ワイキキおすすめレストラン&食事人気グルメと
美味しくて安いローカルフード3/3
私がいつも行くオススメのお店とメニュー (ワイキキの地図あり)

ハワイ旅行ではグルメも大きな目的のひとつだという方も多いと思います。
私がハワイに長期滞在する大きな理由が「美味しい食事と快適な気候」なので、レストランやフードトラック等を多く廻っていて、その中から「おすすめのお店」をこのサイトでご紹介しています。

先日友人から「ハワイ旅行に行くので“ワイキキで”美味しいレストランを教えて欲しい」と言われて考えている時に気付きました。
「このサイトはワイキキのレストラン・グルメの情報が少ないなぁ・・・」と。

観光でハワイに行った場合、ワイキキのホテルに滞在される方が多いと思うので、ワイキキのグルメ情報は必要ですよね。
私も毎回ワイキキに滞在しますので、実はワイキキでの食事が一番多く、情報も写真も豊富です。

そういう訳で今回は、私が「ハワイ旅行に行く」という友人にオススメした「ワイキキで美味しい食事ができるレストラン」を「高級レストランからコンビニのスパムまで」幅広く「オススメ」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ワイキキの美味しいハワイグルメをメニュー別に(地図付)
<3ページ目>

1ページ目2ページ目 は、私が「ハワイ旅行に行く」という友人に紹介した “通常の” レストランやグルメでしたが、最後の3ページ目は少し趣向が違います。

私が毎回必ず行く「ワイキキの美味しくて “安い” おすすめローカルグルメ」をご紹介します。
“安い” にこだわっていますので、高級レストランの情報は一切ございません。。。

地図は前ページ同様、全体の位置関係が分かる様に全て共通ですので、赤丸印の番号は前ページからの続きです。

最新調査日:2016年9月

▼スマホの方は、2本指で広げることで地図を拡大できます。(タッチ操作可能なPCも)
ワイキキの地図 グルメ編

ワイキキの美味しくて安いおすすめローカルグルメ


ハワイを旅行していると、ランチが遅い時間だったり量が多過ぎたりして夜は軽く済ませたい日もありますし、チョットお金を使い過ぎて、気分的に食事を安く済ませたい時だってあります。(私だけ?)

このページでは、そんな時に「ワイキキに美味しくて安いローカルグルメの軽食は無いか?」と思って探し当てたお店をご紹介します。

私は「ハワイでは絶対に不味いものは食べたくない」と思っているので、かなり本気で探した「安くて美味しい食事」を宜しければご覧ください。

ワイキキの中心部にある、美味しくて安いアイスクリームのお店

ワイキキにはアイスクリームのお店が数多くありますが、せっかくなら「ハワイならでは」のローカルなアイスクリームが食べたいものです。

ここでは、ワイキキ中心部なのにローカル感あふれる「美味しくて安い手作りアイスクリーム」が食べられるお店をご紹介します。(私は度々朝食として利用)

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)
henry's Place

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)の外観
▲ヘンリーズプレイス(高橋果実店)の外観

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)は、その名の通り果物屋さんですが、アイスクリームとソルベ(シャーベット)が超有名なんです。

場所はトランプ・ワイキキの裏手ですからワイキキの中心部なのですが、ビックリするほど静かな所です。

可愛らしい規模のお店で看板も控え目なので、私が初めて行った時は うっかり前を通り過ぎてしまいました。。。。

ヘンリーズプレイスのショーケース
▲ヘンリーズプレイスのショーケース

入口を入ると左手に大きな冷凍庫があって、そこにお目当てのアイスクリームとソルベがズラリと並んでいます。

さすが果物屋さんだけあって種類は豊富で、フルーツ以外にコーヒー味もあったりします。

軽い注意点としましては、冷凍庫の扉を開けている時間がチョット長いと店員さんから即効で注意を受けます。
なので私は、ヘンリーズプレイスでは買う商品が決まったら「サッと開けてサッと閉める」を特に心がけています。

ヘンリーズプレイスのアイスクリーム
▲ヘンリーズプレイスのアイスクリーム

コレがヘンリーズプレイスのアイスクリームです。どうですか?この手作り感!

