ホテルサンルート台北(燦路都飯店@台湾)の口コミ旅行記です。

お部屋・トイレ・バスルーム・アメニティ・W-Fi・周辺情報・空港からのアクセス・朝食・マッサージなど、ホテルサンルート台北(燦路都飯店)の特徴・予約の決め手を宿泊記ブログでご紹介いたします!

スポンサードリンク

サンルート台北の立地

MRT中山國小駅から徒歩4分位

最寄出口(中山國小駅)

サンルート台北ホテルへの行き方 MRT中山國小駅1番出口から
▲サンルート台北の最寄M1出口

ホテルサンルート台北の地下鉄最寄出口は、MRT中山國小駅1番出口。

出たら、そのまままっすぐ進み、徒歩4分位で到着します。

しかも、1番出口は、上下ともエスカレーターあり! ←何気にいつもチェック

階段は、下り4段が最後にあるのみです。
(浸水防止なので、これは仕方ない:写真)

地図(MRT中山國小駅 → サンルート台北)

サンルート台北 地図 MRT中山國小駅から
▲MRT中山國小 1番出口からサンルート台北 地図

MRT中山國小の1番出口から、サンルート台北への行き方・地図はコチラです。

エスカレーターで地上に出たら、その向きのまま、まっすぐ行くだけ〜

シンプルな徒歩4分です。

MRT民權西路駅からは徒歩4〜5分

最寄出口(民權西路駅)

民權西路駅の9番出口は階段オンリー
▲民權西路駅の9番出口は階段オンリー

MRT民権西路駅9番出口からも、サンルート台北までは徒歩4〜5分位の距離。

途中、大きな交差点があるので、信号に引っ掛かったら、もう少し掛かりますけどね。

民權西路駅は、淡水線・新荘線の2路線。
なので、士林夜市・中山・台北駅に行く時には、民權西路の方が便利です。

ちなみに、最寄出口9番は、階段オンリーですよ〜っ

エスカレーター・エレベーターのある最寄出口(民權西路駅)

民權西路駅の10番出口
▲10番出口はエスカレーター・エレベーターあり

最寄が階段だけの時の、恒例チェック!

MRT民權西路駅・エスカレーター&エレベーター付の最寄出口は10番でーす!

この写真は、10番地上出口・エレベーター付近のスロープから撮影したもの。

すぐ前には9番出口が見えます。(プラス1分)

サンルート台北は、この大通り沿いなので、このスロープの向きのまま、黄色い矢印方向にまっすぐ進めば着きますよ。

松山空港からは、タクシーかバスで

タクシー

サンルート台北 タクシー
▲サンルート台北の横にタクシーが待機

松山機場からサンルート台北(燦路都飯店)までは、タクシーがおすすめです。

  • 料金:120〜150元
  • 所要時間:10分位

サンルートは松山空港に近いので、すぐ到着できまるんですよね。

帰る時も、写真の様に、サンルートの横に数台のタクシーが待機していました。

MRTだと、近い割には2つ乗り換えなくちゃいけないので、タクシーが良いと思います。

路線バス

松山空港からサンルート台北(燦路都飯店)まで、路線バスを使う手もあります。
路線バスは安いのですが、地元の方が通勤等で使うローカルバスなので、荷物が小さ目の方におすすめです。

  • 運転間隔:10〜20分間隔
  • 料金:15元(お釣りは出ません。悠遊カード使えます)
  • 所要時間:15〜20分くらい
行き

松山空港 → 「民權中山路口」下車

松山空港を外に出ると、すぐにバスターミナルが見えるので、手前から2列目の島から出る「801・803・225・617の新荘方面」のバスに乗れば、8つ目が、

サンルート台北 松山空港からバス
▲サンルート台北とバス停「民権中山路口」
(行きの降車バス停)

最寄バス停「民権中山路口」です。(写真)

