に合う絶妙な感じで、厚切りの身もプリッとしていて最高に美味しかったです!

都レストラン ハワイ デザート
▲デザートはアイスクリーム

そして最後は、アイスクリーム。

「アーリー/レイト ディナースペシャル」は、このセットで35ドル
(2017年9月現在)

全体量が少なめなので、ちょっと高いかなと思いましたが、ここの料理はどれもレベルが高かったこと(他のメニューも注文しました)、希少な「オーシャンフロント日本食レストラン」であることを加味すると、仕方ないお値段なのかもしれません。(和食LOVERの母を連れて行くと喜ぶし。。。)

とは言え、この画面(クーポン)提示で15%オフ♪
「アーリー/レイト ディナースペシャル」でもこのクーポンは使えたので、該当期間に訪問される場合はお得ですね。(15%オフクーポンは、期間を終えると掲載を削除したり、10%になったり等、変動があるようなのでご注意くださいね。タクシー券はいつでも掲載されているようです。)

ちなみに、ご飯はお代わり出来ました〜(無料で)。www ← ここでもガッつく。。

「ププ充実のハッピーアワー」に入れてしまいましたが、おつまみではなく定食です。

都レストラン/Miyako Restaurant
  • 場所:ワイキキ東部MAP/ ニューオータニ・カイマナビーチホテル2階
  • アーリー/レイト ディナースペシャルのメニュー
    • 7種類から1品選ぶセットメニュー 35ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日 17:30〜18:00、20:00〜20:30(火曜日定休)
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも、予約できました。
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席です。
    • 全員が、お料理代金各30ドル以上のオーダーで、カバナ席も利用可能(要事前リクエスト)
スポンサーリンク

コナグリル Kona Grill

月〜木 15:00〜19:00・21:00〜23:00
金・土 21:00〜0:00

都レストランのカバナ席
▲コナグリル

コナグリルは、「インターナショナル・マーケット・プレイス」3Fに2016年オープンした、アジアンとアメリカンを融合させたレストラン。

コナグリル ハワイ テラス席
▲コナグリルのテラス席

屋根付きテラス席が多く、とても気持ち良さそうだったので、気候の良い日にお邪魔しました。(海は見えません)

コナグリルのハッピーアワーは、月〜木の15時〜19時と21時〜23時金・土の21時〜深夜0時

バーエリア・パティオ・ラウンジが利用可能ですが、ほとんどのお席が対象とのことです。

ハッピーアワーのフードメニューは、

  • 6ドルロール寿司 7種類
  • 10ドルおつまみ 15種類
  • 12.5ドルおつまみ 6種類

(2017年9月4日現在)

特に、ロール寿司の種類が多かったです。
(10ドル・12.5ドルのラインナップにも、巻き寿司が数種類ある)

コナグリル ハッピーアワーのメニュー
▲ドラゴンロール(コナグリル)

こちらは、注文したドラゴンロール。

ウナギのロール寿司で、ドラゴンをモチーフにしています。これ、美味しかったです。

12.5ドル(ハッピーアワー価格)
〔2017年9月現在〕

コナグリル ハッピーアワーのメニュー チキンサテー
▲チキンサテー(コナグリル)

そしてこちらは、チキンサテー。

ササミが味付け無しで丁度良い加減に焼かれていて、ソースを付けていただくヘルシーなおつまみです。

10ドル(ハッピーアワー価格)
〔2017年9月現在〕

他にも、巻き寿司とピザを注文。写真は別記事↓に載せています。

新インターナショナルマーケットプレイスがオープン!レストラン店舗情報 1/2

コナグリル ハッピーアワーのドリンク
▲ハッピーアワーのドリンク(コナグリル)

また、ハッピーアワーのアルコール類は、5ドル〜11ドル。

カクテル、ワイン、酒(ハッピーアワーでは珍しい)、ビールなどがありました。

写真は、この中では一番お安いバドライト4.5ドル。

残念ながら、ハワイ産ビールは有りませんでした。(2017年4月)

コナグリルは、アメリカらしい雰囲気と、日本の巻き寿司などの「アジアン料理」がドッキング!・・でありながら、巻き寿司はジャパン・クオリティーだったので、胃が疲れてきた時、和食に行きたいけど海外っぽさも求めたいという時に、お薦めのレストランだと思いました。

