ザ・ストリートで朝食・ランチ・ハッピーアワー・夕食!インターナショナルマーケットプレイスのフードコート「THE STREET」

ザ・ストリート マイケル・ミーナ・ソーシャルハウス(THE STREET A MICHAEL MINA SOCIAL HOUSE)は、インターナショナルマーケットプレイス(ハワイ・ワイキキ)に出来た、モダンでオシャレな新感覚フードコート。

フードコートと言っても、食器で提供されたり、朝食・レギュラーメニュー・ハッピーアワーや、ユニークな「パーティーパス」があったり等、従来のフードコートとは全く違う、レストランのようなフードコートと言っても良いかもしれません。

そこでこのページでは、インターナショナルマーケットプレイスのフードコート「ザ・ストリート(THE STREET)」のお店と私が頂いた朝食やレギュラーメニュー、結構お得なハッピーアワー、好きな小皿料理・ドリンクを選べる「パーティー」の利用方法・頂いたメニューなどについて、綴ってみたいと思います!

スポンサーリンク

ザ・ストリート(THE STREET)の店舗

ザ・ストリートには、こんな13店舗が集まっていました。
このうち、10店舗の味を堪能しました〜。(数回訪問分を口コミいたします!)

  • マウイオニオン バーガー/Maui Onion Burger
    • 揚げたマウイオニオンを使ったハンバーガーとフレンチフライ
  • ザ・ラーメン バー/The Ramen Bar
    • ラーメン・冷やし中華・プレート
  • インターナショナル スモーク/International Smoke
    • バーベキュー・お肉・プレート
  • リトル ラファ/Little Lafa
    • 地中海料理・中東料理・ニューアメリカン・サンドイッチ
  • アダムズ ナナルー/Adam's Nana Lu Pizzeria Cucine
    • イタリアン・ピザ
  • カイポケ/Kai Poke
    • ポケ
  • マインドフル・グリーン/Mindful Greens
    • サラダ
  • アロハ アイス/Aloha Ice
    • シェイブアイス・スイーツ
  • ラミル/Lamill Coffee Boutique
    • 朝食・コーヒー&ティー
  • ザ・ミナ・バード/The Myna Bird
    • ティキバー(ハワイを含む南太平洋をテーマにしたBAR)
  • インディー ガール/Indie Girl
    • アサイーボウル・ジュース・スムージー
  • ビア/Beer
    • ビール・ワイン・カクテル
  • ザ・ストリート チョコレート バー/THE STREET CHOCOLATE BAR
    • チョコレート

THE STREETで朝食

朝は、インディーガール・ラミル・マウイオニオンバーガーのメニューをオーダー可能。ラミルで受付。

LAMILL
▲LAMILL(クヒオ通りに面してます)

THE STREETで朝食をいただこうと、やって来ましたインターナショナルマーケットプレイス。

クヒオ通りに面するお洒落なカフェ「ラミル」が朝食営業をしていました。

THE STREET LAMILL
▲LAMILL(クヒオ通り側の席)

席は、クヒオ通りに面するアウトサイド席と、

ザ・ストリートの席(インターナショナルマーケットプレイスの通路側)
▲THE STREETのテラス席
(インターナショナルマーケットプレイス通路側)

インターナショナルマーケットプレイス側にある「通路側のテラス席」があり、

ザ・ストリートの席(インターナショナルマーケットプレイスの通路側)
▲THE STREETのテラス席
(インターナショナルマーケットプレイス通路側)

この日は陽射しが強かったので、日陰の「通路側テラス席」を選んでみました。

風が抜けて気持ち良かったです!

THE STREETの朝食メニュー
▲THE STREETの朝食メニュー
インターナショナルマーケットプレイス

カフェ形式なので、メニューを決めてからカウンターに向かいました。

朝食メニューは、

  • エッグブレックファーストが4種類(8.99〜10.99ドル)
  • フレンチトースト・パンケーキ部門が4種類(各10.99ドル)
  • アサイーボウル 11.99ドル〜
  • スムージー 10.99ドル

(2017年9月現在)

とのこと。

メニュー名から察するに、LAMILLで購入できるけど、エッグブレックファースト部門は「マウイオニオンバーガー」のメニューで、

アサイーボウルは「インディーガール」から運ばれてくる物と思われます。(LAMILLは目立つ場所にあるから、3店舗分を受付してるのね、きっと。)

ちなみに、アサイーボウルやスムージーなら「インディーガール」で直接購入も出来るようですよ〜。(マウイオニオンは朝はまだ開店してなかったから、LAMILL COFFEEでの購入だけになるようです)

THE STREET INTERNATIONAL MARKETPLACE COLDBREW
▲LAMILLのコールドブリュー(アイスコーヒー)
インターナショナルマーケットプレイス

カウンターで注文したら、席に戻って運ばれてくるのを待ちました〜。

コールドブリュー 4.39ドル
(2017年9月)

