カカアコファーマーズマーケットは 土曜日の午前中開催 ロコに混じって “ローカル感”を存分に味わう

カカアコファーマーズマーケットは 土曜日の午前中に開催。
有名なKCCファーマーズマーケットと開催日時がほぼ同じなので、日本人観光客が殆ど居らず “ローカル感” が味わえるのが魅力♪ ワイキキから近いので手軽に行けて、あまり混んでいないのもイイ♪

カカアコファーマーズマーケットは、2013年9月に終了したアラモアナファーマーズマーケットが移転するかたちで始まったのですが、出店数は以前よりも多くて、いつもだいたい40店舗位が出店。
KCCには無いお店も多くて楽しいですよー。

今回は、その雰囲気や私が買ったモノ・食べたもの・開催時間・駐車場・ワイキキからの行き方などをご紹介します。

最新調査日:2016年9月

スポンサーリンク

カカアコファーマーズマーケットの店舗

出店している店舗(約40店)はジャンルが多岐に渡っていて、他のファーマーズマーケットでは見た事が無いお店もありました。

店舗が一直線の両側にが並んでいる出店スタイルなので、非常に見て廻りやすいのも特長。

それでは、私が気になったお店を いくつかご紹介します。

カカアコファーマーズマーケットの雰囲気

まずは定番、ハワイ産野菜とフルーツのお店。

地元のお客さんが多いせいか、野菜やフルーツを売っているお店が一番多く、どこも結構賑わっています。

私も思い切ってスイカを買っちゃいました・・・。(下に写真あります)
やはりワイキキに近いのはイイ!
(一旦置きに帰れるので)

カカアコファーマーズマーケットのハワイ産野菜とフルーツの店

ハワイ産のハチミツもあります。

ハチミツは、お土産や自分用によく買います。
チョットお高いですが、味は濃厚で美味!

カカアコファーマーズマーケットのハチミツ店

ハワイ産マカダミアナッツのお店。

フレーバーの種類が豊富で味見も出来ます。

ABCストアやスーパーで売っているものもイイですが、こういうローカルなものをお土産にすると、結構喜ばれたりします。(たまに買います。)

カカアコファーマーズマーケットのマカダミアナッツ店

こちらでは、蒸したタロイモを練ったハワイの主食「ポイ」やローカルスイーツとして有名な「ハウピア」などが売られていました。

私はポイは少々苦手なのですが、ハウピアは優しい甘さと食感が大好きで、ハワイに行くと必ず食べます。

カカアコファーマーズマーケットのポイ・ハウピア店

こちらはグラスフェッドビーフ(生肉)の専門店。

牧草のみを与えて育てた牛の肉だそうです。

お土産には買えませんが、コンドミニアムステイの時に一度食べてみたい感じです。

カカアコファーマーズマーケットの牛肉店

生卵の専門店だってあります。

一点勝負というのが素晴らしいですね。

カカアコファーマーズマーケットの玉子店

ファーマーズマーケットでは定番のパン屋さん。

普通のパンの他に、色々な種類のパウンドケーキもキレイに並べて売られていました。

カカアコファーマーズマーケットのパン屋

このパン屋さんは、オーブン付の車を横付けにして、その場でパン等を焼いていました。

何とも手作り感たっぷりの「オーブンカー」がイイ感じ。

カカアコファーマーズマーケットのパン屋のオーブン

花屋さんでは、おなじみのアンセリウムが売られていました。

ハワイ感たっぷりでイイですね。

カカアコファーマーズマーケットの花屋のアンセリウム
スポンサーリンク

朝食・昼食に丁度良いフードメニューが多数

フルーツと生ハチミツで作ったスラッシュ(シャーベット状のドリンク)のカワイイお店がありました。

日本人の店員さんがサンプルを勧めてくれて、とても美味しかったので購入する事に。
(下に写真と感想があります)

