ナンディングズベーカリー(ハワイ・カパフル)のスパニッシュロールや行き方・営業時間・駐車場
スパニッシュロールの感想とおすすめメニュー・ワイキキからの行き方・駐車場など

ナンディングベーカリー(Nanding's Bakery)は、スパニッシュロールが看板メニューの人気ベーカリー。
お店がカリヒとワイパフにあったので、これまでは気軽に行ける感じじゃなかったけど、2016年7月にワイキキ近郊のカパフル通り近く(キャンベル通り沿い)にオープン。

今回、偶然滞在中にオープンして 何度も通ったので、スパニッシュロールなど食べたメニューの感想とオススメ・お店の様子・ワイキキからバスを使った行き方(場所)・駐車場の情報などをお伝えします。

スポンサーリンク

ナンディングズベーカリーのお店の様子と気になったメニュー

最新調査日:2016年8月

ナンディングズベーカリー お店の様子

ナンディングズベーカリーの外観
▲ナンディングズベーカリーの外観

ナンディングズベーカリーがオープンしたのは2016年7月下旬。最初は2番バスで KCCファーマーズマーケット に行く途中に「新しいベーカリーを発見」と思って帰りに寄ったら、まだオープンしておらず・・・。
数日後、レナーズ へ向かう13番バス(カパフル通り走行中)で、お店から出て来るお客さんを見てオープンを知ったという感じで、有名店と知ったのは、その後の事です。。。

ご覧の通り 一目で「ベーカリー」と分かる看板。

ナンディングズベーカリーの店内
▲ナンディングズベーカリーの店内

ナンディングズベーカリーの店内に入ると、正面のショーケースにパンが並び、左手の冷蔵ケースにスイーツがズラリ。

オープンしたばかりの綺麗な店内はシンプルで明るく、店員さんは みんな親切で気持ちの良い対応をしてくれます。

ナンディングズベーカリーのイートインスペース
▲ナンディングベーカリーの飲食スペース

お店の一角にイートインスペースがあります。

ご覧の通り広いスペースではありませんが、チョット買ってパッと食べる時に有り難いかも。

ナンディングズベーカリーで気になったメニュー

ここではナンディングベーカリーで気になったメニューを中心にご紹介していますが、殆ど「甘い系」になってしまいました。
もちろんソーセージやコーン、ハムやチーズ等の入った食事系のパンもあります。。。

ご紹介したメニューは、何度も通っているうちに結局全て食べましたので、下に写真と感想があります。

看板メニューのスパニッシュロール
▲看板メニューのスパニッシュロール

まずは、何と言ってもスパニッシュロールですね。
レジに一番近い場所に並べてあります。

「ディスプレイオンリー」という紙が貼ってあり、注文すると中から出来立てを持ってきてくれます。

それにしても 3個で1ドルとは。。。

ナンディングズベーカリーのパンデサル
▲ナンディングズベーカリーのパンデサル

ナンディングズベーカリーはフィリピンのパン屋さんなので、フィリピンでポピュラーな「パン デ サル」もあり、スパニッシュロールと並んで目立つ場所にあります。

写真は入口横に積んである8個入りの「パン デ サル」ですが、何と2ドル!

ワイキキのコンビニで食パンの値段を見て「ハワイはパンが高いねー」と思っていた私はチョット驚き。

ナンディングズベーカリーのクレームブリュレ
▲冷蔵ケースのクレームブリュレ

冷蔵ケースの中に大量のクレームブリュレが。

プッチンプリンの大きい方くらいのサイズだけど、それにしても他のメニューに比べて値段が高いのも気になって、ついに3度目の訪問で購入。。。

この他にも、こちらもフィリピンでポピュラーだと言う「エンサイマーダ」やお馴染みの「ブラウニー」「マカロン」「クッキー」等が気になり、結局全て食べたので下で全てご紹介しています。