いやいやいや、高いでしょ。

・・と思ったけど、お向かいの店「コナコーヒー・パーベイヤーズ」のような美味しいコーヒーだったら納得なので、一度注文してみることに。

結果、やはり!LAMILLのコーヒーも美味しかったです。

LAMILL COFFEE

ちなみに、ミルク・リキッドシュガー・はちみつ・ロウシュガーはセルフでした。

エッグ & アボカドサンドイッチ
EGG & AVOCADO SANDWICH
〔朝食メニュー〕卵の焼き方:オーバーイージー

エッグ&アボカドサンドイッチ THE STREET ワイキキ・ハワイの朝食メニュー
▲エッグ&アボカドサンドイッチ
(THE STREETホノルルの朝食メニュー)
インターナショナルマーケットプレイス

そうこうしている内に、店員さんが運んで来てくれました。

エッグ&アボカドサンドイッチです。

8.99ドル(2017年9月)

エッグ&アボカドサンドイッチ THE STREET ワイキキ・ハワイの朝食メニュー(オーバーイージーで注文)
▲めくってみると、こんな感じ
(卵の焼き方は「オーバーイージー」を注文)

注文時に卵の焼き方を聞かれ、「オーバーイージー」を指定したこちら。

(オーバーイージー=両面焼きの目玉焼き)

他店に無い感じのクリスピーなバンズに、焼き加減が丁度良い卵・たっぷりのアボカド・スイートポテト・オニオン・チーズが挟まった、ヘルシーなハンバーガーでした。

肉類が入っていないので物足りないのでは?・・・と少しは思っていましたが、ボリュームたっぷりで味も良く、ピリ辛のソースが適度に濃いので、十分満足感がありました。

また、付け合わせのポテトフライ「ツイスティーフライ」は、ポテトがホクホクで油っぽさが少なく、塩味が適度。

このポテト、とっても美味しかったです。(やはり、お隣の「マウイオニオンバーガー」のメニューであったことが後日判明。ポテトを食べてわかった)

ワイキキ中心部で、快適な飲食スペースがあって、この味で、この価格(朝食は安い)はお得だしオススメだと思いました。

マウイオニオンバーガー・ロコモコ
MAUI ONION BURGER LOCO MOCO
〔朝食メニュー〕

マウイオニオンバーガーのロコモコ(THE STREET ワイキキ)
▲マウイオニオンバーガーロコモコ

そしてこちらは、朝食メニューの「マウイオニオンバーガー ロコモコ」です。

10.99ドル(2017年9月)

目玉焼きが2つとフライドマウイオニオンが乗った一見スタンダードな見た目ですが、

ザ・ストリート ワイキキのマウイオニオンバーガーロコモコ

実はハンバーグは目玉焼きの下を全て埋め尽くす程の特大サイズ。

薄めに伸ばして焼いているので肉のジューシーさは少ないけれど、全体を覆っているために、ライス・玉子・ハンバーグを、まんべんなく重ねて食べられました。www

ソースはデミグラスっぽい感じで、少し酸味と甘みを感じる仕上がり。

卵の焼き方は選べず、全てサニーサイドアップでした。

デミグラスソースっぽいので「アレンジ系のロコモコ」ですね。
普通に美味しかったです。

インディー ガール ボウル(アサイーボウル)
Indir Girl Bowl(ACAI BOWL)

LAMILLでアサイーボウルを注文すると、THE STREETの店内に店を構える「インディーガール」の店員さんが、慌ただしく準備を開始しました。

番号札を渡され席で待っていると、「インディーガール」の店員さんが、席まで運んで来てくれました。

注文したのはこちら。

インターナショナルマーケットプレイス ワイキキ フードコートのアサイーボウル(インディーガール)
▲アサイーボウル(ザ・ストリート)

インディガールアサイーボウル + パパイヤをトッピング

インディガールアサイーボウルは11.99ドル。

フルーツのトッピングは、各0.99ドルでした。

基本のアサイーボウルは、ストロベリー・アップルバナナ・ブルーベリー・ココナッツフレーク・グラノラ・ハワイアンハニー。

ハチミツは控えめなので、甘過ぎず、しっかり酸味の効いた濃厚なアサイーの味が楽しめました。

ザ・ストリート ワイキキのアサイーボウル
▲ベースのアサイーボウルにパパイヤをトッピング

酸味のあるストロベリーと独特の味のアップルバナナ・食感の良いブルーベリーは、全て新鮮で量も適度。

カップの大きさはカップヌードルのビッグサイズ位あって、ボリュームたっぷりのとっても美味しい “ヘルシー朝食”でした 。

席も空いていてゆったり気分で味わえた点も、良かったです。

スポンサーリンク

ザ・ストリートで通常メニュー。お得なハッピーアワーも!インターナショナルマーケットプレイスのフードコート(ホノルル・ワイキキ)

朝は3店舗だけでしたが、AM11時からは全店がオープンし、通常メニューを注文できるようになっていました。(2017年9月)

「THE STREET」で私がいただいた「通常メニュー」はこんな感じです。

インターナショナル スモーク
International Smoke

インターナショナルスモーク at インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲インターナショナルスモーク

まずは、お客さんが絶えなかった「インターナショナル・スモーク」が気になりました。

インターナショナルスモークのメニューは、

ザ・ストリート ワイキキのインターナショナルスモーク

(2017年9月現在)