カップの大きさは日本のスタバのトールサイズ位あり結構な量なので、朝食として食べる事もしばしばです。

この場所で、この量の手作りアイスクリームとソルベの値段が税込6ドル位なのは、私はとても安いと思います。

「RL」って何?

ヘンリーズプレイスアイスクリームとソルベ記載のRL説明
▲アイスとソルベ記載のRL説明

高橋果実店のアイスクリームとソルベには「RL」記載があります。

「何だろう?」と思ったら冷蔵ケースに説明があり、リアルとデリシャスを足した造語「レリシャス」(本物の美味しさ)の略だそうです。

私と同じく気になった方へ、念の為・・・。

ヘンリーズプレイスのマンゴーアイス
▲ヘンリーズプレイスのマンゴーアイス

コチラが私のお気に入りのマンゴーアイスクリームです。

マンゴーの味が濃くて甘すぎる事もなく、非常にシャーベットに近い感じの濃厚で美味しいアイスクリームです。

よく行くお店なので他にも色々食べましたが、どれも濃厚で美味しいので、お好みの味で選んで大丈夫だと思います。

ヘンリーズプレイスのアボカドアイス
▲ヘンリーズプレイスのアボカドアイス

コチラのアボカドアイスクリームも美味しいので、アボカド好きの方にはオススメです。
チョット意外な素材ですが、アボカド風味の結構あっさりした味が気に入っています。

ヘンリーズプレイスのスイカアイス
▲ヘンリーズプレイスのスイカアイス

ソルベの中から私のオススメは、スイカです。

特にこの時のハワイ(2016年9月)はスイカが流行っていたので、人気も高くストックも豊富でした。

シッカリとしたスイカの味と、適度な甘さでサッパリ食べられる美味しいさです。

チョットした注意点

手書きの文字にチョット注意
▲手書きの文字にチョット注意

毎回ではないのですが、少々注意点があります。

ご覧の通り、高橋果実店のアイスクリームとソルベには手書きで商品名が記載されているのですが、時々素手で持つとペンのインクが付く事があります。

気付かずインクの付いた手で服などを触ると色が移りますので、ご注意を。(赤インクの文字が要注意な気がします)

スポンサーリンク

ワイキキで美味しくて安いスパムむすびが買えるお店は?

スパムむすびはハワイのローカルフードとしてご存知の方も多いと思います。

私がハワイで軽く食事を済ませたい時に、ます思い浮かぶのがこの「スパムむすび」で、大好きなハワイローカルフードの一つです。

非常にシンプルなメニューですが、意外と奥が深くてお店によって味も大きさもクオリティーも全然違いますので、私がワイキキで一番美味しいと思うお店をご紹介します。

セブンイレブン
Seven Eleven

セブンイレブン
▲ワイキキのセブンイレブン

ご紹介するのは、ワイキキのハードロックカフェの向かいにあるセブンイレブンです。

セブンイレブンと聞いてがっかりしましたか?まぁ、私も最初は同じ気持ちだったので理解は出来ます。(似たフレーズを別ページで使った様な)

でもワイキキに限って言えば、私はセブンイレブンのスパムむすびが一番美味しいと思います。

ハワイズベストで1位を獲得
▲ハワイズベストで1位を獲得

セブンイレブンは、地元誌の読者が毎年選ぶ「ハワイズベスト」のスパムむすび部門で1位になっています。

賞を獲ったから美味しいとは限りませんが、これキッカケで行って食べたら本当に美味しかったという訳です。

実際、この黄色地に青い星印の付いたポスターを貼っている「ハワイズベスト受賞店」は美味しい事が多いです。

セブンイレブンのスパムむすび(冷蔵)
▲セブンイレブンのスパムむすび(冷蔵)