もし、617番に乗るなら、方向にご注意くださいね。内湖方面ではなく、新荘・泰山方面ですのでね。

サンルート台北の最寄バス停「民権中山路口」は、大通りの真ん中(中央分離帯)がバスレーンとなっているアイランド型。

バス停「捷運中山國小站」のが、「民権中山路口」です。

車内の電光掲示板にはバス停名が漢字で表示されますし、進行方向の右側を見ていればバス停名も読めますので(手前のバス停「捷運中山國小站」もアイランド型なので読めると思います)、前のバス停かどうか確認しながら乗っていると安心かも。

降車ボタンは、「下車鈴」と書いてあるボタンです。

降車バス停「民権中山路口」は、写真のとおり、サンルート台北の目の前。

楽ちんアクセス♪

帰り

サンルート台北からバス 松山空港
▲帰りのバス停「民権中山路口」を、
行きで下車したバス停から撮影してみました

「民權中山路口」→ 松山機場

そしてこちら、交差点の向こう側に見えますのが、帰りのバス停(松山機場方面)。

先程の「行きで下車したバス停」から撮影したものです。

この写真で言うと、撮影している私の右にサンルートっていう位置関係。(写ってないですけど)

松山機場方面に向かうバス停も、サンルートから100mくらいで近いのです。

帰る時は、801、803、617番バスならば、8個目が松山機場。

バスが近づいて来たら手を上げて、意思表示すると停車してくれます。

桃園空港からなら、1841・1842バス(國光客運)で

桃園空港とホテルサンルート台北(燦路都飯店)との往復は、1841・1842バス(國光客運)が便利です。一般道を通る区間が長いため、所要時間も1時間10分程とちょっと長めですが、バス停は近いし料金も安いので、ここでは、1841/1842路線での行き方をご紹介します。

■1841/1842バス(國光客運)について

  • 運転間隔:10〜35分間隔

    ※平日ピーク(7:15〜8:50・17:20〜20:00):10〜15分間隔

    ※平日ピーク以外と休日:15〜35分間隔

  • 料金:83元(お釣りは出ません。悠遊カード使えます)

    ※悠遊カードの場合は、乗車時と降車時にピッとかざします。

  • 所要時間:1時間10分くらい

行き

桃園空港からバス 1841
▲桃園空港の1841バス乗り場

桃園空港 → 「民權中山路口」下車
(國光客運 1841・1842番バス)

桃園空港バスターミナル・3番乗り場にやって来る1841・1842番バスに乗ると、1時間10分ほどでサンルートの斜め向かいのバス停「民權中山路口」に着きます。

桃園空港からの場合、先程ご紹介した松山機場の時とは逆で、「交差点向こうのバス停」に到着します。

(1841・1842は松山機場行きなので)

桃園空港から来た場合、バス停「民權中山路口」は、バス停「三徳大飯店(Santos Hotel)」の。(2016年6月)

下車バス停「民權中山路口」は、最初のアイランド型バス停になるので、それが降車の時の目安になるかも。

(1つ手前のバス停「三徳大飯店(Santos Hotel)」はアイランド型ではなく、一般的な歩道に寄せるタイプのバス停)

帰り

桃園空港行きバス 1841
▲桃園空港行きバス(帰る時)

民權中山路口 → 桃園空港
(國光客運 1841/1842番バス)

もうお分かりかと思いますが、桃園空港へ行く時の1841・1842最寄バス停は、松山機場の時とは逆なので、サンルート目の前の「民權中山路口」バス停となります。

バスが近づいて来たら、手を上げてのアピールも忘れないようにしないとね。

桃園空港は「第一ターミナル → 第二ターミナル」の順に停まります。

(バス到着時間:客運e化

スポンサードリンク

サンルート台北のお部屋

ダブルルーム

ホテルサンルート台北 ブログ
▲ホテルサンルート台北 ダブルルーム

では、私が宿泊した「サンルートホテル台北・ダブルルーム」のお部屋を口コミいたします。

「ダブルルーム」は、約22平米のお部屋に、160cm×195cmのダブルサイズベッド1台というカテゴリー。

サンルート台北 ダブルルーム
▲サンルート台北 ダブルルーム

窓際のスペースには、椅子1脚・カフェテーブル、

燦路都飯店 台湾 お部屋
▲デスクとTV(燦路都飯店)