カカアコファーマーズマーケットのスラッシュ店

ヤシの実を、その場で割ってココナッツドリンクとココナッツフレークを売っているお店も。

ナタで黙々とヤシの実を割っている姿が、何ともワイルドでした。

カカアコファーマーズマーケットのココナッツ専門店

ハワイと言えば!やはり肉料理専門のお店もあります。

どうしてハワイに居ると、こう肉料理が美味しそうに見えるのだろう・・・。

当然の様に買ってしまったハンバーガーの写真は、下でご紹介しています。。。

カカアコファーマーズマーケットの肉料理店

ローカル食材を使った朝食メニューのお店も。

ヘルシー料理を軽めに摂りたい方にイイかも。

カカアコファーマーズマーケットの朝食店

ハワイではビーガン料理のお店が大人気の様です。

ここのビーガン料理店も結構混んでいましたが、私はこの日は “ガッツリ系” な気分だったので。。。

カカアコファーマーズマーケットのビーガン料理店

こちらはグルテンフリー料理のお店です。

アレルギーの事を考えた料理というのも、アメリカっぽい感じですね。

ハワイでも「グルテンフリー」の表示を最近よく目にします。

カカアコファーマーズマーケットのグルテンフリー料理店

甘い香りが大いに食欲を刺激するクレープ屋さん。

デザート系の他に食事系もあり、どちらも美味しそうでした。

カカアコファーマーズマーケットのクレープ店

お気に入りのピザ店

こちらの専用窯で焼くピザ店も、種類が豊富で とっても美味しそうで特に気になりました。

でも、KCC(土曜日)KCC(火曜日)カイルア のファーマーズマーケットはカットピザでしたが、ここはワンホールのみの販売なので、チョット購入を躊躇。。。

カカアコファーマーズマーケットのピザ店

でも、見た目はロコガールなのに日本語が堪能な店員さんに「サンプルどうぞ」と勧められたピザがメチャクチャ美味しくて、思わず注文しちゃいました・・・ワンホール。(下に買ったピザの写真があります)

でも このピザ店のサンプルが「1スライス」って言うのは、太っ腹過ぎではないか?

カカアコファーマーズマーケットのピザ店のサンプル

このピザ店は間違いなくオススメなのですが、注意点が2点あります。

1、注文を受けてから生地を伸ばすので、最低でも15分かかります。

2、生地を伸ばす時に結構小麦粉が飛び、風下に居ると服が白くなるほど粉をかぶる(体験談)ので ご注意を。

カカアコファーマーズマーケットのピザ店(調理中)

