台湾旅行で欠かせない「台湾グルメ」ですが、特に人気で有名なのは小籠包かも知れません。
私は毎回、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などで小籠包を食べ歩く事を楽しみにしていて情報も随分溜まりましたので、その中からオススメのお店を本音でご紹介させて頂いています。
お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

今回は、台北にある「盛園絲瓜小籠湯包」です。
盛園絲瓜小籠湯包は、小籠包が有名な台北の人気店。看板メニュー「絲瓜(ヘチマ)小籠包」など、私が注文したメニューの感想と値段・店内の雰囲気や他店と少し違うシステム・MRT(地下鉄)「東門」駅からの行き方等をご紹介します。

スポンサーリンク

盛園絲瓜小籠湯包(台北)の人気メニュー 小籠包を食べた感想・店内の雰囲気・場所(行き方)など

盛園絲瓜小籠湯包の看板メニュー「絲瓜(ヘチマ)小籠包」等の注文と店内の雰囲気など

盛園絲瓜小籠湯包の外観
▲盛園絲瓜小籠湯包の外観

盛園絲瓜小籠湯包は、駅から少し離れていますが、店名にもなっている看板メニュー「絲瓜(ヘチマ)小籠包」と「上海小籠包」が、絶品なのにリーズナブルな値段です。

盛園絲瓜小籠湯包の店内
▲盛園絲瓜小籠湯包の店内

店内は、オシャレな中に台湾を感じる独特な印象で、 “雰囲気あってカジュアル” なイイ感じ。

お客さんは、殆どが地元っぽい感じの方で、旅行者風は私達だけでした。

平日の13時半頃に行ったので、待ち時間はゼロ。

盛園絲瓜小籠湯包のテラス席
▲盛園絲瓜小籠湯包のテラス席

テーブル2セット分だけですが、外にも席が有ります。

昼間は少々暑いですが、午後の涼しい時間帯なら快適かも知れません。
(調味料を取りに行くのが遠いですが・・・)

盛園絲瓜小籠湯包のメニュー
▲盛園絲瓜小籠湯包のメニュー

盛園絲瓜小籠湯包のメニューは、写真と日本語表記付なので分かり易いです。

お店で日本語が通じた事はありませんが、注文に不自由はありません。

盛園絲瓜小籠湯包のオーダーシート
▲盛園絲瓜小籠湯包のオーダーシート

注文はオーダーシートに個数を記入するタイプで、日本語表記はありませんが、メニューに照らせば問題なしです。

上海小籠湯包(120NT$)と絲瓜(ヘチマ)小籠湯包(140NT$)を注文しました。

小籠包の準備はセルフで

盛園絲瓜小籠湯包の調味料
▲盛園絲瓜小籠湯包の調味料

盛園絲瓜小籠湯包では、小籠包を食べる準備はセルフサービスです。

生姜・醤油・酢などは店内奥の専用コーナーに有ります。

盛園絲瓜小籠湯包の食器類
▲盛園絲瓜小籠湯包の食器類

その隣に、小皿・レンゲ・箸などもあります。

こういうシステムは他店ではあまり見かけないので、結構楽しいかも。

生姜+醤油+酢=準備万端
▲生姜+醤油+酢=準備万端

セルフで生姜に醤油1:酢2(私は醤油多め)を入れ、こんな感じで完成。

準備万端で小籠包の到着を待ちます。

お茶と謎の黒い液体

お茶と胡麻ドリンク
▲お茶と胡麻ドリンク

お茶と紙コップに入った「謎の黒い液体」が運ばれて来ました。

最初に行った時は店員さんに「コレ何?」と聞くと「どうぞ飲んで」と言われ、素直にゴクリ。
適度な甘さの美味しい胡麻ドリンクでした。

スポンサーリンク

盛園絲瓜小籠湯包で食べた小籠包の感想

上海小籠湯包
▲上海小籠湯包

注文から約8分で注文した2品が同時に提供されました。
この状況になると毎回書いていますが、小籠包は時間差で持って来て欲しい・・・。

まずは上海小籠湯包から。
持ち上げると重く、外から分かる程スープがタップリで、口に入れると火傷をしそうになる位アツアツ。

上海小籠湯包(中身)
▲上海小籠湯包(中身)

味は、濃厚なスープと適度な深みの豚肉のバランスが素晴らしく絶品。

このお店の雰囲気で、これ程の完成度の小籠包が120NT$(しかもサービス料なし)だなんて、
オススメしない理由がありません!

