台湾旅行で欠かせない「台湾グルメ」ですが、特に人気で有名なのは小籠包かも知れません。
私は毎回、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などで小籠包を食べ歩く事を楽しみにしていて情報も随分溜まりましたので、その中からオススメのお店を本音でご紹介させて頂いています。
お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

今回は、台北の中山にある「京鼎樓(ジンディンロウ)」です。
京鼎樓は、小籠包の有名店「鼎泰豊」で修行した兄弟が、「京鼎小館」に続いて出店した2号店で、絶品小籠包は現地の方はもちろん日本人観光客やビジネスマンにも大人気。

現在は東京(恵比寿・池袋・お台場など)・横浜(SOGO)など首都圏に多数、ミント神戸にも店舗を構えています。

スポンサードリンク

京鼎樓(ジンディンロウ)|台北で小籠包が有名な人気店
食べたメニューや感想・店内の雰囲気・場所(行き方)など

京鼎樓で人気メニュー「小籠包」の注文と店内の雰囲気など

京鼎樓の外観
▲京鼎樓の外観

京鼎樓(ジンディンロウ)はMRT(地下鉄)中山駅から徒歩約9分の場所にあります。

上記のとおり1号店の「京鼎小館」はMRT「台北アリーナ」駅の近くにありますが、私は中山駅周辺が買い物スポットなので、いつも京鼎樓です。

京鼎樓の2階入口
▲京鼎樓の2階入口

店内は地下に50席・1Fに12席・2Fに60席の三層になっていって、私は2階に通される事が多いです。

正面入口脇の階段を上ると、2階の入口があります。

京鼎樓の店内(2階)
▲京鼎樓の店内(2階)

京鼎樓の店内は「綺麗な食堂」といったカジュアルな感じ。

いつも平日の13時過ぎに行くので待ち時間はありませんが、店内は毎回賑わっています。

この日は、半数以上が日本人の観光客やビジネスマン風の方でした。

人気の小籠包を注文

京鼎樓のメニュー
▲京鼎樓のメニュー

京鼎樓のメニューは写真付きで見やすくて綺麗で、もちろん日本語表記もあります。

私はいつもの「小籠包」(値段:190元)と「烏龍茶小籠包」(値段:220元)を注文。

京鼎樓のオーダーシート
▲京鼎樓のオーダーシート

京鼎樓の注文は、オーダーシートに個数を記入して店員さんに渡すタイプです。

台湾では度々見かけるこのシステムは、日本語が通じなくても注文に困らないのでとても助かります。

京鼎樓のお茶
▲京鼎樓のお茶

京鼎樓のお茶は、普通の烏龍茶ですが味が薄かった事はありません。(私的に結構重要なポイント)

あまり注ぎ足しに来てはくれませんが、言えばスグ対応してくれます。

京鼎樓の生姜と酢醤油
▲京鼎樓の生姜と酢醤油

生姜に酢と醤油を入れて小籠包のスタンバイ完了!

別のページでも書きましたが、鼎泰豊のオススメ「酢3:醤油1」で、私の好みは「酢2:醤油1」です。

京鼎樓のゆるキャラ?
▲京鼎樓のゆるキャラ?

小籠包の到着を待っていて気付いたのですが、箸袋に “ゆるキャラ” を発見。

この辺からも鼎泰豊の流れを感じます。

京鼎樓の人気メニュー 小籠包の感想

京鼎樓の小籠包
▲京鼎樓の小籠包

注文から5~6分で注文した2種類の小籠包が一緒に運ばれて来ました。

他のページでも書きましたが、小籠包を少人数で複数注文した時は時間差で持って来て欲しいぃ。。。

京鼎樓の小籠包(中身)
▲京鼎樓の小籠包(中身)

小籠包はアツアツで、肉がとにかくジューシー。
スープはコクがあってとっても美味。

鼎泰豊と値段はほぼ一緒(京鼎樓が10NT$安い)ですが、私は京鼎樓の方が好きで、台湾に行けば必ず必ず訪問。

京鼎樓の烏龍茶小籠包
▲京鼎樓の烏龍茶小籠包

京鼎樓オリジナルの「烏龍茶小籠包」です。

生地に緑茶が練り込まれているそうで、綺麗な緑色がインパクトあり。

京鼎樓の烏龍茶小籠包(中身)
▲京鼎樓の烏龍茶小籠包(中身)

味は、生地の “ほんのり” お茶風味と、烏龍茶が入った具の程よい苦みが丁度良い感じで味に変化を出していて美味しい!私は大好きで毎回必ず注文。

見た目ほどクセは無くて、普通の小籠包と同じく完成度が高いので、少し違った味が食べたい方にオススメです。

営業時間にご注意を

京鼎樓は年中無休ですが、ランチタイムの営業時間は11時から15時(14時半ラストオーダー)です。

17時のディナータイムまで一旦閉まりますので、昼に行かれる方はご注意下さい。(私が初めて行った時、混雑を避ける為に15時少し前行ってしまい途方に暮れました・・・。)

スポンサードリンク

京鼎樓(ジンディンロウ)の行き方
MRT(地下鉄)「中山」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「中山」駅から京鼎樓への行き方を写真で詳しくご紹介します。

MRT中山駅の出口3
▲MRT中山駅の出口3

まず始めに、MRT中山駅に着いたら「出口3」を出て、そのまま直進します。

中山駅近くのダイソー
▲中山駅近くのダイソー

台湾のお土産ページでご紹介した「金興發生活百貨」の前を通過して、100円ショップのダイソーを過ぎると、大きな交差店が見えて来ます。

交差店を渡って左へ
▲交差店を渡って左へ

交差店を渡って、左へ曲がります。

交差店を “渡ってから” 左へ曲がる理由は「歩道に屋根があるから」です。

モスバーガーの前を通過
▲モスバーガーの前を通過

左へ曲がるとモスバーガーが見えますので、前を通過します。

屋根付の歩道
▲屋根付の歩道

モスバーガーの先はビルの1階が歩道になっているので屋根付。

台湾に多くある このタイプの歩道は、雨や日光から守られて有り難いです。

ルイヴィトン前
▲ルイヴィトン前

右手に出て来る高級ホテル「リージェント台北」の前を通過すると、ルイヴィトンの店舗が見えて来ます。

もう少し直進します。

グッチ(GUCCI)前
▲グッチ(GUCCI)前

次に右手の角にグッチ(GUCCI)の派手な店舗が見えて来ますので、この角を右に曲がります。

中山の交差点を渡ってから、ここまで約300mです。

グッチ(GUCCI)前を右折
▲グッチ(GUCCI)前を右折

グッチ(GUCCI)の角を曲がると、次の交差点(十字路)まで直進します。

左手奥に京鼎樓
▲左手奥に京鼎樓

交差点(十字路)まで来ると、左手の先(写真赤矢印)に京鼎樓が見えます。

グッチの角から交差点までは、約250mです。

京鼎樓に到着
▲京鼎樓に到着

京鼎樓に到着に到着です。

信号のタイミングによって前後しますが、私はいつも中山駅の「出口3」から9分位で着きます。

スポンサードリンク