エッグスンシングス(Eggs 'n Things)のパンケーキ。
ここの山盛り生クリームは何度食べても美味しい

エッグスンシングス(Eggs'n Things)はハワイパンケーキブームの火付け役的存在の有名店。
日本にも、東京(原宿)から始まり、横浜・江ノ島・大阪(心斎橋)と続々出店し、パンケーキのみならずハワイブームまでをも巻き起こした立役者でもあります。

本場ハワイのエッグスンシングス(Eggs'n Things)は、ワイキキ周辺に3店舗あり大人気。私も大好きなお店なので、毎回訪問して色々なメニューを食べています。

このページでは、ワイキキ周辺3店舗それぞれの混雑状況や待ち時間と、一番人気のパンケーキ・お土産に買ってみたパンケーキ粉・その他の絶品メニュー、オススメの注文方法などをご紹介します!

更新日:2018年8月25日

スポンサーリンク

エッグスンシングス(Eggs 'n Things)の
山盛り生クリームパンケーキは軽い食感&他にない味!

エッグスンシングス(Eggs 'n Things)の山盛り生クリームパンケーキ
▲ストロベリーホイップパンケーキ

エッグスンシングスのパンケーキで私が一番好きな「ストロベリー ホイップクリーム マカダミアナッツ パンケーキ」12.75ドル(2018年8月現在)は、店内で本当によく目にするので多分一番人気のメニューだと思います。

何だかとても “ベタ” なチョイスに感じて、最初は別のメニューを注文していたのですが、一度試しに注文してみたら、スッキリとした甘さのホイップクリームとシロップ漬けなのにフレッシュなストロベリーが絶品!更にフワフワでモッチリの生地との相性が最高!!それからは毎回注文しています。

サンプラーという選択肢も

エッグスンシングスのパンケーキが3種類載ったサンプラー
▲3種類のパンケーキが載ったサンプラー

エッグスンシングスには「ホイップクリーム パンケーキ サンプラー」12.75ドル(2018年8月現在)というメニューがあって、通常1種類しか選べないパンケーキが、ストロベリー・ブルーベリー・バナナの3種類載って来ます。

値段は通常のホイップクリーム パンケーキと同じですが、パンケーキが2枚減って3枚になるので「パンケーキ5枚は食べ切れない」&「色々なパンケーキが食べたい」という方にオススメです。

がっつり山盛り生クリームは食べ切れるのか?

パンケーキの上にドーンと乗っている生クリームの量には、最初は大抵の人が驚くと思いますが、見た目に反して全然しつこくないし軽いので「全く問題ない量」だと私は思います。

余談ですが、私は日本のエッグスンシングスにも何度か行ったのですが、正直なところ・・・ハワイの方が軽い食感だと感じました(たまたまかも知れないけど)ので、日本で食べたことがある方も、是非ハワイの味を試して欲しいと思ったりしています。

ちなみにハワイでは、全店舗で食べた結果「同じ仕上がり」でした。

パンケーキシロップは3種類

エッグスンシングスのパンケーキシロップ
▲3種類のパンケーキ用シロップ

パンケーキには3種類のシロップが用意されています。(リリコイ・ココナッツ・メープル)

私は、山盛りのホイップクリームとフレッシュで美味しいストロベリーがタップリ載っていて、他の味を加える余地がないので、一度も使った事はありませんが。。。

エッグスンシングスでパンケーキ以外のお気に入りは

エッグスンシングスはパンケーキが有名ですが、他の料理も絶品です。
パンケーキと同じ位美味しいので、是非「私のオススメ」を紹介させて下さい。

エッグスンシングスのエッグベネティクト

エッグスンシングスには、観光客ばかりではなくローカルの方と思われるお客さんも多く、テーブルを見るとパンケーキ以外のメニューをよく目にするので「パンケーキ以外も美味しいのでは?」と思ったのがキッカケで、色々と注文してみるる事に。

エッグスンシングスのエッグベネディクト
▲Eggs 'n Things のエッグベネティクト

中でも多く見かけるのは、今やハワイの定番朝食メニュー “エッグベネディクト” です。
と言うことで、ご注文♪

半熟タマゴがトロ〜っとしていて味付け具合も丁度良い♪♪
早速「私のお気に入り」の仲間入りとなりました。 コレ、正直かなりオススメです。

ステーキはチョット意外?なオススメのメニュー

チョット意外なメニューかも知れませんが、私がエッグスンシングスでよく注文するのは「ハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ&エッグ」17.95ドル(2018年8月時点)です。

エッグスンシングスのハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ&エッグ
▲ニューヨークステーキ&エッグ