デスク・TV・冷蔵庫などがありました。

サンルート台北 ダブルルーム 部屋の広さ
▲サンルート台北・ダブルルームの窓下スペース

私が今まで宿泊してきた台北ホテルの中では(2名部屋)、かなりコンパクトな部類に入ります。

ちなみにこの写真は、窓付近のスペース。

ここで、機内持込可のキャリーバッグを広げることが出来ました。

スーツケースはどうかしら?
カフェテーブルを脇に寄せれば、何とか大丈夫かな〜と思います。

サンルート台北 部屋位置
▲部屋位置の図

ただ、このお部屋(812号室)、大通りに面する角部屋なのですが、もし、この図の縮尺が合っているならば、他の部屋よりちょっと広いらしく、入口ドアから部屋まで、ちょっとアプローチというか、廊下というか、無駄なスペースがあります。

実はその廊下部分が案外広くて、そこでキャリーバッグを広げたりしておりました。

サンルート台北 ベッド
▲サンルート台北のダブルベッド

まあ、部屋はコンパクトですけど、

ベッドのマットレスの上に、さらに低反発マットが敷かれていたり、

高さ・硬さ・素材が違う枕が2種類ずつ用意されているなど、

「睡眠」に関して、かなり気を使っているホテルのようです。

とても寝心地良く、ぐっすり眠れました。

バスルーム

ホテルサンルート台北 バスルーム
▲サンルート台北 バスルーム

こちら、サンルート台北のバスルームです。

色んなブログやサイトに、

「サンルート台北は、まさにビジネスホテル」

という口コミが多数あって、不思議に思っていたんです。

「んっ? 他の同価格帯ホテル(台北)も、ビジネスホテルじゃないの?」と・・・。

でも、この3点ユニットバスを見た瞬間、その意味が一瞬で分かりました。

「まさに、日本のビジネスホテルだ!」と。。。

そう。この3点ユニットバス、どっかで見たことある!・・って感じです。

日本のビジネスホテルや、日本のワンルームマンションでよく見る一般的なユニットバスだと思います。

ホテルサンルート台北 バスタブ
▲ホテルサンルート台北 バスタブ

こちらはバスタブ。
ハンドシャワーもありました。

3点ユニットバスって、雰囲気は素っ気ないですけど、凹凸が少ない形状のお陰でお掃除しやすいのか、

清潔さは完璧でした。

洗面所 兼 脱衣所 の使い勝手

ホテルサンルート台北 ユニットバス
▲ホテルサンルート台北の洗面台

そしてこちらは洗面台。

着替えを置く場所は、トイレの後ろのちょっと空いたスペースになります。

小さいけど、置く場所が無いわけではないのでOK。

(全く置く場所が無いホテルも有るから)

トイレ

サンルート台北ホテル トイレ
▲サンルート台北のトイレはウォシュレット付

案外、重要視しているトイレについて。

サンルート台北は、全室ウォシュレット完備とのこと。

また、どのホテルでもフロントに確認するんですが、トイレットペーパーは流しても良いとのことでした。

でもでも、「流してはいけない」(フロント談)という口コミも読んだことがあるので、答える人によって回答はまちまちみたいです。

  • 全室ウォシュレット付き
  • トイレットペーパーは流せる/流せない
    (私がフロントに確認した回答は「流せる」。一方「流せない」という口コミも有)

アメニティ

サンルート台北 アメニティ
▲ホテルサンルート台北のアメニティ

サンルート台北のアメニティはこんな感じでした。

個別包装で2つずつの用意があったのは、歯磨きセット・綿棒・デンタルフロス。

1つだけだったのは、固形ソープ・コーム・カミソリ・シャワーキャップ。

サンルート台北 アメニティ 備え付けのシャンプー・コンディショナー・ボディソープ
▲シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

