パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)の口コミ旅行記です。

朝食・お部屋・トイレ・バスルーム・アメニティ・コンセントプラグの数・W-Fi・空港からのアクセス・近くのマッサージ店など、台北・大安駅近く「パーク台北ホテル(燦路都飯店)」の特徴・予約の決め手と宿泊記ブログをご紹介いたします!

スポンサードリンク

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)の立地

大安駅から徒歩1分

最寄出口

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)への行き方 MRT大安駅6番出口から
▲パークタイペイホテルと最寄6番出口

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)は、MRT大安駅6番出口の目の前!

出たら数秒という好立地です。

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)への行き方 MRT大安駅6番出口はエスカレーターは登りのみ
▲MRT大安6番出口のエスカレーターは上りのみ

ちなみにその最寄出口6番は、上りエスカレーターのみ。

下りは階段しかありませんが、下りなので、まっいいか〜。

下りのエスカレーターを使いたい時 & 文湖線を利用する場合

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)から4番出口(下りエスカレーターを使いたい時)
▲大安駅4番出口方向

もし、下りもエスカレーター使いたい!という場合には、4番出口が良いです。(上下エスカレーターあり)

また、文湖線を利用する際も、4番出口の方がスムーズにホームまで行けます。

4番出口は、パーク台北を出て左にまっすぐ(黄色い矢印方向)進み、3〜4分くらい。(交差点渡るので、もう少し掛かるかも)

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)への行き方 4番出口 下りエスカレーターを使いたい時
▲MRT大安4番出口

まっすぐ進むと正面に、こんな感じの4番出口が現れます。

エスカレーターと文湖線改札口は、この写真の左にある階段を6段だけ上ればありますし、

エレベーターは、同じくこの写真の右の歩道をもう少し進んだ所に5番出口があって、そこにスロープとエレベーターがあります。

地図(MRT大安駅 〜 パークタイペイ)

パークタイペイホテル 地図 大安駅
▲大安駅6番・4番出口からパークタイペイ(地図)

大安駅の6番・4番出口から、パークタイペイホテルへの行き方・地図です。

4番出口からは、先ほどの写真左手・6段階段を下りた方向のまま、まっすぐ進むだけです。

松山空港からは、MRTかタクシーで

松山空港からパークタイペイホテル(台北美侖大飯店)までは、MRTかタクシーがおすすめです。

タクシーは150元くらい、所要時間は10分ほど。

MRTだと、松山機場から大安駅まで、MRT文湖線で乗り換えなしの4駅目!

松山機場から乗り換えなしで行けるホテルって、案外限られているんで、これはメリットですね〜

尚、先ほども書きましたが、MRTで松山空港から来る時は、地上駅の文湖線になるので、わざわざ地下に潜って6番出口から出るよりも、4番出口からチャッチャと出て、地上の道を辿った方が早く着きます。

雨が降っていなければ。。。(屋根がないので濡れますよ〜)

桃園空港からなら、1960バス(大有巴士)で

桃園空港からパークタイペイホテル(台北美侖大飯店)までは、1960番バス(大有バス)がおすすめです。

■1960番バス(大有巴士)について

  • 運転間隔:20~30分おき
  • 料金:145元
  • 所要時間:50分くらい(最寄バス停:福華飯店まで)

行き

桃園空港からバス 1960番バス(大有巴士)乗り場
▲桃園空港の1960バス乗り場(10番)

桃園空港 → 福華飯店(ハワードプラザホテル)下車

(大有巴士 1960番バス)

桃園空港バスターミナル10番乗り場から出る1960バスに乗って、約50分。

空港を出てから4つ目、

桃園空港からバス 福華飯店(ハワードプラザホテル)のバス停・パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)最寄バス停
▲桃園空港からの1960番 降車バス停
「福華飯店(ハワードプラザホテル)」

「福華飯店(ハワードプラザホテル)」に到着です!

