ホテルロイヤル台北(老爺大酒店・ホテル ロイヤル ニッコウ タイペイ)は、中山エリア(人気の繁華街&台北駅のお隣)に位置する日航系ホテル。

いつもはもっと安いホテルに泊まる私も、女友達や母親と滞在する時には、ちょっとだけグレードアップした「ロイヤル台北」を選んでいます。

そこでこの頁では、ホテルロイヤル台北の特徴(予約の決め手)、プレミアルームの宿泊記、部屋、アメニティ、朝食、ベーカリーで購入したヌガー(牛乳糖)・パイナップルケーキ、プール、地図など「ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ」の旅行記ブログをご紹介致します。

スポンサードリンク

ホテルロイヤル台北の立地

MRT中山駅から

最寄出口

ロイヤル台北への行き方 中山3番出口から
▲中山駅3番出口が最寄(階段オンリー)

一番近い出口は、MRT中山駅3番です。

ホテルロイヤル台北は、ここから徒歩5〜6分くらいの立地です。

が、3番は階段オンリーなんだな。。。これが(汗)

エスカレーター・エレベーターのある最寄出口

ロイヤル台北への行き方 中山4番出口
▲中山駅4番出口

キャリーバックやスーツケースを持っている時や、楽をしたい場合(笑)は、4番出口がおすすめです♪(プラス2分)

エスカレーターだと写真のように、5〜6段の下り階段が最後にありますので、スーツケースを持っている時は、エレベーターの方がさらに良いかも。(スロープがあります)

地図(中山駅 → ホテルロイヤルタイペイ)

ロイヤル台北の地図
▲中山駅3番・4番出口からロイヤル台北の地図

MRT中山駅の3番・4番出口から、ホテルロイヤル台北への行き方・地図はコチラです。

3番は階段を上がったらそのまま前方に進み、4番は大通りを左方向に進みます。

松山空港からは、タクシーで

ホテルロイヤル台北の外観

松山空港からロイヤル台北までは、近いのでタクシーがおすすめです。

2016年4月の料金は、200元でした。

(2015年10月1日からタクシー料金値上げ。キャリーバック2個を持っていました)

帰りももちろん、ドアマンの方にタクシー手配をお願いできます。

所要時間は15分ほどでした。

桃園空港からなら、1961バスで

桃園空港からロイヤル台北までは、1961番バス(大有巴士/大有バス)が便利です。
行き・帰りとも、桃園空港路線の「バス乗り場&降り場」が近いです。

行き

桃園空港からホテルロイヤル台北までのバス停 中山分局
バス停「中山分局」の斜め向かいにロイヤル台北

桃園空港 → 「中山分局」下車
(大有巴士 1961番バス)

バス停「中山分局」からは徒歩3〜4分

降車したバス停「中山分局」の斜め向かいにロイヤル台北があります。

この写真で言うと、バス停とは道路を挟んではす向かい、街路樹で見えにくい矢印のあたりがホテル・ロイヤル・ニッコウ・タイペイです。

帰り

ホテルロイヤル台北から桃園空港までのバス停 リージェント前
バス停「晶華酒店」は、ロイヤル台北のすぐ横

晶華酒店(リージェント前) → 桃園空港
(大有巴士 1961番バス)

