ポケバー|ワイキキビーチウォークのポケ(ポキ)専門店
「自分好みに作れるポケ丼」の注文方法と味の感想・店内の様子・営業時間など

ポケバー ダイス&ミックス(POKE BAR DICE&MIX)は、2017年10月にワイキキビーチウォークの1階にオープンしたポケ丼(ポケボウル)専門店。
ニューヨークやハリウッドで人気になり、アメリカ本土に広がった後に本場のハワイにオープンするという、チョット異色のお店です。

サブウェイの様に「順番に味付けやトッピングを選んで、自分好みのポケ丼に仕上げる」流れは、アラモアナセンターフードコートの POKE&BOX と似た注文スタイル。

早速行って食べたので、注文方法と味の感想・店内の様子・営業時間などをご紹介します。

スポンサーリンク

ポケバー ダイス&ミックス(POKE BAR DICE&MIX)
場所と店内の様子

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の外観
▲ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の外観

ポケバーは「ワイキキビーチウォーク1階」という非常に分かり易くて行き易い場所に有ります。

ABCストアとクレイジーシャツの間なので、カラカウア通り寄り。

お店の前にはテラス席があり、入口が解放されていて店内が全て見えるので、非常に入りやすい店構えです。

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内1
▲ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内1

店内は それほど広くありませんが、カジュアルで明るく居心地の良い雰囲気。

オープンしたばかりだったので当然ですが、全てがピカピカでした。

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内2
▲ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内2

一番奥はハイチェアーになっていて、ココだけ別のオシャレさが。

店内で写真を撮るなら、この場所が良さそうですね。

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内3
▲ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の店内3

