エッグスンシングス(Eggs 'n Things)のパンケーキ。
ここの山盛り生クリームは何度食べても美味しい

エッグスンシングス(Eggs'n Things)はハワイパンケーキブームの火付け役的存在の有名店。

日本にも、東京(原宿)から始まり、横浜・江ノ島・大阪(心斎橋)と続々出店し、パンケーキのみならずハワイブームまでをも巻き起こした立役者でもあります。

本場ハワイのエッグスンシングス(Eggs'n Things)は、ワイキキ周辺に3店舗あり大人気。
そこでこのページでは、ワイキキ周辺3店舗それぞれの混雑状況や待ち時間と、一番人気のパンケーキ・お土産に買ってみたパンケーキ粉・その他メニューなどをご紹介します!

最新調査日:2017年10月

スポンサーリンク

エッグスンシングス(Eggs 'n Things)の
山盛り生クリームパンケーキは軽い食感&他にない味!

エッグスンシングス(Eggs 'n Things)の山盛り生クリームパンケーキ
▲ストロベリーホイップパンケーキ

エッグスンシングスで私がよく注文するメニューと言えば、ストロベリーホイップパンケーキ。
多分、この店の一番人気だと思います。

何だかとても “ベタ” なチョイスに感じて、最初は別のものを注文していたのですが。。。
一度試しに注文してみたら、スッキリとした甘さのホイップクリームと、シロップ漬けなのにフレッシュな感じのストロベリーが絶品で、それからは毎回1品はこれを。。。(∩.∩)

ベタでもいいんです!美味しければ(笑)

がっつり山盛り生クリームは食べ切れるのか?

パンケーキの上にドーンと乗っている生クリームの量には、大抵の人が “引く” と思います。
が、見た目に反して全然しつこくないし軽いので「全く問題ない量」です!

実は、日本のエッグスンシングスにも行ったことがあるのですが、正直。。。。
ハワイの方が軽い食感だと感じました。(たまたまかも知れないけど)

日本で食べたことある方も、是非ハワイの味を試して欲しいと思うのであります。

ちなみに、ハワイだったらどの店舗もGOODでしたよぉ。
3店舗全店で食べてみて、味に違いは感じられなかったので。

あ、でも持ち帰りだと生クリームの味がどんどん落ちていくので、待ち時間が許されるなら店内で食べた方がより美味しいかと思われます。

と言っても、目の前のビーチですぐ食べられるワイキキ店なら、テイクアウトした方がむしろ賢い選択!のような気がします。(まだ、やったことないけど)

パンケーキシロップは3種類

エッグスンシングスのパンケーキシロップ
▲3種類のパンケーキ用シロップ

パンケーキには3種類のシロップが用意されています。(リリコイ・ココナッツ・普通の茶色)

でも私は断然 “何もかけない派” です!!

ストロベリーが何気に美味しいので、他の味を加えたくないんですよね。

↑って、何を熱く語ってるんだ〜!
もちろん自由に食べちゃってくださ〜い (^-^*)ノ

エッグスンシングスでパンケーキ以外のお気に入りは

エッグスンシングスは卵料理のお店なので

エッグスンシングスは、日本人にはパンケーキが大人気。
でも、ロコのテーブルをチラ見してみると、別のメニューを注文している方が結構います。

エッグスンシングスのエッグベネディクト
▲Eggs 'n Things のエッグベネティクト

中でも多く見かけるのは、今や有名な朝食メニュー “エッグベネディクト” です。
ということで、ご注文♪

半熟タマゴがトロ〜っとしていて味付け具合も丁度良い♪♪
早速「私のお気に入り」の仲間入りとなりました。 コレ、正直かなりオススメです。

チョット意外かも知れないオススメのメニュー

私がエッグスンシングスでパンケーキ以外でよく注文するメニューは「ハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ&エッグ」17.95ドル(2017年10月時点)です。

エッグスンシングスのハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ&エッグ
▲ニューヨークステーキ&エッグ

写真は、ステーキの焼き方をミディアムレア、卵(2個)の焼き方はオーバーイージーを選択。ステーキのスパイスをコナコーヒー・オニオン・塩コショウから選べるので、塩コショウを選択しています。

更に、サイドをライス・フライドポテト・パンケーキ(3枚)から選べ、パンケーキは追加料金を支払えばアップグレードする事も可能です。(下に詳細を書きました)

エッグスンシングスのハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ(側面)
▲ニューヨークステーキ(側面)

厚みのあるステーキは柔らかくジューシーで、そこそこボリュームもあって美味。
もちろん卵の焼き加減も完璧です。

この値段で、この質と量のステーキが食べられるのは “お得” だと思うのでオススメです。(下記のパンケーキのセットは更にオススメ)