写真は、ステーキの焼き方をミディアムレア、卵(2個)をオーバーイージーでオーダー。
ステーキのスパイスをコナコーヒー・オニオン・塩コショウの3種類から塩コショウを選択しています。

更に、サイドをライス・フライドポテト・パンケーキ(3枚)から選べ、パンケーキは追加料金を支払えばアップグレードする事も可能です。(下に詳細を書きました)

エッグスンシングスのハワイ島産グラスフェッドニューヨークステーキ(側面)
▲ニューヨークステーキ(側面)

厚みのあるステーキは柔らかくジューシーで、そこそこボリュームもあって美味。
もちろん卵の焼き加減も完璧です。

この値段で、この質と量のステーキが食べられるのは “お得” だと思うのでオススメです。(下記のパンケーキのセットは更にオススメ)

パンケーキのアップグレードもオススメ

ステーキのサイドメニューにパンケーキを選択して、通常メニューにアップグレードする事が可能なので、私はステーキの時は毎回このセットで注文します。

追加料金は、ホイップなしが3.95ドル・ホイップありが5.95ドルで、私は「ホイップあり」を注文するので、合計23.9ドル(2018年8月時点)です。

エッグスンシングスのパイナップルホイップクリームマカダミアパンケーキ(3枚)
▲パイナップルホイップマカダミア(3枚)

写真は、アップグレードした「パイナップルホイップクリームマカダミア」です。

単品で注文するとパンケーキは5枚ですが、アップグレードの場合は3枚になる事もお気に入りのポイントで、私たちはこのセットを二人で注文して丁度お腹いっぱいになります。

パンケーキも相変わらずモッチリのフワフワで、ホイップクリームも甘過ぎず美味。

卵料理の定番「オムレツ」は安定感のある “間違いない” 美味しさ

卵料理のエッグスンシングスで、忘れてはいけないオススメのメニューはオムレツです。
13種類あるレギュラーメニューの中で、私が好きなのは「ターキーベーコン・トマト・チーズのオムレツ」11.95ドル(2018年8月時点)です。

エッグスンシングスのターキーベーコン・トマト・チーズのオムレツ
▲ターキーベーコン・トマト・チーズ オムレツ

チーズをチェダー・モッツアレラ・ペッパージャックの3種類から選べるのでペッパージャックを選択。

サイドは白米。玄米・ポテト・パンケーキから、いつも通りパンケーキを選びアップグレード(下記)しました。

エッグスンシングスのターキーベーコン・トマト・チーズのオムレツ(断面)
▲ターキーベーコン・トマト・チーズ(断面)

オムレツは全体の塩加減が丁度良く、タップリ入ったフレッシュなトマトとターキーベーコンの味のバランスが最高で「さすが卵料理専門店」と思わせる美味しさ。

選んだチーズ「ペッパージャック」はピリ辛でコクがあり、良いアクセントになって美味しさを押し上げてくれる感じです。

オムレツもパンケーキのアップグレードが可能

オムレツもサイドメニューにパンケーキを選択して、通常メニューにアップグレードする事が可能なので、オムレツの時も毎回このセットで注文します。

追加料金はステーキと同じで、ホイップなしが3.95ドル・ホイップありが5.95ドルで、私は「ホイップあり」を注文するので、合計17.9ドル(2018年8月時点)です。

エッグスンシングスのストロベリーホイップクリームマカダミアパンケーキ(3枚)
▲ストロベリーホイップマカダミア(3枚)

アップグレードした「ストロベリー ホイップクリーム マカダミア パンケーキ」(3枚)です。

メインに何を注文しても二人で丁度良い量なので、私達はこのセットが気に入っています。

「パンケーキ(5枚)の値段に5ドルちょっと(オムレツの種類によっては4ドル)足せば絶品オムレツも食べられる」(パンケーキは2枚減ります)という事なので、オススメのセットです。

ドリンクも一応ご紹介

エッグスンシングスのアイスマンゴーティー
▲エッグスンシングスのアイスマンゴーティー

エッグスンシングスは料理が主役なので、ドリンクは “一応” 情報として書かせて頂きます。

エッグスンシングスのドリンクは、種類が豊富でリーズナブル。例えば私達がよく注文するワイアルアコーヒー(ホット)やアイスマンゴーティー(写真)は2.75ドル(2018年8月時点)

味は「至って普通」で、食事のお供に丁度良いと思っています。

こんなメニューも食べてみました

エッグスンシングスのブルーベリーワッフル
▲エッグスンシングスのブルーベリーワッフル

パンケーキと同じ量のホイップクリームが載ったワッフルもあります。(パンケーキと同価格)

