カイルアビーチとラニカイビーチ
駐車場・シャワー等の設備の情報も

カイルアビーチとラニカイビーチの駐車場や設備(シャワー・トイレ・ゴミ箱・ベンチなど)、住所等をオリジナル地図と共にまとめてみました。
ラニカイビーチのご紹介コーナーでは、美しい景色が見られる「オススメの小路」情報なんかも書いてみます。

カイルアビーチとラニカイビーチへのアクセスは、以下の別ページでご紹介しています。

スポンサーリンク

カイルアビーチとラニカイビーチ(地図付)

カイルアビーチとラニカイビーチは隣接しており、カイルアビーチの端から、下でご紹介してるラニカイビーチの「オススメの小路」までは徒歩で10分くらいです。

ひと山(坂)超えればラニカイといった感じで、下に出てくる「ラニカイ入口の塔」が山(坂)の頂上です。
地図で位置関係をご確認頂きながら ご覧下さい。

最新調査日:2016年9月

カイルアビーチ・ラニカイビーチの地図
▲カイルアビーチ・ラニカイビーチの地図

カイルアビーチのご紹介

まずは、カイルアビーチをご紹介します。
ハワイのビーチの中でも特に人気が高く、ツアーの方も多く見かけます。
ちなみに google map 等で検索する場合の住所は「450 Kawailoa Rd Kailua, HI 96734」です。

カイルアはビーチパークになっていて駐車場や施設が充実していますので、詳しくご案内します。

カイルアビーチ
▲カイルアビーチ

上の地図でもご確認頂けますが、カイルアビーチは川を挟んで2つのエリアに分かれています。

徒歩で行かれる場合は、歩く経路の安全性と近さから 別ページ で地図上左側のエリアをご紹介していますが、右側のエリアの方が広く、バス停もあるので右側がメインだと思われます。

