台湾旅行の目的の一つが「台湾スイーツ」という方は、私以外にも多くいらっしゃるかも知れません。
中でも私はマンゴーかき氷が大好きで、毎回必ず複数のお店で食べています。

アイスモンスターや冰讃(ピンザン)等の人気店・有名店はもちろん新店舗も巡り、2015年12月現在「是非おすすめしたい」と思うほど美味しい台湾のマンゴーかき氷のお店は6店舗になりました。

このページでは、その6店舗全てをご紹介させて頂きますが、別ページにも更に詳しい情報や行き方が書いてありますので、宜しければそちらもご覧下さい。(リンクを貼っています。)

スポンサードリンク

陳記百果園(台北)の台湾マンゴーかき氷が私のイチオシ!

陳記百果園のマンゴーかき氷は、とにかくマンゴーの質が最高です。

陳記百果園の台湾マンゴーかき氷(シングル)
▲陳記百果園の台湾マンゴーかき氷(シングル)

陳記百果園は、台北の老舗高級フルーツ店なので、上質なマンゴーを最高な状態で味わう事が出来るのが最大の利点。

かき氷の全体的なインパクトは大きくないし、フワフワ氷もなし。店内も全然オシャレじゃないけど、冷凍ではない高級マンゴーが大きめのカットで大量に載って来るマンゴーかき氷は、他では味わうことの出来ない絶品です。

写真は「マンゴーかき氷(シングル)」(値段:190NT$)ですが、「マンゴーかき氷(ダブル)」や他の商品、最寄のMRT(地下鉄)駅からの行き方などを、別ページ 陳記百果園のマンゴーかき氷|メニュー・店内の様子・行き方など で詳しくご紹介しています。

台湾でマンゴーかき氷の人気店と言えば
アイスモンスター

アイスモンスターは、台湾で特に有名なマンゴーかき氷店。東京(原宿)にも上陸して大人気です。

アイスモンスターのフレッシュマンゴー雪氷
▲アイスモンスターのフレッシュマンゴー雪氷

アイスモンスターのマンゴーかき氷は、このインパクトあるビジュアルが最大の特徴で、多分人気の理由。
席に運ばれてくると、多くの人がまず「写真撮影」を始めます。

写真は一番人気のフワフワ氷のマンゴーかき氷「フレッシュ マンゴー雪氷」(値段:夏季 220NT$・冬季 250NT$)ですが、通常のかき氷もありシロップの味等が違います。

注文時のチョットした注意点や私が行った日の混雑状況、最寄のMRT(地下鉄)駅からの行き方などを、別ページ 台北のアイスモンスターでマンゴーかき氷 値段メニュー営業時間 で詳しくご紹介しています。

永康街でマンゴーかき氷と言えば「思慕昔」(スムージー)

小籠包の大人気店「鼎泰豐」(ディンタイフォン)本店の近くにある絶品マンゴーかき氷店

思慕昔のスーパーフルーツミックスマンゴー雪花冰
▲思慕昔のスーパーフルーツミックスマンゴー雪花冰

思慕昔のマンゴーかき氷は、見た目のインパクトもあるしマンゴーがジューシーでとても美味。

他店に比べてメニューの種類も多くて値段も手頃、店員さんの感じも良いです。更に駅からも近くて、全くもって言う事なし。

いつも混んでいるのは人気店の宿命なので仕方がないとして、トータルバランスが最高なお店です。

写真は「スーパーフルーツミックスマンゴー雪花冰」(値段:190NT$)

お店の雰囲気や注文方法、最寄のMRT(地下鉄)駅からの行き方などを、別ページ マンゴーかき氷が有名な台北の人気店「思慕昔」感想や値段 で詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

台北のマンゴーチャチャはマンゴースイーツ専門店

マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)はアイスモンスター同様、日本(原宿と有楽町)に上陸して大人気。私は “2番人気” のメニューがお気に入り。

2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」
▲2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」