コナグリル/Kona Grill
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ インターナショナルマーケットプレイス3階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • 6ドルロール寿司 7種類
    • 10ドルおつまみ 15種類
    • 12.5ドルおつまみ 6種類
    • アルコール:5ドル〜11ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/月〜木 15:00〜19:00・21:00〜23:00
    • 時間/金・土 21:00〜0:00
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも、予約できます。
    • ハッピーアワーの席は、バーエリア・パティオ(テラス席)・ラウンジ(室内のハイテーブル席)とのことでした。パティオにはテーブル席が沢山あります。

サンセイ シーフード レストラン&スシバー
Sansei Seafood Restaurant & Sushi Bar

日・月は50%オフ、火〜土は25%オフ
ダイニングテーブル・寿司カウンター:17:30〜18:00
(日・月の寿司カウンターは、17:15〜)

金・土 22:00〜深夜1:00(50%オフ・21歳以上)

サンセイ シーフード レストラン& スシバー
▲日・月のハッピーアワーは開店前にこの行列
(サンセイ シーフード レストラン& スシバー)

サンセイ シーフード レストラン&寿司バーは、「ワイキキビーチ・マリオット」ホテル内、海に近い方のタワー(ケアロヒラニタワー)3Fにある、アメリカンなSUSHIとシーフードのレストラン。

ハッピーアワーは毎日ですが、日曜日と月曜日だけは50%オフ。25%オフの他の日よりお得なので、開店前にはこの行列なのです。(写真は開店40分前)

ちなみに、火曜日〜土曜日のハッピーアワーは予約できるのですが、よりお得な日曜日と月曜日のハッピーアワーは予約不可。オーダー出来るのも30分間だけとあり、最初の一回転目で席に着けないと、ほぼ絶望的であります。

サンセイ ワイキキ
▲サンセイ シーフード レストラン& スシバーの店内

さあ、順番に席へと通されました。

料理のボリューム感が分からなかったので取り敢えず幾つか注文し、足りなければ6時までに追加しなければいけないプレッシャーがあり(←どんなプレッシャーだ?!)、

席から海がちょっと見えるものの、皆が同じタイミングで一斉に注文することを思うと、オーダーするのに忙しくそれどころではありません。(焦っ)

サンセイ ワイキキ ハッピーアワーのメニュー1
▲冷奴(左)・オーシャンサラダ(右)

冷奴 2.75ドル(元値 5.5ドル)
この豆腐は、日本と同じ味でした。

ご紹介する価格は、日・月(半額デー)の料金です。(2017年4月現在)

オーシャンサラダ 3.38ドル(元値 6.75ドル)

サラダと思って注文したのですが、食感の良い海藻がテンコ盛りで登場。海藻特有のクセが少しあるので、好き嫌いは分かれるかも。

サンセイ ワイキキ ハッピーアワーのメニュー2
▲レインボーロール(左)・しそ明太ロール(右)

レインボーロール 7.13ドル(元値 14.26ドル)

しそ明太ロール 3.88ドル(元値 7.76ドル)

↑この2品は、日本人の口に合う安定の美味しさ。

サンセイ ワイキキ ハッピーアワーのメニュー3
▲サンセイ スペシャルロール(左)
 ハワイアン アヒ タタキ(右)

サンセイ スペシャルロール 5.25ドル(元値 10.5ドル)

スパイシーなアヒに、キュウリと少量のセロリが入ったロール寿司。タイ料理に出てくる甘めの赤いソースが添えられていました。

ハワイアン アヒ タタキ 8.13ドル(元値 16.25ドル)

マグロのタタキを、玉ねぎなど数種類の野菜やトビコと和えて、甘めのタレを掛けた創作料理。甘めの味付けが苦手でなければ味は悪くはないのですが、メインのアヒタタキが細かく切られているので、存在が薄いような気がしました。

サンセイ シーフード レストラン&寿司バー 受賞メニュー
▲アヒ刺身ロール(受賞メニュー)

サンセイ シーフード レストラン&寿司バーは、ハレアイナ賞を受賞しているのですが、その受賞メニューの1つがこちら。

アヒ刺身ロール 6.75ドル(元値 13.50ドル)

マグロのタタキをホウレン草とルッコラで巻き、ロール寿司にしたものをフライにした創作メニュー。

衣は薄くてサックリ揚がっているので、食感が良く油っぽさも無い完成度の高い一品。

ソースは「醤油わさびバター」で、完全な “コッテリ系” なので、アッサリを求める方にはオススメ出来ませんが、寿司とは別物として私は好きです。

サンセイ シーフード レストラン&寿司バーのハッピーアワーは、ほとんどのメニューが割引対象となっています。(アルコールは対象外)