車内に電光掲示板があるので、ブザーで降車の合図をします。

ちなみに、最寄バス停・福華飯店(ハワードプラザホテル)は、「捷運忠孝復興站」ので〜す。

福華飯店(ハワードプラザホテル)
▲福華飯店(ハワードプラザホテル)

こちらが、福華飯店(ハワードプラザホテル)の外観。

バスの進行方向・右側に立つレンガの建物です。

福華飯店(ハワードプラザホテル)」のバス停から、パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)までの位置関係
▲福華飯店・ハワードプラザホテル停留所と
パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)

で、その「福華飯店(ハワードプラザホテル)」のバス停から、パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)までは、徒歩5分くらい。

バス停と同じ通り沿い、横断歩道を渡った側です。(バスの進行方向に歩く)

写真で位置関係が分かりますでしょうか?
ちっちゃくて見えないですね。。笑

福華飯店(ハワードプラザホテル)停留所から、パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)までに、2つの横断歩道があって、どちらかで渡って進むと、

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)
▲パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)に到着でーす!

帰り

桃園空港行きバス乗り場
▲桃園空港行きも同じバス停に来る

福華飯店(ハワードプラザホテル) → 桃園空港
(大有バス 1960番)

帰国時に使う「桃園空港行きのバス停」も、往路で下りた同じバス停から乗ります。

道路の反対側とかじゃなくて、全く同じバス停で良いのですが、

帰る時は、1960の桃園機場行きに乗ります。(臺北市内・市府轉運站方面ではなく)

所要時間は50分くらいです。

スポンサードリンク

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)のお部屋

お部屋

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店) ブログ
▲パーク台北ホテル パークルーム

では、私が宿泊した「パークタイペイホテル」のお部屋を口コミいたします。

実は、一番安いカテゴリー「スタンダードルーム」を予約していたのですが、なんと、無料アップグレードしていただきまして。。。

こちら、パークルームだそうです。

又の名を、エグゼクティブルームというらしいです。(予約サイトによって異なる)

謝謝。ありがたや〜

パーク台北ホテル スペースは余裕
▲パークルーム スペースは余裕

34平方メートルあるこのお部屋は、大変ゆったりしておりました。

スーツケースも余裕で広げられます。

パーク台北ホテル 部屋
▲パークルーム マッサージチェア

さらに、2台もマッサージチェアがあるし。。。

パークタイペイホテル パークルーム
▲パークルーム マッサージ

こんな感じで。

パークタイペイホテル ベッド
▲パーク台北ホテル ベッド

ベッドは約160cmX200cm。
クイーンサイズです。

硬すぎず、柔らかすぎずで、快適でした。

パークタイペイホテル 配置図
▲パーク台北 パークルームの部屋位置

このパークルーム、角部屋というか、ここだけ他の部屋から飛び出た場所にあります。

パークタイペイホテル パークルームは角部屋
▲パーク台北 パークルーム

こんな風に。

この写真、窓の向こう・左手前に見えますのが、お隣のお部屋ですね。

お隣さんが遠く感じます。

パークルーム(=エグゼクティブルーム)って、恐らく、この飛び出たお部屋のうち「低層階」のことだと思うんです。

台北101は見えませんでしたから。

「エグゼクティブパノラミック台北101ビュールーム」っていうのが、このお部屋位置の高層階のこと?・・・かしら?(広さとマッサージチェア付きが同じだから・・・。単なる予想ですが。。)

ちなみにこのお部屋、バルコニーはありませんでした。

バスルーム

パークタイペイホテル シャワーブース
▲シャワーブース

こちらが、パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)の浴室です。

シャワーブースと、
(ハンドシャワー)

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店) バスルーム
▲パークタイペイ バスルーム

バスタブとに分かれています。

独立型シャワールームは、全室共通仕様。

やっぱりね、バスタブでシャワーカーテン閉めて浴びるより、この方が気兼ねなく浴びられるし、

シャワーを先に浴びて、それからお湯ためて・・・っていう作業は煩わしいから、

バスタブとシャワールームは分かれているに越したことはない、って私は思うんですよね〜。必須じゃないけど。

ただ、このバスタブ、通常は付いている溢れ防止のオーバーフローが付いてなくて、バスタブの「外」に排水溝が付いていて。。。

まあ、バスタブから溢れても「外」で排水できるから良いんでしょうけど、なんか、それをやったら床が水浸しになるんじゃないかという心配もあり、溢れないように注意しておりました。。。

