ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)は、台北駅のお隣「西門」駅から徒歩1分の駅近ホテル。

MRT板南線・MRT松山新店線の2線が利用でき、「台北の原宿」「台湾の渋谷」と呼ばれるなど、“流行の発信地”として賑わっている繁華街・西門町にある大型ホテルです。

この頁では、ミッドタウンリチャードソン(德立莊酒店)の旅行記ブログ、宿泊したお部屋、朝食、アメニティ、Wi-Fi等、ホテルのおすすめ度について口コミしたいと思います!

スポンサーリンク

ミッドタウンリチャードソン(台北)の立地

MRT西門駅から

最寄出口

ホテルミッドタウンリチャードソン台北への行き方 MRT西門駅5番出口から
▲MRT西門駅5番出口が最寄(階段のみ)

一番近い出口は、MRT板南線・MRT松山新店線「西門」駅の5番です。

階段を上がり切ったら、すぐ目の前の道を右に行けば、右手にホテル・ミッドタウン・リチャードソンのエントランスがあります。わずか1分くらい。

でも、でも、5番は上り下り共、階段オンリーなんだな〜。

エスカレーター・エレベーターのある最寄出口

ホテルミッドタウンリチャードソン台北への行き方 MRT西門駅4番出口から
▲西門駅4番出口

4番出口なら、上下エスカレーターやエレベーターもあるし、それほど遠くないのでおすすめです。

出口付近にミッドタウンリチャードソンの黒い看板があるので、その近辺を探しがち(←私で〜す)だと思いますが(私だけ?)、

エントランスは裏側にありました。

エスカレーターを上がったら左に、エレベーターの場合はスロープ終点の方角のまま、建物に沿うように少し進むと、

先ほどご紹介した最寄出口・5番が見えます。あとは同じです。

松山空港からは、タクシーかMRTで

ミッドタウンリチャードソンの横にタクシーの列が
▲ホテル前には、常にタクシーがいました

松山空港からミッドタウンリチャードソン台北までは、タクシーで約20分。

帰りは、ホテルの入口前にタクシーが待機していました。

また、MRTの場合は、松山機場(文湖線)忠孝復興(板南線)西門ですね〜。

他の路線とは駅の構造が異なることで、乗換時にエスカレーターやエレベーターを見つけにくい「文湖線」ですが、「忠孝復興」駅に関しては目立つ場所にエスカレーターがあるので、難なく行けます。なので、地下鉄もおすすめです!

桃園空港から

空港MRTを使ってアクセス!

桃園空港MRT 直達車
▲桃園空港MRT 直達車

2017年3月、桃園空港MRTの開業によって「松山新店線」沿線ホテルへのアクセスが便利になったので、使わない手はないと思います。

160NT$
桃園空港→台北駅(桃園空港MRT)

桃園空港(桃園空港MRT)桃園MRT台北駅(徒歩)北門(松山新店線)西門

桃園MRT台北駅からは北門駅までは徒歩約7分、北門から西門は1駅です。

それか、北門まで歩かずに、「桃園MRT改札口最寄りのタクシー乗り場」からタクシーに乗ってもいいかも。

「桃園MRT台北駅」から「北門」への徒歩ルートや、「最寄タクシー乗り場」への行き方については、別記事・桃園国際空港から台北駅、ホテルへ!桃園空港MRT・バス・タクシー乗換に書いてみましたので、宜しかったらそちらもご覧くださいませ。

スポンサーリンク

チェックイン

ホテル ミッドタウン リチャードソン台北のエントランス
▲ミッドタウンリチャードソンのエントランス

ミッドタウンリチャードソン台北のエントランスに到着しました。

入っていくと、

ホテル ミッドタウン リチャードソン台北のチェックアウト用フロント
▲1階フロント(チェックアウト専用)

すぐにフロントが。

でも、すぐさまスタッフに声を掛けられ、チェックインは1階ではなく、5階で行うとのこと。

1階フロントは、チェックアウト専用だそうです。

なので、エレベーターで5階へ。

ホテル ミッドタウン リチャードソン台北のチェックイン用フロント
▲5階フロント(チェックイン専用)