サンセイ シーフード レストラン&スシバー 割引対象外

が、私、やってしまったんです。。。

1つだけ割引対象外のメニューを注文しちゃったんです。。

実は、メニューの「*か★」マークは割引対象外だったんです!!(写真に、赤で印を付けました)

ちなみに、緑で印を付けたマークは「生または半生の商品」のこと。多くのメニューにこのマークが付いていて、こちらは割引とは無関係です。(マークが似ているのよね)

特に、英語メニューには要注意ですね〜。(注意書きも英語であることに加え、文字がちっこ過ぎ〜〜)

サンセイは、外国人が好きな日本食と言った感じで、純和風ではないアレンジ系のメニューが豊富でした。客層も欧米人が殆どです。正規のお値段だとかなりお高くなってしまうので、オーダーは間違わないようにしないとね。←わたしでーす!

サンセイ シーフード レストラン&スシバー/
Sansei Seafood Restaurant & Sushi Bar
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ワイキキビーチ・マリオット ケアロヒラニタワー3階
  • ハッピーアワーのメニュー

    寿司・おつまみ等、多くの種類が対象

  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/17:30〜18:00
      (日・月は半額、火〜土は25%オフ)
  • 予約・席などについて
    • 日・月のハッピーアワーは、予約できません。
    • 火〜土のハッピーアワーは、予約できます。
    • ハッピーアワーでも、通常のテーブル席が利用できます。(寿司カウンターもOK)
スポンサーリンク

ププの数は少ないけど・・・。

ハッピーアワーでお得になるププ(おつまみ)の数は少ない。。。(または無い)
けど、ハワイを感じるお店での、お得なハッピーアワーもイイものだ〜!

と思っているハッピーアワー店をご紹介いたします。

ラムファイヤー RUMFIRE

祝日を除く毎日/15:00〜16:00(2017年9月現在)
※時間変更の可能性があるので、直前にこちらでご確認お願い致します。

ラムファイヤー 景色
▲ラムファイヤーの景色は最高です!

ラムファイヤーは、シェラトンワイキキ1Fにある「オーシャンフロントのレストラン&バー」。

ダイヤモンドヘッドと海を眺めながらお食事が出来る、最高のロケーションですね〜。

ラムファイヤーは自由席制(オープンシーティング)。受付を通ることなく、空いている好きな席に自由に座ってよいシステムで、席に着いたところで後からサーバーさんがやって来る、というスタイルが取られています。

なので、ハッピーアワーであっても眺めの良いテーブル席で頂くことが可能ですし、予約も受け付けていないので気軽なんですよね〜。(1人でも入りやすい)

では、ラムファイヤー・ハッピーアワーのメニューをご紹介します。

ラムファイヤー ハッピーアワー メニュー カルアポークナチョス
▲カルアポーク ナチョス
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

こちらはハッピーアワーメニューの「カルアポーク ナチョス」。

$10

赤・紫・普通のナチョス3種類です。

ディップも3種類(アボカド、チーズソース、サワークリーム)、それらとは別に、ピリ辛のサルサソースがセンターに乗っています。これ、好きです。

ラムファイヤー ハッピーアワー メニュー キムチフライドライス キムチチャーハン
▲キムチ・フライドライス
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

そしてこちらは「ラムファイヤー キムチ フライドライス」。6ドル。

キムチ・ハム・卵・人参・ネギ・玉ねぎが入ったロングライスのチャーハンです。

この立地で6ドルは安い!
食事の代わりにも、なるなる〜

ラムファイヤー ハッピーアワーメニューのコリアン フライド チキン ウイングス
▲コリアン フライド チキン ウイングス
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

こちら「コリアン フライド チキン ウイングス」6ドル。

2017年8月に頂きました!

甘辛ソースの手羽先が5本。
付け合わせはモヤシとシーアスパラガス(っぽい?)。

手羽先は身がシッカリ付いていて身離れもよく食べやすいですし、美味しかったです。

ソースは濃い目で辛さが結構強いので、好き嫌いは分かれる味かもしれません。

flash stir fried edamame RUMFIREのハッピーアワーメニュー
▲FLASH STIR FRIED EDAMAME
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

