台湾旅行に行ったら「朝は是非 台湾朝食 が食べたい」と思われる方は多いかも知れません。
台湾のホテルは、美味しくて内容充実の朝食を提供している所が多いですが、 “ローカルな雰囲気” と “本場の日常の味” を体感できる「朝食店」は魅力的で、私は大好きです。

毎回色々なお店を食べ歩いて「お気に入りのお店」も結構増えてきましたので、少しづつご紹介させて頂きたいと思います。

今回は、台北で美味しい台湾朝食が堪能できるお店「世界豆漿大王」をご紹介します。
内容は、私が大好きな「オススメ朝食メニュー」の感想と値段・店内の雰囲気・注文方法・営業時間・MRT(地下鉄)「雙連」駅からの詳しい行き方等です。

スポンサーリンク

世界豆漿大王でオススメの朝食メニュー・
お店の雰囲気・注文方法・MRTでの行き方

世界豆漿大王の店内の雰囲気やおすすめメニュー・注文方法

世界豆漿大王の外観
▲世界豆漿大王の外観

世界豆漿大王は、ノスタルジックで渋めな外観のお店。

大きく「豆漿・湯包」と大きく書かれている事からも、小籠湯包が まさに「看板メニュー」だと分かります。

世界豆漿大王の店内
▲世界豆漿大王の店内

シンプルな店内は清潔で、黄色いイスとテーブルで統一された明るい印象。

渋めな外観とのギャップがイイ感じです。

世界豆漿大王の注文方法

世界豆漿大王の注文カウンター
▲世界豆漿大王の注文カウンター

世界豆漿大王の注文は、お店に入ってスグ左にあるカウンターで。

お店の方は感じがイイので、とても注文しやすいです。

世界豆漿大王のメニュー
▲世界豆漿大王のメニュー

頭上にある大きなメニューは、見やすいのですが内容が難解すぎて・・・。

と思っていたら、店員さんが壁を指差しました。

世界豆漿大王のメニュー(写真付)
▲世界豆漿大王のメニュー(写真付)

壁面に、料理の写真が載った見やすいメニュー表がありました。

かなりメニューは豊富で、他店では見た事が無い料理もチラホラ。

世界豆漿大王のメニュー(日本語)
▲世界豆漿大王のメニュー(日本語)

しかも、このメニューには料理名と内容の説明が日本語で書かれています。

店員さんがカウンターから出て来てくれるので、好きな料理を指差せば注文は完了です。

スポンサーリンク

世界豆漿大王の おすすめメニューと味の感想

世界豆漿大王の冰米漿(大)
▲世界豆漿大王の冰米漿(大)

まずは「冰米漿(大)」(20NT$)からご紹介。(米漿は、米とピーナッツの甘いドリンクです)

台湾の朝食店では「冰豆漿」(冷たい豆乳)が私の定番ですが、世界豆漿大王の「冰米漿」は “甘さ控えめのアッサリ味” なところが好きで、よく注文します。

「米漿は甘過ぎ」という方にもオススメです。(ある程度甘みはあります)

世界豆漿大王の焼餅猪排起士蛋
▲世界豆漿大王の焼餅猪排起士蛋

「焼餅猪排起士蛋」(55NT$)は、世界豆漿大王で私イチオシのメニューです。

この長い名前は「肉と卵とチーズの焼餅」という意味らしく、お察しのとおりのコッテリ系です。

世界豆漿大王の焼餅猪排起士蛋(中身)
▲世界豆漿大王の焼餅猪排起士蛋(中身)

パリッと焼かれた焼餅(台湾式パン)の具は、アッサリした味付けにしているお店が一般的な中、シッカリ味が付いた肉と卵&チーズが入っているメニューは、多分「異色」の部類。

