台北駅(台北車站)のグルメと言えば、巨大な地下街や駅舎2階「微風台北車站」のフードコート等が有名ですが、今回は台北駅周辺の「夜市の様に活気ある場所」と「静かでスタイリッシュな所」の両極端をご紹介します。

具体的には、私が勝手に「シーザーパークホテル(凱撒大飯店)裏」と呼んでいるエリアのおすすめメニューと、台北駅直結で便利な「Qスクエア」 (京站時尚広場) のスタイリッシュなフードコートです。

スポンサーリンク

台北駅周辺のおすすめグルメ

それでは、「夜市の様に活気ある場所」からご紹介します。

場所的には シーザーパークホテル(凱撒大飯店)の裏(台北駅と反対側)にある一角なので、外に出て少し歩きます。

行き方(場所)は最後に詳しくご紹介しますので、まずはお店をご紹介します。

シーザーパークホテル(凱撒大飯店)裏のグルメエリア

歇脚亭でタピオカミルクティー

台北駅近くのドリンク店「歇脚亭」
▲台北駅近くのドリンク店「歇脚亭」

最初にご紹介するのは、ドリンク店の「歇脚亭」です。

タピオカが入ったドリンクなど種類が豊富で味が良く、店員さんの対応も良いので、私は「ほぼ毎回」寄っています。

また、歇脚亭は立地的に「シーザーパーク裏」エリアの起点と考えておくと便利です。

歇脚亭のタピオカミルクティー
▲歇脚亭のタピオカミルクティー

歇脚亭での私の定番「タピオカミルクティー」です。

甘さや氷を好みの量で注文できる事と、タピオカの “ある程度シッカリした” 弾力が気に入っています。

日本語メニューが有るので、注文は指差しでOKです。

歇脚亭タピオカミルクティーのラベル
▲歇脚亭タピオカミルクティーのラベル

タピオカミルクティーのラベルには、購入日時や値段に加え、リクエストした氷と砂糖の量まで記載されています。

私は毎回「氷少な目(少冰)の砂糖50%(5S)」で注文。

鑫耀鑫で台湾グルメ

シーザーパーク裏には屋台の様なお店が多く、食べる場所が無い場合もあるので、最初は「綺麗な場所で座って美味しい食事が出来るオススメ店」をご紹介します。(屋台グルメは、後でまとめてご紹介します)

台北駅近くの「鑫耀鑫」
▲台北駅近くの「鑫耀鑫」

美味しい台湾料理がリーズナブルな値段で味わえる「鑫耀鑫」が、このエリアのイチオシ。

場所は上記「歇脚亭」の近くです。(下で行き方をご案内しています)

鑫耀鑫の店内
▲鑫耀鑫の店内

2017年の春に改装された店内は、広くて綺麗で快適。

まずは、空いている好きな席に座ってメニューを選びます。

鑫耀鑫の注文方法はチョット独特

鑫耀鑫の注文票
▲鑫耀鑫の注文票

メニューを見ながら、テーブルに備え付けの注文票(写真)に注文数を記入して行くところまでは他店と一緒。

記入が終わったら、注文票の「卓號」覧にテーブル番号を記載して、入口にあるレジへ持って行きます。

メニューに日本語の記載は無く日本語も通じませんが、店員さんが親切なので初めて行った時も何とかなりました。

鑫耀鑫のレシート
▲鑫耀鑫のレシート

代金は先払いなので、レジで会計すれば注文完了。

メイン2品・スープ1品・サイド1品を注文して195NT$でした。
(金額は2017年5月下旬のもので、2017年7月現在 何品か値上げになっている様です)