洗面所 兼 脱衣所 の使い勝手

パークタイペイホテル 洗面台
▲パークタイペイホテル パークルームの洗面台

こちら、洗面台です。

いまどきのオッサレ〜な洗面器でございます。

脱衣所としても使うことになるこの洗面台は、着替えを置く場所も小さいですが有って、使い勝手は良いと思いました。

トイレ

パークタイペイホテル トイレ
▲パーク台北のトイレはウォシュレット付

次は、重要視しているトイレについて。

パークタイペイホテルは、全室TOTOウォシュレット完備とのこと。

また、どのホテルでもフロントに確認するトイレットペーパーの件。

流しても良いのだけれど、1回につき少量ずつにして欲しい、と言われました。

  • 全室ウォシュレット付き
  • トイレットペーパーは、少量ずつなら流してOK
    (フロントに確認した回答です)

もしかしたら、流しても良いと返答があったホテルでも、少量ずつにしておいた方が無難かもしれませんね。

アメニティ

パークタイペイ アメニティ
▲パークタイペイのアメニティ

パークタイペイホテルのアメニティはこんな感じでした。

人数分の用意があったのは、歯磨きセット。

1つずつだったのは、カミソリ・シェービングクリーム・シャワーキャップ、デンタルフロス(糸ようじ)、綿棒、ブラシ。

また、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディーローション・固形石鹸は、すべて個別パッケージのものでした。(各1個)

パークタイペイ アメニティ スリッパ
▲パークタイペイのスリッパ・靴べら・靴磨き

スリッパもあります。

ちなみに連泊の際、全てのアメニティが補充されました。(スリッパも)

靴磨きと靴べらは珍しいですね。
ビジネスで滞在される方も多いんでしょうね。

パークタイペイホテル 台北 アメニティ タオル
▲タオル(パークタイペイ)

そして、私のこだわりチェックポイントの1つ、タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

パーク台北ホテルは、大中小(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)の3種類が人数分用意されていました。

パーク台北 アメニティ バスローブ
▲パーク台北 アメニティ バスローブ

また、クローゼットの中にはバスローブ。

パーク台北 無料のミネラルウォーター
▲パーク台北 お水はベッドサイドに

ベッド横には、無料ミネラルウォーターが左右各1個ずつ用意されていました。

(連泊で毎日補充)

冷暖房の調節

パークタイペイホテル エアコンディショナーのスイッチ
▲パークタイペイホテルのエアコンディショナー

つぎは、冷暖房スイッチの有無について。
ポイントは、主電源を切れるかどうか。

パーク台北ホテルのお部屋の冷暖房は、温度調節と、完全オフにするメインスイッチもありました。

寒かったので消しました。

金庫

パーク台北ホテル 金庫
▲金庫

パークタイペイのセーフティボックスは珍しくて、コンセント付き。

パソコンとかダブレットとか、中で充電しながら保管できるって、画期的。

コンセントの数

パーク台北ホテル コンセントプラグ
▲パークタイペイホテル コンセントプラグ

私が宿泊したパークタイペイホテル・パークルーム(エグゼクティブルーム)には、8個のコンセントプラグがありました。

これは、洗面台1個、金庫内の3個を含みます。

でも、でも、でも、

メインで使うデスクのプラグがですね、使わない時はオシャレに格納される形式なので、、、

コンセントの幅が限られているんです。

コードがないタイプの充電器

なので、

こんな感じの「コードのない充電器」や「幅のあるACアダプタ」をさそうとすると、

コードがないタイプの充電器がさせない

入らない・・・ことも。。。!

あら〜

結局は延長コードを使う

で、結局、いつも持参している延長コードを使用したりなんかして。。。(笑)

ま、金庫内プラグが延長コードになっているので、そういう物は金庫の中で充電すれば良いんですが、パソコンを充電しながらデスクで作業して・・・っていうのは難しい場合もあります。

Wi-Fi

パークタイペイホテルは、無料Wifiが利用できます。
パスワードあり。

部屋番号ごとに、Wi-FiのIDが提供されているので、どの時間でもストレスなく、ネットにアクセスすることが出来ました。

速度は、めちゃくちゃ早く、
上り21.5Mbps、下り22Mbpsでした。

その他の設備・備品

パークタイペイ デスク
▲パークタイペイのデスク

その他の設備をご紹介します。

デスクはワイドタイプ。

テレビ、冷蔵庫、クローゼット、2段のチェスト、ドライヤーなどや、

パークタイペイ 傘
▲部屋に備わっていた傘

珍しいことに傘もありました。(1つ)