ナンディングズベーカリーの営業時間

ナンディングズベーカリーの営業時間は、早朝5時から19時迄です。

曜日の定休日(週休)はありません。

スポンサーリンク

ナンディングズベーカリーで食べたメニューと感想・オススメ

ナンディングズベーカリーが すっかり気に入ってしまった私達は、近くに行く度に寄っては気になった商品を買い、そこそこの品数になったので全てご紹介します。

ナンディングズベーカリー食べたメニューと感想

ナンディングズベーカリーの看板メニュースパニッシュロール
▲看板メニューのスパニッシュロール

ナンディングズベーカリーの看板メニューであるスパニッシュロール。

二口で食べられる位のサイズが「3個で1ドル」という驚きの値段です。

ナンディングズベーカリーのスパニッシュロール(断面)
▲スパニッシュロール(断面)

食感は、ふんわりした軽い感じ。

バター風味で ほんのり甘い素朴な味は、何度でも食べたくなる美味しさです。

ナンディングズベーカリーのパンデサル
▲ナンディングズベーカリーのパンデサル

フィリピンでポピュラーだと言う「パン デ サル」はプレーンなパン。

適度な弾力があり、味が付いていない食事パンで、値段は何と1個25セント!。

ナンディングズベーカリーのバターロール
▲ナンディングズベーカリーのバターロール

こちらは「バターロール」(50セント)

焼き立てではなかったので少し固く、普通のバター風味のパンでした(次回は是非焼き立てを食べたい!)

大きさはテニスボール位で、見た目は リリハベーカリー のバターロールと似た感じです。

フィリピンでポピュラーなパン「エンサイマーダ」

ナンディングズベーカリーのエンサイマーダ(プレーン)
▲エンサイマーダ(プレーン)

こちらもフィリピンでポピュラーなパンだという「エンサイマーダ」のプレーン味です。

ナンディングズベーカリーのエンサイマーダ(プレーン)断面
▲エンサイマーダ(プレーン)断面

見た目は結構甘そうに見えますが、それほど甘くなく“フンワリ” していて とっても美味。

中には何も入っておらず、値段は1.25ドルとコチラも格安です。

ナンディングズベーカリーのウベエンサイマーダ
▲ウベエンサイマーダ

ハワイの紫芋「ウベ」が練り込まれたエンサイマーダ。

色にインパクトがあるので、最初は正直チョット引きました・・・。

ナンディングズベーカリーのウベエンサイマーダ(断面)
▲ウベエンサイマーダ(断面)

中は更にスゴイ色ですが、フンワリしていて甘さ控え目な絶品のパンです。

ウベ(紫いも)のクリーミーな食感と甘味も変化が有って、かなりイイ感じ。

値段はプレーンよりチョット上がって1.5ドルと それでも格安。

ナンディングズベーカリーのエンサイマーダ(ウベ)
▲マカプノエンサイマーダ(ココナッツ)

ココナッツが練り込まれたマカプノエンサイマーダ。

ココナッツは白く 適度な量なので、見た目はプレーンとほぼ変わらず。

ナンディングズベーカリーのエンサイマーダ(ウベ)断面
▲マカプノエンサイマーダ(ココナッツ)断面

部分的にココナッツの食感と風味が感じられて、2種類の味が楽しめる感じ。

中に何か入っていた方が良いけど、ウベの色はチョット・・・と思われる方にもオススメです。

値段はウベと同じく1.5ドルと やはり格安。

スポンサーリンク

ナンディングベーカリーのスイーツ

ナンディングベーカリーのクレームブリュレ
▲ナンディングベーカリーのクレームブリュレ

少し大きめのカップに入ったクレームブリュレ(4.75ドル)が冷蔵ケースに大量に並んでいたので、気になって注文。

カウンターで注文すると、冷蔵ケースから取り出して厨房に持って行き、キャラメリゼをしてくれます。

味は濃厚でなめらかだけど、私には甘みが強く、カラメルを外して食べても甘過ぎました。

ナンディングズベーカリーのマカロン
▲ナンディングズベーカリーのマカロン

マカロン(45セント)と書かれたプチシュー位のサイズの焼き菓子が気になって購入。

フランス菓子のマカロンではない事は もちろん分かって買い、食べてみると固いパウンドケーキといった感じ。フワフワ好きの私にはチョット・・・でした。

ブラウニー(ナッツ)
▲ブラウニー(ナッツ)