鑫耀鑫で注文したメニュー

鑫耀鑫で注文したメニュー
▲鑫耀鑫で注文したメニュー

この時、鑫耀鑫で注文した4品のメニューは、どれもオススメ。

好吃雞肉飯・上海㸆肉飯・綜合湯・燙青菜 です

鑫耀鑫の好吃雞肉飯
▲鑫耀鑫の好吃雞肉飯

この好吃雞肉飯(ハオツージーロウファン)は、鑫耀鑫のの看板メニューで多くの方が注文しています。

食感がシッカリした鶏肉に、適度な濃さに味付けされたクセのないタレが掛かっていて、コレがご飯によく染みて最高に美味。

見た目よりもアッサリしているので、脂身が苦手な方やコッテリが苦手な方にもオススメです。

鑫耀鑫の上海㸆肉飯
▲鑫耀鑫の上海㸆肉飯

上海㸆肉飯も、上記好吃雞肉飯と同じ「適度な濃さでクセのないタレ」がご飯に染みていて美味。

柔らかい豚肉はボリュームたっぷりのコッテリ系なので、私はガッツリ食べたい時には「上海㸆肉飯」を、アッサリな気分な時は「好吃雞肉飯」を注文しています。

鑫耀鑫の綜合湯
▲鑫耀鑫の綜合湯

そして、毎回一緒に注文する「綜合湯」です。

パクチーとセロリが効いたアッサリスープに、魚すり身団子・肉団子・大根が入ってサッパリ食べられる一品。

団子は、どちらも弾力の強いシッカリ食感で素材の味も出ていて美味です。

鑫耀鑫の燙青菜
▲鑫耀鑫の燙青菜

もう一品、毎回一緒に注文するのが「燙青菜」です。

青菜は値段の割にボリュームがあり、食感が良くて特にコッテリ系のお供に最高。

食器は店内奥のワゴンへ
▲食器は店内奥のワゴンへ

食べ終わった食器は、店内の一番奥にあるワゴンに下げます。

箸やスプーン・器や皿・食べ残しに分別するのですが、食べ残しの一切ない私達は簡単なものです。

鑫耀鑫の営業時間と定休日
鑫耀鑫の営業時間は 11時から20時 定休日は日曜日 です。

スポンサーリンク

シーザーパークホテル(凱撒大飯店)裏の屋台メニュー

シーザーパークホテル(凱撒大飯店)裏には多くのお店が並んでいるので、夜市に行く感覚で屋台メニューを楽しむ事も出来ます。

ここでは、私が「シーザーパーク裏」で食べた屋台メニューをご紹介します。

シーザーパーク裏の焼き小籠包店
▲シーザーパーク裏の焼き小籠包店

シーザーパーク裏には、焼き小籠包を売っているお店が非常に多く、どこも美味しそうです。

お店によって具が違うので、一通り見て回ってから買うのもイイかも知れません。

シーザーパーク裏の焼き小籠包
▲シーザーパーク裏の焼き小籠包

どのお店で食べても美味しいので、私はいつも「焼き立てアツアツ」のタイミングで食べられるお店で買っています。

夜市と同じく、焼き小籠包は袋に入れた状態で渡されますので、ヤケドにご注意を。

シーザーパーク裏の焼き小籠包(豚肉)
▲シーザーパーク裏の焼き小籠包(豚肉)

定番の豚肉が入った焼き小籠包です。

特に豚肉の具が入ったメニューは、どこで食べてもジューシーで最高。

台湾の屋台点心はレベルが高いですね。

シーザーパーク裏の焼き小籠包(筍)
▲シーザーパーク裏の焼き小籠包(筍)

タケノコが入った焼き小籠包も美味しかったです。

ちなみに、肉が入っていないメニューが良い方は「素食」と書いてあればベジタリアン料理です。

シーザーパーク裏の一口餃子?のお店
▲シーザーパーク裏の一口餃子?のお店

一口餃子風のメニューを売っているお店もありました。

夜市でも時々見かけますが、正式名称が分かりません。。。

シーザーパーク裏の一口餃子?
▲シーザーパーク裏の一口餃子?