そしてこちらは「フラッシュ スタアー フライド 枝豆」5ドル。

こちらも2017年8月に頂いたものです。

フライドと言っても揚げている感じは無く、ハワイ定番「ガーリックソイビーンズ」の別バージョンという感じ。

味のベースは、上記チキンウィングの辛さを取った感じで、ゴマ油の風味がブラスされたコッテリ系。

アッサリ味を期待して枝豆を注文する方にはオススメできませんが、コッテリ味がお好きな方にはオススメのお得なメニューだと思いました。

ラムファイヤーのププは4種類
お値段は、5〜10ドルです。

安くなるププは4種類しかないのですが、キムチチャーハンがあるのがポイント高いです。(お腹の足しになるという意味で)

ラムファイヤー ハッピーアワー 飲み物
▲ハッピーアワーのお飲み物
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • 各種ラム酒 $6・$7
  • 各種ドラフトビール $5
  • ハウスワイン $6
  • カクテル $5〜6.5

さすが、ラムファイヤー。
ハッピーアワーにもラムが3種類、カクテルにもラムベースがありました。

私たちは、ハワイの地ビール「Kona Fire Rock」と「Kona Big Wave」(各5ドル)の生で乾杯です!

ただ、ラムファイヤー・ハッピーアワーの残念なところは、その時間帯。
時間が、中途半端すぎると思うのです。

2017年9月現在、午後3:00〜4:00(祝日除く)
3時台に行くなんて、なかなか出来ませ〜ん(´ω`;)

尚、ラムファイヤーのハッピーアワーは、よく時間変更をするので、行かれる前にこちらでご確認くださいね。

ラムファイヤー/RUMFIRE
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「シェラトン・ワイキキ・ホテル」1F
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 4種類 5〜10ドル
    • アルコール類:5ドル〜7ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 15:00〜16:00(2017年9月現在)
    • 祝日は開催していません
  • 予約・席などについて
    • ラムファイヤーは、少人数なら予約制ではありません(どの時間帯でも)
    • 席は、空いている好きな席に自由に座れるオープンシーティング制です
    • ハッピーアワーでも、眺めの良いテーブル席を利用可能です

スカイ ワイキキ Sky Waikiki

水〜日(祝日・スペシャルイベント日は除く)/17:00〜19:00

スカイ ワイキキ ルーフトップレストラン
▲スカイ ワイキキ
こちらは通常席。ハッピーアワーは利用できない。

スカイは、ワイキキのド真ん中「ワイキキ・ビジネスプラザ」の19階にある「ルーフトップ・レストラン&ラウンジ」。

屋上からの景色は圧巻で、ワイキキのホテル群や、ダイヤモンドヘッドを一望できる素晴らしいものでした。

でーんとした大きなソファが、ゆったり贅沢に配置されている点も、アメリカらしさが出ていて、日本ではなかなか味わえない雰囲気だと思います。

でも、メディアで度々紹介されるこの素敵なお席・・、実は「通常料金エリア」とのこと。

ハッピーアワーは、

その裏側にある・・・・、

スカイ ワイキキ ハピーアワーのラウンジエリア

ラウンジ・エリアのみ

なるほど。
表側と様子が全然違〜う www

SKY ハッピーアワー ラウンジのバー
▲SKY(ハッピーアワーで利用できる室内カウンター)

利用できるのは、屋内ラウンジ内にある「カウンター席」や、

スカイ ワイキキ ハッピーアワーの席
▲SKY(ハッピーアワーで利用できるラウンジ)

ラウンジ内のテーブル席やソファ席、

スカイ ワイキキ ハッピーアワー テラス席
▲SKY(ハッピーアワーで利用できるテラス席)
ラウンジエリア

その横にあるテラス席の一部も、ハッピーアワーで利用可能でした。

でも西日が強すぎて暑すぎ!

ということで、テラス席は断念することに。ハッピーアワーは19時までなので(L.O.)、涼しくなる頃の方がイイかもしれませんね。

ちなみにこの写真・奥にある短い階段の向こう側に、表側の煌びやかな世界(通常価格の席)が広がっています。(笑)

表側(通常料金エリア)はまあまあ人が居たけれど、裏側(ハッピーアワー)は、私たちを含め3組だけでした。

Sky ワイキキ ハッピーアワーにて
▲ハッピーアワーで飲んだもの
Sky Waikiki(ハッピーアワー)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • ハイネケン $4
  • 各種カクテル $6
  • ハウスワイン $6
  • バーテンダーのチョイス $7

です。

ハイネケン(写真左)4ドルは、ワイキキのハッピーアワー価格としては中間くらいのお値段ですが、5ドルが4ドルになるだけなので、あまりお得感はないような。。。

写真右のカクテルは「House tequila daisy」。6ドル。
グラスが小さいだけにあまり安く感じなかったのですが、Skyのカクテルは10ドル〜13ドルするので(通常料金)、そんなものかもしれませんね。

