台湾旅行で欠かせない「台湾グルメ」ですが、特に人気で有名なのは小籠包かも知れません。
私は毎回、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などで小籠包を食べ歩く事を楽しみにしていて情報も随分溜まりましたので、その中からオススメのお店を本音でご紹介させて頂いています。
お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

今回は、台北の「済南鮮湯包 (ジィナンシェンタンバオ)」です。
済南鮮湯包は、注文を受けてから皮に包む“こだわりの” 小籠包が有名で、シラスチャーハンも絶品。

これらの人気メニューの感想・店内の雰囲気・営業時間・MRT(地下鉄)「忠孝新生」駅からの行き方を詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

済南鮮湯包|小籠包が有名な台北の人気店
食べたメニューや感想・店内の雰囲気・場所(行き方)など

済南鮮湯包の人気メニュー 小籠包・炒飯の注文と店内の雰囲気など

済南鮮湯包の外観
▲済南鮮湯包の外観

済南鮮湯包は MRT忠孝新生駅から近く、行きやすい場所にあります。

ピークタイムは混み合いますが、最近私は遅めのランチ(13時半頃)か早めのディナー(18時頃)に行きますので、予約なしでも毎回待ち時間はゼロです。

済南鮮湯包の店内
▲済南鮮湯包の店内

店内はスタイリッシュでカジュアルな雰囲気。

写真は1F席で、地下にも客席があります。

済南鮮湯包の厨房
▲済南鮮湯包の厨房

1F席の奥から厨房の様子が見えます。

小籠包を作っていますね。

人気の小籠包を注文

済南鮮湯包のオーダーシート
▲済南鮮湯包のオーダーシート

済南鮮湯包で日本語が通じた事はありませんが、メニューとオーダーシートに日本語の記載があります。

最近の定番 小籠包(180NT$)とシラスチャーハン(180NT$)に加え、今回はカニ味噌小籠包(270NT$)を注文。

済南鮮湯包の水と生姜
▲済南鮮湯包の水と生姜

済南鮮湯包ではお茶は別料金なので、注文しなかった場合は水が出て来て、食後に何故かお湯が注がれます。(斬新っ!)

生姜に酢と醤油を入れてスタンバイしなくては。

済南鮮湯包の黒酢と醤油
▲済南鮮湯包の黒酢と醤油

済南鮮湯包の酢は黒酢で、醤油と容器が一緒なので混乱しますが、ちゃんと表記があります。

注文後に皮を包むという “こだわりの” 小籠包は、少し時間がかかります。

済南鮮湯包で人気のメニュー 小籠包と炒飯の感想

済南鮮湯包のシラスチャーハン
▲済南鮮湯包のシラスチャーハン

シラスチャーハンが先に運ばれて来ました。

味はパラパラで油っぽくない炒飯に、タップリの揚げたシラスのカリカリ食感と塩味が加わって最高!
是非オススメしたい絶品チャーハンです。

済南鮮湯包の小籠包
▲済南鮮湯包の小籠包

注文から12分後に小籠包が運ばれて来ました。

極薄の皮から、透けて見える程スープがタップリ入っているのが確認できます。

済南鮮湯包の小籠包(中身)
▲済南鮮湯包の小籠包(中身)

箸で摘んだ時に破れてしまいそうな程 皮が薄い小籠包は、そのぶん生地のモチモチ感は少ないけど、味付け最高の美味しい具の味が強く感じられるので好みが分かれるところ。(私は大好き:念の為)

コクのあるスープは他店よりもタップリめでアツアツ度が高く、小籠包自体は少し小さい印象。

済南鮮湯包のカニミソ小籠包
▲済南鮮湯包のカニミソ小籠包

最初の小籠包到着から約4分後に、かに味噌小籠包が運ばれて来ました。

この小籠包を時間差で持って来てくれる配慮が、本当に嬉しいです。

かに味噌小籠包(中身)
▲かに味噌小籠包(中身)

スタンダードな小籠包同様に、薄皮にコク深いタップリのアツアツスープで美味・・・ですが。

かに味噌の風味は “ほんのり” 程度で、私は90NT$の価格差の価値は感じられなかったので、スタンダードな小籠包がオススメかも。

済南鮮湯包のレシート
▲済南鮮湯包のレシート

大満足で会計をしにレジへ。

合計630NT$で、サービス料(服務費)はかかりませんでした。

済南鮮湯包の営業時間

済南鮮湯包は年中無休で営業時間は、ランチタイムが11時から14時半・ディナータイムが17時から21時です。

午後に一旦閉まりますので、ランチタイムに行かれる方はご注意下さい。(混雑を避ける為、14時頃に行ったらギリギリだった経験あり。)

スポンサードリンク

済南鮮湯包 (ジィナンシェンタンバオ)の行き方
MRT(地下鉄)「忠孝新生」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「忠孝新生」駅から済南鮮湯包への行き方を写真で詳しくご紹介します。

MRT忠孝新生駅の出口6
▲MRT忠孝新生駅の出口6

始めに、MRT忠孝新生駅に着いたら「出口6」を出て、そのまま直進します。

すぐ先にある信号の無い小さな横断歩道を渡って、更に直進。

MRT忠孝新生駅出口6を出て直進
▲出口6を出て直進

次の交差点(十字路)まで直進します。

交差店を渡って左へ
▲交差店を渡って左へ

次に、信号のある交差店を渡って左へ曲がり、130mほど進むと右手に済南鮮湯包があります。

忠孝新生駅「出口6」を出てから約3分で到着します。

スポンサードリンク