美味しそうなので、買ってみる事に。

餃子という感じではありませんが、モチモチした生地に豚肉メインの具が入っていて、これはコレで美味でした。

シーザーパーク真裏のドリンク店
▲シーザーパーク真裏のドリンク店

シーザーパークの真裏に当たる場所に、ひと際目立つドリンク店があり、いつも気になっていました。

店頭のメニューを見ると、私のお気に入りの「歇脚亭」よりも台湾テイストのドリンクが充実している印象。

一番人気の青蛙(タピオカミルクティー)
▲一番人気の青蛙(タピオカミルクティー)

一番人気という青蛙(タピオカミルクティー)を注文してみました。

ミルクティー味が少々薄く感じ、タピオカが柔らかかったので、私はやはり歇脚亭の方が好みに合っている様です。

シーザーパーク裏は夜8時には店仕舞い

シーザーパーク裏の朝
▲シーザーパーク裏の朝

この「シーザーパーク裏」のエリアは、夜8時が近付くと次々にお店が閉まってしまいますので、行かれる場合は遅くとも7時位がオススメです。

また、朝になるとサンドイッチ等を売るお店が並び、朝食にも対応しています。

シーザーパーク裏には、まだまだ沢山のお店が色々なメニューを出していて、行く度に種類が増えている印象なので、私は毎回行くのを楽しみにしています。

シーザーパーク はもちろん、コスモスホテル など台北駅周辺に宿泊する方には特にオススメです。

スポンサーリンク

シーザーパーク裏の行き方(場所)

まずは「シーザーパークホテル裏のエリア」で一番初めにご紹介したドリンク店「歇脚亭」への行き方をご案内します。

シーザーパーク(もしくはM6出口)から外へ
▲シーザーパーク(もしくはM6出口)

シーザーパークホテル(凱撒大飯店)の正面玄関(もしくは台北駅のM6出口)から外へ出ます。

台北駅のM6出口とシーザーパークホテルは繋がっています。

台北駅からシーザーパークへの行き方は 別ページ でご案内しています。

M6出口の目の前は台北駅
▲M6出口の目の前は台北駅

シーザーパーク(M6出口)を出ると、大きな道路を挟んで目の前に台北駅の駅舎が見えます。

M6出口を出たら左へ
▲M6出口を出たら左へ

この大きな道を左へ進みます。

横断歩道を左へ
▲横断歩道を左へ

間もなく無断歩道が出て来ますので、渡らずに左へ曲がります。

曲がったら そのまま直進し、横断歩道を渡った一角が私が勝手に呼んでいる「シーザーパーク裏」です。

ドリンク店「歇脚亭」に到着
▲ドリンク店「歇脚亭」に到着

横断歩道を渡るとお店が増えて賑やかになり、少し直進すると左手にドリンク店「歇脚亭」があります。

シーザーパーク(台北駅M6出口)から約3分(200m位)で到着します。

鑫耀鑫の行き方(場所)

