KCCファーマーズマーケットのオススメとワイキキからの行き方私が毎回買うオススメのメニューやワイキキからの行き方(バスやトロリー)と注意点など

KCCファーマーズマーケットは、ダイヤモンドヘッドの麓にある大学の駐車場で毎週土曜日に開催される、ハワイ最大級のファーマーズマーケットです。(KCCはカピオラニ・コミュニティ・カレッジの略です)

100以上の屋台が並ぶ、日本のお祭り さながら の楽しい雰囲気と活気が魅力で、他のファーマーズマーケットよりも断然日本語が通じるというのも嬉しいトコロです。(他のファーマーズマーケット では殆ど日本語は通じません・・・。)

私もハワイ滞在時に2度は必ず訪れる大好きなファーマーズマーケットなので、今回はオススメのお店や、私が毎回買うメニューの写真と味の感想をご紹介します。
更に、開催日時やワイキキからの行き方(バスやトロリーを利用)と注意点・駐車場情報等もご案内。

同じくKCCの駐車場で、火曜日の夜に開催されるファーマーズマーケットの情報をお探しの方は、別ページ KCCファーマーズマーケット@ナイト で詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

KCCファーマーズマーケットの開催日時と私のオススメ メニュー

最終調査日:2017年4月

KCCファーマーズマーケット
▲KCCファーマーズマーケット

KCCファーマーズマーケットは、大規模ながら入口が一か所で、見て回りやすいレイアウト。

入口から伸びる3本の通路の両脇に屋台が並んでいて、それぞれが奥で繋がっているので行き来が楽です。

KCCファーマーズマーケット入口の看板
▲KCCファーマーズマーケット入口の看板

開催日は毎週土曜日で、時間は午前7時30分から11時まで。

近くにあるダイヤモンドヘッド登山の前後に行くにも丁度良い時間帯です。

ダイヤモンドヘッドへの行き方 バス・トロリー・駐車場と服装や注意点など

KCCの目の前にダイヤモンドヘッド
▲KCCの目の前にダイヤモンドヘッド

ちなみに、KCCファーマーズマーケットの会場とダイヤモンドヘッドの位置関係は、こんな感じ。

写真は、入口の少し手前からの景色です。

その場で食べられるオススメのメニュー

それでは、ここからオススメのメニューをご紹介いたします。

ジンジャーエールは外せない!

KCCファーマーズマーケットのジンジャーエール店
▲ジンジャーエールの人気店パシフィックール

パシフィックールのジンジャーエールは、KCCのお店の中でも特に人気が高くて、いつ行っても混んでいます。。。
手際よく作ってくれるので、待ち時間は数分ですが。

私は毎回、着いてスグここのジンジャーエールを求めて直行なのです。

KCCファーマーズマーケットのジンジャーエール
▲パシフィックールのジンジャーエール

味は、生の生姜を使っているので非常にサッパリとしていて美味しい!

スーパーで売ってるジンジャーエールとは全く別物。‘シッカリ生姜味’ の中にチョッピリ甘さが感じられる絶妙のバランス。

私はコレを飲んで以来ジンジャーエール好きになってしまい、家でも作っちゃってます。

フライドグリ-ントマトも人気

KCCのフライドグリ-ントマト店
▲KCCで人気のフライドグリ-ントマト店

こちらも人気のフライドグリ-ントマトのお店。
比較的入口近くにあって、列が出来ている事が多いので結構目立ちます。

待ち時間は、以前はテレビで “1時間以上” なんて言っていた時期もありましたが、現在は長くても10分位ですかねぇ。

KCCのフライドグリ-ントマト
▲フライドグリ-ントマト

ハワイ産グリーントマトを使ったフライドトマトです。

味は、サッパリして酸っぱ過ぎないトマトと、衣のサクサク感が合わさって・・・まぁ想像通りの味です。

私が好きな感じではなかったのですが、嫁は時々買っているので好みが分かれる味かと。

ハワイ島コナ産のアワビは、焼きたてプリプリ

KCCのハワイ島コナ産のアワビ店
▲ハワイ島コナ産アワビのお店

続きましては、新鮮なハワイ島コナ産のアワビを、その場で焼いて売っているお店。
こちらも有名で、いつ行っても大行列です。

一度に結構多く焼いているので、列の長さにしては待ち時間は少なめ。(私は最大で20分位)

KCCのハワイ島コナ産のアワビ
▲ハワイ島コナ産のアワビ

アワビ自体はチョット小ぶり。でもプリップリの食感とシッカリした味わいで美味しい!