スパムむすびだけで、冷蔵ケースにこの量ですから気合いの入り方が違います。

コンビニなのに、大型スーパーの フードランド 並の品揃え。

セブンイレブンのスパムむすび(加温)
▲セブンイレブンのスパムむすび(加温)

レジ前には冷蔵とは別に「スグに食べる人用」に暖めた商品を入れる保温スペースがあり、店員さんが頻繁にスパムむすびを補充しています。

味はもちろんですが、商品管理も行き届いている訳です。

この違いは、ABCストアでスパムむすびを食べて頂くと非常に分かり易いと思います。

セブンイレブンのスパムむすび3種類
▲セブンイレブンのスパムむすび3種類

セブンイレブンで買える “基本の” スパムむすびは この3種類で、値段は約1.6ドルからです。
手前から普通のタイプ・タマゴ焼き入り・テリヤキ味で、私は普通のスパムむすびが好きです。

スーパー等で見かけるものより若干大きめで、味は適度な塩味のスパムがふっくら柔らかいゴハンに染みていて最高に美味しい!

このスパムむすびとサラダ、それに下でご紹介するジャンボむすびをラナイで景色を見ながら食べると、安いのに美味しいので結構満足出来ます。

新種?スパムむすびも登場!

セブンイレブンのスパムカツむすび
▲セブンイレブンのスパムカツむすび

2015年辺りから「スパムカツむすび」なるインパクトのある商品が登場しました。

値段は1.65ドルと相変わらずの良心的プライスで。。。

セブンイレブンのスパムカツむすび(断面)
▲セブンイレブンのスパムカツむすび(断面)

中身は、一切予想を裏切る事なくキレイに揚げられた「スパムカツ」が入っています。

味の方は、見た目に反してコッテリしておらず丁度良い濃さで、ゴハンに染みた味が絶妙。

やはりセブンイレブンのゴハンものは「外し」がありません。

セブンイレブンのフライドライススパムむすび
▲フライドライススパムむすび

2016年には「フライドライススパム」を発見。

値段は1.79ドルとコチラも変わらぬ良心的プライスです。

セブンイレブンのフライドライススパムむすび(断面)
▲フライドライススパムむすび(断面)

コッテリ同士のスパムとフライドライスってどうなの?と思いましたが、ゴハンの味が控えめで意外とバランスが取れています。

味は美味しいので「少々コッテリしてるのもイイな」という方にはオススメです。

スポンサーリンク

セブンイレブンでスパムむすび以外のオススメ

セブンイレブンのモチコチキンジャンボむすび
▲モチコチキンジャンボむすび

スパムむすび以外にもセブンイレブンでおすすめの商品があります。

「ジャンボむすび」と言って、スパムむすびの2倍位のボリュームがあり、日本の「天むす」に近い感じです。

セブンイレブンのガーリックチキンジャンボむすび
▲ガーリックチキンジャンボむすび

具は、写真のモチコチキンとガーリックチキンの他にテリヤキチキンなど、どれもハワイプレートランチの定番メニューが揃っているので「ミニプレートランチ」的な楽しみがあります。

値段は約2.5ドルから。

セブンイレブンのモチコチキンジャンボむすび(側面)
▲モチコチキンジャンボむすび(側面)

チキン系はどれも見た目が似ているので、側面の写真はモチコチキンだけにしましたが、上記3種類は全て食べました

味は、モチコチキンは から揚げと似ており、ガーリックチキンは中華風の甘辛、テリヤキチキンは甘めの和風(醤油)。

どれもジューシーなチキンの味が ふっくらしたゴハンに染みてとっても美味です。

セブンイレブンのフライドフィッシュジャンボむすび
▲フライドフィッシュジャンボむすび

セブンイレブンのジャンボむすびはチキン系しか無いと思っていたら、ある日「フライドフィッシュ」を発見。

新商品なのか以前から有るのかは不明ですが、気になったので買ってみる事に(水を買いに来ただけなのに。。。)

セブンイレブンのフライドフィッシュジャンボむすび(側面)
▲フライドフィッシュジャンボむすび(側面)