飲食スペースでは生演奏も聴けちゃう

会場の中央付近には、買ったものを座って食べられる飲食スペースが用意されています。

生演奏のハワイアンミュージックを聞きつつ食事が出来るのも嬉しい♪

そんなに混んでないので、いつも待たずに座れています。

カカアコファーマーズマーケットの休憩スペース(生演奏付)
スポンサーリンク

カカアコファーマーズマーケットで私が買ったモノ・食べたもの

買ったモノ

ワイキキに近いと一旦帰れるので、普段買いたくても買えない「重量物」を買いました。

一度ファーマーズマーケットで買ってみたかったハワイ産のスイカ。

ワイキキ開催のファーマーズマーケットで見る事は稀で、以前カイルアで断念したので今回は迷わず購入! これで3ドルって・・・。

ちなみに肝心な味は、適度な甘みと食感で最高に美味でした。

カカアコファーマーズマーケットのスイカ

「カフク」というブランドのパパイヤ農場が店を出していたので、こちらも購入。

結構有名なブランドらしく、最初に行った時は地元っぽい人で混んでいたので、一周してから寄ったらテーブルの上がスカスカ。。。

慌てて残りを全て購入したという次第で、大きさバラバラ・・・。

カカアコファーマーズマーケットのカフクパパイヤ

美味しいトマト捜索の為、私はファーマーズマーケットへ行くと ほぼ毎回トマトを買うので、今回も もちろん購入。

今回のは、チョット酸味が強かったか・・・。

カカアコファーマーズマーケットのトマト

食べたもの・飲んだもの

本日のスペシャルというペパロニピザ「ランボー」を注文しました。

味は、生地の状態も具材の味も、ピザ専門店で食べるものと遜色のない美味しさ。他のメニューも食べたくなってしまった。

最初気になった量ですが、イタリアンピザは生地が薄く具が多過ぎないので二人で楽々完食しました。

カカアコファーマーズマーケットで買ったピザ

サンプルを全種類頂き、ハニーリリコイに決定。

シャーベット状なので とてもに冷たくて、適度なリリコイの酸味と控えめに入ったハチミツのバランスが良く、甘過ぎず酸っぱ過ぎない絶妙の味で美味。

スモールサイズ(写真)は日本の一般的な紙コップ程度の大きさなので、チョット飲みたい時にも丁度良くてオススメです。

カカアコファーマーズマーケットのスラッシュ店

上でご紹介した肉料理のお店のチーズバーガーを購入しました。

サイズは意外と小さくて、日本のフレッシュネスバーガーくらい。

でもビーフのパテが大きくてジューシー、バンズも柔らかくて大満足な味でした。

カカアコファーマーズマーケットのハンバーガー

ハンバーガーと一緒に飲むアイスコーヒーを探していたら、何ともグッドルッキングで雰囲気の良いお二人の営むコーヒー店を発見。

メニューはホットコーヒーとアイスコーヒーのみという、こちらも「一点勝負」のお店。

カカアコファーマーズマーケットのコーヒー店

こちらでアイスコーヒー購入。

渡されたアイスコーヒーにセルフでミルクを入れてカフェオレに。

深みがあって酸味を抑えた、私好みの美味しいコーヒーでした。

カカアコファーマーズマーケットのアイスコーヒー
スポンサーリンク

カカアコファーマーズマーケットへの行き方
(開催場所)・ 開催時間など

ワイキキからカカアコファーマーズマーケットへの、バスでの行き方をご紹介します。
カカアコファーマーズマーケットは、ワードウェアハウス駐車場での開催なので、ワイキキからワードウェアハウスまでのご紹介です。

ちなみに、カカアコファーマーズマーケットは、映画館側(山側)での開催なので、アラモアナ通り(海側の大通り)からは見えません。

開催時間は午前8時から12時迄です。(毎週土曜日)

バスは、クヒオ通りのアラモアナセンター方面行きのバス停なら、何処でも乗車可能。

私は、いつものワイキキトレードセンター近くのバス停(ロイヤルクヒオ前:バス停ID=26)で乗車します。

19番・20番・42番 何れかのバスに乗車。

カカアコファーマーズマーケット行きバス停
▲ロイヤルクヒオ前のバス停

それぞれあまり頻繁に来るバスではないので、待ち時間は最大で30分程度だと思います。

可能であれば別ページでご紹介している ザ・バス(TheBus)の到着時刻が分かる日本語サイト「AllBUS」 等を利用されると時間を有効に使えると思います。

カカアコファーマーズマーケット行きのバス

アラモアナセンターを過ぎ、ワードセンターを過ぎれば、次のブロックのバス停で降ります。

このワードセンター角にある靴屋さんを過ぎたら、すぐに降車サインを。

カカアコファーマーズマーケットへ行く途中
▲この靴屋を過ぎたら降車サインを

バスを降りたら、目の前にワードウェアハウスの入口があります。

カカアコファーマーズマーケット最寄バス停
▲降車バス停前にワードウェアハウス入口

ワードウェアハウスを横切って進むと、カカアコファーマーズマーケットに到着です。

帰りは、降りたバス停の反対車線にワイキキ方面行きバス停があります。

乗るバスは、行きと同じく19番・20番・42番ですが、アラモアナセンターへ行くのであれば、どのバスに乗ってもOKです。
(19番・20番・42番はノードストローム側へは入りません)

カカアコファーマーズマーケットへ行く途中
▲カカアコファーマーズマーケットに到着

カカアコファーマーズマーケットの駐車場

カカアコファーマーズマーケットは、ワードウェアハウス駐車場の一部使って開催されていますので、すぐ横が駐車場です。

場所は、ワード ムービー シアター(ワードセンタにある大きな映画館)の通りを挟んだ向かい側。

ワードセンターの駐車場は広いので、私が行った時は毎回空きがありました。(滞在中3回訪問)

カカアコファーマーズマーケットの駐車場
▲カカアコファーマーズマーケットの駐車場

カカアコ地区は急速に開発が進んでいて、前回来た時にカカアコファーマーズマーケットの会場隣にあった広い土地(その時はココも駐車場)は、2015年4月に行った時にはコンドミニアム建築の真っ最中、2016年7月(写真)には完成が近い感じでした。

こんな高級コンドミニアムになるとは。。。

カカアコファーマーズマーケットの駐車場だった場所がコンドミニアムに
▲駐車場の一部だった場所がコンドミニアムに

以上、カカアコファーマーズマーケットの場所やお店、駐車場などのご紹介でした。

上でご紹介したお店の他にも、スイーツ店やプレートランチ店・コーヒー豆のお店等、まだまだたくさん並んでいます。

KCCと同じ日程だけど、私はカカアコファーマーズマーケットの “のんびり” した雰囲気とお手軽さが気に入って、ハワイ滞在中は毎週の様に行きます。

ファーマーズマーケットは好きだけど、人混みや行列はチョット・・・という方にもオススメです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