パンケーキのアップグレードもオススメ

ステーキのサイドメニューにパンケーキを選択して、通常メニューにアップグレードする事が可能なので、私はステーキの時は毎回このセットで注文します。

追加料金は、ホイップなしが3.95ドル・ホイップありが5.95ドルで、私は「ホイップあり」を注文するので、合計23.9ドル(2017年10月時点)です。

エッグスンシングスのパイナップルホイップクリームマカダミアパンケーキ(3枚)
▲パイナップルホイップマカダミア(3枚)

写真は、アップグレードした「パイナップルホイップクリームマカダミア」です。

単品で注文するとパンケーキは5枚ですが、アップグレードの場合は3枚になる事もお気に入りのポイントで、私たちはこのセットを二人で注文して丁度お腹いっぱいになります。

パンケーキも相変わらずモッチリのフワフワで、ホイップクリームも甘過ぎず美味。

こんなメニューも食べてみました

エッグスンシングスのブルーベリーワッフル
▲エッグスンシングスのブルーベリーワッフル

パンケーキと同じ量のホイップクリームが載ったワッフルもあります。(パンケーキと同価格)

でもパンケーキの5枚に対してワッフルは1枚なので、ホイップクリームが多いような・・・。
ワッフルの方が一枚のサイズは大きいのですが、カフェカイラのワッフルよりもかなり薄いので、正直私は物足りない感じがしました。

あと、いつもストロベリーを注文するので、初めてブルーベリーにしてみましたが、こちらも結構量が少なくて・・・。

やっぱりエッグスンシングスは、ストロベリーホイップパンケーキが最強だなぁと再確認。(個人の感想ですぅ)

カフェカイラでの私のオススメは、パンケーキではなく「ワッフル」

エッグスンシングスサラトガ本店カフェのアサイーボウル
▲ハワイアン アサイーボウル

ハワイ朝食の定番「ハワイアン アサイーボウル」を注文してみた事もあります。

結構前に一度注文したきりなので、現在は盛り付けが変わっているかも知れませんが・・・。(2017年10月現在、メニューには有りました)

スポンサーリンク

エッグスンシングスのワイキキ周辺3店舗、どれを選ぶ?

エッグスンシングスはホノルル(ワイキキ周辺)に3店舗。
3店舗とも、他のパンケーキが有名なレストランとは違い、私たち観光客が行きやすい便利な場所にあります。

エッグスンシングスで人気のお土産や、リニューアルしたギフトショップの情報を知りたい方は、別ページ エッグスンシングス本店のお土産 | パンケーキミックス(粉)等 をご覧ください。

トロリー路線上の “サラトガ本店”