アワビとしては値段もリーズナブルだし、私はほぼ毎回このアワビを食べています。

ちなみに、買った後に醤油をかけるコーナーもちゃんとありますよ。

KCCで私のイチオシはソーセージ

KCCで人気のククイソーセージ
▲KCCで人気のククイソーセージ

KCCでの私のイチオシ店は「ククイソーセージ」です。

ハワイ産の素材を使ったグルテンフリーのソーセージが人気で、いつも写真のとおりの行列ですが、毎回だいたい10分位で買えています。

パンに挟まったホットドックかスティックがを選べますが、この後も色々食べるので私はいつもスティックを注文します。

ポルトギーズソーセージ
▲私のおすすめはポルトギーズソーセージ

味の種類が多いので、毎回味を変えて色々食べてみましたが、私のオススメは一番スタンダードな「ポルトギーズ(マイルド)」です。

ジューシーな肉が、適度に効いているハワイアンスパイスと合わさって絶妙な美味しさに。
写真では分かりにくいですが、太さが単一電池くらいあるのでボリュームもタップリです。

お店の場所は一番奥ですが、私は毎回「パシフィックール」に寄った後に直行しています。

スポンサーリンク

レモネードは最近ハワイで流行中

KCCのナロメイド レモネード
▲KCCのナロメイド レモネード

最近(2017年4月現在)ハワイで流行っているレモネードのお店も出店中。

ナロメイド レモネードは、味の種類も豊富で どれを飲んでも美味しいオススメ店です。

KCCのナロメイド レモネードの値段
▲KCCのナロメイド レモネードの値段

レモネードの値段は「カップ」と「ジャー」(大きめの瓶)の2種類で、殆どの方が「ジャー」を買っています。

一番下の「リフィル」が気になります? コレは「ジャーの空き瓶を持ってくれば中身だけを売ってくれる」というエコなシステムで、ハレイワの WOWWOWレモネード も同様でした。

ナロメイド レモネードの空ジャー
▲ナロメイド レモネードの空ジャー

実は今回、数日前に行った ホノルルファーマーズマーケット で買ったジャーの空き瓶を、洗って持って来たので「リフィル」に初挑戦。

味は「ストロベリー」を選択。
他に「オリジナル」「パイナップル」「マンゴー」「リーヒン(梅味)」があります。

KCCのナロメイド レモネードでリフィル
▲KCCのナロメイド レモネードでリフィル

空のジャーを渡して4ドルを払うと、手際よくフレーバーを入れて生レモン1個分を絞り入れ、最後にレモネードが注がれ完成。

私と同じく空き瓶を持って列に並ぶ、地元の方と思われるお客さんを多く見かけましたので、ハワイでは結構一般的な事の様です。

ちなみに、ストローは新しいものが貰えます。

KCCナロメイドのストロベリーレモネード
▲KCCナロメイドのストロベリーレモネード

ストロベリーレモネードです。

味は、酸っぱ過ぎず甘過ぎない絶妙なバランスのレモン味に “ほんのり” ストロベリーが香る飲みやすいレモネード。全種類飲んで、私はマンゴーが好きでしたが、どれもオススメです。

