シーザーパークホテル台北(台北凱撒大飯店)の口コミ旅行記です。

朝食・お部屋・トイレ・バスルーム・アメニティ・コンセントプラグの数や、シーザーパーク台北近くの両替など、シーザーパークホテル タイペイの特徴(予約の決め手)と宿泊記ブログをご紹介いたします!

スポンサードリンク

シーザーパーク台北の立地

台北駅から出口直結

最寄出口

シーザーパーク台北への行き方 台北駅M6番出口から
▲シーザーパーク台北の最寄出口
台北駅M6番はこの位の階段あります

シーザーパークホテルタイペイは、台北駅M6出口直結。

台鉄・高鉄・MRTの乗換ターミナル駅「台北車站(台北駅)」から雨に濡れることなくホテルに到着できる素晴らしい立地です!

ただ、M6出口は上り階段が15段くらいだったかな。そんなに長くはないですけど、重いスーツケースの時は、エクササイズしてる感があります(笑)

ちなみにこの写真は、台北駅M6出口の階段です。

エスカレーター・エレベーターのある最寄出口

シーザーパークホテル台北への行き方 台北駅M8番出口から
▲台北駅M8番出口は、エスカレーターあり(遠回り)

多少遠回りをしてもいいから、エスカレーターを使いた〜いという場合は、M8番出口へ。(プラス3分位)

横断歩道を渡る、雨には濡れるなどの点はありますが、階段は最後の下り2段だけです。

地図(台北駅 → シーザーパークホテル台北)

シーザーパークホテル台北 地図 台北駅から
▲台北駅M6・M8出口からシーザーパーク台北
行き方・地図

台北駅のM6・M8出口から、シーザーパークホテル台北への行き方・地図はコチラです。

M6出口は、直結なので説明不要ですね。

シーザーパークホテル台北 M8出口からの横断歩道
▲台北駅M8出口正面の道路と横断歩道(ここを渡る)

エスカレータのあるM8からは、出口正面に見える道路を横断します。

横断歩道を渡ってそのまま真っ直ぐ1分進むと、左手にシーザーパークホテル タイペイの正面玄関が出てきます。(2つ目のビル)

ちなみに、この写真に写っている角のお店は、世界でもっとも安いミシュラン1つ星レストランとして知られている「添好運(Tim Ho Wan)ティンホーワン」です。

松山空港からは、タクシーかMRTで

松山空港からシーザーパーク台北までは、タクシーかMRTがおすすめです。

タクシーは200元くらい、所要時間は15〜20分ほど。

MRTだと、松山機場 → 忠孝復興 → 台北車站(台北駅)です。

桃園空港からなら、1819バス(國光客運)で

桃園空港からシーザーパークホテル台北までは、1819番バス(國光客運)がおすすめです。

行き・帰りとも、桃園空港路線の「バス乗り場&降り場」から分かりやすいです。

■1819番バス(國光客運)について

  • 運転間隔:15~20分おき
  • 料金:125元
  • 所要時間:55分くらい

行き

桃園空港からバス 台北駅
▲桃園空港からの降車バス停「台北駅・東三門」

桃園空港 → 台北駅(東三門)下車
(國光客運 1819番バス)

國光客運 1819番の終点「台北駅(東三門)」で降りたら、

バスの進行方向にちょっと進むと(写真の黄色い矢印方向)、

降車バス停・台北站とシーザーパーク台北の位置関係
▲降車バス停「台北駅(東三門)」から見た
シーザーパーク台北

シーザーパーク台北のお姿が!

大通り沿い(向こう側)、角から2件目のビルでございます。

分かりやす〜い♪

けど、だけども、この付近、大通りを横断できないんです。。。

大通りの向こう岸にホテルは見えているというのに、地下を通って行くか、かなり回り道して横断歩道を渡るかの選択になります。。。とほほ

降車バス停「台北駅(東三門)」から「シーザーパーク台北」までのお勧めルート

終点の降車バス停「台北駅(東三門)」から「シーザーパークホテル台北」に行く一番近いルートは、大通りの大きな交差点を右に曲がるとすぐある「M4出口」(シーザーパーク向かい)から地下に入り、「M6出口」からシーザーパーク台北に入る方法です。

台北駅(東三門)からシーザーパーク台北への道のり
▲このM4出口、下りは階段オンリー

でも、でも、でも!

M4出口を見つけたからと言って、この写真の入口から地下に入ろうとすると、

台北駅 M4出口の下りは階段のみ、上りはエスカレータ
▲下りは階段のみ、上りはエスカレーターあり

長〜い下り階段が。。。!