タルタルソースが標準装備で「マックのフィレオフィッシュのゴハン版」といった感じですね。

ゴハンにタルタル?と一瞬戸惑いましたが「宮崎のチキン南蛮は美味しいから」と一気にパクリ。

味は。フライのコッテリをゴハンが吸収し、控えめな味付けのタルタルが全体をマイルドにまとめて、意外な程にアッサリな美味しさ。

やっぱりセブンイレブンの「むすび」に外しはありませんでした。

ロールもオススメ

セブンイレブンのスパイシーアヒロール
▲セブンイレブンのスパイシーアヒロール

「ジャンボむすびは大き過ぎる」という方や女性にオススメなのが「ロール」です。

見た目も大きさも日本の「手巻き寿司」ですね。

でもハワイのセブンイレブンなので、オススメは「スパイシーアヒロール」(約2ドル)です。

セブンイレブンのスパイシーアヒロール(断面)
▲スパイシーアヒロール(断面)

味は、適度な辛さに味付けされたマグロと海藻でアッサリ食べられ、手軽にハワイのローカルグルメを味わえるのがGOOD。

写真は海藻が入ったタイプですが、アヒのみのタイプもあります。

セブンイレブンのスパイシー シュリンプ カツ
▲セブンイレブンのスパイシーシュリンプカツ

「ハワイ感」はありませんが「日本で見かけない」という意味でおすすめなのが「スパイシー シュリンプ カツ」です。

値段は約2.5ドルとこちらもグッドなプライス。

セブンイレブンのスパイシーシュリンプカツ(断面)
▲スパイシーシュリンプカツ(断面)

中身は、まぁ「エビフライロール」ってところです。

味は、コチラもコッテリしておらず、スパイシーと言っても控えめな辛さで、ゴハンとのバランス絶妙。

この時は揚げ物系を2つ食べたのですが、全く重過ぎる事はありませんでした。

セブンイレブンのシーフードシュリンプロール
▲シーフードシュリンプロール

「とにかくアッサリ」という方にオススメなのが「シーフードシュリンプロール」

ハワイのコンビニにだって。ゴハン系のアッサリメニューは有るんです。

セブンイレブンのシーフードシュリンプロール(断面)
▲シーフードシュリンプロール(断面)

中身は、エビ入りカニカマサラダ(キュウリ入り)なので、日本にも有りそうなメニュー。

でも、この「日本にも有りそうな」アッサリが手軽に買えると言った意味でオススメな訳です。

コンビニで食べられる安い軽食でも、ハワイでは “探せば” 必ず美味しいものに出会えるので楽しいです。
でも、ワイキキの軽食は安ければ「それなり」のものも多いので、最初は「私のおすすめ」をお試し頂けると嬉しいです。

人気店のスイーツも

テッズベーカリーのチョコレートハウピアクリーム
▲テッズのチョコレートハウピアクリームパイ

ノースショアの有名店「テッズベーカリー」の人気商品「チョコレートハウピアクリームパイ」を発見。

ワイキキ周辺のスーパーでも売っていますが、ワンホールなので現実的ではありません。(お店で切った「小分け」も時々見ますが)

「テッズパイ好き」の私は、これ位のサイズがセブンイレブンで手軽に買えるのは嬉しいです。

スポンサーリンク

ワイキキで美味しくて安いハンバーガーが食べられるお店

ワイキキでは、マクドナルドからステーキハウスの高級品まで数多くのハンバーガーが食べられます。
でもせっかくハワイに来たのなら「地元発の美味しいハンバーガーが食べたい」と思う方は多いはず。

