カカアコキッチンのおすすめメニュー 場所(行き方)

カカアコキッチン(Kaka'ako Kitchen)は、ホノルルのワードセンターにあるプレートランチの人気店で、日本ではEXILEのTAKAHIROさんがテレビ番組等で紹介したお店としても知られています。

ランチタイムはローカルのお客さんを中心に大賑わいなのですが、14時以降に行くとテラスで "のんびり" ロコ気分で食事が出来るので、ハワイ滞在中は必ず訪問します。

今回は、カカアコキッチンの豊富なメニューの中から 私のおすすめメニューや味の感想・店内やテラス席の様子・場所(トロリー・ザバスでの行き方)などをご紹介します。

スポンサーリンク

カカアコキッチンで注文・店内やテラス席の様子など

最新調査日:2016年9月

カカアコキッチンの外観
▲カカアコキッチンの外観

カカアコキッチンはプレートランチ専門店という事もあって、外観はカジュアルな感じ。

ワードセンターの敷地内にありますが、店舗は通りに面して独立しています。

通りを挟んだ斜め向かいのエリアは、ノードストロームラックやTJマックス、ピア1インポート等の大型店が並ぶワードヴィレッジ・ショップスです。

カカアコキッチンの注文カウンター
▲カカアコキッチンの注文カウンター

店内に入ると、大きなメニューを掲げた(でも字は小さい。。。)レジカウンターがあり、注文と支払いはココで済ませます。

先に支払いを済ませて食後の後片付けはセルフなので、基本的にチップは必要ありませんが、レジ前にチップを入れる箱があります。

カカアコキッチンには写真付の日本語メニューが

カカアコキッチンの日本語メニュー
▲カカアコキッチンの日本語メニュー

カカアコキッチンはメニューが多いので、レジの後ろにある巨大なメニュー表でも字が小さくて解読困難・・・。

写真付の日本語メニューが用意されているので、こちらの利用がオススメです。

プレートランチのお店で写真付の日本語メニューは、珍しいし嬉しい!

カカアコキッチンの番号札
▲カカアコキッチンの番号札

注文の時に、持ち帰りか店内で食べるかを聞かれ「店内で」と言うと、スタンド付の番号札を渡されます。

カカアコキッチンの店内の席は数が少ないので、私は毎回テラス席へ。

カカアコキッチンの店内席
▲カカアコキッチンの店内席

ちなみに、こちらが店内の席です。

外が非常に暑い時は、コチラがオススメかも。

カカアコキッチンのテラス席
▲カカアコキッチンのテラス席

テラスは広く、屋根付の席も多いので日差しの強い日も快適。

ランチタイムは賑やかですが、静かな場所なので14時以降の空いた時間には "のんびり" 食事をする事ができます。

番号札をテーブルに置いて、料理が運ばれてくるまでに私は水の準備を。

カカアコキッチンのウォーターサーバー
▲カカアコキッチンのウォーターサーバー

水は無料で、セルフサービス。

カウンターでウォーターカップ(透明のプラスティック製)を貰い、店内に設置されているサーバーで注ぎます。

ウォーターサーバーの脇には、調味料も用意されています。

スポンサーリンク

カカアコキッチンのおすすめメニュー

カカアコキッチンのロコモコ
▲カカアコキッチンのロコモコ

カカアコキッチンの豊富なメニューの中で、私が最初におすすめするのは「ロコモコ」です。

食感のシッカリした大きめのハンバーグに卵が2個載っていて、ボリュームたっぷり。

アッサリした中に深い味わいがあるグレービーソースが、他の食材と絡んで生まれる味は絶品!

