キングスビレッジファーマーズマーケットは
ワイキキで夕方開催

ハワイでファーマーズマーケット(朝市)と言えばKCCが有名ですが「ワイキキからチョット遠い」とか「土曜日だと日程が合わない」という方も多いかも知れません。

これからご紹介するキングスビレッジファーマーズマーケットは、小規模ながらワイキキ中心部での開催なので、ワイキキのホテル滞在なら徒歩圏!

週に複数回開催されるし、夕方スタートなので お出掛け帰りに手軽にファーマーズマーケットの雰囲気が楽しめて、カットフルーツやレモネード・スムージー等も買えるのでおすすめです。

最新調査日:2017年9月

スポンサーリンク

キングスビレッジファーマーズマーケットの開催場所
(行き方) ・曜日・時間など

キングスビレッジファーマーズマーケットのエントランス
▲キングスビレッジファーマーズマーケット

キングスビレッジファーマーズマーケットは、その名のとおりキングスビレッジショッピングセンター内で開催されます。

場所は、ご存知の方も多いと思いますが、ハイアットリージェンシーの、一本通りを挟んだ山側です。

開催日は月曜日と金曜日だったのですが、2013年秋頃から水曜日と土曜日が追加され、月・水・金・土曜日開催になりました。
(突然増えたので今後どうなるかは分かりませんが、2017年4月の時点で継続中です。)

開催時間は16時から21時迄なので、夕食後に寄る事も出来ますね。
(気軽に行けるのが嬉しい)

ハイアット側の正面入り口から、坂になっている通路と山側にある広場に、合計9店(2017年9月訪問時)ほどが出店しています。

キングスビレッジファーマーズマーケットは、
ホテルステイに嬉しい品揃え

キングスビレッジファーマーズマーケットのカットフルーツ店
▲カットフルーツは、店頭でカット

カットフルーツは、包丁の無いホテルステイの時には嬉しい限りです。

しかも その場でカットしているので、鮮度も良い!

カットフルーツは品揃えが充実
▲カットフルーツは品揃えが充実

カットフルーツは複数のお店で販売していて品揃えが充実。

フルーツの入ったタピオカドリンクを売っているお店もありました。

キングスビレッジファーマーズマーケットのマラサダ店
▲マラサダやシナモンロール等も

軽食を売っているお店もあって、チョットだけ食べたい時に便利です。

売られていたのは、マラサダ・シナモンロール・スコーン・調理パン・揚げ春巻き・串に刺した惣菜などなど。

次の日の朝食にもイイかも。

串料理の種類が豊富
▲串料理の種類が豊富

2016年7月に行くと、以前からあった串料理のお店のメニューが増えていました。

以前よりメニューの内容も充実した感じ。

キングスビレッジファーマーズマーケットの野菜フルーツ店
▲定番の野菜&フルーツ

もちろん、ハワイ産の野菜やフルーツも売ってますよー。

コンドミニアムステイの時は、ここで調達すれば寒いスーパー(エアコン強めなので)に行かなくて済むので大助かり。

ちなみに生野菜と並んで茹でたトウモロコシも売られてます。ワイキキ観光客向けの嬉しい配慮ですね。

キングスビレッジファーマーズマーケットのハチミツ店
▲ハワイ産ハチミツとピーナッツバター

そしてそして、ハワイ産のハチミツやピーナッツバター屋さんの姿も。

ハワイ産ハチミツは濃厚で美味しいので、お土産にイイかも。(チョットお高めだけど・・・)

スポンサーリンク

キングスビレッジファーマーズマーケットの
新メニューと購入した商品

キングスビレッジファーマーズマーケットのパエリア店
▲パエリアのお店

パエリアのお店から、何とも良い香りが漂って来ました。

オープン直後だったので、丁度パエリアが完成。

キングスビレッジの中では新しいお店ですが、人気店らしく買っているお客さんをよく見かけます。

キングスビレッジファーマーズマーケットのサラダ店
▲サラダのお店を発見

翌日の朝食を探していたら、サラダを売っているお店を発見。

ボリュームたっぷりの新鮮そうなサラダが3ドルだったので、迷わず購入。

最近、ワイキキ開催のファーマーズマーケットで多くのお店がグリーンサラダを売る様になったのは、嬉しい事です。

キングスビレッジファーマーズマーケットのサラダ
▲キングスビレッジで買ったサラダ

購入したグリーンサラダです。(ドレッシング付)

パリパリ新鮮野菜がパックにギッシリ詰まっていてボリュームたっぷり。
質・量・味・値段・全ての面でオススメです!

閉店直前カットフルーツが値下げに
▲閉店直前カットフルーツが値下げに

この日は軽めの夕食を探しに、終了時間の30分位前に訪問。
カットフルーツを買おうと決めて、販売中の3店舗を物色。。。

すると突然お店のオバチャンが「1個3ドル」だったカットフルーツのプライスカードを「2個5ドル」に変更。

瞬く間に売れ始めましたが、目の前に居た私は幸運にもお目当てのフルーツが買えました。

キングスビレッジファーマーズマーケットで買ったパパイヤとスイカ
▲キングスビレッジで買ったパパイヤとスイカ

この日購入したのはパパイヤとスイカ。

閉店間際と言っても、フルーツはその場で切りながら随時補充しているので、状態が悪くなっている事はありません。

冷え具合は丁度甘さ感じる位で、どちらも程よい食感と甘みで美味でした。

パパイヤは食べ頃の管理と種の処理や皮の始末が面倒だし、スイカは重いので、カットフルーツは手頃で助かります。

キングスビレッジファーマーズマーケットのチリソース店
▲チリソースのお店

チリソースのお店は、キングスビレッジで初めて見ました。(2017年4月訪問時)

チリソースの他に、ハワイアンスタイルのチリドッグやチリライスも販売中です。

結構興味のあるメニューかも。

キングスビレッジファーマーズマーケットのスムージー店
▲スムージーも販売

豊富なフルーツを並べたスムージーのお店もありました。

スムージーの写真だけを掲げるより、実物のフルーツも並んでいる方が「身体にイイ」って感じがしますね。

2017年9月訪問時は、出店していませんでした。

以上、キングスビレッジファーマーズマーケットの場所(行き方)やお店のご紹介でした。

私はハワイ滞在中は、なるべくハワイ産の野菜やフルーツを食べたいと思っています。
でも、ワイキキのスーパーって意外とアメリカ本土産のものが多いので、このファーマーズマーケットは本当に有難い存在です。

出店数は少な目で小規模ですが、手軽にファーマーズマーケットの雰囲気を味わえるので、おすすめですよー。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