ここでは「ワイキキの美味しくて安い “ハワイ発の” ハンバーガー店」をご紹介します。

テディーズビッガーバーガー
Teddy's Bigger Burgers

最初のページからご覧頂いている方は既にご存知かと思いますが、1ページ目 でご紹介した「テディーズビッガーバーガー」がおすすめです。

詳細は 1ページ目 でご確認頂きたいと思いますが、ハワイ発の地元で大人気のハンバーガー店です。

ハンバーガーの値段は約6ドルからで、日本で考えれば少し高いですが、ジューシーな肉のハンバーガーは本当に美味しいのでオススメです。

場所はワイキキグランドホテルの1階(通りを挟んだ隣りがホノルル動物園)です。

ワイキキで美味しくて安いサンドイッチが食べたい

今までご紹介したものは、いわゆる「コッテリ系」なので、女性やヘルシー思考の方、胃が疲れている方には参考にならないかも知れません。

ここでは「あっさりヘルシー・しかも美味しい・もちろん安い」サンドイッチをご紹介します。

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)
henry's Place

ヘンリーズプレイスの冷蔵ケース
▲ヘンリーズプレイスの冷蔵ケース

上のアイスクリームの所でご紹介したヘンリーズプレイス(高橋果実店)が再び登場です。

アイスクリームやソルベが有名ですが、実はサンドイッチも「知る人ぞ知るグルメ」なんです。

アイスクリームは入口を入って左側にありましたが、サンドイッチは右側にあり、アイスクリーム同様、商品名はマジックで書かれています。

ヘンリーズプレイスのサンドイッチ
▲ヘンリーズプレイスのサンドイッチ

野菜系から肉系まで種類は豊富に揃っており、値段は3ドルからと非常に安いです。

早朝行っても夜に行っても商品は充実していてパンの状態も良いので、常に補充している様です。

地図をご覧頂けるとお分かりのとおり、セブンイレブンの近くなので、コッテリ系のセブンイレブンが胃にキツい時は、自動的にアッサリ系のヘンリーズプレイスのサンドイッチになります。

ヘンリーズプレイスのエッグサラダサンド
▲ヘンリーズプレイスのエッグサラダサンド

ヘンリーズプレイスのエッグサラダサンドです。この手作り感がたまりません。
これだけタップリ具が入って3ドルです。

味は、マヨネーズとタマゴの丁度良い味付けで、アッサリしていますが物足りなさはありません。

パンの状態も、水分の多い具が染み過ぎておらず「ちょうど美味しい柔らかさ」を保っていて本当に美味しいです。

ヘンリーズプレイスのローストチキンサンド
▲ヘンリーズプレイスのローストチキンサンド

ローストチキンサンド(3.5ドル)です。

バター(マーガリン?)が適度に付いたパンにタップリと美味しいチキン入っており、味付けがアッサリなので印象としてはヘルシーです。

こちらもパンの「しっとり具合」が絶妙で、オシャレなバスケットにでも並べれば相当な満足感が味わえます。

ヘンリーズプレイスのターキーパストラミとチーズのサンドイッチ
▲ターキーパストラミとチーズのサンドイッチ

ターキーパストラミとチーズのサンドイッチ(3.5ドル)

この時は持ち帰らず、店頭に多数用意されている椅子に座って頂きました。

ヘンリーズプレイスのターキーパストラミチーズのサンドイッチ(側面)
▲ターキーパストラミチーズサンド(側面)

