ホノルルファーマーズマーケットは、水曜日の夕方開催

最新調査日:2016年9月

ホノルルファーマーズマーケットは、毎週水曜日の夕方に開催されます。
開催場所はワード(カカアコ)エリアの山側にあるニール ブレイズデル センターというコンサートホール前。(と言っても、ワードセンターから歩くと20分以上かかります)
開催時間は、16時から19時なので、遊んだ帰りに夕食がてら寄れて便利です。

出店数は約30店舗(2016年9月訪問時33店舗)と小規模ですが、各ブースが大きくて品揃えが充実しているので寂しい感じはありません。
地元のお客さんが多く “のんびり” としたローカル感が味わえるので、私はKCCとは違った魅力を感じています。
特にフードメニューやハワイ産のフルーツ・野菜などが充実していて、私は夕食や食材の買出しの為に頻繁に出没しています。

今回は、ホノルルファーマーズマーケットの雰囲気・開催時間・ワイキキからの「行き方」・注意点(時々開催場所が変更になる)などをご紹介します。

スポンサーリンク

ホノルルファーマーズマーケットは “食べ物” のお店が充実

ページが長くなり過ぎた為2つに分けましたので、ホノルルファーマーズマーケットの開催場所・行き方・駐車場等の情報は、別ページ ワイキキからの「行き方」・注意点(時々開催場所が変更になる) でご確認ください。

ホノルルファーマーズマーケットに出店している約30の店舗から、気になったお店や食べたメニューと味の感想などをご紹介します。

まずは、定番のハワイ産フルーツと野菜のお店。

他にもフルーツと野菜をメインに販売しているお店は多数あって、食材の買い出しには不自由しません。

ホノルルファーマーズマーケットのフルーツと野菜店
▲ハワイ産フルーツと野菜のお店

何とコチラは、トマトを専門に販売しているお店。

トマト1点勝負と言うのは初めて見たので、思わず買ってしまいました。

ホノルルファーマーズマーケットのトマト店
▲トマト専門のお店

農産物なので その時々で味は違うと思いますが、この時のトマトは私の好みではありませんでした。

少々酸味が強め。

ホノルルファーマーズマーケットのトマト
▲ホノルルファーマーズマーケットのトマト

ハワイ島産コーヒー「カウコーヒー」のお店。

日本人の方が対応してくれるので、コーヒーの詳しい説明が聞けます。

ホノルルファーマーズマーケットのカウコーヒー店
▲ハワイ島産カウコーヒーのお店

その場で食べられるフードメニューも豊富

こちらの “ガッツリ系” 肉料理のプレートランチ店は、いつも大人気。

プレートランチの他に、おかずだけの「ププ」(おつまみ)もあるので、晩酌用に買って帰ることもしばしば。

「チキンとポークを半々で」というリクエストにも笑顔で応えてくれます。

ホノルルファーマーズマーケットのププ店
▲人気の肉料理のお店

店の裏で豪快に肉を焼いていて、出来立てを売っているのも人気の理由かも。

この香ばしい香りに、いつも誘われてしまうんだなぁ。。。

ホノルルファーマーズマーケットのププ店2
▲店の裏で豪快に調理

私がよく注文するチキンとポークの組み合わせ。

どちらも香ばしくて、食材の味を生かした適度な味付けが最高です。

最初の頃は単品でどちらかを注文していましたが、どちらも美味しいので選べず、今では両方を半分ずつ入れてもらっています。。。

ホノルルファーマーズマーケットのププ店チキンとポークのコンボ
▲チキンとポークの組み合わせ

人気店の「ソウル」も出店していました。

ここのバターミルクフライドチキンが私のお気に入り。

ホノルルファーマーズマーケットのプレートランチ店ソウル
▲人気のプレートランチ店「ソウル」

このバターミルクフライドチキンは、味にクセがなく でもコクがあって美味。

表面パリパリのチキンがまた絶品です。

ホノルルファーマーズマーケットのプレートランチ店ソウル
▲ソウルのバターミルクフライドチキン
スポンサーリンク

ハワイ産ビーフを使ったハンバーガーの人気店 ホノルルバーガーカンパニーも出店しています。

ホノルルファーマーズマーケットのホノルルバーガーカンパニー
▲ハンバーガーのホノルルバーガーカンパニー

お店の裏ではモクモクと煙を上げて調理中。

ハンバーグを焼くイイ匂いに誘われて ついつい近付き、そして注文。。。

ホノルルファーマーズマーケットホノルルバーガーカンパニー(調理中)
▲ホノルルバーガーカンパニー(調理中)