バス停「晶華酒店(リージェント前)」は、写真のように、ロイヤル台北のすぐ横です。

ロイヤル台北のプレミアルーム

お部屋

ロイヤル台北 プレミアルーム
ロイヤル台北 プレミアルーム

では、私が宿泊した「ロイヤル台北・プレミアルーム」をご紹介します。

38平米あるというプレミアルームは、スーツケースを広げるのに一切困らない余裕のスペースがあります。

ロイヤル台北 プレミアルーム2
ロイヤル台北 プレミアルーム

ベッドは固すぎず柔らかすぎず、快適♪

ホテル選びの絶対条件、リネンも清潔です。

プレミアルームにはダブルベッド1台のタイプもありますが、私は、女友達と行く時の絶対条件・ツインベッドを予約。

ロイヤル台北 プレミアルーム3
ロイヤル台北 プレミアルーム

家具や建具はダークブラウンで、
落ち着いた統一感のあるインテリアです。

バスルーム

ロイヤル台北 プレミアルームのお風呂
ロイヤル台北 プレミアルームのバスルーム

そして、私がこの「プレミアルーム」を予約した一番の理由は、このバスルーム。

ロイヤル台北 プレミアルーム バスルーム
ロイヤル台北 プレミアルームの日本式お風呂

海外のホテルで初めてお目にかかった日本式のバスルームだからです。

洗い場がバスタブの横にある、日本人にはお馴染みのスタイルは、やっぱり一番便利。

シャワーカーテンを付けたバスタブで浴びるのは、カーテンの外側が濡れるのを気にしなくちゃいけないし、

シャワールームとバスタブが別々なのも海外ホテルにおいては良いと思っていますが、移動の時に床が濡れる。。。

その点、日本式のお風呂はそれらの欠点がないのでGoodですよね。

また、ハンドシャワーで、バスタブも深くて大きいです。

ちなみに、バスルームはガラス張りですが、ブラインドを閉めれば見えなくなりますよ。

洗面所 兼 脱衣所 の使い勝手

ロイヤル台北 プレミアルーム 水回り
ロイヤル台北 プレミアルームの洗面所

そしてここもポイント、洗面所の使い勝手です。

洗面所って、脱衣所としても使うことになりますが、着替えを置く場所がなくて困ることも多いんですよね。

使ったあとのタオルを干す場所も、無いと不便です。

ロイヤル台北・プレミアルームの洗面所のテーブルは、L字型になっていて広いから着替えや洗面道具の置き場所も十分。

タオル掛けも備わっていました。

トイレ

ロイヤル台北 プレミアルーム トイレ
ロイヤル台北 プレミアルームのトイレ

そして、これもロイヤル台北・プレミアルームの予約の決め手。

トイレが独立しているんです。

トイレ内には手洗いとタオルも備えられていました。

  • ウォシュレット付き
  • トイレットペーパーは流せる
    (フロントに確認済)

アメニティ

ロイヤル台北 ロクシタンのアメニティ
ロクシタンのアメニティ

アメニティはロクシタンでした。

(プレミアルームよりお安いスーペリアだと、ロクシタンではないとのこと)

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディーローション・石鹸(全てロクシタン)が、毎日補充されました。

ロイヤル台北 アメニティ

また、歯ブラシセット・コーム・カミソリ・綿棒・デンタルフロス・シャワーキャップ・髪ゴム・コットンは、全部人数分あります。

台湾のホテルって、コームやカミソリは1組しか用意されていない場合も結構あるんですよ。

2人で泊まってるのになぜ?って思うこともよくあります。

でも、ロイヤルタイペイは、全種類が人数分ありました!

(↑いかにもスゴイことのように言う。。。でも、10以上の台北のホテルに泊まっていると、これが当たり前ではないことに気づく。。。)

この引き出しから出されたアメニティは、毎日補充がありましたよ。

ロイヤル台北 タオル
ポイントは小タオルも有るかどうか

そして、私の密かなチェックポイントの1つ。

タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

ホテルロイヤル台北は、大中小(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)の3種類が人数分用意され、

さらに、トイレにも手洗いの横にタオルが掛けてありました。

ロイヤル台北 スリッパ

また、スリッパは色違いで、(毎日補充)

ロイヤル台北 パジャマ
手前がパジャマ、奥がバスローブ

ワンピースタイプのパジャマと、バスローブの用意もあります。

パジャマまであるなんて、至れり尽くせり。

やっぱり、この料金払えばこうなるのね。。。

使用したパジャマは、毎日交換がありました。

冷暖房の調節

ロイヤル台北 プレミアルーム 冷暖房

ちょっと地味なチェックポイントですが、冷暖房スイッチの有無も、何気に見てしまいます。

ポイントは、主電源を切れるかどうか。

温度調節のツマミはあるのに、ON・OFF出来ない!ってホテル、結構あって寒い思いをしたりするからです。(最大にしても寒い)

ホテルロイヤル台北のプレミアルームには、主電源をON・OFFできるエアコンパネルがありました。

寒い時は、切ればいいのでね。

コンセントの数

ロイヤル台北 プレミアルーム コンセントプラグ

またまた地味な情報です。

私が宿泊したプレミアルームには、7個のコンセントがありました。

7個は、洗面所にある2個を含みます。

元々部屋にあった3つ口プラグ(写真)を合計すると、9個になりました。

Wi-Fi

ロイヤル台北では、無料Wi-Fiが利用できました。

チェックイン時にもらうパスワードで接続することが出来ます。

その他の設備・備品

ロイヤル台北 プレミアルームのデスク

無料のミネラルウォーターは毎日人数分補充されました。

また、デスク、ドライヤー、大きめの金庫、体重計、ズボンプレッサー、シューズドライヤー、お風呂にTV、クローゼット、2段のチェスト、荷物置き場。

出張旅行にも対応できるきめ細かい設備、備品がありました。
完璧です。

スポンサードリンク

ホテルロイヤル台北の雰囲気

ロイヤル台北 外観

私がロイヤル台北を選んだきっかけは、ホテル前を歩いていて、上品な空気感を感じたからです。

あとで、「あのホテルは何という名前なんだろう。母親や女友達と台北に来る時にはこのホテルがいいな、高くなければ」と、

まず、この外観や周辺環境の雰囲気で気に入り、そのあとにネットで口コミを読むという、いつもとは逆パターンの発見方法でした。

ロイヤル台北 ロビー

大体、そういうホテルって手の届かない金額なことが多いんですが、ロイヤル台北は、そこまで高くなく(でも普段泊まるホテルよりは高い)、背伸びすれば泊まれるという料金でした。