また、シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーは、備え付けでした。

サンルート台北 アメニティ スリッパ
▲ホテルサンルート台北のスリッパ

あとは、スリッパもね。

ホテルサンルート台北 アメニティ タオル
▲タオル(燦路都飯店)

そして、サンルート台北のタオルは、大・中(バスタオル・フェイスタオル)の2種類でした。

足りない人は、持参した方が良いかもしれませんね〜

ホテルサンルート台北 無料のミネラルウォーター
▲サンルート台北 無料のミネラルウォーター

無料ミネラルウォーターも有り。

連泊で毎日補充されました。

冷暖房の調節

ホテルサンルート台北 エアコン
▲エアコンの温度調節と冷蔵庫電源

つぎは、冷暖房スイッチの有無について。
ポイントは、主電源を切れるかどうか。

ホテルサンルート台北のお部屋の冷暖房は、温度調節ダイヤルと完全オフにするメインスイッチもありました。

ホテルの室温は寒くなりがちなので、必ずチェックしています。

寒かったら消せばOK!

ちなみに、写真右は冷蔵庫の電源。
冷蔵庫は空で、使うときだけ自分でスイッチを入れる方式でした。

コンセントの数

ホテルサンルート台北 コンセントプラグ
▲コンセントプラグ

私が宿泊したホテルサンルート台北のダブルルームには、3個のコンセントプラグがありました。

3個で足りない方は、延長コードか三又プラグを持参した方が良いかも。

Wi-Fi

サンルート台北は、無料Wifiが利用できます。
パスワードはなし。

サンルート台北の無料Wi-Fiは、部屋やフロア毎にIDが分けられている訳ではない為、混んでいる時間帯は繋がりにくいこともありました。
(或いは、部屋位置が悪く、Wi-Fiキャッチしにくいのか。。。)

私の部屋(通常時):ダウン 24Mbps、アップ 7Mbps

朝は遅かった:ダウン 1.3Mbps、アップ 0.3Mbps

お部屋に「Wi-Fiが繋がらない時はフロントまでご連絡ください」と書いてあったので連絡したら、アクセスポイントを持ってきてくれました。
(アクセスポイント:部屋の有線LANを無線LANにする機器)

私たちは接続方法を知っていたので断りましたが、接続を手伝ってくれようとしました。機械に弱くてもやってくれそうな雰囲気でしたよ〜

ちなみに、そのアクセスポイントのお陰で、速度面は無事解決となりました!(アクセスポイントはパスワード有り)

その他の設備・備品・ランドリーサービス

サンルート台北 ドライヤー
▲サンルート台北のドライヤー

その他の設備・サービスをご紹介しまーす。

ドライヤーは備え付けで、

サンルート台北 金庫
▲金庫

金庫、クローゼット、引き出しなど、必要最低限のものは揃っていました。

金庫は小さめですが、12インチ(ワイドではない)パソコンは入ります。

サンルート台北 窓
▲サンルート台北ホテル 窓

窓は防音性のあるタイプ。
ぐっすり眠れました。

サンルート台北 ランドリーサービス
▲サンルート台北ホテル ランドリー

また、ランドリールームは無いけれど、ランドリーサービスはあるようです。

フロントまで持参してくださいって書いてありました。
(メイドさんに渡さないでってことですね)