サンプルの中で一番美味しそうだった「マッシュルームバーガー」を注文。

味は、ボリュームがあってジューシーな肉・シッカリ食感で素材の味が濃いマッシュルーム・更にチーズが合わさってコク深い味わい。

トマトとしっとりしたタロイモを使った紫色のバンズが、全体を上手にまとめていてバランスが最高です。

ホノルルファーマーズマーケットホノルルバーガーカンパニーのマッシュルームバーガー
▲マッシュルームバーガー

毎回店舗名を確認するのを忘れてしまいますが、このお店のクリームソースのシュリンプパスタは絶品。

でも、すんごいボリュームなので、1つ注文すると他が食べられなくなるのが・・・。
と言いながら、結構リピートしちゃってます。。。

ホノルルファーマーズマーケットのクリームソースシュリンプパスタ店
▲クリームソースシュリンプパスタのお店

ズッシリ重いクリームソースのシュリンプパスタです。

味は、コクのあるクリームと大量に入った食感の良いエビの組み合わせが非常に美味しいので結構ガンガン食べちゃいます。

でも、出来れば半分のサイズが有ると嬉しい感じ・・・。

ホノルルファーマーズマーケットのクリームソースシュリンプパスタ
▲クリームソースシュリンプパスタ

プレートランチは、他にも美味しそうなお店が まだまだあります。

なので、まだ全てを制覇しきれていません・・・。

ホノルルファーマーズマーケットのプレートランチ店
プレートランチのお店は他にも多数▲

少し軽めのメニューがお好みの方には、クレープ専門店の「クレープハワイ」がオススメです。

メニューは、私が行った2016年7月時点でスイーツ系6種類・食事系5種類の計11種類と豊富。

ホノルルファーマーズマーケットのクレープハワイ
クレープ専門店のクレープハワイ▲

クレープは注文してから焼くので時間がかかりますが、ここのクレープは待つ価値があると思います。(行列時以外)

私は毎回夕食を食べに行くので、いつも食事系を注文します。

ホノルルファーマーズマーケットのクレープハワイ
私が注文した「ザ・ローカル」調理中▲

私のお気に入りは、ハワイのローカルフードのカルアピッグ・ほうれん草・モッツァレラチーズ・トマト等が入った食事系クレープ「ザ・ローカル」です。

味は、カルアピッグの適度な塩加減と肉の旨味が全体に広がり、トマトとほうれん草がマイルドにしていて、チーズがコクを加えてる感じで全体のバランスが非常に良くて美味。

クレープでありながら、ハワイの伝統料理を充分味わえる素晴らしいメニューでした。

クレープハワイの「ザ・ローカル」
クレープハワイの「ザ・ローカル」▲
スポンサーリンク

アッサリ系をお好みの方にはコチラ。
カイルアで人気のシーフード店「ヒバチ」のポケ(ポキ)丼

私は、このお店のポケが大好きで、カイルアに行くと、よくに買って帰ります。

ホノルルファーマーズマーケットのポキ丼店ヒバチ
▲ポキ丼のお店「ヒバチ」

私のオススメは、この「ハバネロ トビコ リム ポケ」です。

味は、味のシッカリしたアヒ(マグロ)にピリ辛程度のハバネロが絶妙に絡まりアッサリ食べられます。

ポケの新鮮さはカイルアの店舗より落ちますが、ワイキキの近くでこの味が食べられるには嬉しい限り。

ヒバチの「ハバネロ トビコ リム ポケ ボウル」
▲ヒバチの「ハバネロ トビコ リム ポケ丼」

土曜日のKCCでも人気のレモネード店「ナロメイド レモネード」が出店していました。

近頃(2016年9月時点)ハワイではレモネードが人気らしく、よくレモネード店を見かけます。

ホノルルファーマーズマーケットのジンジャーエール店
▲レモネード店「ナロメイド レモネード」

味はオリジナル・ストロベリー・マンゴー・パイナップル・リーヒン(梅味)の5種類。

サイズは、カップ(5ドル)とジャーと呼ばれる瓶(7ドル)の2種類で、空きのジャーを持って行くと、中身だけのリフィル(4ドル)が購入できるシステムです。

ナロメイド レモネードの価格
▲ナロメイド レモネードの価格

マンゴー味のジャー(7ドル)を購入。

味は、果肉入りレモンの味がシッカリしたレモネードに、ほんのりマンゴーの風味が乗っている感じで美味。

大きさはハチミツの1Kg瓶位あって、最初は「多いかなぁ」という印象でしたが、氷が多過ぎる訳でもないのに2人で楽々飲み干しました。。。

ナロメイド レモネードのマンゴー(ジャー)
▲ナロメイド レモネードのマンゴー(ジャー)