シットリの食パンに、ターキーパストラミのマイルドな味とチーズ&バターの適度な塩味が丁度良いバランスの優しいサンドイッチです。

具のボリュ-ムが控えめなので「アッサリめのメニューを少し食べたい」という時にもオススメ。

高橋果実店のサンドイッチには、紙皿が “標準装備” されているのも気が利いています。

ワイキキで美味しくて安いステーキプレートランチを食べるなら

ハワイでは「プレートランチ」と呼ばれる、日本の「弁当」に近いものが有名ですね。

ワイキキでプレートランチを食べるなら、ワイキキビーチに安くて美味しいステーキプレートランチのお店がありますので、ご紹介します。

ステーキシャック
Stake Shack

ステーキシャックの外観
▲ステーキシャックの外観

ご紹介するステーキシャックは、その名のとおり「ステーキ小屋」といった感じの非常に小さなお店です。

場所はワイキキビーチに面したホテル「ワイキキショア」の1階(ビーチ側)に並ぶ店舗小屋のひとつ。

私は「ワイキキビーチの店舗小屋?」と侮っていて2度ビックリしました。

ステーキシャックのメニュー
▲ステーキシャックのメニュー

メニューはステーキとチキン、それに両方が入ったコンボの3種類のみ。

ステーキのみ増量サイズがもう3種類あります。

支払いは現金のみです。

ステーキシャックのレギュラーステーキプレート
▲レギュラーステーキプレート

ボリュームはハワイなら普通の量なのですが、まずは味が美味しくてビックリ! 私はいつもレギュラーステーキプレートを注文するのですが、アッサリめの味付けで肉の味がシッカリしていて焼き具合も丁度良いのです。

そして、このステーキプレートが約8ドルという価格だった事を思い出して再びビックリ! この値段でこの味は、ワイキキでは有り得ません!

ステーキシャックのステーキ&チキンコンボ
▲ステーキ&チキンコンボ

いつもチキンが気になっていたけどステーキは絶対に外せないので、この時は「ステーキ&チキンコンボ」(13ドル)を注文しました。

香ばしく焼き上げられたチキンも柔らかジューシーで “かなり” レベルが高く、非常にオススメ。

写真ではステーキの下敷きになってよく見えないけど、実は結構野菜が多めでヘルシー。

更に、ここのお兄さんは いつも明るく気さくで、対応がとても良いのもオススメの理由です。

ステーキシャックのテーブル
▲ステーキシャックのテーブル

お店にイートインスペースはありませんが、近くに近隣のお店と共有のテーブルとイスが有ります。

ワイキキビーチが目の前なので、ロケーションも最高。

ホテルでステーキシャックのプレートランチ
▲ホテルでステーキシャックのプレートランチ

ステーキシャックの近くのホテルに滞在中なら、持ち帰りもオススメです。

部屋のラナイで、海を見ながら美味しいステーキプレートを堪能するのも至福(チョット冷めるけど。。。)

スポンサーリンク

ワイキキの美味しくて安いガーリックシュリンプとポケ丼(ポキ丼)

ガーリックシュリンプとポケ丼(ポケボウル)はハワイのローカルフードとして有名ですね。

ガーリックシュリンプは「本場」のノースショアで食べるのが一番美味しいのですが、ワイキキからは遠いのが難点。でも「ノースショアと同じ位」とまでは言いませんが、ワイキキでも十分美味しいガーリックシュリンプが味わえるお店があります。

また、同じお店に美味しいポケ丼(ポケボウル)もありますので、合わせてご紹介します。
ポケボウルに関しても「このお店がハワイで一番」とは言いませんが、ワイキキで食べるならオススメです。

サムズキッチン
Sam's Kitchen

サムズキッチンの外観
▲サムズキッチンの外観

サムズキッチンは「Tギャレリア(免税店)」の側面にある両替所前の出口を出ると、通りを挟んだ左手前方(ABCストアの数軒左隣り」)にあります。

ワイキキ中心部の非常に便利で行き易い立地なので、気軽に行けるのもオススメする大きなポイントです。

サムズキッチンの注文カウンター
▲サムズキッチンの注文カウンター

入口を奥へと進むと右手に注文カウンターがあります。

更に奥がイートインスペースになっていて、夜は結構賑わっています。

屋根がありますので、雨が降っても安心!。

日本のテレビや雑誌でお馴染みのサムさん
▲日本のテレビや雑誌でお馴染みのサムさん

サムズキッチンは、テレビや雑誌で有名なサムさんのお店。

ハワイを紹介する番組で、以前レギュラー出演されていましたね。

サムズキッチンのガーリックシュリンプ
▲サムズキッチンのガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプの海老は “殻付き” が一般的ですが、サムズキッチンでは殻が剥いてあります。その分少しボリュームがない感じはしますが、食べやすいので特に女性にオススメです。