瓶の大きさは、日本のスーパーで売っている1キロのハチミツ位あるので結構なボリュームですが、いつも結構短時間で無くなります。

ハワイ風 焼きトウモロコシのお店も人気

KCCの焼きトウモロコシのお店
▲KCCの焼きトウモロコシのお店

トッピングが選べる焼きトウモロコシのお店が、いつも賑わっています。

焼き上がったトウモロコシにフレーバーで味付けするのは、日本には無い斬新な発想ですね。

買った友人に少し食べさせてもらったのですが、北海道出身の私には革新的過ぎて脳が付いて行きませんでした。。。

KCCのハワイアンクラウンプランテーション
▲KCCのハワイアン クラウンプランテーション

ハワイアン クラウンプランテーションは、KCCファーマーズマーケットの中でも かなり広いブースで出店していて、いつも混雑していてます。

パイナップル屋さんなので、ホールのパイナップルの他、カットパインやパイナップルジュースが売られています。

KCCのハワイアン クラウンのジュース
▲KCCのハワイアン クラウンのジュース

私のハワイアン クラウンプランテーションのオススメは、パイナップルジュース。

マンゴーをミックスしたもの等、色々と種類はありますが、私のイチオシは “パイナップル” のみで作ったジュースです。

KCCのハワイアン クラウンの生パイナップルの器
▲KCCのハワイアン クラウン パイナップルの器

1ドル追加するとパイナップルをくり抜いた器に変更可能で、多くの人が手にしていました。

自然な甘みと、特に濃厚なパイナップルの味が印象的。 KCCは混むので、私は ワイキキビーチウォークのファーマーズマーケット やクヒオ通りのお店で飲む事が多いです。

スポンサーリンク

ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディは、いつも大賑わい

KCCのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディ
▲KCCのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディ

ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディは、ダウンタウンとチャイナタウンの中間辺りに店舗を持つベトナム料理店。

他よりも大きなスペースで展開しているのに、いつも大混雑の人気店で、イートインスペースが設けられているのも特徴です。

他のファーマーズマーケットでも見かけますが、KCCだけ日本人の店員さんが居ます。

ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディのフォー
▲ザ ピッグ アンド ザ レディのフォー

店頭には、ベトナム料理の定番である「フォー」のサンプルがズラリ。

ハワイにはフォーの有名店が多いですが、少々行き難い場所にある事も多いので、KCCで手軽に本格フォーが食べられるのは嬉しいですね。

日本人の店員さんにフォーの人気メニューを伺うと「チキンフォー」との事でした。

ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディのバインミー
▲ザ ピッグ アンド ザ レディのバインミー

フォーの隣りには、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」のサンプルが並びます。

フォーも美味しいのですが、私のオススメは このバインミーの方です。

特に「フォーフレンチディップ」が絶品で、店員さん曰く「バインミーの中で、日本人に一番人気があるメニュー」なのだとか。

KCCのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディの番号札
▲ザ ピッグ アンド ザ レディの番号札

注文して支払いを済ませると、写真の番号札を渡されます。

と言っても番号が呼ばれる訳ではなく、料理が出来たら名前が呼ばれます。(名前は注文時に聞かれます)

KCCのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディの「フォーフレンチディップ」バインミー
▲「フォーフレンチディップ」バインミー

イートインスペースが満席だったので、近くの日陰で待っていると約8分後に名前が呼ばれました。

パンは二つに切られているので、二人で1つ買った時にも便利。

このバインミーは、ソースにディップして食べるのが特徴です。

KCCのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディの「フォーフレンチディップ」バインミー(中身)
▲フォーフレンチディップ バインミー(中身)

表面がサクサクのフランスパンの中に、簡単にほぐれる程柔らかい大きな肉や 茹でたもやしが入っていてボリューム満点

味は香草が香るベトナム風で、パンにもシッカリ味が染みているので そのままでも美味。
更に、付属の少し甘辛でよくダシが効いたソースにディップすると、旨味が広がって別の美味しさが楽しめる逸品です。

ハワイ名物プレートランチのお店も多数出店

KCCのホノルルバーガーカンパニー
▲KCCのホノルルバーガーカンパニー

有名店ホノルルバーガーカンパニーも出店。お店は少し行き難い場所なので、ファーマーズマーケットで食べられるのはイイ!

