台湾旅行で欠かせない私の楽しみの一つが「台湾スイーツ食べ歩き」です。
毎回色々なお店を巡った中から、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などをご紹介していますので、お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

台湾スイーツで特に人気が高く、私も大好きな「マンゴーかき氷」のお店から、今回は人気の「マンゴーチャチャ」(Mango Cha Cha)本店のメニュー・値段・営業時間・お店の雰囲気・味の感想などをご案内します。

ちなみに有名店「アイスモンスター」(ICE MONSTER)と並んで、日本にも出店しています。

スポンサーリンク

マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)本店

台北で有名なマンゴースイーツ専門店「マンゴーチャチャ」で “二番人気” のマンゴーかき氷を注文。

なぜ1番人気の「元カレ」ではないのか?の理由と共に、それぞれの味の違いや値段もご紹介。

マンゴーチャチャで2番人気のメニュー
「マンゴーチャチャ雪花氷」を注文

マンゴーチャチャ本店(台北)の外観
▲マンゴーチャチャ本店(台北)の外観

「マンゴーチャチャ」(Mango Cha Cha)は台北に2店舗ありますが、今回は「本店」に行った時の様子をご紹介します。

ちなみに日本にも、東京の原宿にお店があります。(2017年4月に「台湾カフェZEN」にリニューアル)

マンゴーチャチャのメニュー
▲マンゴーチャチャのメニュー

マンゴーチャチャの店頭にはメニューが出ていますので、入店前に内容が確認できます。

写真の横に日本語でメニューの説明が書いてあるので、注文ミスの心配なし。

マンゴーチャチャ本店(台北)の店内
▲マンゴーチャチャ本店(台北)の店内

店内は、マンゴーカラーで統一されたポップで明るい雰囲気。

カウンターで「マンゴーチャチャ雪花氷」を注文して支払いを済ませ、好きな席に座って待ちます。

店員さんは、少し日本語が通じる元気で感じの良い方でした。

2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」1
▲2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」1

2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」(値段は200NT$)

アイスモンスター思慕昔 と比べると氷は少なめだけど、マンゴーの量は多め。メニュー写真と遜色ないのも好印象。
味は、マンゴーに練乳がかかっていないので、甘みより少し酸味が勝っていたけど食感が良く美味。マンゴーアイスも濃厚。かき氷はマンゴーシロップが中心まで届いておらず、もう少し多いと嬉しかったけど、総じて大満足。

2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」2
▲2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」2

横から見ると、こんな感じ。大きさのインパクトは無いけど、マンゴーは多いし「充分」な量。

1番人気の「元カレ」(値段:250NT$)はマンゴー味の「かき氷」部分の内部に黒糖シロップが入っている “二重構造” になっているのが大きな違いだけど、私は大好きなマンゴーの味だけを楽しみたいので「マンゴーチャチャ雪花氷」がお気に入り。

なぜか「塩」が一緒に登場

マンゴー雪花氷と一緒に出てくる塩
▲マンゴー雪花氷と一緒に出てくる塩

ところで、マンゴーチャチャでマンゴーかき氷を注文すると、写真の塩が一緒に運ばれて来ます。

私は「スイカに塩をかける派」なので試してみましたが、味に慣れていないせいか、いまのところ「マンゴーに塩をかけない派」です。。。

サービスが出てくる事もアリ

サービスで出してくれたマンゴージュース
▲サービスで出してくれたマンゴージュース

この日は突然雨が降って来たので、食後も店内に少し滞在していたら、店員さんがマンゴージュースをサービスしてくれました。

サンプルにしては多過ぎる量の、少し小さめのグラスに入ったマンゴージュースは、とっても濃厚で甘みと酸味のバランスの良い絶品でした。

スポンサーリンク

マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)本店の行き方(場所)

マンゴーチャチャ「本店」への行き方
MRT「信義安和」駅より徒歩

MRT(地下鉄)「信義安和」駅より徒歩で、マンゴーチャチャ「本店」へ行く道順を詳しくご案内します。

MRT「信義安和」駅5番出口
▲MRT「信義安和」駅5番出口

MRT「信義安和」駅の改札を出たら、「出口5」から地上に出ます。

写真右奥に見えるのは、エレベーターです。

MRT「信義安和」駅5番出口(地上)
▲MRT「信義安和」駅5番出口(地上)

「出口5」を出ると目の前は大きな道路です。

道路の向こう側には「出口4」が。

5番出口を出たら左へ
▲5番出口を出たら左へ

5番出口を出たら、左方向へと進みます。

横断歩道を渡ります
▲横断歩道を渡ります

直進すると間もなく横断歩道が出て来ますので、渡ります。

マクドナルド前を通過
▲マクドナルド前を通過

マクドナルドの前を通過して、更に直進します。

大きな交差点を左へ
▲大きな交差点を左へ

少し歩くと、大きな交差点に出ます。

この交差点を横断せずに左へ。

永和豆漿の前を通過
▲永和豆漿の前を通過

左に曲がると、目の前に台湾朝食の「永和豆漿」が。

永和豆漿の前を通過して、もう少し進みます。

マンゴーチャチャの本店に到着
▲マンゴーチャチャの本店に到着

永和豆漿を過ぎてから100mくらい歩くと、左手にオレンジ色の看板が出て来て「マンゴーチャチャ本店」に到着。

MRT信義安和駅の5番出口から約7分で着きました。

マンゴーチャチャ台北忠孝店の場所
MRT「忠孝復興」駅

上記ではマンゴーチャチャ本店へ行った時の様子をご紹介しましたが、MRT(地下鉄)忠孝復興駅近くの便利な場所にある支店「台北忠孝店」をご紹介します。

私も最近は台北忠孝店に行く事が多く、もちろんメニューは本店と同じです。

太平洋SOGO台北忠孝館
▲太平洋SOGO台北忠孝館

マンゴーチャチャ台北忠孝店は、写真の太平洋SOGO台北忠孝館の道路を挟んで隣り(正面に向かって左)にあります。

MRT忠孝復興駅の4番出口を出ると、目の前に写真のSOGO台北忠孝館があり、そこから徒歩1分位という近さ。

マンゴーチャチャ台北忠孝店の外観
▲マンゴーチャチャ台北忠孝店の外観

位置的には、SOGO台北忠孝館の駐車場入口の前辺りです。

マンゴーチャチャ台北忠孝店の向かって左隣は、麺線の有名店「阿宗麺線」なので、一緒に行くのもアリかも(実際に時々私も。。。)

マンゴーチャチャ(台北)の営業時間など

台北のマンゴーチャチャは年中無休で、営業時間は11時から23時です。
(本店は12月から3月まで13時開店)

マンゴーチャチャもアイスモンスターと同様、遅くまで営業している事と年中マンゴーが食べられる(多くのマンゴーかき氷屋さんは夏季のみの営業)のが嬉しいところ。

駅から近いので、帰国前にチョット寄る事も可能です。(私は、夜中の便で帰国する前に利用すること多し)

スポンサーリンク