味はクセが無くアッサリ目なので、強いガーリック味が好きな方には物足りないかも知れませんが、ニオイが気にならないのはイイですね。

全体的にマイルドな味付けながら、しっかりガーリックシュリンプを堪能できる、美味しくてお手軽な一品。(値段は約12ドル)
セットでサラダを付ける事もできます。

サムズキッチンのポキ丼(ポキボウル)
▲サムズキッチンのポキ丼(ポキボウル)

ポキボウルは、少しピリ辛でショウユの味が良く染みていて美味しいです。

アヒの新鮮さはワイキキ郊外の有名店には適わないものの、ワイキキの中心部でこのレベルが味わえるのは嬉しいです。

大きさは日本で食べる普通サイズの丼物位なので適量です。(値段は約8ドル)

ワイキキの常設フードトラック屋台 パウハナマーケット

パウハナ マーケット ワイキキ
Pau Hana Market Waikiki

パウハナ マーケット ワイキキ
▲パウハナ マーケット ワイキキ

パウハナマーケットワイキキには、フードトラックが常時5〜7店舗出店。

中心にパラソル付のテーブルが並べられている「フードトラック版屋台村」と言った感じです。

パウハナ マーケット ワイキキの場所
▲パウハナ マーケット ワイキキの場所

パウハナマーケットワイキキの場所は、上でご紹介したヘンリーズプレイスの向かって右側にある駐車場の隣りです。

結構静かな所ですが、完全に「ワイキキの中心部」でビーチにも近い場所なので、行きやすさは最高ですね。

ハワイグルメが大集合の嬉しい構成

出店している店舗はバラエティに富んでいるので、ここへ行けば一ヵ所で複数のハワイグルメを楽しむ事が出来そう。
家族で食べたいメニューが違っても、同じテーブルで食べられるのも嬉しいところです。

私が行った時に出店していたお店と、食べたメニューをご紹介します。

牛骨ラーメンの香味徳(こみとく)
▲牛骨ラーメンの香味徳(こみとく)

牛骨ラーメンは本当に美味しそうで、他にも餃子やカレーもありました。

家族の中で日本食が恋しくなった人が居たら、ココへ行けば全員が満足できるかも。

と言うのも、私はハワイ滞在中はハワイの料理だけを食べたい方なので。。。でもココなら家庭の平和も自分の望みも叶えられそう。

京風お好み焼きのMAIKOYA
▲京風お好み焼きのMAIKOYA(マイコヤ)

京風お好み焼きのMAIKOYA(マイコヤ)

京風お好み焼きって、どんな感じなんですかねぇ?

日本人を含めた色々な国のお客さんが並び、結構賑わっていました。

オハナロコモコ
▲オハナロコモコ

ロコモコの専門店「オハナ」

ハワイにはロコモコが看板メニューの有名店が多数ありますが、ロコモコ専門店は珍しいかも(と言うかココ以外に見た事がありません)

広島お好み焼き鉄板焼きのhiro
▲広島お好み焼き・鉄板焼きのhiro(ヒロ)

広島お好み焼き・鉄板焼きのhiro(ヒロ)

私が行った時(2016年9月)には営業していませんでした。(たまたまお休みだったのかも)

ハウナニシェイブアイス
▲ハウナニ シェイブアイス

シェイブアイスの「ハウナニ シェイブアイス」

このお店には「チョコレートがドッサリ」や「マンゴーの果肉タップリ」のガッツリ系シェイブアイスがありました。

このタイプのシェイブアイスは、アラモアナセンターの近くにあったアイラナシェイブアイスが最高だったのですが、今はウォルマートの先まで行かなければならないので、ワイキキで食べられるなら気軽に行けて嬉しいです。

スポンサーリンク

ファイブスターシュリンプ ガーリックシュリンプの感想

ガーリックシュリンプのファイブスターシュリンプ
▲ファイブスターシュリンプ

ガーリックシュリンプの「ファイブスターシュリンプ」

本場のノースショアは遠いし、ブルーウォーターシュリンプを出していたロイヤルハワイアンセンターフードコートのグランドは閉店してしまったので(アラモアナセンターは営業中)、ワイキキでガーリックシュリンプのプレートランチは貴重かも。