上りはエスカレーターがありますけど、下りは階段のみなんです。

なので、もし、スーツケースやキャリーバッグを持っていて、下りと言えど、長い階段はちょっと。。。という場合には、

このM4出口(地上)をもう少し先に進むと、背中合わせの位置にエレベーターがありますので、

そちらから地下に入り、先ほどご紹介した「M6」か「M8」からシーザーパーク台北に入るのがおすすめです。

帰り

台北駅 桃園空港行きバスターミナル
▲シーザーパーク台北の部屋から撮影した
桃園空港行きのバスターミナル・台北西站A棟

台北西駅A棟 → 桃園空港
(國光客運 1819番バス)

帰国時に使う、桃園空港行きのバスターミナル「台北西駅A棟」の場所はこんな感じです。

この写真は、シーザーパークホテル台北の部屋から撮影したもの。

正面玄関を出て左。最初の横断歩道(角は新光三越)を台北駅側に横断し、もう一つ横断歩道を渡るとバスターミナルを備えた大きいビル「台北西駅A棟」があります。

徒歩4〜5分くらいでしたよ。

場所が分かりやすいですね。

スポンサードリンク

シーザーパークホテル台北のスーペリアルーム

お部屋

シーザーパークホテル台北 ブログ
▲シーザーパーク台北 スーペリア

では、私が宿泊した「シーザーパークホテル台北・スーペリア ツインルーム・シングルベッド2台」を口コミいたします。

スーペリアルームは、シーザーパークホテルの中で、一番安い部屋。

とは言え、スーツケースを広げるのに余裕のスペースがありました。

シーザーパークホテル台北 スーペリア
▲スーペリアツインルームのベッド

ベッドは硬すぎず柔らかすぎず、適度な硬さ。

スーペリアルームは、私が予約したシングルベッド2台タイプのほか、ダブルベッド1台のお部屋もあるんですよね。

一番安いカテゴリーですので、

ベッドの間にある照明調節機能付サイドテーブルは、ひと昔前のものでした〜〜

このホテルおすすめと思われるカテゴリー「ステーションスイート」や「プレミアツイン」「プレミアダブル」を比べると、どうしても見劣りする感じがします。(この3タイプは改装後のNEWルームみたいですし。。。)

それでも嫌な感じがしないのは、キチンとした清掃状況と、ベッドやリネンは新しいものを使っているからかな。

バスルーム

シーザーパークホテル台北 バスルーム
▲スーペリアのバスルーム

シーザーパーク台北・スーペリアルームのバスルームです。

壁2面に張られた大きな鏡、洗面台の横には小物類を置くのに困らない十分なスペース、余裕の広さ・・などなど、使い勝手はとても良かったです。

シーザーパークホテル台北 バスルームは余裕のスペース
▲小物の置き場は十分

こんな風に、バスタブの横にも物を置くスペースが。

しかも、やたら広い!
(無いと不便なのよね)

シーザーパークホテル台北 ハンドシャワー
▲ハンドシャワー

ハンドシャワーは新しいものでした。

バスタブは長年使っているものと思われますが、清掃状況は良かったです。

洗面所 兼 脱衣所 の使い勝手

シーザーパークホテル台北 洗面台
▲シーザーパーク台北の洗面台

こちら、スーペリアの洗面ボウルです。

結構古いタイプ。。。

2ハンドルですし。(自分で温度調整)

洗面器は大きくて使い勝手は良いし、清掃状況も良いんですけど、全然今どき風ではないのです。

とは言え、脱衣所としても使うことになるこの場所は、着替えを置く場所も十分あって、不便さは全く感じませんでした。

トイレ

シーザーパーク台北 トイレ
▲シーザーパーク台北トイレ(スーペリア)

案外、重要視しているトイレについて。

私が宿泊した部屋には、ウォシュレットは付いていませんでした。

楽天トラベルで見てみると、メトロポリスルーム(メトロダブルルーム・メトロツインルーム)といったカテゴリーにのみ「ウォシュレット付き」と書かれていますね。

ウォシュレット付きがマストなら、そういったカテゴリーを申し込むと確実みたい。

それから、どのホテルでもフロントに確認するんですが、トイレットペーパーは流してもよいそうですよ。

  • ウォシュレットなし(スーペリア)
  • トイレットペーパーは流せる
    (フロントに確認済)