でもこのコッテリが、プレーンな焼餅に最高に合うので「焼餅では少しアッサリ過ぎ」という方に特にオススメの逸品。私は ほぼ毎回注文しています。

小籠包用の調味料
▲小籠包用の調味料

小籠湯包を注文したのですが、少し時間がかかるので自分でタレを作って待ちます。

小籠湯包用の調味料は、お店の一番奥に置かれています。

小籠包の準備は万端
▲小籠包の準備は万端

生姜を乗せて、準備万端。

お店の混み具合にもよりますが、小籠包は注文から10分前後で出来ます。

世界豆漿大王の小籠湯包
世界豆漿大王の小籠湯包

「小籠湯包」(80NT$)が運ばれて来ました。(この日は空いていたので、待ち時間は約8分)

この値段なので、最初は「小さいのかな?」と思っていたのですが、通常サイズか大きい位のボリューム。

世界豆漿大王の小籠湯包(中身)
▲世界豆漿大王の小籠湯包(中身)

この小籠包は、スープがタップリというタイプではないけど、肉はジューシーで「さすがは看板メニュー」と思える美味しさ。

この値段で食べられるのが信じられない「オススメのメニュー」です。

世界豆漿大王の営業時間

世界豆漿大王の営業時間は、以下のとおりです。

午前:6時~11時30分
午後:18時~21時30分

朝食でご紹介しましたが、夕食での利用も可能な営業時間ですね。
ランチタイムは営業していませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

世界豆漿大王への行き方 MRT雙連駅から

MRT(地下鉄)雙連駅から「世界豆漿大王」への行き方を、写真で詳しくご紹介します。

MRT雙連駅の出口1を出たら右へ
▲MRT雙連駅の出口1を出たら右へ

MRT雙連駅の改札を出たら、出口1から地上へ。

上りのみエスカレーターがありますので、便利です。

出口1の階段を下りたら右へ
▲出口1の階段を下りたら右へ

地上に出たら、目の前は広い道路です。(道路の向こうは「出口2」)

階段を下りて、右へ進みます。

小さな横断歩道を渡って直進
▲小さな横断歩道を渡って直進

小さな横断歩道を渡って直進します。

ここから暫く屋根がかかっているので、快適です。

商店街をしばらく直進
▲商店街をしばらく直進

商店街をしばらく直進します。

色々なお店が並んでいるので、見ながら歩くのも楽しいかも知れません。

大きな交差点を横断
▲大きな交差点を横断

商店街の屋根が途切れる所に、大きな交差点があります。

この交差点の横断歩道を渡って、右に曲がります。

2ブロック直進
▲2ブロック直進

右に曲がると また屋根が出て来ますので、ここを2ブロックほど直進します。

写真は1ブロック目で、次のブロックの角にはファミリーマートがあります。

アンバサダーホテル
▲アンバサダーホテル

2ブロック進んだ先の角にアンバサダーホテルがあります。

アンバサダーホテルの手前の道を左折します。

スポンサーリンク

右手にアンバサダーホテル
▲右手にアンバサダーホテル

右手にアンバサダーホテルを見ながら、直進します。

ここから屋根が無くなります。

1ブロック進んで右折
▲1ブロック進んで右折

1ブロック進んで、次の角を右に曲がります。

アンバサダーホテルの裏手
▲アンバサダーホテルの裏手

右に曲がると、丁度アンバサダーホテルの裏手に回った格好になりますので、右手がアンバサダーホテルです。

左手に小さな公園
▲左手に小さな公園

左手に小さな公園が出現。

もう少し直進します。

公園の角を左折
▲公園の角を左折

次に、公園の角を左折します。

左手に公園を見ながら直進
▲左手に公園を見ながら直進

左手に公園を見ながら、もう少し直進します。

世界豆漿大王に到着
▲世界豆漿大王に到着

公園を過ぎると、左手に世界豆漿大王の黄色い看板が見えて到着です。

MRT雙連駅の出口1を出てから8分位(約600m)で着きました。

スポンサーリンク