ハワイ産ビーフをタロイモのバンズで挟んだハンバーガーがオススメです。

ホノルルファーマーズマーケットのページ に、実際に食べた時の様子と感想を書いています。

KCCのグランマG’S
▲KCCのグランマG’S

グランマG’Sも種類が豊富で、どれも美味しそうな感じ。

中でも私のオススメは、アヒ(マグロ)を使ったメニューです。(数種類ありますので、お好みで!)

カイルアファーマーズマーケットのページ に、実際に食べた時の様子と感想を書いています。

KCCのガッツリ系プレートランチ店
▲KCCのガッツリ系プレートランチ店

このお店のプレートランチは、とにかくボリュームがあるので、美味しい “ガッツリ系” を求めている方に、特にオススメです。

私のオススメするメニュー「クリームソースのシュリンンプパスタ」は、持って食べると手首が疲れる位の量です。

ホノルルファーマーズマーケットのページ に、実際に食べた時の様子と感想を書いています。

KCCのタイ料理プレートランチ店 Olay’s
▲KCCのタイ料理プレートランチ店 Olay’s

このお店のタイ料理は、適度にマイルドに仕上がっているのが好きで、数年前から食べています。(最近看板が大幅に変わりました)

私のオススメは、タイカレーと揚げたてのフライドチキンのセットです。

火曜日夕方のKCCファーマーズマーケット に、実際に食べた時の様子と感想を書いています。

スポンサーリンク

お土産に ちょうど良い オススメの商品

KCCファーマーズマーケットには、お土産に良さそうな商品も多数売られています。

ここでは「お土産と滞在中にホテルで食べるのに良さそうな商品」をご紹介します。

カフクファームは私のイチオシ

KCCのカフクファーム
▲KCCのカフクファーム

カフクファームは、ノースショアのカフクにある農場です。

農産物の他にハチミツやジャム等も売っていて、私がオススメする商品は「リリコイバター」です。(リリコイはハワイ語で、パッションフルーツを意味します)

カフクファームのリリコイバター
▲カフクファームのリリコイバター

カフクファームのリリコイバターは、「ごはんですよ」位の小振りな瓶なので、お土産に丁度良いサイズ。

私は、いくつか買って余った分を自宅用にしています。

カフクファームのリリコイバター(中身)
▲カフクファームのリリコイバター(中身)

味は適度な酸味と濃厚なバターの風味が特徴で、パン等に塗るだけでなく、デザート作りにも使えます。

なめらかで伸びが良く、パンケーキ等に塗る時に味の強さが調節しやすいのがイイ感じ。(味が濃厚なので「薄塗り」が必須)

カフクファームのパパイヤ
▲カフクファームのパパイヤ

カフクファームのパパイヤは有名&人気なので、購入予定の方は「早め」がオススメ。
写真は9時頃の様子ですが、残り僅か です。

私も最初は「重いから帰りに買おう」と思って最後に寄ったら・・・売り切れでした。

それ以来、1個だけ最初に買って、残っていれば最後に追加購入しています。

カフクファームのパパイヤ(カット)
▲カフクファームのパパイヤ(カット)

これは、数日熟成させてから切ったものですが、少し熟れ過ぎましたかね。

味は、自然な甘みとマイルドなパパイヤの風味が口に広がる、上品な味わいで最高でした。

これで次もまた、ついつい重さを忘れて買ってしまうのです。。。バスなのに。

サルサソースはツマミにピッタリ

KCCのハワイ産素材を使ったサルサソース
▲KCCのハワイ産素材を使ったサルサソース

ハワイ産の素材を使って化学調味料や保存料無添加で手作りしたサルサソースは、チョット変わったお土産やホテルやコンドミニアムでお酒のツマミにも最適です。

私はツマミ用に時々買っていて、フレッシュな美味しさが気に入っています。

近くのコンビニでトルティーヤ・チップスを買うだけで、一品完成という手軽さも最高。

無添加手作りサルサソースのサンプル
▲無添加手作りサルサソースのサンプル

味や辛さの度合いは、全て味見をして確認できるので安心。

私は毎回「一番マイルドなやつ」を買います。

トルティーヤ チップスも売っています。(私はバスなので、買った事はありませんが。。。)