ガーリックシュリンプのファイブスターシュリンプの行列
▲ファイブスターシュリンプの行列

ファイブスターシュリンプは、入口の角という絶好の立地の為か、この日は10組以上の行列。

ヒルトンハワイアンビレッジの花火(金曜日)の後で、まだ夕飯を食べていなかったので私も並んでみる事にしました。

ガーリックシュリンプのファイブスターシュリンプのメニュー
▲ファイブスターシュリンプのメニュー

10分位で順番が来たので、5種類あるメニューの中からスタンダードな「ガーリックシュリンプ」(13.99ドル)を注文。

陽気で親切な店員のお兄さんが、日本語交じりで対応してくれました。

待つこと数分で 渡された札の番号が日本語で呼ばれ、カウンターへ料理を受け取りに。

ガーリックシュリンプのファイブスターシュリンプのガーリックシュリンプ
▲ガーリックシュリンプ

一番人気の「ガーリックシュリンプ」です。

味付けはガーリックがよく効いていて悪くは無いけど、シュリンプは少し水っぽくノースショアの有名店には遠く及ばない食感。

場所の感じはノースショアのガーリックシュリンプ店と似た感じのなので、ワイキキ周辺で気軽に “雰囲気” を味わうならココ、 “料理” をある程度のレベルで味わうなら アラモアナセンターフードコート にあるブルーウォーターのガーリックシュリンプがイイかなぁ。

サムライグリル フリフリ侍チキンの感想

サムライグリルで、看板メニューの「フリフリ“侍”チキン」を食べてみました。

パウハナ マーケット ワイキキのサムライグリル
▲パウハナ マーケットのサムライグリル

サムライグリルのフードトラックは、渋い“黒”メインのデザイン。

トラックの前にメニューのサンプルがあるのが、分かり易くて良心的です。

サムライグリルのフリフリ侍チキン
▲サムライグリルのフリフリ侍チキン

看板メニューは「フリフリ“侍”チキン」

他に「ビーフのトルティーヤ」や「焼きそばオムレツ」等もありましたが、やはりフリフリ侍チキンを注文。

私はハーフサイズ(半身)のチキンのみを注文しましたが、ランチプレートもあります。

サムライグリルのフリフリ侍チキン(ハーフ)
▲フリフリ侍チキン(ハーフ)

フリフリ侍チキン ハーフサイズ(半身)9.75ドル(税別)

ハレイワのレイズと比べると値段は倍近いですが、ワイキキで手軽にフリフリチキンが食べられる事を考えれば、むしろ良心的な値段かも。

味は、見た目ほど濃くはなく適度で、肉の中まで味が染みていて美味しい!
皮はレイズの様な「パリパリ系」ではなく、ワヒアワのマウイマイクスの様な「シットリ系」です。

生演奏が聞けるステージも

パウハナマーケットのステージ
▲パウハナマーケットのステージ

一番奥にはステージが用意されています。

パウハナ マーケットは営業時間が長いので、ファーマーズマーケットの様に常時演奏が行われている訳ではありませんが、音楽を聴きながら食事を楽しむ事ができます。

以上「ワイキキの美味しくて安いローカルグルメ」でした。

観光地では「安いものは不味い」という事が多いので、最初は「ワイキキで安いのに美味しい食事なんて有ったらイイなぁ〜」くらいの認識で捜索を開始。
でも今回ご紹介したメニューを見つける過程で、確かに数は少ないけど「探せば必ずある」という事が分かりました。

その結果「滞在中の食事のバリエーションを増やす」という当初の目的に加え、失敗する事も含めて楽しくなってしまったので、私の「安いのに美味しい食事を見つける」活動は継続中です。
また新たな発見があれば、随時追加して行きますね。

2ページ目 ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食2/3 (前ページ)
1ページ目 ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食1/3

スポンサーリンク

このページの先頭へ