あれま〜。

5階にも立派なフロントがあるんですね。

この時、規模の大きなホテルだったと初めて知り、驚きました。

ちなみに、今まで私は、ホテル予約サイトで予約しても、画面をプリントアウトせずにホテルへ出向き、名前を言ってパスポートを見せるだけでチェックイン手続きを行ってきたのですが、

ここミッドタウンリチャードソンでは、初めて「予約番号」を聞かれました。

「え〜? そっちで分からないのぉ〜?」

とは思いましたが、予約番号をすぐに出せるようにしておいた方がスムーズなようです。

尚、日本語対応していると公式HPには書かれているのですが、私が滞在した日程では、日本語を話される方に1人も出会うことなく、オール英語対応でした。

まだチェックインの時間前だったので、荷物を預けてから出掛け、再び戻ってきました。

ダブルルーム(眺望なし)エレガントホテル ミッドタウン リチャードソン

お部屋

ホテル ミッドタウン リチャードソンのお部屋
▲ダブルルーム(眺望なし)エレガント

では、私が宿泊した「ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)・ダブルルーム・眺望なし」のお部屋をご紹介します。

エレガントという名前の付いたその客室は、180cm×200cmのベッドが1台・23平米・窓のないお部屋です。

ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)・ダブルルーム
▲ホテルミッドタウンリチャードソン・ダブルルーム

ベッドは柔らか過ぎず硬すぎず、適度な硬さ。

2人で余裕のサイズで、寝やすかったです。

ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)・ダブルルーム ソファ

奥には、2人掛けのソファや椅子、ちょっとしたテーブルも。

ホテルに帰って、まず座れる椅子が人数分あるのは、やっぱり嬉しいです。

外出先でひとしきり座ってきた服のままベッドには座りたくないし、

かと言って、少しも座らずシャワー直行も難しいので(ちょっとくらい座りたい)、これはGoodポイントです。(1脚だけのホテルなら結構あります)

また、スーツケース2つを広げられる十分な広さもあり、これもGoodです。

ただ、仕事をするようなデスクと椅子は無いんです。が、1階の朝食会場が11:00〜23:00に解放されていて、そこで作業する事は出来ます。

バスルーム・洗面台・トイレ

ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)シャワールーム
▲ホテルミッドタウンリチャードソン シャワールーム

広めのシャワールームには、シャンプーなどの小物置き場も備わっていて、使いやすかったです。

レインシャワーとハンドシャワーの両方ありますが、バスタブはありません。

ホテルミッドタウンリチャードソンの洗面台
▲洗面台(エレガントダブルルーム)

シャワールームの横にある洗面台は、こんな感じ。

脱衣所としても利用するこの洗面台。
着替えを置く場所はやや小さめですが、一応置けます。

ホテルミッドタウンリチャードソンのトイレ
▲トイレ

そしてトイレには、

なんと・・・、鍵が付いてナイんです!

1人1人バラバラに帰って来たとき、もう片方が入ってたら、咳払いしなくちゃかしら〜www うぉっほん

また、ウォシュレットは付いていません。

尚、私は、どのホテルでもフロントで、トイレットペーパーを流しても良いか、ホテルの方針をお聞きしてそれに従うようにしているのですが、

今回は、聞くまでもなく、

ホテルミッドタウンリチャードソンのトイレは流せるか

こんな表示が・・!

  • ウォシュレットは付いていない
  • トイレットペーパーは流せない
    (掲示されてました)

それにしても、靴下やパンツは幾ら何でも・・・。www

スポンサーリンク

アメニティ

ホテルミッドタウンリチャードソンのアメニティ
ミッドタウンリチャードソン台北のアメニティ

アメニティは、歯ブラシ2、ブラシ1、固形石鹸1、シャワーキャップ1、コットン&綿棒のセット1、T字カミソリ1、

(私たちは2人)

ミッドタウンリチャードソン・アメニティのシャンプー
ミッドタウンリチャードソンのアメニティ

ミニボトルのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディーローションでした。

連泊した際、固形石鹸とミニボトルシャンプー、ミニボトルボディソープは補充されず(スリッパも補充なし)、それ以外(歯ブラシなど)は補充されました。

ミッドタウンリチャードソン・アメニティのシャンプーとボディソープ

ミニボトルがあるから無くても良いのですが、シャワルーム備え付けのシャンプーとボディーソープもありました。

徳立荘酒店 タオル

そして、私のチェックポイントの1つ。

タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

ミッドタウンリチャードソン台北は、大小(バスタオル・フェイスタオル)の2種類でした。

2枚じゃ足りないから、自分で用意しなくちゃ〜。

ミッドタウンリチャードソン台北 スリッパ

また、スリッパや、
(スリッパは連泊での補充はなし)