KCCのホノルルグルメフーズ
▲KCCのホノルルグルメフーズ

ホノルルグルメフーズの、ハワイ産の材料で作ったドレッシングも有名で、私もリピートしちゃってます。

お土産用と自宅用に買っていて、大小2サイズを予算やバッグの空き具合で選んでいます。

お店がワイキキのパシフィックビーチホテルにあるので、そちらで買う事も可能です。

ホノルルグルメのオニオンドレッシング
▲ホノルルグルメのオニオンドレッシング

写真は、私がリピート購入している「アジアン マウイオニオン ドレッシング」

甘みがあってマイルドなマウイオニオンの旨味が出ており、それでいてタマネギの味が強過ぎないという絶妙さがオススメです。

KCCのハワイ産ジャム・バター・ハニー
▲KCCのハワイ産ジャム・バター・ハニー

友人に、別ブランドのパッションフルーツバターをお土産に頼まれたのですが、出店していなかったので、代わりに このお店のハワイ産バターを買いました。

食べた友人の感想が「美味しかった!次回も買ってきて」だったので “間接的に” オススメです。

お土産ではないけれど・・・なオススメ商品

KCCのHOファームズ
▲KCCのHOファームズ

HOファームズには大好きな商品があるので、見かければ必ず寄ります。

HOファームズの商品は、ホールフーズ マーケット に並んでいる事もありますが、ファーマーズマーケットの方がお得な感じ。

HOファームズのミニトマト
▲HOファームズのミニトマト

私のお目当てはミニトマトで、見かけたら必ず買う様にしています。

ご覧の種類の多さなのですが、私が好きなのは黄色い「グレープトマト」で、甘みと少しの酸味のバランスが絶品。

時期や個体差によって味が違う事もありますので、「まずは試食」がオススメです。

スポンサーリンク

今後行きたい “気になる” お店

ハワイ滞在中は必ずKCCファーマーズマーケットに行きますが、気になったお店は全て回り切れていません。。。
どうしても上記「オススメのお店」の何れかに寄ってしまい、毎回「お腹と予算と持てる量」の限界が先に来てしまうので・・・。

そこで、ココでは「今後行きたい “気になる” お店」をご紹介します。
行っていないので “オススメ” とは言えませんが「こんなお店も有るんだねぇ」位の感じで見て頂けると嬉しいです。

KCCファーマーズマーケットのピザ店
▲KCCファーマーズマーケットのピザ店

オアフ島ワイアルア産のトマトを使ったピザのお店です。

1種類のピザで、結構な人気を博しているトコロがスゴイ!

KCCファーマーズマーケットのハワイアントマトのピザ
▲KCCのハワイ産トマトのピザ

これぞファーマーズマーケットのメニュー!といったフレッシュな感じのピザですねぇ。

ピザもトマトも好きな私が、食べない理由は何も無いのですが・・・。

こういう場合は、大抵お腹の容量の問題=計画性の問題なので、次回は是非!

KCCの地中海料理プレートランチ
▲KCCの地中海料理プレートランチ

この地中海料理のプレートランチ屋さんも、とても気になります。

サンプルの料理が美味しそうだし、「ハワイで地中海料理」という響きが何だか魅惑的。

他のファーマーズマーケットでも見た気がするので、近いうちに何処かで食べたいと思っています。

KCCの焼きアマエビ店
▲KCCの焼きアマエビ店

焼きアマエビ屋さんは、いつも気になっているけど、毎回タイミングが・・・。

いつも結構賑わっていて美味しそうなので、近いうちに是非!