2番目にご紹介した台湾グルメのレストラン「鑫耀鑫」の場所はチョット分かり難いのですが、「歇脚亭」まで辿り着けば簡単に行けます。

歇脚亭の横の小道を奥へ
▲歇脚亭の横の小道を奥へ

歇脚亭の横に小道がありますので、ココを入って奥へと進みます。

小道にはお店がズラリ
▲小道にはお店がズラリ

左右にお店が並んでいるので、この道の散策も楽しいです。

鑫耀鑫に到着
▲鑫耀鑫に到着

突き当りの右手に「鑫耀鑫」があります。

ちなみに、小道はこの先も左へ折れて続いており、大通りまで抜けています。

スポンサーリンク

Qスクエア (京站時尚広場)Qsquareのフードコート

次にご紹介するのは、「静かでスタイリッシュな所」です。

台北駅直結の複合商業施設Qスクエア
▲台北駅直結の複合商業施設Qスクエア

「Qスクエア」 (京站時尚広場)は、台北駅から地下道経由で直結している複合商業施設。

ショップやバスターミナル・ホテル(コンドミニアム)等が入っています。

Qスクエアのフードコート
▲Qスクエアのフードコート

地下3階にあるフードコートは、とってもスタイリッシュ。

清掃係の方が常に巡回しているので、非常に清潔で快適な空間です。

興葉蚵仔煎で台湾屋台グルメ

Qスクエア フードコートの興葉蚵仔煎
▲Qスクエア フードコートの興葉蚵仔煎

Qスクエアのフードコートで私がよく行くオススメのお店は「興葉蚵仔煎」です。

台湾家庭料理のお店で、現在は台北101やSOGOのフードコートにも出店しています。

Qスクエア「興葉蚵仔煎」のメニュー
▲Qスクエア「興葉蚵仔煎」のメニュー

興葉蚵仔煎はセットメニューが基本で、値段は全てリーズナブル。

どれを食べても美味しいのですが、オススメはやはり店名にも入っている蚵仔煎(牡蠣オムレツ)です。

私のお気に入りは「9番」(今回も9番を注文しました)

Qスクエア興葉蚵仔煎のペイジャー
▲Qスクエア興葉蚵仔煎のペイジャー

注文と支払いが完了したら、このペイジャーを渡されます。

混んでいる時間帯だと、お店の付近に席が取れない事が多いので非常に助かります。

Qスクエアの興葉蚵仔煎「9番」のセット
▲Qスクエアの興葉蚵仔煎「9番」のセット

9番「牡蠣オムレツ・麺・青菜」のセットです。

牡蠣オムレツは、適度なふんわり感と独特のモチモチ食感のバランスが最高。
タップリ入った牡蠣の味が濃く、タレは牡蠣の味を邪魔しない程度にマイルドで相性も良くて最高に美味。

麺類は、少しモッチリとした麺に、アッサリだけど深みのあるスープでサッパリ食べられて美味しい。
煮卵も味がよく染みていて魚肉ボールも歯ごたえが良いが、スープはセロリとパクチーの味が強いので嫌いな方は避けた方が良いと思います。
青菜は写真と違い、刻んだ状態で食感が悪く味が薄いが、箸休めにイイのでOK。

Qスクエア興葉蚵仔煎のレシート
▲Qスクエア興葉蚵仔煎のレシート

上記のセットメニューの値段は130NT$です。
実は、私は牡蠣オムレツは興葉蚵仔煎が一番美味しいと思っていて、この値段・この清潔な環境で食べられる事に大変満足しています。

ちなみに、青菜は日によって状態が違う事があります(毎回上記の「刻んだ状態」ではありません)が、牡蠣オムレツのクオリティは いつも “最高” です。

スポンサーリンク

廣安階の台湾スイーツ

Qスクエア フードコートの廣安階
▲Qスクエア フードコートの廣安階

Qスクエア フードコートの中央付近には、台湾スイーツのお店「廣安階」があります。

先に言ってしまいますが、このお店、味は悪くはありませんがオススメという訳ではありません。(理由は下に書きました)

Qスクエア「廣安階」のメニュー
▲Qスクエア「廣安階」のメニュー

メニューは豊富で、値段はチョットだけ高い印象。

豆花など純粋な台湾スイーツが見やすい写真付で並んでいます。

廣安階で豆花を注文
▲廣安階で豆花を注文

この時は、具沢山の豆花「黒糖黄金綜合豆花」(75NT$)を注文。

注文と支払いが完了したら、その場で出来上がりを待ちます。

廣安階の黒糖黄金綜合豆花
▲廣安階の黒糖黄金綜合豆花

廣安階の黒糖黄金綜合豆花です。

甘さ控えめでアッサリしていて、味は決して悪くないのですが・・・。

全体的なボリュームが、注文した時に見た写真とあまりにも違い過ぎる気がして納得行かず。

黒糖黄金綜合豆花のメニュー写真
▲黒糖黄金綜合豆花のメニュー写真

このメニュー写真を見て注文した訳なので。。。

見られる方によって印象の違いはあると思いますが、私は台湾ではメニュー写真と実物の差が少ない印象だったので、少々ビックリしてしまって・・・。

値段を含めて その点が気にならない場合はイイかも知れません。

やはり、台北駅周辺で私のオススメ台湾スイーツは 別ページ でご紹介している小南門です。

Qスクエアへの行き方は、別ページ 台湾土産が買える台北市内の駅近スーパー・デパートへの行き方 でご確認ください。

スポンサーリンク