カイルアバイシクルのレンタサイクルを利用してみました
カイルアタウンからカイルアビーチ・ラニカイビーチへサイクリング

カイルアバイシクルは、カイルアタウンにあるレンタルサイクル店。

カイルアタウンからカイルアビーチまで行くには、やっぱり自転車が便利!
なので私は、よく利用します。

日本人経営で、料金も良心的(近くにある無人のレンタサイクルスタンドに比べて)。
クレジットカードも利用できましたよ。(支払い時の注意点アリ)

そこでこのページでは、カイルアバイシクルの場所と自転車を借りたときの様子をご紹介いたします!

最新調査日:2016年8月

スポンサーリンク

カイルアバイシクルは予約必須

それでは早速、お店に到着したところから。(行き方は、下で詳しくご案内しています)

カイルアバイシクル外観
▲カイルアバイシクルの外観

カイルアバイシクルの外観は、こんな感じ。

ビルの1階にあり、お店の前に予約の自転車が並んでいるので、すぐ分にかると思います。

カイルアバイシクルの自転車
▲カイルアバイシクルの自転車

店内に入ると、日本人のオーナーが対応してくれました。

実は最初、気楽に考えて “予約なし” で行ったのですが、全ての自転車が貸出中とのこと。(しまったぁ〜!)

「何とかならないですかね〜?」とお願いしてみると、奥から「少し前のやつなんだけどね」と多少古いながら結構シッカリした自転車を用意してくれました。
(十分 十分。ありがとう!)

という事で、幸い借りることができました。
なので それ以来、事前予約は必ずしています。

契約書類を書いて、クレジットカードで支払いを済ませます。
(私は毎回「4時間で16ドル」のプランを選択)

現金支払いでもクレジットカードは必要

ここで注意点ですが、カイルアバイシクルでは、支払いを現金で済ませた場合でもクレジットカード(AMEX以外)が無いと自転車は借りられません。

貸し出し自転車の保証の為との事で、グループで1人持っていればOKです。

カイルアバイシクルのカイルアマップ
▲カイルアバイシクルのカイルアマップ

注意点や乗り方の説明を受けてから、イザ出発!

分かりやすいオリジナルの「カイルアマップ」も用意されています。

なんだか宝探しでもしてる気分♪

ちなみにカイルアバイシクルの自転車は日本のとはチョット違って、前輪ブレーキが片側のみのハンドブレーキで、後輪ブレーキはペダルを逆回転させるというものでした。(走り出す前、ペダル位置を戻す時だけ、ちょっと違和感)

カイルアタウンからカイルアビーチに行くには、歩けば約30分、バスは約1時間に1本です。
自転車を借りれば、限られた時間を有効に使えるだけじゃなく、風がとても心地良いのでおすすめです。

スポンサーリンク

カイルアバイシクルの行き方(場所)

カイルアカラパワイカフェ&デリ
▲緑色のカラパワイCAFE&DELI

カイルアバイシクルへの行き方をご紹介します。
結構分かりやすい場所です。

ザ・バスでワイキキから来るとき、カイルアタウンに入ってすぐ、進行方向左側に緑色の可愛い建物「カラパワイCAFE&DELI」が見えます。

カイルアバイシクル最寄りバス停
▲カイルアバイシクル最寄りバス停

カラパワイCAFE&DELI の通りを挟んだ向かい側にあるが カイルアバイシクル最寄りのバス停 です。

カラパワイCAFE&DELI前交差点
▲カラパワイCAFE&DELI前交差点

バス停前の交差点を カラパワイCAFE&DELI 方面へ渡って、そのまま直進。

1分ほど歩くと、右手駐車場の奥にカイルアバイシクルが見えてきます。

カイルアバイシクル外観2
▲カイルアバイシクル外観2

駐車場の奥に見える、店頭に自転車が並んでいるお店がカイルアバイシクルです。

看板は小さくて通りから確認できませんが、特徴のあるデザインの建物なので 分かりやすいと思います。

以上、カイルアのレンタルサイクル(貸自転車)店 カイルアバイシクルでの体験と行き方(場所)のご紹介でした。

私は カイルアバイシクルで自転車を借りると、必ずラニカイビーチまで行ってしまいます。
私は運動も兼ねているので普通の自転車を借りますが、ラニカイまでは結構坂がキツいので、行かれる方は「電動自転車」(日本での原付運転経験者のみレンタル可)が楽チンでオススメです。(炎天下の時は特に。。。)

カイルアタウンからラニカイトレイルへ レンタサイクルでGO!

スポンサーリンク

このページの先頭へ