アラモアナの白木屋(シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォーク)のおすすめ
おすすめのお店と食べたメニューの感想・営業時間・無料Wi-Fi・行き方(場所)など

アラモアナセンター エヴァウィング1階の「シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォーク」は「伝統的な日本の古都の再現」をコンセプトに、質の高い日本食が勢ぞろいの巨大な屋台村。

私が大好きな フードランド ファームズ に近く、前を通る度に寄って結構詳しくなったので、今回はおすすめのお店や食べたメニュー・無料Wi-Fi・営業時間と行き方(チョット分かり難い場所なので)等をご案内します。

最新調査日:2017年9月

スポンサーリンク

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの様子と気になったお店

白木屋ジャパン ビレッジ ウォークは お店が多過ぎて全てはカバー出来ないので、気になったお店をピックアップしてご紹介します。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの入口
▲シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの入口

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの入口はシンプルで、結構控え目な印象。

コンセプトが「伝統的な日本の古都の再現」と聞いていたので、静かな感じなのかな?と思って中に入りました。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの場内1
▲シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの場内1

中に入ると想像以上に奥行きがあって通路も広々。

内装は、小物やテーブルの感じなど細部に渡って「日本」が再現されていて、私たちにとっては馴染のある景色が広がっています。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの場内2
▲シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの場内2

入口前の印象とは違い、中は非常に活気があって賑やか。

写真は19時頃の様子で、お客さんが現地の方という事以外は完全に “日本の居酒屋” です。

ちなみに、いつ行っても日本人は少ない印象です。

それでは、ここから気になったお店をご紹介して行きます。

日本のお店と日本式のお店

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのヴィンテージケーブベーカリー外観
▲白木屋のヴィンテージケーブベーカリー外観

入口をくぐって一番先に目に入ったのが「ヴィンテージケーブベーカリー」

日本がテーマでいきなりパン屋?とお思いかも知れませんが、このお店は「日本式」のパン屋さんです。

ハワイのベーカリーは、レナーズリリハベーカリー の様にカウンター越しに注文するのが一般的。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのヴィンテージケーブベーカリー店内
▲白木屋のヴィンテージケーブベーカリー店内

店内に並べられたパンをセルフでトレーに乗せて会計に持って行くという、日本で一般的なスタイルは稀です。

この写真だけ見ると、日本のパン屋さんと何ら変わりない感じですね。

種類もチョコパン・抹茶パン・アンパン・ジャパニースカレーパン等日本でおなじみのパンが並んでいました。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのヴィンテージケーブベーカリーのトレー&トング
▲ヴィンテージケーブベーカリーのトレー&トング

日本人には見慣れたトレーとトングは入口付近に。

商品名が伝わらなかったりカウンターの前でパンを指差したりする必要が無いので、気楽ではありますね。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのヴィンテージケーブベーカリーのスープ
▲ヴィンテージケーブベーカリーのスープ

チョット珍しいと思ったのは、このスープ。

2種類あって、横にあるカップにセルフで注いでパンと一緒に会計します。

日本のパン屋さんでは なかなか見かけませんが、ハワイのスーパーで よく見かけるスタイルですね。

スポンサーリンク

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの焼肉たむら
▲シロキヤの焼肉たむら

場内の中ほどに進むと、お笑い芸人 たむらけんじ さんのお店「焼肉たむら」を発見。

有名人のお店とあって周囲には日本人の姿もあり、注目度は高い様です。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォーク焼肉たむらのメニュー
▲シロキヤ焼肉たむらのメニュー

焼肉メニューはもちろん、カレーライスやカレーうどん等メニューは豊富。

低価格の商品もあるので、手軽に「お試し」も可能です。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのいやすめ
▲シロキヤの いやすめ

ワイキキの有名店「むすびカフェ いやすめ」も出店。

看板メニューの おむすび はクオリティーが高く、私もよくクヒオ通りのパシィフィックモナークにあるお店に行っています。

ちなみに私は、いやすめの牛丼が好きだったりします。

シロキヤのいやすめの日本製品
▲いやすめで販売中の日本製品

いやすめ の店頭で、日本のメジャー商品が売られていました。

「ごはんですよ」はスーパーでも見かけますので、ハワイでも人気なんですねぇ。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのドラゴンガーデン1
▲白木屋のドラゴンガーデン1

中華料理店ですが、日本のお店なので “日本の中華料理” って感じでしょうか。

気になるメニューがあったので、ここで一品買ってみる事にしました。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのドラゴンガーデン2
▲白木屋のドラゴンガーデン2

中華のメニューでも、焼きそば等の日本人に馴染のあるものが多くて、どれも美味しそう。

と言いながら、私が一番気になったのは担々麺でした。(下に、写真と食べた感想を書きました)

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのドラゴンガーデンは営業中?
▲白木屋のドラゴンガーデンは営業中?

2017年の4月にドラゴンガーデンに行くと、モニターに店名は有るものの、店内はスッキリ綺麗になっていました。

たまたま休みだったのかも知れませんが、数日後に再度行っても同じ状況でした。

2017年の9月に再度行くと、完全に閉店していました。

スポンサーリンク

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのオノヤ
▲シロキヤのまぜそばオノヤ

まぜそばのお店「オノヤ」(ONO-YA)も気になります。

看板メニューではなく、何故か餃子を注文しました。(下に写真と感想を書きました)

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのタント
▲シロキヤのタント

餃子専門店のタント(TANTO)というお店もあります。

シロキヤ内には餃子を提供しているお店が多いので、餃子好きの方なら「食べ較べ」も面白いかも知れません。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのタントの餃子
▲白木屋タントの餃子

餃子専門店だけあって、種類が豊富。

後でご紹介する「名物の1ドルビール」のおつまみに最高です。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの寿司
▲白木屋の寿司