  • 1プロテイン & 2サイド(セットメニュー) 17.99ドル
    • メイン 1・サイド 2・ライス・ソフトドリンク(3ドル追加でビールに)
  • 2プロテイン & 2サイド(セットメニュー) 22.99ドル
    • メイン2・サイド 2・ライス・ソフトドリンク(3ドル追加でビールに)
  • アラカルト(メインだけ・サイドだけ)
    • BBQ ポークリブ 各種 S: 16.99ドル・L: 29.99ドル
    • スモークド ジャークチキン S:10.99ドル・L 19.99ドル
    • プルド ポーク バルバコア S:12.99ドル・L 21.99ドル
    • インターナショナル スモーク パストラミ S 18.99ドル・L 32.99ドル
    • サイドは、 S:4.99ドル・L:7.99ドルなど

      (日によってラインナップは違うかも)

フードコートと言っても、そこそこのお値段なのね〜(予感はしてたけど。。)

とは言え、その時間はハッピーアワーの時間帯でもあったので、セットメニューのうち、よりがっつりな「2プロテイン」の方をオーダーしてみることに。

ザ・ストリート ハワイのインターナショナルスモーク

好きなお肉を2品、ショーケースから選びます。

ザ・ストリート ハワイのインターナショナルスモーク サイド

サイドも2品、指差しで選びました。

こちらは温かいサイドメニューで、

ザ・ストリート ハワイのインターナショナルスモーク サイドのサラダ

こっちは冷たいサイドメニュー。

サラダとか、スイカとか。

好きな物を選べました。

ザ・ストリート ワイキキ ソフトドリンク

セットには、ソフトドリンクも付いて来るのですが、炭酸ばっかりだったので、

「あのオレンジのは何?」と聞いてみたら、

「Unsweetened Ice Tea だよ!」(無糖のアイスティー)

ということで、そちらにしました。

最近は、無糖のアイスティーを選べる店が増えて嬉しいな〜。(ちょっと前まで炭酸しか選べないお店も多かったけれど・・)

インターナショナルスモーク THE STREET

チョイスした肉を切り分けてもらい、

出来上がって来たのがコチラ↓

インターナショナルスモーク・2プロテインコンボ
▲2プロテイン & 2サイド/THE STREET ワイキキ(インターナショナルスモーク)

2プロテイン & 2サイド(ライス・ソフトドリンク付)

これ、思っていたより大っきかったです!!

2人でシェアし、これを食べ切ってから他の物を注文しようかと思っていましたが、これだけで足りてしまいました。

インターナショナルスモーク ザ・ストリート ワイキキのパストラミ
▲パストラミ(インターナショナルスモーク)

ちなみに選んだ肉1つ目は、パストラミ。

柔らかくて肉の味を楽しめる赤身に、マスタードソースが掛かっていて意外とアッサリ味でした。

インターナショナルスモーク ワイキキのキューバンリブ
▲キューバンリブ(インターナショナルスモーク)

もう1つの肉は、BBQポークリブ(スペアリブ)から「キューバンリブ」を選択。

味に深みがあってとっても美味しかったのですが、パストラミと同じマスタードソースが掛かっていたので、パストラミと合わせるなら別の味がオススメです。

実は、後に書いている「パーティー」というチケットで、既にこの時、同店のスペアリブ「セントルイス」という肉を経験済みだったのですが、

味的にも私は、「セントルイス」の方が濃厚な感じがして好きでした。

インターナショナルスモークのサイド・インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲サイドメニューは、指差しで注文

サイドで選んだ野菜炒め(Brussei Sprouts Long beans & Chinese Sausage)は芽キャベツの食感とバルサミコ風の味付けがとても良く、かなりの美味しさ。

一緒に入っているサラミの様な食材も塩味が強過ぎず硬めの食感も変化があって面白かったです。

インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲サイドは指差しで注文

もう1つのサイドは、トウキョウポテトサラダをチョイス。

適度な歯応えのジャガイモがゴロゴロ入った優しい味でした。

また、セットメニューには1スクープのライスが付くのですが、辛めのスパイスがちょっと掛かっていて、量も丁度良かったです。

インターナショナルスモークの「2プロテイン & 2サイド(ライス・ソフトドリンク付)、ボリューム満点ですし美味しかったです!

リトル ラファ
Little Lafa

リトルラファ THE STREET インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲リトルラファ
インターナショナルマーケットプレイスのフードコート

THE STREETは、ミシュランの星を獲得した有名シェフ「マイケル ミーナ」氏プロデュースのフードコートですが、

中でもここ「リトルラファ」は、マイケルミーナ氏・本人が手掛ける「地中海料理」のお店ということで、こちらも人気店のようでした。

リトルラファのメニューは、

リトルラファのメニュー インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲リトルラファのメニュー

  • LAFAS(フラットブレッド)
    • 01/イエメン ショートリブ 14.99ドル
    • 02/チャルモラ ロースト サーモン 14.99ドル
    • 03/ハリッサ グリルド チキン 12.99ドル
    • 04/ロースト カリフラワー&ナス 11.99ドル
  • プレート(セット)
    • 05/イエメン ショートリブ 14.99ドル
    • 06/チャルモラ ロースト サーモン 14.99ドル
    • 07/ハリッサ グリルド チキン 12.99ドル
    • 08/ロースト カリフラワー&ナス 11.99ドル
  • サイド
    • レバノン風スパイスのフライ 6.99ドル
    • 豆のコロッケ 6.99ドル

(2017年9月現在)

ん? フラットブレッドとセットが同じ値段?
単品とセットの違いじゃないの?