そう言えば アロハタワーファーマーズマーケット でも食べ損ねたなぁ。

KCCの焼きアマエビ(調理中)
▲KCCの焼きアマエビ(調理中)

焼いているのを見ると、日本の「甘えび」とはサイズが全然違いますねぇ。

ボタンエビより大きく、日本のスーパーや鮮魚店で見かけるアルゼンチンエビ位かな。

周囲に、香ばしくて良い香りが漂っています。

KCCファーマーズマーケットのたこ焼き店
▲KCCファーマーズマーケットのたこ焼き店

何となく馴染のある香りが・・・と思ったら、たこ焼き屋さんを発見。

お好み焼きは見た事があるけど、たこ焼きは初めてかも。

KCCファーマーズマーケットのたこ焼き店(調理中)
▲KCCのたこ焼き店(調理中)

なかなか本格的な手さばきと道具類。

日本で見かけるたこ焼き屋さんと、何ら変わらない感じです。

ハワイの炎天下で食べるタコ焼きも、結構イイかも知れません。

スポンサーリンク

KCCファーマーズマーケットのマカダミアナッツ店
▲KCCのマカダミアナッツ店

日本人の店員さんが丁寧に、力強く商品説明してくれるマカダミアナッツの専門店です。

マカダミアナッツのお店は複数あるのですが、このお店にしか無い(と思う)気になる商品がありまして・・・。

KCCファーマーズマーケットの生マカダミアナッツ
▲KCCの生マカダミアナッツ

この「生マカダミアナッツ」が気になるんですよね〜。

このお店、実は ハイアットリージェンシー・ファーマーズマーケット にも出店しているので、ハイアットで買おうかなぁ?と思っています。(開催時間と重量の問題で)

KCCのハワイ島産トマト店
▲KCCのハワイ島産トマト店

トマト好きの私は、「ハワイ島産のトマト一点勝負」のこのお店が気になります。

午前中開催なので、「生鮮野菜を買ってしまうと後の予定が・・・」という問題を何とか克服して、近いうちに購入したいと考えています。

KCCのさとうきびドリンク
▲KCCのさとうきびドリンク

さとうきびを、その場で絞ったドリンクが気になりますねぇ〜。

冷たいかどうかも気になりますが。。。

ジンジャーエールかレモネードの、どちらかを我慢しないと飲めないかぁ・・・。

KCCのアサイーボウル
▲KCCのアサイーボウル

KCCファーマーズマーケットは、時間帯的に毎回朝食も兼ねているので、丁度アサイーボウルが食べたくなります。

別ページ でご紹介のとおりアサイーボウルも大好きなので毎回気になっていますが、現在のトコロまだ・・・。

KCCのオーガニックハニーコスメのお店
▲オーガニックハニーコスメのお店

ファーマーズマーケットと言えば、どうしても食べ物に寄ってしまいがちですが、コスメのお店も出店しています。

このお店はオーガニックハニーを使ったスキンケア用のコスメを販売。

KCCのオーガニックハニーコスメ
▲KCCのオーガニックハニーコスメ

お土産用のギフトセットや「まとめ買い割引き」もありました。

嫁は、リップクリーム(4ドル)とリップバーム(5.5ドル)をお土産用に検討していました。(この日は、後の予定の関係で断念)

案内所と落とし物の受付

KCCファーマーズマーケットの案内所と落とし物の受付
▲KCCの案内所と落とし物の受付

KCCファーマーズマーケット入口の手前にインフォメーションがあります。

落とし物の受付もココです。

この場所は混雑していないので「途中で はぐれたらココ」等と決めておくのも便利かも知れません。

スポンサーリンク

KCCファーマーズマーケットの行き方(開催場所)

KCCは、ザ・バスの「2番」に乗れば ワイキキから直行できます。

ワイキキからKCCファーマーズマーケットの行き方(バス利用)