寿司を販売するお店も多く、ハワイで和食が食べたい時には選択の幅が広くて嬉しいですね。

他にうどん屋さん等もあり、選ぶのに悩みます。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのマリオンクレープ
▲白木屋のマリオンクレープ

原宿のクレープ屋さん「マリオンクレープ」も出店していました。

大人気の様で、よく行列を目にします。

ハワイの人気店

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのホノルルバーガーカンパニー
▲白木屋のホノルルバーガーカンパニー

ハワイアンハンバーガーの有名店「ホノルルバーガーカンパニー」も出店していました。

「日本食は勿論好きだけど、ハワイではハワイのメニューが食べたい」という、私みたいなタイプの人が一緒でも大丈夫です。

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークのスーパーフォー3
▲白木屋のスーパーフォー3

ハワイにはフォーの美味しいお店が多いので、私は「フォーは殆どローカルメニュー」と思っています。

このお店、カイムキの「スーパーフォー」の支店であれば間違いなく美味しいので、次回注文してみます。(2017年4月時点)

2017年の9月に行ったら、閉店していました・・・。

白木屋ジャパン ビレッジ ウォークの無料Wi-Fi

白木屋フリーWi-FiのSSID
▲白木屋フリーWi-FiのSSID

白木屋ジャパン ビレッジ ウォーク内では、無料Wi-Fiが利用可能。

場内は広くて通路が多いので別行動は不安ですが、日本で使っているスマホがあればLINE等で連絡を取り合いながら探索できるので安心です。

SSIDは「Shirokiya Guest」で、接続すれば認証等の必要は無く簡単に利用できます。(セキュリティは無いので、利用時のみの接続がオススメです)

白木屋無料Wi-Fiの通信速度

白木屋無料Wi-Fiの通信速度
▲白木屋無料Wi-Fiの通信速度

平日の夕方に「白木屋無料Wi-Fi」の通信速度を計測しました。

利用する時間帯や状況によって速度は変わりますが、無料Wi-Fiとしては高速で通信できるポテンシャルは有る様ですね。

スポンサーリンク

白木屋の名物1ドルビール

白木屋の名物1ドルビール
▲白木屋の名物1ドルビール

白木屋の移転前の屋台村で名物だった「1ドルビール」は、ジャパン ビレッジ ウォークでも継続しています。

多くのお店で販売していて、写真の看板があるお店だと間違いないです。

白木屋のビールの値段
▲白木屋のビールの値段

1ドルビールの銘柄はお店によって違い、バドライト・プリモ・パブスト ブルー リボン辺りが多いです。

私は写真の「プリモ」がお気に入りなので、毎回席の近くで置いているお店を探してウロウロしています。

プリモはハワイアンビールの復刻版(現在はハワイ産じゃないと思います)で、スッキリした味わいの軽いビールです。

白木屋の1ドルビール
▲白木屋の1ドルビール

1ドルのグラスビールです。

写真では大きさが分かり難いかも知れませんが、日本の中ジョッキ位ありますので、お得感は相当なもの。

なので、殆どの方のテーブルの上にビールが乗っています。

ビール購入の際はIDが必要

白木屋でビールを買う際はIDが必要な事も
▲ビールを買う際はIDが必要

店員さんの判断によるという話も聞きますが、私はビールを買う時に毎回「IDは有りますか?」と聞かれます。

この時ID(パスポートなど)が無ければアルコール類は売ってもらえず、有れば写真の紙製の腕輪を装着されます。

腕輪があれば次回はID提示が不要で、外す場合は簡単に切断できます。

白木屋で食べたメニューの感想と営業時間

オノヤ(ONO-YA)の餃子
▲オノヤ(ONO-YA)の餃子

やっぱりビールのツマミは餃子でしょう!と思い、数ある餃子を提供しているお店から私が選んだのは「オノヤ(ONO-YA」

まぜそば屋さんですが、焼き立ての餃子が一番美味しそうに見えたので。

この時は日本人も居て、他のスタッフも日本語が通じるので注文は楽でした。

オノヤ(ONO-YA)の餃子(断面)
▲オノヤ(ONO-YA)の餃子(断面)

具がタップリ詰まっていてニンニクがシッカリ効いている、ビールのツマミにピッタリの美味しい餃子でした。

皮が厚めで食感は今一つだけど、今まで食べたハワイの焼き餃子の中では、かなりレベルが高いと思いました。

オノヤ(ONO-YA)のペイジャー
▲オノヤ(ONO-YA)のペイジャー

全てのお店で採用している訳ではありませんが、オノヤ(ONO-YA)では注文時にペイジャーを渡されますので、付近に居る必要がなく便利です。

ハワイのお店では、どデカいペイジャーを渡される事が多いですが、ここも “日本式” にコンパクトでした。

ドラゴンガーデンの担々麺1
▲ドラゴンガーデンの担々麺1

上でご紹介した「ドラゴンガーデン」の担々麺が美味しそうだったので注文。

このお店はペイジャーは採用していない様で、出来るまでお店の近くで待ちます。

担々麺は結構な人気で、完成待ちは私以外にも数名居ました。

ドラゴンガーデンの担々麺2
▲ドラゴンガーデンの担々麺2

味は、濃厚なゴマの風味がシッカリしていて、辛さが適度で美味。

麺は弾力が少なく食感が今一つだけど、ハワイである事を考えると充分満足です。

器が発砲スチロールなのは、雰囲気が無くてチョット残念。(どんぶりで提供している店も多いので)

白木屋ジャパン ビレッジ ウォークの営業時間

シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォークの営業時間は、以下のとおりです。

営業時間
月〜日 / 10:00〜22:00(ベーカリーは8時開店)

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