・・・と疑問に思ったので聞いてみたら、

フラットブレッドは2ピースで、セットは味付ライスにメインが上に乗っているので、全く違うスタイルだとのことでした。

実は、後に書いている「パーティー」というチケットで、フラットブレッドは経験済みだった私たち。

ということで、この日、注文したのがこちら。

リトルラファ グリルドチキンプレート
▲ハリッサ グリルドチキン(プレート)

プレート(セット)メニューから、「ハリッサ グリルド チキン」です。

まず初めの印象・・・「大っきい!」

私たちは、インターナショナルマーケットプレイス・通路側にあるテラス席を利用したのですが、道行く欧米人が、「お〜〜〜ぅ!」と声を上げる程のインパクト。www

Little Lafa Harissa Grilled Chicken
▲ハリッサ グリルドチキン(プレート)リトルラファ

ジャンバラヤの様なゴハンの中央に、野菜たっぷりのトマトソースが乗っていて、その上に大きなグリルドチキンが2つ。

温め直されたチキンは皮がパリッとして身が柔らかく、ライスは見た目によらずクセがなく食べやすかったです。

内容・ボリューム・見た目・味・値段共に大いに満足で、かなりオススメの一品です!(ゴハンは薄く盛られているので、量は多過ぎる事なく適度でした。←2人でシェア)

ちなみに、私たちはお得なハッピーアワーの時間帯に訪れたので、さらにコスパ良しでした〜!

リトルラファのLAFAS/ザ・ストリート インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲LAFAS(フラットブレッド)

また、もう1つのメニュー「LAFAS(フラットブレッド)」は、こういった感じのものが2ピースです。

LAFAS(フラットブレッド)も美味しかったなぁ。

感想は、後ほど出てきます「パーティーパス」の項目で書いております。

スポンサーリンク

カイポケ
KAI POKE

カイポケ インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲カイポケ
インターナショナルマーケットプレイス THE STREET

ポケのお店「カイポケ」でも購入してみました。

インターナショナルマーケットプレイスのカイポケ(メニュー)

カイポケのメニューは、

味を選ぶ
  • マイケル・ミーナ クラシック アヒ(一番人気)
  • キムチ タコ
  • アロハ アヒ
  • ココナッツ シュリンプ
  • スパイシー アロハ アヒ(9月)
  • G-MAN スペシャル(10月)
ベースを選ぶ
  • ボウル(丼)14.99ドル
  • プレート(皿盛り)15.99ドル

ボウルは、白米(ホワイトライス)か玄米(ブラウンライス)かを選べました。

また、5番目に書いているメニュー(味)は月替わりなのかしら・・、9月と10月とでは違うメニューが掲載されていました。

プレートは「ライスケーキ・シュリンプチップス・レタスチップス・ポケ」がワンプレートになっているらしい。プレートは、チョットおつまみ系なのかな。

他にも、

  • ノースショア ガーリック プラウン(ボウル) 15.99ドル
  • カイ タコ トリオ(アヒ・キムチタコ・ココナッツ シュリンプのププ) 9.99ドル
  • ボウルまたはプレートに、ポケタコとソフトドリンクをセットにすると 18.99ドル

    (3ドル追加でビールに変更)

(2017年9月現在)

もありました。

カイポケ インターナショナルマーケットプレイス
▲マイケル・ミーナ クラシック アヒ(カイポケ)
(THE STREET ワイキキ)

私が選んだのは、一番人気だという「マイケル・ミーナ クラシック アヒ」のポケボウルを白米で。

醤油ポケに、梨と松の実の変わった食感が面白く、アヒも新鮮でとても美味しい一品。

KAI POKE THE STREET INTERNATIONAL MARKET PLACE

ですが、このボリュームでこのお値段。ワイキキ価格だなぁ。。。

味は、美味しかったですよ。

ハッピーアワーがお得!(the HAPPIEST of HOURS)

実は、上で紹介している通常メニュー。

全て「the HAPPIEST of HOURS」と呼ばれるハッピーアワーで頂いたものなんです!

ザ・ストリート(ハワイ・ワイキキ)のハッピーアワー
▲ザ・ストリートのハッピーアワー

the HAPPIEST of HOURSは、

毎日
  • PM3時〜6時
    • 全てのフード 25%オフ
  • PM10時〜AM12時
    • $10 レイトナイトグラインズ

両時間帯には、飲み物も、

  • 9種類のビール
    • 1.99〜4.99ドル
  • 5種類のワイン
    • $5.99ドル
  • グレイグース・パトロンなど
    • $6.99ドル
  • クラッシック ティキズ
    • $7.99ドル
  • ピナコラーダ
    • $4.99ドル

になるとのこと。

PM3時〜6時に注文すれば、全フードが25%オフって、めちゃ割引率がイイですよね??!