アメニティ

シーザーパーク台北 アメニティ
▲シーザーパークタイペイのアメニティ

シーザーパーク台北のアメニティはこんな感じでした。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディローション・ブラシ・カミソリ(シェービングクリーム付)・固形石鹸が各1。

人数分あったのが(私たちは2名)、シャワーキャップ・綿棒・コットン・歯ブラシ&歯磨き粉です。

歯磨き粉とシェービングクリームが似ているので、間違えないようにしないと〜(笑)

また、連泊時は全てのアメニティが毎日補充されました。(前日のアメニティも、そのまま残されていました)

シーザーパーク台北 アメニティ スリッパ
▲シーザーパークタイペイのスリッパ

それから、スリッパもあります。
(スリッパだけは連泊での補充はなし)

シーザーパーク台北 アメニティ タオル
▲台北凱撒大飯店 タオル

そして、私のチェックポイントの1つ、タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

シーザーパーク台北は、大中小(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)の3種類が人数分用意されていました。

シーザーパーク台北 アメニティ 浴衣
浴衣(パジャマ)@台北凱撒大飯店 スーペリア

そして、私が宿泊したスーペリアには、浴衣がありましたよ。高級な部屋はバスローブらしいです。

冷暖房の調節

シーザーパーク台北 冷暖房
▲部屋の冷暖房

つぎは、冷暖房スイッチの有無について。
ポイントは、主電源を切れるかどうか。

シーザーパーク台北・スーペリアルームは、部屋にこのような温度調節ダイヤルはあるものの、完全にオフにするスイッチはありませんでした。

寒さに弱い傾向がある方は、脱ぎ着できるパジャマ等を持参するのが良いかもしれません。

コンセントの数

シーザーパーク台北 コンセントプラグ
▲コンセントプラグ

私が宿泊したシーザーパークホテル台北・スーペリアルームには、6個のコンセントプラグ(空き)がありました。

Wi-Fi

シーザーパークホテル台北は、無料Wifiが利用できます。

部屋番号ごとにWi-FiのIDが提供されるので、部屋位置による感度のムラはないと思われます。

(1つの部屋番号に対し、1つのネットワークSSIDが提供されるので混み合わない)

ダウンもアップも、めちゃくちゃ速度が速く、私が宿泊した部屋では共に26Mbpsでした。

その他の設備・備品

シーザーパーク台北 デスクと金庫
▲デスクと金庫

テレビ、デスク、金庫、クローゼット、2段のチェスト、冷蔵庫、

シーザーパーク台北 無料のミネラルウォーターとドライヤー
▲無料のミネラルウォーターとドライヤー

無料のミネラルウォーター(人数分を毎日補充)、ドライヤーなど。

シーザーパーク台北 二重窓
▲二重窓

また、台北駅前の立地とあって騒音が懸念されますが、二重窓になっていたので、

静かという程ではないけれど、かなり騒音が抑えられていました。

また、「台湾のホテルあるある」の‘隣人の声’も聞こえません。

シーザーパーク台北の雰囲気

シーザーパーク台北 外観
▲シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)

台北駅は、電車はもちろん、車も人も多いターミナル駅。

その駅前に位置するシーザーパークホテル台北は、規模も大きくて、日本人観光客からの人気も高い、台北で最もメジャーな存在のホテルだと思います。

隣の隣には、三越。

地下に潜れば、台北駅の賑わう地下街。

都会に泊まっている感がある大型ホテルです。

シーザーパーク台北 フロント
▲シーザーパークホテル台北 フロント

1Fのフロントは、ピカピカなフロアが、なんだかゴージャス。

フロントスタッフの日本語対応も完璧です。

シーザーパーク台北の朝食

シーザーパーク台北 朝食 チェッカーズ
▲シーザーパーク台北 朝食会場

シーザーパーク台北の朝食レストラン「チェッカーズ」。

評判の朝食をいただきました〜!

ホテル全体の雰囲気もそうなのですが、白・黒・赤といった、夜の感じがしないでもない雰囲気です。

シーザーパーク台北 朝食 チェッカーズ
▲シーザーパークホテル台北 朝食レストラン

席に通されました。

シーザーパーク台北 朝食 バイキング
▲シーザーパーク台北 バイキング

ビュッフェです。

シーザーパーク台北 朝食 ビュッフェ
▲シーザーパーク台北 朝食 チェッカーズ

チェッカーズという名前だけあって、壁もチェック。

お食事やドリンク類の並べ方が、スタイリッシュ〜ぅ。

シーザーパーク台北 朝食 ライトアップ
▲シーザーパークタイペイ 朝食

ライトアップされてまーす。

シーザーパーク台北 朝食 中華まん
▲シーザーパーク台北 朝食 中華まん

中華まんとか、

シーザーパーク台北 朝食 注文で麺類を作ってもらえます
▲シーザーパーク台北 朝食 注文スタンド

注文カウンターでは、麺類を作ってもらいました。

シーザーパーク台北 台湾のホテル朝食の定番、お粥のトッピング
▲シーザーパーク台北 朝食お粥の具

そして、台湾のホテル朝食の定番、お粥。

トッピングの種類がハンパなーい!