サラダをグリーンかマカロニから、ライスを白米か玄米から選べ、写真はマカロニと白米です。

カカアコキッチンのスイートチリチキン
▲カカアコキッチンのスイートチリチキン

2番目にオススメするのは、人気メニューだという「スイートチリチキン」です。

味は、甘辛という説明が書いてあったけど辛さは殆ど無く、日本の甘酢唐揚げに近い感じ。

表面サクサクで中がジューシーな鶏肉は、ゴハンが進む程度に甘く味付けされた絶品で、かなりのボリュームを最後まで美味しく頂きました。

サラダをグリーンかマカロニから、ライスを白米か玄米から選べ、写真はグリーンと玄米です。

カカアコキッチンのビーフシチュー
▲カカアコキッチンのビーフシチュー

次にオススメするのは「ビーフシチュー」

トマトベースでサラッとした味がゴハンとよく合い、柔らかく煮込まれた肉がタップリ入っていて美味。
トマト系のアッサリしたシチューがお好みの方には特におすすめです。

こちらは、グリーンサラダと白米を選択。

フレッシュ アヒ(マグロ)サンドイッチ
▲フレッシュ アヒ(マグロ)サンドイッチ

上記3品はガッツリ系でしたが、ヘルシー系メニューでおすすめなのは「フレッシュ アヒ(マグロ)サンドイッチ」です。

サンドイッチと言うよりハンバーガーの様な見た目で、厚切りアヒ(マグロ)がインパクトあり。

味は、ミディアムレアで焼かれたアヒステーキの風味と、適度な味付けのバランスが素晴らしく衝撃的な美味しさです。

フレッシュ アヒ サンドイッチ(断面)
▲フレッシュ アヒ サンドイッチ(断面)

タロイモが練り込まれた紫色のバンズは、少しシットリして “ほんのり” と甘く、アヒとの相性バツグン。

価格がマーケットプライス(時価)なのが気になりますが、いつも15ドル位。

サンドイッチとしては少々高額ですが、素材と味を考えれば、私は決して高くないと思っています。

スポンサーリンク

カカアコキッチンの場所(トロリー・バスでの行き方)

ザ バスでカカアコキッチンへ

カカアコキッチンの場所(行き方)バス番号
▲カカアコキッチンの場所(行き方)バス番号

ワイキキからザバスでカカアコキッチンへ行く場合、クヒオ通りのアラモアナセンター方面へ向かう車線にあるバス停から「19番・20番・42番」の何れかに乗車します。

アラモアナセンターのダウンタウン方面へ向かう車線のバス停から乗車する場合は、上記のバスに加えて「55・56・57・57A・65・88A」の何れかに乗車します。

カカアコキッチンの場所(行き方)次で降車
▲カカアコキッチンの場所(行き方)次で降車

写真のチョット特徴のあるビルの前にあるバス停は、アラモアナセンターの次の停留所です。

このバス停の次の停留所で降りますので、ここを過ぎたら降車サインを出します。

カカアコキッチンの場所(行き方)降車後
▲カカアコキッチンの場所(行き方)降車後

バスを降りると目の前がワードセンターで、カカアコキッチンはこの建物の反対側にあります。

この建物はバス通りに面した側に入口が無いので、写真の矢印方向から回り込むと到着です。

トロリーでカカアコキッチンへ

カカアコキッチンの場所(行き方)トロリー
▲カカアコキッチンの場所(行き方)トロリー

カカアコキッチンへは、次の各トロリーで行く事が可能で、停留所は「ワードセンター」です。

  • HISレアレアトロリー
    (ダウンタウンライン)
  • JTBオリオリウォーカー/トロリー
    (ダウンタウンルート)
  • JALレインボースカイ/トロリー
    (ダウンタウンルート)
  • ワイキキトロリー(レッドライン)

停留所は何れもカカアコキッチンを通り過ぎますので、少し戻れば到着です。

以上、カカアコキッチンのおすすめメニュー・店内やテラスの様子・場所・バスやトロリーでの行き方等のご紹介でした。

リゾート感はありませんが、ローカルな雰囲気の中、リーズナブルな値段で美味しいプレートランチが食べられるオススメのお店です。

ワイキキからは少し離れますが、ワードセンターやワードビレッジには大型店や有名店が多数ありますので、買物がてら寄ってみるのも楽しいかも知れません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