インターナショナルスモーク・2プロテインコンボ
▲インターナショナルスモーク(THE STREET)の
 2プロテイン & 2サイド

なので、インターナショナル スモークの「2プロテイン & 2サイド(ソフトドリンク付)」は、

5.75ドル引き17.24ドル(税込 18.05ドル)になり、

2017年9月現在の価格です

リトルラファ グリルドチキンプレート
▲リトルラファ(THE STREET)の
 ハリッサ グリルドチキン(プレート)

リトルラファのハリッサ グリルドチキン・プレートは、

3.25ドル引き9.74ドル(税込 10.20ドル)に、

2017年9月現在の価格です

カイポケ インターナショナルマーケットプレイス
▲カイポケ(THE STREET)のポケボウル

カイポケのポケボウルは、

3.75ドル引き11.24ドル(税込 11.77ドル)になったわけなんです。

2017年9月現在の価格です

これらの内、特に、インターナショナル スモークの「2プロテイン & 2サイド(ソフトドリンク付)」と、リトルラファのプレート(セット)は、2人でシェアしてもおかしくない量はあるので(1人だと多い)、これらを2人でシェアして(別の日に1品ずつ)、一人頭の食費は結構お安く上げることが出来たのでした。

また、ザ・ストリート・ワイキキのハッピーアワーでも、

ザ・ストリート ハワイ ハッピーアワーの飲み物
▲ザ・ストリート ハワイ ハッピーアワー
インターナショナルマーケットプレイスのフードコート

頂きましたよ。

「ハッピーアワーの看板に掲げている、1.99ドルのビールって、何ですか?」

と質問してみたら、

1.99ドルのビールは、PBR(ピービーアール)よ!

ということでした。

ちなみにPBRとは、PABST BLUE RIBBONのこと。軽めでクセがなく飲みやすいビールです。PBR(ピービーアール)で通じますので、ワン PBR!とか、ツー PBR!、スリーPBR!と注文すればOKです。

ワイキキでビールが1.99ドルだなんて・・これは激安だわ〜w

また、この写真 右のドリンクは、ピナコラーダ。通常価格が13.99ドルのところ(結構するよね)、ハッピーアワー価格で4.99ドルでした。

  • PBR 16oz
    • ハッピーアワー $1.99(通常価格 $4.99)
  • コナロングボード
    • ハッピーアワー $4.99(通常価格 $5.99)
  • ピナコラーダ
    • ハッピーアワー $4.99ドル(通常価格 $13.99)

尚、ハッピーアワーの割引アルコールを買えるお店は、

ザストリート ハワイ ワイキキ
▲ザ・ストリートの中央にあるカウンター
インターナショナルマーケットプレイスのフードコート

ザ・ストリートの中央にある「BEER」というお店か、

(ビール類・ピナコラーダ)

カイポケ インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲カイポケ
インターナショナルマーケットプレイス THE STREET

カイポケ(KAI POKE)か、

(種類による。9月はPBRの取り扱いがありましたが、10月に注文したら、PBRは「BEER」で注文してねと言われました)

THE MYNA BIRD THE STREET INTERNATIONAL MARKET PLACE WAIKIKI FOODCOURT
▲ザ・ミナ・バード
インターナショナルマーケットプレイス THE STREET

ザ・ミナ・バード(THE MYNA BIRD)です。

(種類による。ビールサーバーがないから、ビール以外だと思います)

バー形式なので、ビビって利用を躊躇しそうになりますが、

フードコートの特性を生かして、カウンターに座らず、普通に店員さんに注文。

その場で支払いを済ませ、

THE STREET ザストリート ハワイ ワイキキ

好きなテーブルまで飲み物を運んで、好みのフードと合わせて頂けば、

飲みたい人も飲めない人も一緒に楽しめる、チップの要らない“フードコートグルメ呑み”が、楽しめると言うわけです。

ちなみに私は最初、「BEER」のカウンター席に座って注文したら、会計の明細が置かれました。(後から会計する形式)

その形式だと、チップは要るよね〜と思ったのと(帰った後、片付けてもらうし)、色々質問してしまったこともあり(ハッピーアワーと通常料金のだと量は違うの?とか、くだらない質問ばかり。ちなみに同じだそうです)、会計を済ませた後、チップ1ドルを置いて立ち去りました。

でもその次からは、カウンターに座らずに、注文と同時に支払い。物を受け取ったら自分で好きなテーブルまで運び、飲み終わったら自分でゴミ箱へと片付けました。それならチップは要らないのでね(icon4.gif)。(もちろん、差し上げれば歓迎されますが)

THE STREETにも、「アラモアナセンター・フードコート」や「ロイヤルハワイアンセンター・フードコート」と同様、フロアを片付けてくれる方がいらっしゃって、気付けば食器も下げてくれます(基本的にはセルフで片付け)。なお、フードコートで片付けてもらった場合でも、基本的にチップは不要です〜。

スポンサーリンク

パーティー・パスも、お得かもザ・ストリート「パーティーパス」を利用してみた

パーティー ザ・ストリート ワイキキ

ザ・ストリートにあるユニークな お食事 & 飲み物チケット「PARTY パス」も良かったです。

PARTYは、

  • 30日間有効(最初に使った日から)
  • 参加店12店舗から好みの店を選び、PARTY専用の小さめメニューと引き換え
  • 2種類ある(2017年9月現在)
    • 4店舗 24.99ドル
    • 7店舗 36.99ドル

では、購入してみまーす!