ミッドタウンリチャードソン台北 ミネラルウォーター
▲ボトルウォーターも毎日補充

ミネラルウォーターも、毎日無料補充されました。

冷暖房の調節

ホテルミッドタウンリチャードソン台北 冷暖房

冷暖房スイッチの有無。

ポイントは、主電源を切れるかどうか。

ホテルミッドタウンリチャードソン台北のエレガントダブルルームには、主電源をON・OFFできるエアコンパネルがありました。

寒い時は切れるので問題なし!

コンセントの数

私が宿泊したダブルルーム・エレガントには、6個の空きコンセントがありました。

(6個は、洗面所にある1個を含みます)

Wi-Fi

SSIDは「City Suites」、ユーザーネームは部屋番号、パスワードはチェックインの時に渡されました。

まあまあ早いダウン 16.81Mbps、アップ 5.6Mbps。

その他の設備・備品

ミッドタウンリチャードソン台北のハンガー掛け

扉付きのクローゼットでは無く、壁にかけるハンガーラックでした。

帽子掛けもありますが、ハンガーは3つのみ。

チェストは薄型で、多くの物は入りません。

ミッドタウンリチャードソン台北 の設備
▲金庫・ドライヤー・冷蔵庫・電気ケトル・TV

金庫は大きく、11インチのパソコンも余裕で入りました。

あとは、ドライヤー・冷蔵庫・電気ケトルなど。TVは壁掛けです。

ちなみに、パジャマ・バスローブなどは有りませんでした。

ミッドタウンリチャードソンの朝食

ミッドタウンリチャードソンの朝食会場
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食会場

朝食は、エレベーターから臨める吹き抜けの中庭でいただきます!

カードキーをかざして会場入りし、

ミッドタウンリチャードソンの朝食会場
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食会場

アトリウムのような、ゴージャスな朝食会場での、

ミッドタウンリチャードソンの朝食会場
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食会場

ビュッフェをいただきます!

ミッドタウンリチャードソンの朝食会場
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食ビュッフェ

定番のサラダや、台湾のホテルでは必ずあるお粥&具など、

ミッドタウンリチャードソンの朝食
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食

中華を中心にパン、目玉焼き、サラダ、ハム、コーンフレークなどの洋食も並びます。

和食は無かったです。

ちなみに連泊で、メニューは半分くらい変わりました。(サラダ・フルーツ・チーズ・お粥などは同じ)

ミッドタウンリチャードソンの朝食
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食

中華まん、魯肉飯などもね。

ミッドタウンリチャードソンの朝食会場
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食

こんな感じでーす。

「無料の朝食」としては、良い朝食だと思います。種類は多くはないですけれど、十分です。

ミッドタウンリチャードソンの朝食
▲ミッドタウンリチャードソンの朝食

でも、ケーキはイマイチ。

ホテルミッドタウンリチャードソン(徳立荘酒店)のおすすめ度

ホテルミッドタウンリチャードソン(台北)は、新しい大型ホテルで部屋は清潔。繁華街・西門町にあってMRT駅徒歩1〜3分。

特に、エレベーターの行き来が見える吹き抜けの中庭がとても素敵で、予約サイトのキャンペーンによっては、とても安く泊まれることから、またリピートしたいホテルの1つとなりました。

(一番安い部屋はどうやら狭そうだったので、私は少し広いタイプのエレガントを予約しました)

バスタブがない、部屋にデスクは無いから必要なら1Fの朝食会場で(11:00〜23:00に解放。朝食時間外の飲み物提供はなし)、ランドリールームは有料(洗濯機70元・乾燥機100元)という点はあるけれど、それが了承できればおすすめです。

表示金額よりさらに5%引クーポンコード・1万円以上は1,000円引のクーポンコード

ホテル ミッドタウン リチャードソン の宿泊料金

スポンサーリンク