トロリーに乗っていると、そこだけ不自然に混んでるおかげで、発見しやすいサラトガ本店。

トランプタワーの並びを少しカラカウア通り方面に進んだ所にある緑色のカワイイ建物です。

エッグスンシングスのサラトガ本店
▲エッグスンシングスのサラトガ本店

1階は、受付とパンケーキミックス(粉)やオリジナルグッズ等が買えるショップになっていて、レストランは2階に。

目の前にトロリーの停留所があり、JCBカードを見せれば無料で乗れるピンクトロリーをはじめ、ワイキキとアラモアナを巡回する各社のトロリーが停車します。

エッグスンシングス本店の店内
▲エッグスンシングス本店の店内

店内は、カジュアルな感じ。

窓が開放されていたので、天気の良い日は風が心地良いです。

ちなみに奥の明るいエリアはカウンター席で、トロリーに乗っていると見えるのがココです。

エッグスンシングス本店のカウンター席
▲エッグスンシングス本店のカウンター席

カウンター席は、お店のサイドに面した所(階段を上った正面)にもあります。

以前ここの座に通された時は、景色が良くないので「ハズレかな」と思いましたが、静かで快適でした。

エッグスンシングス本店の日本語メニュー
▲エッグスンシングス本店の日本語メニュー

エッグスンシングスでは一切日本語が通じませんが、日本語メニューが有ります。

メニューの写真も多く、細かい説明が書かれていて不自然な日本語も無いので、かなり見やすいので助かります。

エッグスンシングス サラトガ本店の受付方法

エッグスンシングスのサラトガ本店は必ず受付をしないと入店できませんので、簡単に方法を書いてみました。

エッグスンシングス サラトガ本店の受付
▲エッグスンシングス サラトガ本店の受付

食事をする場合は、まず1階にある受付(写真奥のカウンター)に行って人数を伝えます。

この時にテーブルかカウンターの希望を聞かれるので、混んでいる時はカウンターを選ぶと早く順番が来る可能性が高いです。

エッグスンシングス本店のポケベルとメニュー
▲エッグスンシングス本店 ポケベルとメニュー

受付を済ませると、大きなポケベルを渡されて順番待ちです。

カウンターに日本語メニューが有りますので、貰っておくと便利です。

ポケベル本体にも書いてありますが、あまり電波が飛ばないらしく、別の場所で待つ事は出来ません。。。

エッグスンシングス本店1階のウェイティングスペース
▲本店1階のウェイティングスペース

2017年10月に行くと、以前1階にあったカフェは無くなり、お土産売場が縮小されて奥がウェイティングスペースになっていました。

以前は外のイスのみで、雨の日はお土産売場をウロウロするしか無かったので、かなり快適になりました。

エッグスンシングス本店の外階段
▲エッグスンシングス本店の外階段

日本語メニューの表紙にも書かれていますが、ポケベルが鳴ったら直接2階に上がります。

建物の右サイドにある外階段で2階へ。

待ち時間は、昼を外して1時半位に行った時は約40分、10時半位に行った時は約10分でした。

スポンサーリンク

“ワイキキ店” はワイキキビーチの目の前

エッグスンシングスのワイキキ店
▲エッグスンシングスのワイキキ店

ワイキキ店は、窓からワイキキビーチが見えてロケーション抜群。
でも席数は少なめ・・・。

場所は、カラカウア通りのハイアットリージェンシーとマクドナルドの間にある「ワイキキ・サークルホテル」の1階だから、分かり易いのです。

エッグスンシングスワイキキ店の番号札
▲エッグスンシングスワイキキ店の番号札

入口の階段に受付があって、そこで店内で食べるかテイクアウトかを聞かれます。
他の店舗では聞かれないので、ワイキキ店は持ち帰りをする人が多いみたい。

店内で食べる事を伝えると「店内でのお食事」と書かれた番号札を渡されます。

エッグスンシングスワイキキ店のポケベル
▲エッグスンシングスワイキキ店のポケベル

階段を上った先にあるレジで番号札を渡し → 先に会計を済ませ → 会計が終わるとポケベルを渡され → 席に案内され → ポケベルが鳴り → 近くの店員さんに渡すと料理が運ばれて来まーす。

何だか複雑な気がするけど、きっとテイクアウト主体のシステムなのかと・・・。

なんたって支店名が「Waikiki Beach Eggspress」ですから。(Express ダジャレ?)

ちなみに、16時頃(夜の部・営業時間スタート直後)に行ったらすぐに案内されました。

“アラモアナ店” は、ある意味一番快適?

エッグスンシングスのアラモアナ店
▲エッグスンシングス アラモアナ店

アラモアナ店は、待ち時間が少ない(と言うか、昼を外せば待った記憶が無い)ので、実は私の一番のお気に入りとなっています。

場所は、アラモアナセンターの一角で、一番ワードセンター側。(アラモアナセンターの建物内ではありません)

日本食ス-パー「ニジヤマーケット」の前(駐車場共有)です。

エッグスンシングスアラモアナ店の店内
▲エッグスンシングス アラモアナ店の店内

店内は、エッグスンシングスの中で一番広いので、席数も多く通路もゆったり。

窓は完全に閉まっていますし、目の前が駐車場なので外の景色も楽しめませんが、店内は涼しくて快適!

特に待ち時間がネックだった方には、アラモアナ店がオススメです。

接客の評判は良くないようだけど。。。

案外、エッグスンシングスって、口コミで良くない評価を見かけますよね。
不満だった人の意見は「15%のチップを支払おうとしたら18%要求された」「店員の態度が最悪だった」「本店移転前と比べると味が落ちた」などが多いようです。

私は不快な思いをした事はありませんが、移転前の本店に行っていて、混雑が嫌で途中から行かなくなりました。やっぱり いくら美味しくても、待ち時間は大きなハードルです。

そして、今のサラトガ本店に移転。更に激しさを増した行列を目にするようになり、より足が遠のいてしまいました。あまのじゃくの夫もおりますし。。。
でも、店舗が増えたことで待ち時間が緩和されたと思って、空いてそうな時間を条件に、夫を半ば無理矢理、連れて行ったのでした。

結果、敬遠どころか訪問回数が増えてしまいました!(あまのじゃくの夫も180度態度が変わる)
ピークを外せば、あまり待ち時間なく入れるエッグスンシングスは、我が家では今や非常にキケンな存在に!(体重的に・・・。)

エッグスンシングス恐るべし!

ある日、早朝からクアロア牧場へ。。。行く前に、初めて開店直後のエッグスンシングスへ行ってみました。

エッグスンシングス開店直後の行列
▲開店直後のエッグスンシングス

早朝だから空いてるよね〜。まだ暗いし。。。
なんて思っていた私は、思いっきり甘かった。

開店時間から10分で、この行列・・・。待ってたら間に合わないので、ABCストアのスパムむすびへの変更を余儀なくされました。

エッグスンシングス恐るべし!

やはり行くなら、昼過ぎのアラモアナ店だなぁ。

以上、エッグスンシングスで一番人気のパンケーキや、その他のお気に入りメニュー、ワイキキ周辺3店舗の混雑や待ち時間などのご紹介でした。

エッグスンシングスで人気のお土産や、リニューアルしたギフトショップの情報は別ページ エッグスンシングス本店のお土産 | パンケーキミックス(粉)等もをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