(少し値段は張りますがプレミアルームが良いと思います)

実際、宿泊してみての感想は、やっぱり上品な雰囲気です。リピートは今のところ2回。これからも候補に上げると思います。

ホテル ロイヤルタイペイ プール
ホテルロイヤル台北のプール

ロイヤル台北は、そんなに大きなホテルではありませんが、屋上にはプールがあります。

ちょっと覗いてみました。
・・と、プールは清掃中でした〜

プールシーズンになると、泳ぐ方もいらっしゃるのかな。

また、プールの近くにはフィットネスジムとサウナもありましたよ。

ロイヤル台北の朝食

ホテルロイヤルタイペイ 朝食
ホテルロイヤルタイペイの朝食レストラン

ホテルロイヤル台北の朝食は、2階のル・カフェでいただきます。

街路樹から溢れる陽の光が爽やか〜♪

ホテルロイヤルタイペイ 朝食レストラン ル・カフェ

朝食は、ビュッフェ形式です。

広くはないですが、品数は多い方だと思います。

ホテルロイヤル台北 朝食 和食

他のホテルの朝食と比較すると、和食が多めですかね。

さすが日系。

お粥は、台湾風の味付けと、日本風の白いお粥もありました。

ホテルロイヤル台北 朝食 洋食

洋食や中華も、日本人にあった味付け。

ホテルロイヤル台北 朝食 卵料理

海外のホテルに泊まると、なぜか絶対に立ち寄ってしまう卵料理のコーナー。
どこに行ってもオムレツを注文しちゃうんだな。

ホテルロイヤル台北 朝食 ビュッフェ

ここ3日間、台湾料理ばかり食べてきた4日目の朝食はこんな感じに仕上がりました。

和が体にしみるぅ〜

このあともう1回取りに行き、さらにフルーツとコーヒーをいただいて、お腹いっぱいで終了しました。

ホテルロイヤルタイペイの朝食、なかなか美味しかったです。

ちなみに、朝食の付いていないプランを申し込んだ場合、1人 600元(税込 660元)でお食事できますよ。(2016年4月現在)

ホテル ロイヤルタイペイの
有名ベーカリーでお土産購入

ホテルロイヤル台北 ベーカリー
ロイヤル台北のベーカリー

ロイヤル台北1階にある有名ベーカリー。

ロイヤルタイペイ ヌガー・パイナップルケーキ
ロイヤル台北のヌガーとパイナップルケーキ

ここで買えるヌガー(牛乳糖)とパイナップルケーキが美味しいと評判のようなので、買ってみました。

ロイヤルタイペイ ヌガー
ロイヤル台北のヌガー

こちらがヌガー(牛乳糖)。ミルク味です。
マカデミアナッツが練りこまれているキャラメルのような食感のお菓子。

甘すぎることもなく、マカデミアナッツの塩気とマッチして、とっても美味しいです!

ロイヤルタイペイ パイナップルケーキ
ロイヤル台北のパイナップルケーキ

そしてこちらがロイヤルベーカリーのパイナップルケーキ。

スタンダードタイプと、黒糖タイプ、両方が半分ずつパックされたものがあります。

私は、両方楽しめるパッケージを購入しました。

評判通り、こちらも美味しかったです!

ホテルロイヤル台北・プレミアルームのおすすめ度

ホテルロイヤル台北(老爺大酒店・ホテル ロイヤル ニッコウ タイペイ)・プレミアルーム。
結構、気に入ってしまいました。

徒歩5〜6分のMRT中山駅周辺には、三越や金興發生活百貨などがあり買い物も便利ですし、徒歩3分くらいの場所にはマッサージ店もあります。

フロントの方の日本語対応も完璧で、コンシェルジュさんは日本人です。

いつもはもっと安いホテルに宿泊する私には少し贅沢なホテルですが、料金以外の我慢ポイントはないので、価格を了承できる方には、とってもおすすめです。

スポンサードリンク