絲瓜(ヘチマ)小籠湯包
▲絲瓜(ヘチマ)小籠湯包

看板メニューのヘチマ小籠湯包は、上海小籠湯包に比べると少し大きめ。

絲瓜(ヘチマ)小籠湯包(中身)
▲絲瓜(ヘチマ)小籠湯包(中身)

味は、ヘチマ・エビ・豚肉の食感と味わいの調和が絶妙で美味。

全体的にアッサリしていて濃厚さは控えめ、スープも少なめなので、私は変化を楽しむ為に いつも上海小籠湯包も一緒に注文しています。

盛園絲瓜小籠湯包のレシート
▲盛園絲瓜小籠湯包のレシート

今回も大満足でレジへ行き、会計をすると260NT$でした。

こんなに雰囲気のある店内で、小籠包2品頼んでこの値段はお得!
しかもサービス料(服務費)無しです。

スポンサーリンク

盛園絲瓜小籠湯包の行き方
MRT(地下鉄)「東門」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「東門」駅から盛園絲瓜小籠湯包への行き方を写真で詳しくご紹介します。
裏道を通るルートだと1分ほど早く到着するのですが、今回は人通りの少ない道を避けた「オススメのルート」のご案内です。

ちなみに東門駅の近くには、小籠包の有名店 鼎泰豐(ディンタイフォン)本店高記(カオチー)永康店 、マンゴーかき氷の 思慕昔 も有ります。(最寄りの出口は異なります)

MRT東門駅の改札を出たら出口3へ
▲MRT東門駅の改札を出たら出口3へ

まず始めに、MRT「東門」駅の改札を出たら「出口3」へ。

出口3は、エスカレーターが利用可能です。

MRT東門駅の出口3
▲MRT東門駅の出口3

MRT東門駅の出口3です。

地上に出ると、目の前に大きな道路が有ります。

出口3を出たら左へ
▲出口3を出たら左へ

目の前に大きな道路を左へ進みます。

右側に自転車専用レーンが有りますので、ご注意を。

大きな交差点を横断
▲大きな交差点を横断

間もなく大きな交差点が出て来ますので、横断歩道を渡ります。

地下道出入口の横を更に直進
▲地下道出入口の横を更に直進

地下道出入口の横を通って、更に直進します。

左手に金甌女中
▲左手に金甌女中

大きな交差点を過ぎてから250mほど直進すると、左手に絵が描かれた建物が見えて来ます。

この建物は「金甌女中」という高校です。

金甌女中近くの交差点
▲金甌女中近くの交差点

金甌女中の先に、また大きな交差点が出て来ます。

この交差点を渡らずに左に曲がります。

左手に金甌女中
▲左手に金甌女中

もう少し直進します。

左手の建物は引き続き「金甌女中」です。(角地に建っているので)

右手は中正紀念堂
▲右手は中正紀念堂

右手の道路向こうは、中正紀念堂です。

道路には、多くの観光バスが停車しています。

杭州小籠湯包に到着
▲杭州小籠湯包の前を通過

1ブロック歩くと、左手に 杭州小籠湯包の本店 が有ります。
(杭州小籠湯包の前を通過します)

杭州小籠湯包の先の角を左折
▲杭州小籠湯包の先の角を左折

杭州小籠湯包の前を通過し、次の角を左に曲がります。

もう少しだけ直進
▲もう少しだけ直進

角を曲がると急に寂しい通りになりますが、スグ着きますので直進します。

実は、地図で見ると「杭州小籠湯包」と「盛園絲瓜小籠湯包」の建物は、L字に隣接する位置関係なので。

盛園絲瓜小籠湯包に到着
▲盛園絲瓜小籠湯包に到着

盛園絲瓜小籠湯包の赤い看板が見えて、到着しました。

MRT東門 駅の出口3を出てから約8分(約600m)です。

スポンサーリンク