台湾旅行で欠かせない「台湾グルメ」ですが、特に人気で有名なのは小籠包かも知れません。
私は毎回、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などで小籠包を食べ歩く事を楽しみにしていて情報も随分溜まりましたので、その中からオススメのお店を本音でご紹介させて頂いています。
お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

今回は、台北にある「正好鮮肉小籠包」です。
正好鮮肉小籠包(台北)は、臨江街夜市(通化街夜市)の近くにある小籠包の有名店で、メニューは小籠包と酢辣湯(スーラータン)のみ。

これら2品の感想や値段・店内の様子・MRT「信義安和」駅からの行き方(場所)等をご紹介します。

スポンサードリンク

正好鮮肉小籠包(台北)の人気メニュー 小籠包と酢辣湯を食べた感想・店内の雰囲気・行き方(場所)など

正好鮮肉小籠包(台北)で 有名な小籠包と酢辣湯の注文と店内の様子など

正好鮮肉小籠包(台北)の外観
▲正好鮮肉小籠包(台北)の外観

正好鮮肉小籠包は、本店が台湾でネギの産地として有名な宜蘭にあり、名物の小籠包にも宜蘭産ネギがタップリ。

店頭で調理をして、奥にある店内で食事をするという独特のスタイルです。

正好鮮肉小籠包は店頭で調理
▲正好鮮肉小籠包は店頭で調理

臨江街夜市(通化街夜市)の近くという場所柄でしょうか、小籠包は屋台風に店頭で生地から作って蒸します。

注文も店頭で口頭にて。(会計は帰る時です)

正好鮮肉小籠包(蒸し上がり)
▲正好鮮肉小籠包(蒸し上がり)

別のお客さんが注文した小籠包が、ちょうど完成。

メニューは全2品なので、小籠包(80NT$)と酢辣湯(スーラータン)35NT$の両方を注文して奥にある店内へ。
日本語は一切通じませんが「シャオロンパオとスーラータン」でOKでした。(個数は指で)

正好鮮肉小籠包の店内1
▲正好鮮肉小籠包の店内1

店内は広くはありませんが、庶民的な佇まいで清潔でした。

私が行ったのは日曜日の19時頃で、店内は一組のみでした。

正好鮮肉小籠包の店内2
▲正好鮮肉小籠包の店内2

店内にはテーブル席の他にカウンター席も。

実は最初に店構えを見た時は少々引きましたが、とても衛生的でした。(失礼致しました)

正好鮮肉小籠包の調味料
▲正好鮮肉小籠包の調味料

醤油と黒酢はテーブルに備え付け。

隣りに大量の生姜と辛味調味料も用意されています。

正好鮮肉小籠包の箸・レンゲ・小皿
▲正好鮮肉小籠包の箸・レンゲ・小皿

使い捨ての小皿とレンゲもテーブルサイドに整然と。

箸は個別包装されています。

正好鮮肉小籠包で食べた小籠包と酢辣湯の感想

正好鮮肉小籠包の小籠包
▲正好鮮肉小籠包の小籠包

店頭で注文してから5分位で小籠包が運ばれて来ました。

結構大きめで、皿に2段重ねという斬新な出で立ちに最初はビックリ。

このボリュームで80NT$は、お得過ぎます。

正好鮮肉小籠包の小籠包(中身)
▲正好鮮肉小籠包の小籠包(中身)

味は、タップリの宜蘭産ネギが利いていて、肉自体の味付けもスープも少しアッサリ。
具はシッカリした食感で、少し厚めの皮と相性が良くて美味。

アツアツて提供されるが、皿で出されるので最後がベタッとなるのだけが少し残念。

正好鮮肉小籠包の酢辣湯(スーラータン)
▲正好鮮肉小籠包の酢辣湯(スーラータン)

酢辣湯(スーラータン)は小ぶりのトンブリながら具がタップリ入っていて満足感あり。

トロミの付いたスープは少し辛味が強いけど、旨みがよく出ていて美味しい。
この内容で35NT$なんて信じられないレベルです。

スポンサードリンク

正好鮮肉小籠包(台北)への行き方
MRT(地下鉄)「信義安和」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「信義安和」駅から正好鮮肉小籠包(台北)への行き方を、写真で詳しくご説明致します。

MRT「信義安和」駅出口4
▲MRT「信義安和」駅出口4

MRT「信義安和」駅に着いたら「出口4」から外へ。

外へ出たら、方向転換する様に写真の赤矢印方向へ進みます。

遠くに台北101が見えます。

次の横断歩道を渡って右へ
▲次の横断歩道を渡って右へ

次の横断歩道を渡ってから右(写真の赤矢印方向)へ曲がります。

約250m直進
▲約250m直進

横断歩道を渡って右へ曲がったら、約250mほど直進します。

この角を左へ
▲この角を左へ

約250mほど直進し、写真のお店が出て来たら左へ。(臨江街夜市の一本手前の道です)

ここまで来れば、あと少しです。 

正好鮮肉小籠包(台北)に到着
▲正好鮮肉小籠包(台北)に到着

左へ曲がって約50m直進すると、右手に「正好鮮肉小籠包」が見えます。

MRT「信義安和」駅の4番出口から約5分で到着しました。

スポンサードリンク