カイルアビーチ入口の看板
▲カイルアビーチ入口の看板

カイルアビーチに近付き、2つのエリアを分ける川に架かる橋を渡ると、左手に「右エリア」入口の看板があります。

橋を渡る手前にも「左エリア」へ続く道がありますが、そこは駐車場出口で車両は進入出来ません。車で行かれる場合はご注意ください。

カイルアビーチの遊泳エリア
▲カイルアビーチの遊泳エリア

カイルアビーチはカヤック等のアクティビティも盛んなので、安全確保の為に遊泳エリアが決められています。

写真の黄色い部分が遊泳エリアです。

カイルアビーチ中央の川
▲カイルアビーチ中央の川

カイルアビーチの中央に流れている川です。

川上や川辺からカヤックやカヌーを出して海へと漕ぎ出す光景をよく見かけます。

カイルアビーチパーク
▲カイルアビーチパーク

カイルアビーチパークは、緑が豊かで芝生のエリアも広いので、ビーチとしての利用だけではなく様々なレクリェーションやスポーツに広く使われています。

カイルアビーチパークのサイクリングロード
▲サイクリングロード

ビーチパーク内はサイクリングロードも整備されています。


私は、カイルアタウンで借りたレンタサイクルで、このサイクリングロードを通ってラニカイを一周して来るコースが、快適で気に入っています。

スポンサーリンク

カイルアビーチパークの施設

ビーチパーク内の屋根付施設
▲ビーチパーク内の屋根付施設

ビーチパーク内には雨が降っても利用出来る屋根付の施設もあり、空いていれば誰でも利用する事が出来ます。

カイルアビーチパークのトイレ
▲カイルアビーチパークのトイレ

もちろんトイレも完備で、左側エリアに1か所、右側エリアに2か所の計3か所あります。

写真のとおり かなり立派な建物で、清掃状態もビーチのトイレとしては良好なので女性も安心して利用出来ると思います。

シャワーは2種類完備

カイルアビーチパークのシャワー
▲カイルアビーチパークのシャワー

シャワーはトイレの横に設置されていて、自由に使う事が出来ます。

シャワーと言うより「うたせ水」といった感じですが、真水が出てきますので海水や砂を洗い流せます。

低い位置のシャワー
▲低い位置のシャワー

チョット気が利いていると思ったのは、低い位置にもシャワーがある事です。

私は、足だけ洗いたい時に重宝しています。

カイルアビーチパークのイスとテーブル
▲カイルアビーチパークのイスとテーブル

至る所にイスとテーブルが設置されていますので、持参したものを食べる場所を探すのには全然苦労しません。

常時屋外設置なので多少傷んではいますが、汚くはないので いつも少しウェットテッシュで拭いて使わせて頂いています。

カイルアビーチパークのゴミ箱
▲カイルアビーチパークののゴミ箱

食事をすればゴミが出ますが、ビーチパーク内にはゴミ箱が多数設置されていますので安心です。

カイルアビーチに限らず、ハワイにはゴミ箱が多くて非常に助かります。

海を眺められるベンチ
▲海を眺められるベンチ

ビーチパーク内のベンチは、食事をする場所だけではなく、この様な気の利いた場所にも設置されています。

先は海なので、美しい景色を見られるのは良いのですが、昼間はとても暑いので夕方以降がおすすめです。。。

カイルアビーチのライフガード
▲カイルアビーチのライフガード

改めて言うまでもありませんが、カイルアビーチパークにはライフガードが常駐しています。

お世話にならないに越したことはありませんが、居てもらうだけで安心感が違います。

カイルアビーチパークの駐車場

カイルアビーチパークの駐車場
▲カイルアビーチパークのトイレ

上でご紹介のとおり、橋を渡って左側に大きな駐車場があり、誰でも無料で利用できます。

平日は比較的空いている様ですが、週末は ほぼ満車になっている印象ですので、出来れば週末は避けた方が良さそうです。

駐車場は他に地図の左側エリアに1か所とラニカイ側の端にもう1か所(計3か所)ですが、左側エリアの駐車場は入口が分かり難いので、中央が満車の場合はラニカイ側がオススメです。

カイルアビーチパークのバス停

カイルアビーチパークのバス停
▲カイルアビーチパークのバス停

カイルアビーチパークの道路に面した一角に、カイルアタウン方面行きのバス停があります。

屋根付で風も心地良いので、本数の少ない70番バスを快適に待つ事が出来ます。

ザ・バスでカイルアタウン カイルアビーチへ

スポンサーリンク

ラニカイビーチのご紹介

次に、ラニカイビーチをご紹介します。

カイルアビーチの隣りなのでツアーの方も見かけますが、専用駐車場が無いので、見学だけの短時間の滞在が多い印象です。

ちなみに google map 等で検索する場合のラニカイビーチの住所は「896 Mokulua Dr Kailua, HI 96734」(下でご紹介している小路付近)です。

ラニカイビーチ
▲ラニカイビーチ

ラニカイビーチと言えば、象徴である二つの小島「モクルア」と共に映った美しい景色が有名ですね。

ハワイを特集したテレビ番組や雑誌・書籍等に頻繁に登場しますので、ご覧になられた方は多いと思います。

ラニカイ入口にある塔
▲ラニカイ入口にある塔

カイルアビーチとは繋がっておらず、登り坂になっている道路を進んで写真の「塔」を超えるとラニカイに入ります。

カイルアビーチパークの端から、下でご紹介しているオススメの小路までは、徒歩約10分の距離です。

ラニカイビーチへ続く小路
▲ラニカイビーチへ続く小路

ラニカイはビーチに面して邸宅が建っている為、道路から海は見えず、邸宅と邸宅の間にある公共の小路を通ってビーチへ出る事になります。

写真の様に、稀に工事中で入れない事がありますので、その場合は次の小路を利用する事になります。

ラニカイビーチへ続かない小路の先
▲ラニカイビーチへ続かない小路の先

ラニカイには上記の「小路」が10箇所以上あるのですが、中にはビーチへ続いていない所も。

写真が「ビーチに続いていない小路」の先の景色で、この様な事態にならない為に「オススメの小路」をご紹介します。

この小路は、別ページ ラニカイへ バスでの行き方 でもご紹介しています。

ビーチへ続くオススメの小路
▲ビーチへ続くオススメの小路

塔のある坂を下って3番目の小路が、私のオススメの小路です。

小路の入口にある小さな看板の左上に「Ocean Access 3」と書かれていれば間違いありません。

オススメの小路の先
▲オススメの小路の先

Ocean Access 3を抜けてビーチへ出ると、ご覧の様な美しい景色に出会えます。

この辺りが一番ビーチの幅が広いと思います。

少しモクルアに接近
▲少しモクルアに接近

更に一つ先の「Ocean Access 4」を通ると、もう少しモクルアに近くなりますが、ビーチの幅が狭くなります。

まぁ、ビーチへ出てからモクルアの方へ歩いても一緒ですが。。。

更にモクルアに接近
▲更にモクルアに接近

ちなみに、更に更にラニカイの奥へ行った小路の先のビーチは、こんなに狭いです・・・。

景色は良いし、これはコレで最高の雰囲気なので私は好きですが。

ラニカイビーチの駐車場とシャワー等の施設

ラニカイはビーチパークではないので、シャワーやトイレ等の施設は一切ありません。

上にもチョット書きましたが、専用の駐車場は無く、路上のパーキングエリアに駐車するしかありません。
しかも住宅街なので駐車スペースは限られていて、駐車禁止の場所もあるので、観光客の私達が利用するには難易度が高いと言えそうです。

車で行かれた場合は、カイルアビーチパークの端(ラニカイ寄り)のにある駐車場に停めて「徒歩」が私のオススメです。
その際、駐車場の隣りにあるトイレに寄られる事をお忘れなく。ラニカイビーチにトイレはありませんので。
トイレの横にはシャワーがありますので、戻って来たら海水や砂を洗い流してから車に乗る事が出来るのも便利です。

以上、カイルアビーチとラニカイビーチのご紹介(地図付)でした。

賑やかで快適で便利なカイルアビーチと、チョット不便だけど のんびりとした雰囲気と独特の景色を堪能できるラニカイビーチ。
隣り合わせた2つの “全く違う” 美しいビーチを一度に楽しめるので、私のハワイ滞在には「外せない」大好きな場所です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