雨が降ったら気兼ねなく借りれますね。

パークタイペイの朝食

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食会場
▲パークタイペイ 朝食会場

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)の朝食会場にやって来ました。

おお、何だかスタイリッシュ〜

間接照明などを配した都会的なインテリアです。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 雰囲気
▲台北美侖大飯店 朝食レストラン

席に通されました〜

こちら側は小さなお庭も見え、明るく開放的な雰囲気になっています。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食バイキング
▲パークタイペイホテル 朝食ビュッフェ

さて、取りに行きますか〜

バイキングです。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 サラダバー
▲パークタイペイホテル 朝食 サラダバー

野菜は新鮮。

それもそのはず、このサラダバー、下に氷が敷き詰められていて、常に冷やされています。

その氷もビニールで覆われているので、野菜が水浸しにならないようになっていました。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 オードブル

メニューは、

ハムなどのオードブルや、

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 ソーセージ
▲台北美侖大飯店 朝食

よくあるタイプの「ホテル朝食メニュー」をはじめ、

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 中華
▲朝食 パークタイペイ

中華料理なども並びます。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 お粥の具
▲パークタイペイ お粥の具

お粥の具はこんな感じ。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 豚肉
▲パークタイペイ 朝食 豚肉煮込み(魯肉飯)

こちら「豚肉の煮込み」なんですが、横にある白飯に掛けると、

魯肉飯(ルーローファン)になります。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 カレー
▲パークタイペイホテル 朝ごはん カレー

レッドカレーもね。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 注文カウンター

卵料理も注文しますよ。

いつものオムレツを。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 点心

あとは、点心類とか、

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 朝食 フルーツ・スイーツ

フルーツやスイーツなど。

尚、食事は、洋食と中華が中心みたいです。

連泊したところ、メニューの何品かは入れ替わりがあったので、全部を見れた訳ではもちろん無いんですけどね。

品数は平均的だと思います。

パークタイペイホテル 台北美侖大飯店 私の朝ごはん

さて、この日の朝ごはんは、こんな感じになりました〜!

台湾旅行中は、野菜不足になりがちな私。

野菜不足解消は、ホテルの朝食が担っているのでした。

パークタイペイホテル周辺
近くのマッサージ店へ行ってみました

パークタイペイホテルの近くのマッサージ店 東河足體所 大安店

パークタイペイホテルから、人通りの多い道路を通って徒歩約6〜7分、人通りの少ない近道なら徒歩5分のマッサージ店「東河足體所 大安店」に行ってみました。

予約はなしです。

東河足體所 大安店 台北美侖大飯店から徒歩5〜7分のマッサージ店

結構新しいマッサージ店かも。
綺麗なお店です。

足裏用の椅子は5脚、右側には全身用のベッドが数台ありました。

全身用ベッドは、1台1台がカーテンで仕切られていて、落ち着きそうな感じです。

あ、でも、今回は足裏をチョイス。

すると、短パンを貸してくれました。

東河足體所 大安店 パークタイペイから徒歩5〜7分のマッサージ店

足裏マッサージ40分コースは、足湯からマッサージ終了までが40分。

足湯の後半5分間は、肩揉みもあったっけ。

日本人スタッフさんもいらっしゃって、来店時に対応していただきました。

施述を受けた帰りは、ボーッとしながら1人で歩いたので、10分くらい歩いたほうな気が。。。

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)のおすすめ度

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)は、2009年6月オープン。
やっぱりこの新しさが、最大の魅力ではないでしょうか。

MRT駅は目の前、お部屋もモダンで文句なしです。

ただ、ソフト面だけ、もう少しキチンとしてもらいたい気も。。。

例えば、朝食付きを予約していたのに「朝食なしですね」と言われ確認が必要になったり、

イレギュラーな要望を言うと、返事が突然英語になったり(さっき日本語話してたよね)、

「九份に行かないの?今日行かないと明日は雨だよ。行くならタクシーで行きなよ」という、ホテルマンとは思えない日本語など。

まあ「海外旅行」ですので、こういうのは珍しくないのですが、建物が立派なだけにギャップを感じてしまいました。

そうは言っても、ソフト面よりハード面を重視したい私。
お値段次第では、また予約候補の1つになることと思います。

スポンサードリンク