マンゴーチャチャで1番人気のメニューは「元カレ」というチョット変わったネーミングのマンゴーかき氷ですが、私のお気に入りは2番人気の「マンゴーチャチャ雪花氷」(値段:200NT$)です。

どちらも「大盛り」ではありませんが、ジューシーで食感の良いマンゴーが美味しい「逸品」です。

「元カレ」の かき氷部分は内部に黒糖シロップが入っていますが、私はマンゴーだけを存分に堪能したいので、毎回 “2番人気” を注文する訳です。

オレンジ色で統一されたカワイイ店内の様子や、MRT(地下鉄)駅から近い「マンゴーチャチャ台北忠孝店」の行き方などを、別ページ 台北のマンゴーチャチャでマンゴーかき氷|人気メニュー・値段 で詳しくご紹介しています。

冰讃(ピンザン)で期間限定の絶品台湾マンゴーかき氷

マンゴーかき氷が人気の冰讃(ピンザン)は、台湾マンゴー収穫時期の夏季のみの限定営業。

冰讃(ピンザン)のフワフワ氷のマンゴーかき氷
▲冰讃(ピンザン)のフワフワ氷のマンゴーかき氷

冰讃(ピンザン)の開店期間は毎年変わりますが、台湾マンゴー(愛文)の収穫期である4月から10月頃が目安となります。

マンゴーかき氷は、通常の氷のものの他にフワフワ氷のものもあり、私のお気に入りはフワフワ氷の「芒果雪花冰」(値段:100NT$)。

冰讃では冷凍ではない生のマンゴーを使っているので、食感が良い事と、練乳のみがかかっているというシンプルさで、マンゴーの美味しさをシンプルに味わえる良さがあります。
また、他店に比べて値段が極端に安いのにタップリとマンゴーが載っているのも嬉しい特徴です。

店内の様子や注文方法、日本語メニュー、最寄のMRT(地下鉄)駅からの行き方などを、別ページ 冰讃(ピンザン)で台湾マンゴーかき氷|メニュー・営業時間・行き方 で詳しくご紹介しています。

フワフワかき氷の元祖 士林夜市の辛發亭(シンファーティン)のマンゴーかき氷

辛發亭(シンファーティン)は士林夜市のシメに必ず立ち寄る 台湾かき氷の名店。

辛發亭(シンファーティン)のマンゴーかき氷
▲辛發亭(シンファーティン)のマンゴーかき氷

辛發亭(シンファーティン)は、フワフワかき氷を生み出した老舗だけあり、氷の食感や全体の「まとまり感」は、かき氷としての完成度の高さを感じます。

トッピングに防腐剤や人工色素を使わず、毎日手作りするという “こだわり” を良心的な価格で味わえる名店のかき氷は、重みを感じる逸品です。

写真は、マンゴーかき氷(値段:100NT$)。夜市で散々食べた後に丁度良いサイズで、お腹にも財布にも優しい私の定番。

店内の様子や氷かきの機械、最寄のMRT(地下鉄)駅からの行き方(オリジナル地図)などを、別ページ 士林夜市の辛發亭(シンファーティン)のかき氷メニュー・場所 で詳しくご紹介しています。

私のマンゴーかき氷おすすめ6店の特徴まとめ

最後に、今回ご紹介した「私のマンゴーかき氷おすすめ6店」の特徴をまとめてみました。

  • 陳記百果園
  •  店はオシャレではなく駅からも少し遠いけど、マンゴーの味と質が最高

  • アイスモンスター
  •  マンゴーかき氷のインパクトが大きく、人気店で話題性あり

  • 思慕昔(スムージー)
  •  マンゴーかき氷が美味で適度にインパクトがあり、店員さんの対応も良い

  • マンゴーチャチャ
  •  マンゴーの味が時期を選ばず安定していて、店舗へのアクセスが良い

  • 冰讃(ピンザン)
  •  シンプル(練乳のみ)だが、マンゴーの質が高く量も多くて値段はリーズナブル

  • 辛發亭(シンファーティン)
  •  食感や味のバランス等 かき氷として完成度が高く、値段がリーズナブル

スポンサードリンク