  1. まず初めに「絶対ココで買う!」と決めた1店舗に向かい、パーティーパスを買いたいと伝えました。

    インターナショナルスモーク at インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
    ▲インターナショナルスモーク

    私の場合は、インターナショナルスモークは絶対食べた〜い!と思ったので、ここでパスを購入。

    30日間有効なので、滞在期間や人数に合わせて、4店舗用か7店舗用を決めると良いですね。

    私は7店舗用にしてみました。

  2. THE STREET PARTY PASS
    ▲パーティーパス(ザ・ストリート・ワイキキ)

    パスはこういう感じ。
    (2017年10月)

    首から下げられるようになっています。

    お店で注文する毎にカードを渡すと購入記録が残る「磁気ストライプ」式にバージョンアップされていました。

    パスを購入すると、すぐさま「(料理は)1つ?それとも2つ?」と聞かれました。

    1店舗につき1つかな?と思っていましたが、1店舗で複数交換しても良いみたいです。

    パーティーパスの料理は、幾つかの選択肢の中から、味を選べる店もありました。

  3. THE STREET ワイキキ at インターナショナルマーケットプレイスのフードコート

    ページャーを渡され、赤く光ったので、料理を取りに行きました。

    ページャーを渡されないお店では(マインドフル・グリーン)、名前を聞かれ、近くで呼ばれるのを待ちました。

  4. ザ・ストリート ハワイ パーティーパス VIP

    ちなみに、2回目からは(=パーティーパスを持っている場合)、列に並ばなくても、

    「PARTY PASS VIP STARTS HERE」と掲げている場所で、いきなり注文が出来ます。

    会計が不要なので、選びたい味をオーダーするだけだからです。

    でも、どの味が選べるのか質問してから悩む私は、ここのレーンを使うと、スタッフの方を待たせてしまいそうだったので、あまり使いませんでした。

PARTYパス
▲アナログタイプのパーティーパス

実は、9月にもパーティーパスを購入したのですが、その時は、1つ利用する毎に1つ穴が開けられるという「アナログタイプ」でした。

10月訪問時の「新型磁気タイプ」には

「THE STREETは、破損した場合の責任は負わない」的な文言が書いてあるので、

「スマホや携帯電話」「バッグや財布などの磁気留め具」の近くで管理したり・・・は、気を付けた方が良さそうです。

(クレジットカードの磁気の管理と同じだと考えれば良いと思います。)

では、私が注文したパーティーパス専用メニュー(小さいサイズ)をご紹介いたします。

インターナショナルスモーク
PARTY PASSで食べたもの(ザ・ストリート/ハワイ・ワイキキ)

インターナショナルスモークのパーティーパス
▲インターナショナルスモークのパーティーメニュー

こちらは、インターナショナルスモークのPARTYメニュー、スペアリブです。

味は選べず、「セントルイス」という定番の味が提供されました。

小さなお試しサイズですが、2つにカットされています。

柔らかくて適度に味が濃いので、おつまみにピッタリ!(ビールに合う合う♪)

これ、かなり美味しかったなぁ。

また、スペアリブの下には、少量ですが野菜も入っていました。

リトルラファ
PARTY PASSで食べたもの(ザ・ストリート/ハワイ・ワイキキ)

リトルラファのLAFAS/ザ・ストリート インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲LAFAS(フラットブレッド)

地中海料理のリトルラファでは、フラットブレッドが1ピース提供されました。

通常メニューのLAFAS(フラットブレッド)は、2ピースで11.99ドル〜14.99ドル。

その1ピース版が、パーティーパスで頂けるとのことでした。

パーティーパスで選べる味は、

  • LAFAS(フラットブレッド)
    • 01/イエメン ショートリブ(通常メニューは14.99ドル)
    • 02/チャルモラ ロースト サーモン (通常メニューは14.99ドル)
    • 03/ハリッサ グリルド チキン (通常メニューは12.99ドル)
    • 04/ロースト カリフラワー&ナス (通常メニューは11.99ドル)

の、どれでも好きな味を選べるとのこと。

貧乏性の私たちは、一番お高い2アイテムのうち、01番の「イエメン ショートリブ」にしてみました〜!(←値段で選ぶな〜! www)

パーティーパスの7店舗チケットは、1アイテムにつき5.3ドル。
4店舗チケットは、1アイテムにつき6.25ドル。

高いの選ぶ方がお得ですもんね〜!(にっこり)

(思わず、通常メニューとパーティー用の違いは、1つか2つかの違いだけでサイズは一緒なの?とか聞いてしまった。。。同じだそうです。)

リトルラファのLAFAS(フラットブレッド)は、「オープンのピタパン」と言った感じ。柔らかくて薄い生地に、野菜・スペアリブ・チーズ・唐辛子など具材がタップリでした。

少し濃い味のショートリブにチーズのコクが加わり、唐辛子がピリッとスパイスを効かせているのですが、野菜と生地に包まれているお陰でマイルドさもあって絶妙なバランス!最高に美味しかったです!