ちなみに以前、ハッピーアワーのカクテルは、1品ずつ日替りで提供されていたのですが、2017年9月現在は、毎日全てを注文できるように変わっていますね〜。

スカイ ワイキキ ハッピーアワーメニュー アヒポケ
▲アヒポケ&アボカドムース(スカイ ワイキキ)

スカイ・ハッピーアワーのフードメニューは、日替りで1品(全て10ドル)

私たちは、こちらの アヒポケ&アボカドムース を頂いてみました。

スパイシーなアヒポケと、クリーミーなアボカドムース、ライスクラッカーをオシャレに盛り付けしたププで、見た目も味も良かったです。

(2017年9月現在は、通常メニューでのみ注文可。価格は18ドルです)

SKYのハッピーアワーは、「料理が1品、デザート3品、席は裏側」という点を考えると、多くの方には景色の良い“表側”の席がおすすめだな〜と思いました。

自由な雰囲気なので、ハッピーアワーで入っても、表側にフラフラ見学に行ったりは出来ますけどね(笑)

スカイワイキキへの私の最終訪問日は2016年9月です。その後にメニュー構成や定休日が変更になっているので(下記の営業日は訂正済)、ハッピーアワーのシステムも変わっている可能性があることをご承知おきくださいね〜。

スカイ ワイキキ/Sky Waikiki
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「ワイキキ・ビジネスプラザ」19F(1FはH&M)
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 日替りで1種類ずつ 10ドル
    • デザート 3種類 各6ドル
    • アルコール類:4ドル〜7ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 水〜日 17:00〜19:00(2017年9月現在)
    • 祝日・スペシャルイベント日は開催していない
    • ラウンジエリアのみ(メディアで紹介されている良い景色の席ではない)

ルルズ ワイキキ Lulu's Waikiki

毎日 15:00〜17:00

ルルズワイキキ 店内
▲ルルズ ワイキキの店内

ルルズ ワイキキは、ホノルル動物園近くにあるカジュアル・レストラン。

風の抜けるオープンな造りと、カラカウア通り越しに見える海、オシャレ過ぎない素朴なところが、イイんですよね〜。

でも、ルルズは、ハッピーアワーで安くなるフードメニューが無い

アルコールだけなんですよね〜。

食べ物をオーダーするとしたら、普通のフードメニューからになるってことに。。。

ルルズ ワイキキ ハッピーアワー
▲ダイキリ(マンゴー)4ドル(写真左)
 ウェルドリンクのジントニック 3ドル(右)

でも、マンゴーダイキリ(写真左)はこの量で4ドルだったり、

ウェルカクテルの中から選んだジントニック(写真右)は3ドルと、

他店のハッピーアワーでは高めのカクテル類が、お安いではないか!

  • ウェルカクテル 3ドル
  • ダイキリ 4ドル
  • サングリア 4ドル
  • マイタイ 5ドル
  • ハウスワイン 5ドル
  • クアーズライト・バドライト 3ドル
  • ハワイのローカル4ドル(ビキニブロンド ラガー・ロングボード)

また、前述したとおりハッピーアワーの食べ物はナイので、沢山あるレギュラーメニューから、選ぶわけです。

ハッピーアワーの時間帯(午後3時〜5時)は、ランチメニューとメインメニューの両方を注文できるので、選択肢はかなり多いです。(サンドイッチ・ハンバーガー・サラダ・ププ)

ルルズ ワイキキ ロコモコ看板
▲ルルズの看板

ルルズの自画自賛なこの看板、果たして本当なのでしょうか?

ルルズ ワイキキ ロコモコ
▲食べ物は通常料金(こちらは、14ドル)

試してみました。

私たちは、お気に入りのロコモコ店を紹介した別記事「ハワイのロコモコ|おすすめランキング&有名店(厳選15店から)」を書いていて、新たに美味しいロコモコと出会えたら記事に加えたり、その逆だとお気に入りランキングを下げたりして、ちょいちょい編集しているのですが・・・、

そのロコモコのページに、ルルズ自慢のロコモコを加えることは出来ませんでした。

ハンバーグは焼き過ぎでジューシー感が乏しく、グレービーの塩味も私には強すぎたからです。(でも、賛否両論あるようです。ちなみに朝食で訪問した時の別メニューは美味しかった〜)

とは言っても、他に食べ物は色々ありますし、たとえ通常料金でも 11ドル〜15ドル、ボリュームもあるので、シェアすれば他のハッピーアワー価格と変わらなくなると思ったのでご紹介しました。

ただ、ハッピーアワーの時間帯はまだ西日が強く、海に向いてるカウンター席はすごく暑いので、季節やお天気にもよりますが「テーブル席」か「動物園側のカウンター席」が快適かなと思っています。(朝食ならば、海に向かったカウンター席が最高)

ワイキキのおすすめ朝食&MAP!