当日仕上げの場合は午前10時までに持って行けばらしいですよ〜

サンルート台北の雰囲気

ホテルサンルート台北 外観
▲ホテルサンルート台北 外観

それでは、ホテルサンルート台北の全体の雰囲気をご紹介します。

外観は、意外にも(失礼っ!)スタイリッシュ。

ホテルサンルート台北 レセプション フロント
▲ホテルサンルート台北 レセプション

では、受付でチェックインを。

やはり日系ホテルだけあって、皆さん、日本語を普通にお話しになられます。

日本人スタッフの方も何人かいらっしゃるみたいです。

ホテルサンルート台北 ロビー
▲ホテルサンルート台北 ロビー

こちらは、フロント後ろのロビー。

奥の方に、コーヒーや軽食がいただけるカフェがあります。

ホテルサンルート台北 喫茶室
▲ホテルサンルート台北 喫茶

仕切りがないので、ロビーの延長みたいな雰囲気ですが、

香り高く貴重な「台湾阿里山コーヒー」がいただけるようです。

テイクアウトも可能とのことなので、お部屋で頂くことも出来ますね。

オリジナルのお土産品もあるらしい。

ホテルサンルート台北 体重計
▲ホテルサンルート台北 体重計

また、ロビーフロアには、体重計も用意されていました。

LCCで来た私たち。
荷物を計るのに役立つのよね〜

荷物の重量制限のために。。。

ホテルサンルート台北 ロビー2
▲ホテルサンルート台北 ロビー

そしてこちらは、喫茶室付近からフロント方向を見たもの。

ホテルサンルート台北、ご覧のように規模は大きくなく、アットホームな雰囲気のホテルです。

ホテルサンルート台北 朝食
▲ホテルサンルート台北 朝食会場 大戸屋

また、ホテルサンルート台北の朝食は、地下1階にある「大戸屋」で。

朝食は、和食中心のビュッフェ。

時間は、

7:00〜10:00(朝食ビュッフェ)
11:30〜14:30(昼食)L.O.14:00
17:00〜22:00(夕食)L.O.21:30

です。

メニューは、まさに日本の大戸屋そのものです!

ホテルサンルート台北の周辺情報

雙城美食街 台北
▲雙城美食街(サンルートから徒歩3分)

次は、サンルート台北の周辺情報について。

サンルートの裏手、徒歩3〜4分のところには、24時間やってるB級グルメ屋台スポット「雙城美食街」があります。

雙城美食街
▲雙城美食街(サンルートから徒歩3分)

24時間っていうところがミソです。

雙城美食街 屋台
▲雙城美食街(サンルートから徒歩3分)

夜帰って来てから、もうちょっと行こうかな〜って時に丁度良いですし、朝も昼もやっている安心感もありますね。

黃記魯肉飯 台北
▲サンルート台北近くの人気魯肉飯店

また、私が愛してやまない魯肉飯の行列店「黃記魯肉飯」もすぐ近く。

(サンルート台北と雙城美食街の間)

こちらはまた別記事でご紹介したいと思います。

ホテルサンルート台北 マッサージ
▲サンルート台北近くのマッサージ店(雙城街)

さらに言うと、屋台が立ち並ぶ雙城美食街の左右には、マッサージ店もたくさん並んでいます。

渋い感じのマッサージ店から、綺麗なマッサージ店まで、色々です。

■雙城街にあったマッサージ店
料金例:40分 400元〜500元くらい
(各種マッサージ/全身・足裏など)

ちなみに、サンルート台北のお部屋でもマッサージが受けられるとのこと。

■サンルート台北 フロントに連絡するマッサージ店
料金例:40分 700元(足裏)、40分 800元(全身)

※訪問時の料金です

このように、サンルート台北近くの晴光商圈(雙城美食街・晴光市場など)には、こじんまりした中に、飲食店・屋台・マッサージ店などが軒を連ねていて、とても便利です。

ホテルサンルート台北のおすすめ度

ホテルサンルート台北、何と言っても魅力的なのは、このローカルな周辺の雰囲気です。

この付近でホテルを探す人も多いのでは無いでしょうか。

松山空港や桃園空港からのアクセスも分かりやすいですし、MRTの駅もまあまあ近い。

設備に豪華さは無く、お部屋は正直小さめと感じましたが、清潔です。

(私たちは2名利用でした。小さめでも問題なく過ごせましたが、もしかしたら、1人旅の方が適しているかもしれません。)

我慢ポイントは、やはり部屋の大きさ位ですかね。

また、「昼・夜は台湾料理。でも、朝食は和食で!」って言う人には、ここしか無いかもしれません。

以上、ホテルサンルート台北(燦路都飯店)の口コミ&旅行記でした。

スポンサードリンク