ワイキキのノードストロームラック
▲ワイキキのノードストロームラック

KCCへは、ワイキキからザ・バスの「2番」に乗れば 1本で行く事ができます。

バスは、クヒオ通りの停留所(ダイヤモンドヘッド方面)から乗車。私は大抵ワイキキの ノードストロームラック (写真)前から乗ります。

2番バスは、10〜15分位に1本来るうえ2連車両なので、満員で乗れない事も殆どありません。

「23番」と「24番」のバスも利用出来ますが、本数が少なくて結構混むので2番がオススメです。

終点のKCC駐車場1
▲終点のKCC駐車場1

ワイキキ中心部から乗車すると、20分ほどでKCCに到着。

KCCが終点なので降り損なう心配が無く、バスを降りれば目の前がファーマーズマーケット会場です。(ファーマーズマーケット開催時間帯は、降車バス停が変則になる場合がありますので、下記をご参照ください)

帰りは、道路に面した所にバス停があります。

※2013年11月の追加情報

バスは通常、KCCの駐車場を通ってバス停(終点)に停まりますが、終点の一つ手前のバス停で降ろされましたので、歩道を3分位歩きました。

※2015年4月の追加情報

終点のKCC駐車場2
▲終点のKCC駐車場2

終了時間に近い10時半頃に行くと、KCCの駐車場に入る手前で降ろされました。

この場合は、バスを降りたまま方向を変えずに駐車場内を2分位歩くと到着します。

2017年4月の8時前に行った時も、この位置に停車しました。

※2016年8月の追加情報

終点のKCC駐車場3
▲終点のKCC駐車場3

9時頃に行くと、2番バスは通常ルートの終盤をショートカットし、モンサラット通りには入らずに住宅街を走ってKCCの駐車場の手前で停車しました。(終点)

写真は上と同じ位置で撮影したものですので、降車したらバスに進行方向に進み、横断歩道を渡って2分位歩くと、ファーマーズマーケット会場に到着します。(写真手前の白い車の位置と、上のバスが同じの位置です)

何れの場合も駐車場の渋滞に巻き込まれるのを避ける為の措置だと思いますが、運転手のアナウンスで全員降りますので戸惑う事はないと思います。(この時間の目的地はみんな一緒なので、列に付いて行けばOKです。ザ バスは、こういう事が度々あります。)

ワイキキからKCCへの行き方(トロリー利用)

トロリーでKCCファーマーズマーケットへ
▲トロリーでKCCファーマーズマーケットへ

HIS・JTB・JAL等のトロリーも走っているので、使える方はそちらが便利ですね。(ツアーの種類や飛行機のクラスで、乗車出来るトロリーが異なります)

KCCは ダイヤモンドヘッド の登山口に近いので、ダイヤモンドヘッドへ行くルートです。

ワイキキからKCCへの行き方(タクシー利用)

KCCに毎回タクシーで行く私の友人に料金を聞くと、ワイキキのモアナサーフライダーから12〜13ドル(チップ込み)だそうです。

4人で行けばバスでも10ドルかかりますので、ワイキキから複数で行く場合は特に、タクシーが手軽で便利かも知れません。

所要時間ですが、まだ2番バスがKCCに行っていなかった頃、23番バスが満員で乗れずタクシーで行った事があり、約10分でした。
乗車場所は、インターナショナルマーケットプレイスのクヒオ通り側です。

KCCファーマーズマーケットの駐車場

KCCの駐車場
▲KCCの駐車場

私は毎回ザ・バス利用ですが、食材を大量購入する私の友人は、毎回車でKCCへ。
レンタカー利用の観光客の方も見かけます。

という事で、KCCファーマーズマーケットの駐車場情報を少々。

駐車場に関しては、ファーマーズマーケット自体がKCCの駐車場で開催されているので、駐車可能台数が減っています。
なので、停めるまでに時間がかかる場合も。

KCCの駐車場入口
▲KCCの駐車場入口

ちなみに友人は開催時間の30分前(7時前後)か、逆に落ち着いてきた10時以降に行くみたいです。

もし混んだとしても「並んでいれば駐車出来る」との事・・・。

写真は朝8時頃の駐車場入り口付近の様子で、渋滞はしていても流れは止まっていない感じでした。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