これも、おすすめです。

ザ・ラーメンバー THE RAMEN BAR
PARTY PASSで食べたもの(ザ・ストリート/ハワイ・ワイキキ)

ザ・ラーメンバーのパーティーメニュー  THE RAMEN BAR インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲パーティーサイズのラーメン

ザ・ラーメンバーのパーティー用メニューは、小さいサイズのラーメンでした。

お箸や玉子の大きさで、器のサイズが大体分かるかしら?

小さいですが意外と量があって、女性ならこれ1杯でも、十分なお食事になるなぁ〜と思いました。

子連れファミリーさんにもおすすめです。

インターナショナルマーケットプレイスのフードコートThe STREETのラーメンバーメニュー

パーティーパスで選べる味は、

  • RAMEN(ラーメン)
    • 01/東京醤油ラーメン
    • 02/東京塩チキンラーメン
    • 03/北海道みそラーメン
    • 04/冷やし中華

のどれか。

通常料金は一律どれも同じだったので(やっぱりそこ見る?)、東京塩チキンラーメンにしてみました!

ザ・ラーメンバーのパーティーメニュー PARTY THE RAMEN BAR インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲東京塩チキンラーメン(パーティーパス用)

味は完璧な食感のちぢれ麺にコク深いチキン味のスープがよく合って、とても美味しかったです。

シンプルながら、日本で食べても「美味しい」と思えるクオリティだと思います。

4人グループなら、パーティーパス7店舗用を買って、ラーメンは1人1つずつ、あとの3つはつまみを注文してシェアすれば、立派なお食事が出来るのでは?・・なんて思いました。

2017年10月には、「北海道みそラーメン」「冷やし中華」もパーティーパスで頂いてみました。この3つだったら私は「東京塩チキンラーメン」が一番美味しいと思いました。

カイポケ
PARTY PASSで食べたもの(ザ・ストリート/ハワイ・ワイキキ)

カイポケ パーティー
▲カイポケのパーティーパス用フード

カイポケのパーティー用フードは、「ミニポケ丼 with ポケタコス」でした。

お茶碗サイズの約半分にポケ丼、もう半分にポケタコスです。

ポケタコスは、タコス風のハード系トルティーヤに、ポケとアボカドディップが入っている“おつまみスタイル”。

意外な組み合わせだと思いましたが、食べてみると違和感がなく、ビールにとっても合う!最高に美味しいおつまみでした。

また、ポケ丼の部分は、下記の味からチョイス。

  • ポケ
    • 01/マイケル ミーナ クラシック アヒ
    • 02/キムチタコ
    • 03/アロハアヒ
    • 04/ココナッツ シュリンプ
    • 05/スパイシーアロハアヒ

この中から、スパイシー アロハアヒにしてみました。

新鮮なスパイシーアヒの食感の良さと、程よい辛さのソースで、かなりレベルが高いアヒだと思いました。

シラチャ(チリソース)・生姜・胡麻・マウイオニオン・マカデミアも入っていて、こちらも美味しかったです。

スパイシー アロハアヒは、10月には無くなっていました。

スポンサーリンク

マウイ オニオン バーガー/PARTY PASSで食べたもの
ザ・ストリート・インターナショナルマーケットプレイス フードコート

インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲マウイオニオン・パーティー用フード

マウイオニオンバーガーのパーティ用フードは、「マウイオニオン スライダー&ツイスティーフライ」でした。

マウイオニオン・スライダーは、小さいながらも肉の旨みを感じるジューシーなハンバーグと、

ザ・ストリート マイケルミーナ マウイオニオンバーガー
▲ナイフで2つに切ってみた
(マウイオニオンバーガー・パーティーパス用フード)

カリッと揚がったオニオンフライが合わさることで濃厚さが増し、とても美味しかったです。

ピリ辛のソースも味に深みと複雑さを出していて、他では食べられない特徴的な味になっていました。

また、添えられている「ツイスティーフライ」は、ほくほくで、ポテトの味も濃く、私好みのカリカリ度合い。

これは、以前、朝食でいただいたエッグ&アボカドサンドイッチに添えられていたポテトと同じだったので、この時、「朝はLAMILL(ラミル)で購入したけれど、マウイオニオンバーガーのメニューだったんだ」と気付きました。このポテト美味しいです!

