台湾旅行に行ったら、朝は是非「台湾朝食」が食べたいと思われる方は多いかも知れません。
台湾のホテルは 朝食が美味しくて充実している所が多いですが、私は “地元の雰囲気” と “本場の味” を求めて2日に1回は台湾朝食のお店に行っていて、「お気に入りのお店」も増えてきましたので少しづつご紹介させて頂きたいと思います。

今回は、台北の雙連朝市近くにある人気店「世紀豆漿大王(スージー ドウジャン ダーワン)」です。
日本の雑誌やテレビ番組で度々紹介されるので(以前、ふなっしー・DAIGOさん・ウエンツ瑛士さんが行っていました)日本人観光客も多く、MRT雙連駅徒歩1分という立地も魅力的です。

世紀豆漿大王の おすすめメニュー・注文方法・店内の様子・MRT雙連駅からの詳しい行き方・営業時間などをレポートします。

スポンサードリンク

雙連(台北)の人気台湾朝食店「世紀豆漿大王(スージー ドウジャン ダーワン)」おすすめメニュー・注文方法・店内の雰囲気・行き方など

世紀豆漿大王の注文方法・店内の様子・営業時間

世紀豆漿大王の外観
▲世紀豆漿大王の外観

世紀豆漿大王は雙連朝市の近くにあり、MRT雙連駅徒歩1分という立地。

人気店なので早朝は混みますが、10時位には店内で “のんびり” 台湾朝食を楽しめます。

歴史を感じる渋めな外観も、味がありイイ感じ。

世紀豆漿大王の注文方法

世紀豆漿大王のメニュー表
▲世紀豆漿大王のメニュー表

店内に入るとスグ右手にあるカウンターで注文をします。

壁には大きなメニュー表があり、リーズナブルな価格が確認できます。

世紀豆漿大王の日本語メニュー
▲世紀豆漿大王の日本語メニュー

日本語は全く通じませんが、料理の簡単な説明が書かれた日本語メニューがありますので、注文に苦労する事はないと思います。

世紀豆漿大王の注文用紙(?)
▲世紀豆漿大王の注文用紙(?)

注文方法は、各メニューの左に記載の番号を、日本語メニューと一緒に渡されるメモ用紙に書いて店員さんに渡すだけ。

時間がかかる場合は席に座って待つ様に言われますが、大抵はカウンターで完成を待ちます。

世紀豆漿大王の注文カウンター
▲世紀豆漿大王の注文カウンター

徐々に注文したメニューが揃い、全てが出来上がった時点で支払いをして席へと移動します。

私がいつも注文する “おすすめメニュー” は下で値段と共にご紹介しています。

世紀豆漿大王の店内の様子

世紀豆漿大王の店内
▲世紀豆漿大王の店内

世紀豆漿大王の店内は それほど広くありませんが、テイクアウトのお客さんも多いので、私がよく行く10時頃に座れなかった事はありません。

古い建物ですが、店内もテーブルも清潔で、毎回地元のお客さんに交じって のんびり “台湾朝食” を堪能しています。

世紀豆漿大王の営業時間

世紀豆漿大王の営業時間は、午前4時から11時30分です。

定休日はありません。

スポンサードリンク

世紀豆漿大王の おすすめメニュー

私が毎回注文する “おすすめメニュー” 4品をご紹介します。

世紀豆漿大王の冰豆漿(ビンドウジャン)Mサイズ
▲世紀豆漿大王の冰豆漿(ビンドウジャン)Mサイズ

まずは、冰豆漿(ビン ドウジャン)Mサイズ(スタバのトールサイズ位) 20NT$ です。

味は、豆の味がシッカリするタイプで甘みが優しく美味。

蓋がラッピングされているので、残ってもテイクアウトが可能です。

世紀豆漿大王の鹹豆漿(シェン ドウジャン)1
▲世紀豆漿大王の鹹豆漿(シェン ドウジャン)1

次に、鹹豆漿(シェン ドウジャン)20NT$ です。

温かいダシに軟らかい豆腐やネギ、揚げパン(油條)が入っている「温かい豆乳スープ」という感じの台湾朝食定番メニュー。

阜杭豆漿の鹹豆漿(シェン ドウジャン)2
▲阜杭豆漿の鹹豆漿(シェン ドウジャン)2

味は、揚げパンが入っているのにアッサリで、葱と優しいダシの味がよく合っていて朝食にはピッタリ。

辛い調味料が少し掛かっているので、ピリ辛です。

世紀豆漿大王の調味料
▲世紀豆漿大王の調味料

以下の2品は味が付いていないので、テーブルにある2種類の調味料で味付けをして食べます。(左がオイスターソースで、右が辛み調味料)

余談ですが、世紀豆漿大王ではビニール袋がかかった皿を使用。洗い物削減の発想は斬新かも。

世紀豆漿大王の蛋餅(ダンピン)
▲世紀豆漿大王の蛋餅(ダンピン)

次は、蛋餅(ダンピン)20NT$ です。

少しモッチリ感のある卵焼きで、オイスターソースをチョットだけ付けて食べると美味。

世紀豆漿大王の葱花蛋(チョファダン)
▲世紀豆漿大王の葱花蛋(チョファダン)

次は、葱花蛋(チョファダン)10NT$ 。
葱入り卵焼きです。

写真では大きさが分かり難いですが、充分1人前の量があって この値段はビックリ。

世紀豆漿大王の葱花蛋(チョファダン)断面
▲世紀豆漿大王の葱花蛋(チョファダン)断面

葱花蛋は、シンプルそのもので素朴な味わい。

こちらもオイスターソースを少し付けて食べると、とっても美味です。

私は「優しい味のメニューを少量多品種食べたい」という時は迷わず 世紀豆漿大王 へ行って、美味しい台湾朝食メニューをリーズナブルな値段で味わっています。

世紀豆漿大王への行き方 MRT(地下鉄)「雙連」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「雙連」駅から世紀豆漿大王への行き方を、写真でご案内します。

雙連駅2番出口を出たら左へ
▲雙連駅2番出口を出たら左へ

MRT雙連駅で地下鉄を降りたら「出口2」へ。

地上へ出たら「左」の階段を下ります。実は右の方が少し近いのですが、右は階段を下りた先にある細い道をスクーターが高速で走り抜ける事が多く、大変危険なので「左側」がオススメです。

世紀豆漿大王は2番出口の後ろ
▲世紀豆漿大王は2番出口の後ろ

短い階段を下りると遊歩道へ出ますので、出口の裏側へ回り込みます。

世紀豆漿大王は、2番出口の後ろ側にあります。

世紀豆漿大王に到着
▲世紀豆漿大王に到着

レンタサイクルの先に、世紀豆漿大王があります。

駅徒歩1分の立地は、思い立ったらスグに行けて魅力的です。

スポンサードリンク