アイスクリーム屋さんには、毎回惹かれます。

デザート系は他にもたくさんあるのですが、いつも食事で満腹なので、アイスクリームしか入らないという話も・・・。

ホノルルファーマーズマーケットのアイスクリーム店
▲アイスクリームのお店

マカダミアとチョコレートのアイスクリームを別の日に食べてみました。

どちらも とても味が濃くて “なめらか” で「質の高いアイスクリーム」という感じで美味しい!

両方とも暑い日だったので、既に融けて来てますが・・・。

ホノルルファーマーズマーケットのマカダミアとチョコレートアイスクリーム
▲マカダミアとチョコレートアイスクリーム

KCCファーマーズマーケットでも人気のジンジャーエール店「パシフィックール」が出店していました。

他でも書いていますが、私はココの生の生姜を使ったジンジャーエールが大好きで、オススメはスタンダードなジンジャーエールです。

2016年9月には出店していませんでした。(土曜日のKCCでは出店を確認)

ホノルルファーマーズマーケットのジンジャーエール店
▲大人気の「パシフィックール」

こちらもKCCで人気のハワイ島産アワビのお店。

KCCでは行列ですが、ここでは殆ど並ばずに買えてしまいます。

2016年9月には出店していませんでした。(土曜日のKCCでは出店を確認)

ホノルルファーマーズマーケットのアワビ店
▲ハワイ島産アワビのお店

その場で焼いているので、アツアツが食べられます。

ちょっと小ぶりだけど、美味しくてリーズナブルな値段なので、よく食べています。

ホノルルファーマーズマーケットの焼アワビ店(調理中)
▲ハワイ島産の焼きアワビ(調理中)

新鮮なアワビのプリプリ感と濃い味が堪能できます。

醤油などはセルフで、お好みの味付けが出来ます。

ホノルルファーマーズマーケットの焼アワビ店
▲ハワイ島産の焼きアワビ
スポンサーリンク

ホノルルファーマーズマーケットの食事スペースとトイレの場所

食事スペースも “のんびり”

買ったものは、会場内のベンチやテーブルでも食べられるのですが、数が少ないので、コチラがおすすめ。

芝生の隅に、この様な “ゴザ” が用意されていて、自由に借りる事が出来ます。

ホノルルファーマーズマーケットのゴザ
▲自由に使えるゴザ

スペースもゴザも充分にあるので、順番待ちや場所取りも一切必要なし。

涼しくなった夕方に、ゴザの上でピクニック気分の夕食もイイもんです。

ホノルルファーマーズマーケットのゴザを敷くスペース
▲会場内にゴザを敷くスペースは多数

トイレはコンサートホール内で広くてキレイ

色々食べたり買ったりしていると、滞在時間が長くなり、トイレにも行きたくなりますね。

ホノルルファーマーズマーケットの開催時間中は、ニール ブレイズデル センターの中にあるトイレが使えますので、簡単に場所をご紹介します。

ニール ブレイズデル センターの入口を入ると、大抵係の人が居て教えてくれますが、女性は右手へ、男性は左手へ進みます。

ホノルルファーマーズマーケットのトイレ1
▲ニール ブレイズデル センターの入口

写真は左手に進んだところ(男性用)ですが、すぐ先にある階段を下りると左がトイレです。
女性用トイレは、入口を中心に反転した位置にあるので、入口を入って右手に進み、階段を下りた右側にあります。

コンサートホールのトイレなので、広くてキレイです。

ホノルルファーマーズマーケットのトイレ2
▲入口を入って左手に進んだところ(男性用)

以上ホノルルファーマーズマーケットの開催曜日・時間やお店、私が食べた(買った)もののご紹介でした。

今回ご紹介したお店の他にも、お好み焼き屋さんやイチゴ大福のお店、お菓子屋さんやハチミツ屋さん等々 たくさんあります。

“のんびり” でローカルなホノルルファーマーズマーケットでの夕食&買い物は、かなりオススメですよー。

ホノルルファーマーズマーケットの行き方や駐車場の情報は ワイキキからの「行き方」・注意点(時々開催場所が変更になる) でご確認頂けます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