壁面のポップな絵とオシャレなデザインのイスも、なかなかイイ感じ。

狭いと言っても、席数はソコソコ有ります。

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の注文カウンター
▲ポケバーの注文カウンター

このカウンターでポケ丼を注文します。

ポケ丼と言うより、流行りのスイーツが出て来そうな雰囲気ですね。

スポンサーリンク

ポケバー ダイス&ミックス(POKE BAR DICE&MIX)
ポケ丼(ポケボウル)の注文方法

ポケバー ダイス&ミックスでのポケ丼の注文方法を、私がオーダーした内容でご案内します。

ポケバーの注文スタート
▲ポケバーの注文スタート

注文は、一番奥からスタートします。

日本語は通じませんが、選択肢には日本語表記が有りますので、全体の流れが分かれば指差し併用で問題なく注文可能です。

最初にサイズ(2種類)を選択
▲最初にサイズ(2種類)を選択

最初にポケボウルのサイズを、レギュラー(14.65ドル)かスモール(12.65ドル)の2種類から選択します。

レギュラーはポケが3種類選べ、スモールサイズはポケが2種類でゴハンが少ないので、私はレギュラーサイズを注文。

次にベースを選択
▲次にベースを選択

次にベースを「酢飯(スシライス)・玄米・ミックスサラダ・酢飯(スシライス)・ナチョス」から選び、ハーフ&ハーフも可能です。

私は、酢飯(スシライス)を選択しましたが、ミックスサラダが選べるのはヘルシー志向の方には良いですね。

でも・・・ナチョスが選べるお店は初めて見たなぁ

サイドから順番に選択
▲サイドから順番に選択

次にサイドを選びます。

ここから順番に食材を選んで行きますが、ポケ以外は選ぶ種類の制限が無く「全部入れ」も指定出来ます。

サイドは「みそカニカマ・わかめサラダ・ミックスサラダ」の3種類あり、私は「全部乗せ」にしました。

ポケ(ポキ)を選択
▲ポケ(ポキ)を選択

次にポケ(ポキ)を選びます。

選択肢は「フレッシュアヒ(マグロ)・サーモン・スパイシーアヒ・エビ・ホタテ・タコ・豆腐」の7種類

レギュラーサイズは3種類選べるので、フレッシュアヒ(マグロ)・サーモン・スパイシーアヒを選びました。

ミックスインの野菜類を選択
▲ミックスインの野菜類を選択

次にミックスイン(野菜類)を選びます。

選択肢は「わさび・生姜(ガリ)・枝豆・コーン・パクチー・リム(ハワイの海藻)・ケール・パイナップル・ハラペーニョ」の9種類。

私は「リム・ケール・枝豆・ジンジャー」を選びました。

ソース(味付け)を選択
▲ソース(味付け)を選択

次にソース(味付け)を選びます。

選択肢は「ハウスドレッシング・ポン酢・スパイシーマヨ・スイートチリ・わさびマヨ・醤油」の6種類。

スパイシーマヨネーズを選ぶと、店員さんから「ハウスドレッシングをミックスすると美味しい」と勧められたので、お願いする事に。

ポケにソースを混ぜ込み
▲ポケにソースを混ぜ込み

選んだソースをポケにもみ込んで味付け。

以前 POKE&BOX でも思った事で、「後からソースを加えて、味が染み込むのかなぁ?」と疑問でしたが、食べてみると「染み込むねぇ」という結論になりました。。。

最後にトッピングを選択
▲最後にトッピングを選択

最後にトッピングを選びます。

選択肢は「わさび・生姜・グリーンオニオン・マサゴ(トビコ)・マカダミアナッツ・スパイシーオニオン・スパイシーガーリック・海苔・ハワイアンシーソルト・ごま」の10種類。

私は「マカダミアナッツ・海苔・ハワイアンシーソルト・ごま」を選びました。

会計をして完了
▲会計をして完了

一番先で会計をして終了。

途中少し戸惑う部分も有りましたが、日本語の説明もありますし、店員さんが親切なので問題ないと思います。

スポンサーリンク

ポケバー(POKE BAR)で食べたメニューの感想と営業時間

ポケバーのポケ丼(ポケボール)レギュラーサイズ
▲ポケバーのポケ丼(ポケボール)レギュラーサイズ

ポケバー(POKE BAR)のポケボウル(レギュラーサイズ)の完成品です。

味は、色々と載せた割にそれぞれの味が感じられて大満足でした。

肝心なポケは、フレッシュアヒとサーモンは新鮮で食感も良くて非常に美味。
ただ、スパイシーアヒ(左手前)はマグロタタキの様な状態で食感が楽しめず、辛さも強めでオススメではありません。

ポケ丼レギュラーサイズの容器
▲ポケ丼レギュラーサイズの容器

レギュラーサイズ容器の大きさは、牛丼の持ち帰り容器を2つ並べた位。

深さもあるので、結構なボリュームです。

私達は、二人で食べて「適度に満腹」になる量でした。

スパイスはセルフで
▲スパイスはセルフで

少し辛さを足したい場合は、ハワイのレストランで定番の辛み調味料が入口脇にありますので、セルフで。

プラスティックのカップは、水用です。

水もセルフで
▲水もセルフで

水は隣りのタンクに。

こちらもセルフで自由に飲む事が出来ます。

ポケバーのマカロンアイス
▲ポケバーのマカロンアイス

レジの横には、カラフルなマカロンアイスが。

それほど大きくないので、ちょっとデザートが食べたい時にピッタリかも知れません。

ポケバー(POKE BAR DICE&MIX)の営業時間

ポケバーの隣りはABCストア
▲ポケバーの隣りはABCストア

ポケバー(POKE BAR)の営業時間は、以下のとおりです。

営業時間
月〜日曜日:11時から22時

以上、ポケバー ダイス&ミックス(POKE BAR DICE&MIX)の注文方法と味の感想・店内の様子・営業時間などのご紹介でした。

ワイキキ中心部で自分好みにカスタマイズできる「新鮮なポケ丼」が手頃な価格で食べられるオススメのお店です。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