ちなみにマウイオニオンバーガーは、パーティ用メニューの選択肢はなく、1種類のみでした。

アダムズ ナナルー/Adam's Nana Lu Pizzeria Cucine
PARTY PASSで食べたもの
ザ・ストリート・インターナショナルマーケットプレイス フードコート

アダムズナナルー
▲アダムズナナルーのピザ

アダムズ ナナルーのパーティー用フードメニューは、「スライスピザとサラダ」のセットでした。

ピザはどの味でも選べるとのこと。

ショーケースの実物を見ながら選ぶことが出来ました。

ザ・ストリート ハワイ
▲アダムズナナルーのサラダ

ピザを選んだら、サラダのコーナーへ。

サラダも、どれでもOK!
指差しで注文しました〜。

その後、ピザを窯で温め直してくれるということで、少し待ってから受け取りに。。。

受け取ったのはこちら。

アダムズ ナナルー パーティー用のメニュー
▲アダムズナナルーのパーティーフード

ピザ(ホワイトクラム:あさり)とオクトパスサラダです。

ピザは生地の厚いアメリカンタイプで食べ応えあり。

ホワイトクラムは塩味が丁度良かったです。

また、温め直されているので、当然ですが温かかったです。

タコサラダはあっさりした味付けで、タコのコリコリ食感が楽しめるシンプルなもの。

こってりのピザと相性が良く、量は少ないですが、あっさり系もいただけて良かったです。

マインドフル・グリーン/Mindful Greens
PARTY PASSで食べたもの
ザ・ストリート・インターナショナルマーケットプレイス フードコート

マインドフル・グリーン
▲マインドフル・グリーン(ザ・ストリート)

サラダ・健康系フードの店「マインドフル・グリーン」では、サラダがパーティーフード用として提供されました。

マインドフル・グリーンのサラダ
▲マインドフル・グリーンのサラダ ラインナップ

サラダのラインナップからなら、どれでもOKとのこと。

  • B.L.T.A Wedge
  • GREEK BEET
  • CAESAR + NICOISE
  • MEXICAN SHOP
  • ASIAN SLAW

からのチョイスです。どれもレギュラー商品は均一価格だったので悩みます。(笑)

選んだのがこちら。

マインドフル・グリーン インターナショナルマーケットプレイスのフードコート
▲グリークビート/GREEK BEETのパーティーフード

グリークビート(GREEK BEET)です。

上でご紹介した「ザ・ラーメンバー」(パーティー用)と同じ器で提供されたこのサラダ。

夫は、このサラダの量に関して、少ないとボヤいてました。

マインドフル・グリーン at THE STREET
▲グリークビート/GREEK BEETのパーティーフード

ちょっと、めくってみましょうか。

中には大きなビーツのかたまりが!

味は、新鮮なグリーン野菜とほんのり甘いビーツの優しい味で美味しかったです。

少量ですがブルーチーズ系の、かなり強めのチーズが入っているので、苦手な方はご注意くださいね〜。

ただ、正規の価格でレギュラーサイズ(9.99ドル)を注文するなら良いと思いますが、パーティーチケットをココで使うのは、個人的には「お得感」が薄い気がしました。

スポンサーリンク

子連れ・ひとり旅・酒呑み & 飲まない人にもオススメ!
チップも不要なフードコート「THE STREET」インターナショナルマーケットプレイス 1階

ザ・ストリート ハワイ
▲ザ・ストリート マイケルミーナ・ソーシャルハウス

ザ・ストリート マイケル・ミーナ・ソーシャルハウス(THE STREET A MICHAEL MINA SOCIAL HOUSE)で食を色々と体験する前は、料金だけ見て「やっぱり高いなぁ」と正直思っていた私。

でも、それも使い方次第だということが分かりました。

ポイントは、

子連れさんにもおすすめ

THE STREET WAIKIKI
▲ザ・ストリート マイケルミーナ・ソーシャルハウス

フードコート内は、ガヤガヤした雰囲気もあり、小学生くらいの子連れファミリーさん達も、特に問題なく利用されているようでした。

2017年9月に訪れた時は、ハイテーブル & ハイチェア(大人用)が多く、「大人の社交場」的な雰囲気も漂っていた店内でしたが、

2017年10月には、配置換えにより「普通のテーブル席」も増え、

THE STREET 子連れ
▲THE STREETの子供用ハイチェア
(インターナショナルマーケットプレイス)

子供用のハイチェアも完備されるなど、

子連れファミリーさんカモーン!の体制を整えているように感じました。

THE STREET ハワイ
▲THE STREETのテーブル席(屋内)

また、リトルラファの前にも、こんなボックス席がありました。

とことん利用する

THE STREETは、ハッピーアワーやパーティーパスがあるお陰で、考えようによっては色々な使い方が出来ますね〜。

パーティーパスは、お店の開店から閉店まで使えるので、ハッピーアワー時間を逃した時に便利ですしね!

私は、PM3時〜6時のハッピーアワー時間に訪れて、1.99ドル(ワイキキでは激安!)のPBRを飲みながら、「今日はどのパーティーフードにしようかな〜」なんて、やっていました。

2人で1つのパーティーパス(7店舗用)を購入し、1日2〜3個のフードと交換して3日間ももたせました。笑(←軽く済ませたい時に)

また、せっかくハッピーアワー時間に来たのだから、通常メニューを注文してみたり・・・、これもお得感があって良かったです。

何よりチップが不要なので、割安感を感じた

このページ(中程)に書きましたように「バーカウンターに座らずにアルコールの購入だけして、自分で運ぶ」なら、基本的にチップは不要です。

私を含め、日本人がフードコート好きなのも、その辺は大いに関係があるのではないでしょうか?

その上、THE STREETの1件1件が、名だたるシェフのプロデュースによるものということですし。。。

これは、おすすめできるなと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