オリジナルパンケーキハウスの行き方(場所)・
店内の雰囲気・駐車場など

オリジナルパンケーキハウスは、ハワイ(ホノルル)で有名なパンケーキ専門店。

全米に展開していて、ハワイにはホノルルに2店舗。ワイキキから近いお店は、アラモアナセンターから徒歩で行けるカピオラニ店。

このページでは、ワイキキに一番近いオリジナルパンケーキハウス カピオラニ店への行き方と駐車場の情報をご紹介します!

スポンサーリンク

オリジナルパンケーキハウス カピオラニ店への行き方

オリジナルパンケーキハウスでワイキキから一番近い「カピオラニ店」への行き方(アラモアナセンターから徒歩)を、写真で詳しくご案内します。

(オリジナルパンケーキハウスのメニューや店内の雰囲気は オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー&お気に入りメニューと店内の様子 をご覧下さい。)

アラモアナセンターからオリジナルパンケーキハウス
カピオラニ店への行き方

カハイストリートキッチンの行き方(バス)1
▲アラモアナセンターフードコートから出発

皆さんお馴染みの「アラモアナセンター フードコート」からバス停までの道順をご案内します。

まず、フードコートからアラモアナセンター内に続く自動ドア(ジャンバジュース横)から山側へ出ます。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)2
▲アラモアナセンターの通路を直進

フードコートを出たら、アラモアナセンターの通路を直進します。

この通路の右手にはステージが、左手にはABCストアやトイレがありますので通った事がある方は多いと思います。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)3
▲アラモアナセンターのルピシア

左手に並ぶお店の一番先に、紅茶専門店のルピシアがあります。

この先は、左右にお店が広がりますので、ルピシアは角地にあり、通路向かい側(進行方向右手)の角はAT&Tです。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)4
▲駐車場の横断歩道

ルピシアを通過すると、その先は駐車場になっていますので、横断歩道があります。

この横断歩道を渡って、更に直進します。

横断歩道はAT&Tの前にもありますが、ルピシア前の方がバス停に近いのでコチラを。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)5
▲アラモアナセンターの通路を更に直進

駐車場を左右に見ながらアラモアナセンターの通路を更に直進します。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)6
▲バス通りの横断歩道

横断歩道が見えたら、そこはバス通りです。

この場所で左右に見えるのはアラモアナセンターのバス停なので、今回は目の前の横断歩道を2本渡って更に直進します。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)7
▲左手前方にバンクオブハワイ

左手にあるバンクオブハワイを見ながら通過します。

ちなみに、ここまでは屋根がありますので、雨でも平気です。

スポンサーリンク

カハイストリートキッチンの行き方(バス)6
▲アラモアナセンターから外へ

バンクオブハワイを過ぎた先にある広い通りが「カピオラニ通り」です。

オリジナルパンケーキハウス・カピオラニ店は、その名の通り「カピオラニ通り」に面していますので、この通り沿いにあります。

お店は もう少しダウンタウン寄りにありますので、カピオラニ通りを渡らずに左に曲がります。

カハイストリートキッチンの行き方(バス)9
▲左手にバンクオブハワイのロゴ

左に曲がるとバンクオブハワイの大きなロゴが。

この道をしばらく直進します。

オリジナルパンケーキハウスへの行き方(ツインタワー前の交差点)
▲交差点を渡って更に直進

2〜3分位歩くと、右前方にツインタワーが見える大きな交差点があります。

この交差点を渡った先のブロックにオリジナルパンケーキハウスがあるので、ここまで来たらあとチョット。

オリジナルパンケーキハウスへの行き方(店の前)
▲オリジナルパンケーキハウスに到着

更に1〜2分歩くと左手に「The Original Pancake House」と書いたビルの入口があり、到着でーす!

入口は結構地味ですが、左隣が日本の焼肉店「牛角」なので、そちらを目印に。。。

アラモアナセンターを出て(カピオラニ通りに入って)から、5分位で着きます。

車で行った場合、駐車場は?

オリジナルパンケーキハウスのカピオラニ店に駐車場はありません。
なので、私が車で行った時はアラモアナセンターの買い物途中に寄る事にしています。
「散歩に丁度良い距離」ですしね。

以上、オリジナルパンケーキハウスでワイキキから一番近いカピオラニ店への行き方と、チョット駐車場情報でした。

アラモアナセンターからチョット歩けば簡単に行ける場所で、ローカル感と美味しいパンケーキが味わえる、とてもオススメのお店です。

オリジナルパンケーキハウスのメニューの情報やお店の雰囲気は、別ページ オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー&お気に入りメニュー・店内の様子 をご覧下さい。

スポンサーリンク

このページの先頭へ