ルルズ ワイキキ/Lulu's Waikikii
  • 場所:ワイキキ東部MAP/ (パークショアワイキキホテル2階)
  • ハッピーアワーのメニュー
    • アルコール類:3ドル〜5ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 15:00〜17:00
  • 予約・席などについて
    • ルルズは、予約制度はありません(どの時間帯でも)
    • ハッピーアワーは、どの席でも利用できます
    • もし西日の強い席に案内されたら、その場・その時に「別の席が良い」と言わないと、サーブする店員さんのテリトリーの関係で、変更は難しくなります。

      (色々なシステムのお店がありますよね〜。チップを後から全員で分けるお店もあれば、サービスするテーブルの範囲を分けて各自でチップを受け取るレストランも。

      ルルズは後者のようで、「席は変更できないの。あっちは違うサーバーだから」と断られてしまいました。なので、案内されたその時に言うことをおすすめします。空いている席を指差すだけでも、きっと伝わると思いますよ。)

スポンサーリンク

ハッピーアワーの時間割

「今、やってるとこ!」
現地で探したい場面が多々あるので、ハッピーアワー・スケジュールを作ってみました。
早く探せないと刻々と時間は過ぎて行きますので。。

この表は、3ページに渡りご紹介しているお店を全て盛り込んでいます。尚、ハッピーアワーの時間帯は変更になる事があります。その場合はご容赦くださいませ。

《表の見方》
表は30分刻みです。5時「00〜」の枠は、午後5時〜5時30分。
○はハッピーアワータイムを示しています。

2017年9月5日

【昼〜夕方のハッピーアワー】
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
チャックスセラー
チャックスステーキハウス
16:45〜 バーエリアは19:00までOK
牛角
11:30〜18:30 お昼も開催
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
ルースズクリス
上段:プライムタイム(コース)下段:ハッピーアワー(カウンター)
ウルフギャング
11:00〜18:30 お昼も開催
ヤードハウス
土日は無し
ビルズ
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
ブホ
KAIWA
フラグリル
トミーバハマ
チャートハウス
月〜金は4時30分から
道楽寿司
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
BLTステーキ
ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ
都レストラン
火曜定休
コナグリル
金土日は無し(金土は遅い時間なら開催)
サンセイ シーフード レストラン&寿司バー
日・月は50%オフ、火〜土は25%オフ
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
ザ・ストリート
ラムファイヤー
祝日は無し
スカイ
※水〜日のみ営業(祝日・スペシャルイベント日は除く)
ルルズ
【遅い時間のハッピーアワー】

牛角 21:30〜23:30 / ヤードハウス(日〜水のみ)22:30〜0:00 / ブホ 22:00〜CLOSE / チャートハウス 22:00〜CLOSE / ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ 21:00〜22:00 / 都レストラン 20:00〜20:30 / コナグリル 21:00〜23:00(金土は0:00まで) / サンセイ シーフード レストラン&スシバー 金・土 22:00〜深夜1:00 / ザ・ストリート 22:00〜0:00


このハッピーアワー・シリーズ(全3ページ)は、「ハッピーアワーで安くなる食べ物・飲み物だけ」にこだわってご紹介してみました。(ハッピーアワーの食べ物がない「ルルズのロコモコ」は除きます。)

また、グランドメニュー(通常料金メニュー)について触れたい場合は、それがグランドメニュー(レギュラーメニュー)であると、はっきり分かる様に書いてみたつもりです。(ごっちゃにならぬ様。。。)

当シリーズに掲載している写真(料理・ドリンク)は、ルルズのロコモコを除き、全てハッピーアワーメニューです!(もちろん全て実食分♪)

レストランによって我慢ポイント(時間・席・予約可否)は違いますが、それさえ了承できればお安く楽しめるハッピーアワー。お得なので私達は大好きです。

ただ、ランチでガッツリ食べすぎると「ハッピーアワーの時間なのにまだお腹空いてな〜い!」って事にも成りかねないので(中途半端な時間ゆえ)、朝食・ランチ計画も結構重要かもしれませぬ。(思ったよりランチの量が多かったとか ← あるある・笑)

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