ブラウニーにはナッツの載ったタイプと載っていないものがあり、ナッツが載った方を買いました。

サイズは一般的なブラウニーより小振りで、値段は1.75ドル。(やっぱり安い)

ブラウニー(ナッツ)断面
▲ブラウニー(ナッツ)断面

ナッツはタップリで口当たりは なめらか。味は、濃厚なチョコレートの風味が口に広がるリッチな味わい。

少し甘味が強いので、甘さ控え目がお好きな方にはオススメ出来ないかも。

チョコレートチップクッキー
▲チョコレートチップクッキー

直径が10センチ位ある大きめのクッキーで、値段は1.75ドルです。

表面が少し “サクッ” としていて中はシットリ。

チョコレートチップクッキー(断面)
▲チョコレートチップクッキー(断面)

見た目はチョコレートが少ない感じだけど、中には結構タップリのチョコチップが隠れています。

味は「甘さ控えめ」とまでは行きませんが、甘過ぎる事なく適度。

ナンディングベーカリーで私がオススメしたいメニュー

全てのメニューを食べた訳ではありませんが、私がナンディングズベーカリーで今まで食べた中でのオススメを2品ご紹介します。

1品目は、何といっても看板メニューの「スパニッシュロール」。素朴な味わいながら、何度も食べたくなる逸品です。

2品目は、「エンサイマーダ」です。3種類共美味しいのですが、特にオススメなのが「ウベエンサイマーダ」で、色はチョット・・・ですが、フワフワ生地とクリーミーなウベの組み合わせは最高です。

スポンサーリンク

ナンディングズベーカリーの駐車場

ナンディングズベーカリーの駐車場
▲ナンディングズベーカリーの駐車場

ナンディングズベーカリーは角地にあり、お店の側面に駐車場があります。

駐車可能なのは4台位ですが、お客さんの滞在時間が短いので、いつも空いている印象です。

ナンディングズベーカリーの行き方・場所

ナンディングベーカリーの場所は、カパフル通りにあるジッピーズ(Zippy's)の隣り。
キャンベル・アベニュー沿いにあります。

ワイキキから “頑張れば歩ける” 距離ですが、カパフル通りは日陰が少ないので、暑い日はバス等の利用がオススメです。ここでは、ザ・バスでの行き方をご紹介いたします。

ザ・バスでの行き方(ワイキキから)

  • クヒオ通り・ダイヤモンドヘッド方向に向かうバス停から(海側バス停)、2番か13番バスに乗ります。
  • バスは左に曲がり、カパフル通りに入ります。
  • カパフル通り沿いのゴルフ場

    進行方向の左にゴルフ場が見えたら降車の合図を。

    バス停名「カパフル・キャンベル」と共に、「トランスファーポイント(乗換バス停)」のアナウンスも流れるので、比較的分かりやすいと思います。

  • カパフル・キャンベルのバス停
    ▲バス停「カパフル・キャンベル」

    こちらがバス停「カパフル・キャンベル」。

    カパフル通りに入ってから3個目のバス停です。(Kapahulu + Campbell)

    渋〜い飲食店などが、4〜5件並んでいます。

    帰りのバス停は、向かい側(カパフルアベニュー沿い)にありますね〜

  • カパフル・キャンベルのバス停からハップーハレイワカフェまで
    ▲信号渡って右に曲がる

    バスを降りたらジッピーズ(Zippy"s)方向に横断歩道を渡り、すぐ右に曲がれば、

  • ハッピーハレイワカフェとNanding's 
Bakery
    ▲2016年夏にニューオープンの2店

    ナンディングズベーカリーが。

    ちなみに、道路を挟んで隣りにある ハッピーハレイワカフェ(Happy Haleiwa cafe)は、2016年8月末にオープンしたカフェです。

以上、ナンディングズベーカリーのスパニッシュロールの感想とおすすめメニュー・お店の様子・ワイキキからの行き方・駐車場などのご紹介でした。

レナーズや スイートイーズカフェ ・ワイオラシェイブアイス・セーフウェイ等の有名店からは(ワイキキ寄りに)少し離れますのでトロリーで行くとチョットだけ歩きますが、スパニッシュロールやエンサイマーダは本当に美味しいのでオススメです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