シーザーパーク台北 朝食 中華
▲シーザーパークホテル台北 朝食お粥

こんな感じでお粥を作ってみました。

その他、味噌汁や焼き魚、煮物など、和食系もありましたよ。

かなりお腹一杯になっその時、隣のお兄さんが持ってきた食べ物に、思わず目が行ってしまったんです。(テーブル近いから見えちゃうのよね。。。失礼っ!)

「あれ?あの美味しそうな食べ物は、どこにあったんだろう?」

ということで探してみると、

シーザーパーク台北 朝食 チェッカーズの別エリア

あれ〜!
こっちもあったんだ〜!

シーザーパーク台北 朝食 ビュッフェ サラダ・フルーツ・前菜
▲シーザーパーク台北 朝食 サラダ・フルーツ

お食事が並ぶエリアは1つしかないと思っていたのに、もう1つあったのでした〜

シーザーパーク台北 朝食 前菜
▲シーザーパーク台北 朝食 前菜

こっちのエリアは、前菜・サラダ・フルーツ・デザート系です。

メインをひとしきり食べたあと、前菜・サラダ類を発見する始末。。。

これ、座る席によっては、もう1つのビュッフェエリアに気づかず終わる人、いるんじゃないのかしら〜?

私も、隣のお兄さんのお皿をチラ見しなければ、気付きませんでしたから。。。笑

ということで、全部合わせると、とっても種類が豊富で美味しいシーザーパーク台北の朝食でした。

ちなみに、朝食が付いていないプランでシーザーパーク台北を予約し、現地で朝食料金を支払った場合、1人1食 475元です。(宿泊者割引)

また、宿泊者でない場合は、1人 550ドルだそうですよ。(2016年現在)

シーザーパーク台北のパイナップルケーキ

シーザーパーク台北 パイナップルケーキ
▲シーザーパーク台北 パイナップルケーキ

こちら、シーザーパーク台北のパイナップルケーキです。
美味しいと評判なんですよね。

12個入りで558元(2016年現在)、宿泊者でなくても購入できます。(宿泊者割引あり)

これは、このレストラン「チェッカーズ」(ホテル2階)で売られていました。

シーザーパーク台北 近くで両替

シーザーパーク台北の近くで両替
▲シーザーパークの2軒先 新光三越の両替所

シーザーパーク台北の2件先は、新光三越。

ここの1F・出入口付近に両替所があります。

新光三越 台北駅 両替
▲新光三越で両替

この日のレートは、台湾の空港よりほんの少し悪かったのですが、三越は手数料が別途掛からないので、結果的にさほど変わらない金額を受け取ることができました。

三越での両替は、パスポートが必要ですよ。

シーザーパーク台北のおすすめ度

シーザーパーク台北、ホテル自体はとってもおすすめです。

なにせ、立地が最高に良いですもんね。

台北駅直結、雨の日には大活躍。
MRTや台鉄でどこかへ行くのもスイスイです。

台北駅には、いくつもの地下街や駅舎上のレストラン街があり、綺麗に整備されたスタイリッシュ&現代風な空間で、台湾の食を楽しむことが出来ます。

また、シーザーパークホテル台北の裏手(地上)には、昔ながらの商店が軒を連ね、台湾らしいB級グルメも楽しむことが出来ます。(20時頃には多くの店が閉まるので、19時には行った方が良いかな)

今回、一番安いスーペリアルームに宿泊し、ちょっと設備の古さを感じました。
日々の清掃は良くできていますが、経年による傷みはあります。

ということで、スーペリアルームに関しては、設備の古さと、電源を切れないエアコンの2点が我慢ポイントですね。

もう少し高いカテゴリー「ステーションスイート」「プレミアツイン」「プレミアダブル」は改装したお部屋となっているようなので、そちらにすると、満足感もアップするのでは・・と思った次第です。口コミもすこぶる良いですしね。

スポンサードリンク