でもパンケーキの5枚に対してワッフルは1枚なので、ホイップクリームが多すぎるような・・・。
ワッフルの方が一枚のサイズは大きいのですが、カフェカイラなど他店の一般的なワッフルよりもかなり薄いので、正直私には物足りない感じでした。

また「いつもストロベリーなので、たまにはブルーベリーを」と思って注文してみましたが、こちらも結構量が少なくて・・・。

やっぱりエッグスンシングスは、ストロベリーホイップパンケーキが最強だなぁと再確認。(あくまで個人の感想です)

カフェカイラでの私のオススメは、パンケーキではなく「ワッフル」

エッグスンシングスサラトガ本店カフェのアサイーボウル
▲ハワイアン アサイーボウル

ハワイ朝食の定番「ハワイアン アサイーボウル」を注文してみた事もあります。

結構前に一度注文したきりなので、現在は盛り付けが変わっているかも知れませんが・・・。(2018年8月現在、メニューには有りました)

エッグスンシングスのワイキキ周辺3店舗のおすすめポイントと待ち時間・営業時間

ハワイのエッグスンシングスは、ホノルル(ワイキキ周辺)に合計3店舗。
他のパンケーキが有名なレストランとは違い、3店舗とも私たち観光客が行きやすい便利な場所にあります。

3店舗それぞれに個性があって特徴が大きく違いますので、ここでは各店舗の雰囲気や注文方法・待ち時間・営業時間・オススメポイント等をご紹介します。

サラトガ本店は便利な立地でお土産が豊富

トロリーに乗っていると、そこだけ不自然に混んでいる事が多いので、発見しやすいサラトガ本店。

トランプタワーの並びを少しカラカウア通り方面に進んだ所にある、緑色のカワイイ建物です。

エッグスンシングスのサラトガ本店
▲エッグスンシングスのサラトガ本店

1階は受付とパンケーキミックス(粉)やオリジナルグッズ等が買えるショップになっていて、レストランは2階に。

近くにトロリーの停留所があり、ワイキキとアラモアナを巡回する多くのトロリーが停車します。(目の前の停留所には、JCBカードを見せれば無料で乗れる「ピンクトロリー」のみ停車)

エッグスンシングス本店の店内
▲エッグスンシングス本店の店内

店内は、カジュアルで “雰囲気がある” 感じ。

窓が開放されているので、天気の良い日は風が心地良いです。

ちなみに奥の明るいエリアはカウンター席で、トロリーに乗っていると見えるのがココです。

エッグスンシングス本店のカウンター席
▲エッグスンシングス本店のカウンター席

カウンター席は、お店のサイドに面した所(階段を上った正面)にもあります。

以前ここの座に通された時は、景色が良くないので「ハズレかな」と思いましたが、静かで快適でした。

エッグスンシングス本店の日本語メニュー
▲エッグスンシングス本店の日本語メニュー

エッグスンシングスでは日本語が通じない事が多いですが、日本語メニューが有ります。

料理の写真も多く、詳しい説明が書かれていて不自然な日本語も無いので、かなり見やすくて助かります。

エッグスンシングス サラトガ本店の受付方法

エッグスンシングスのサラトガ本店は必ず受付をしないと入店できませんので、簡単に受付方法を書いてみました。

エッグスンシングス サラトガ本店の受付
▲エッグスンシングス サラトガ本店の受付

食事をする場合は、まず1階にある受付(写真奥のカウンター)に行って人数を伝えます。

この時にテーブルかカウンターの希望を聞かれますが、混んでいる時はカウンターを選ぶと早く順番が来る可能性が高いです。

エッグスンシングスサラトガ本店のポケベルとメニュー
▲サラトガ本店のペイジャーとメニュー

受付を済ませると、ペイジャー(大きなポケベル)を渡されて順番待ちです。

カウンターに日本語メニューが有りますので、貰っておくと便利です。

ペイジャーの本体にも書いてありますが、あまり電波が飛ばないらしく、別の場所で待つ事は出来ません。。。

エッグスンシングス本店1階のウェイティングスペース
▲本店1階のウェイティングスペース

2017年10月に行くと、以前1階にあったカフェは無くなり、お土産売場が縮小されて奥がウェイティングスペースになっていました。

以前は外のイスのみで、雨の日はお土産売場をウロウロするしか無かったので、かなり快適です。

エッグスンシングス本店の外階段
▲エッグスンシングス本店の外階段

日本語メニューの表紙にも書かれていますが、ポケベルが鳴ったら直接2階に上がります。

建物の右サイドにある外階段で2階へ。

エッグスンシングス サラトガ本店の待ち時間

エッグスンシングス サラトガ本店の最近の待ち時間は、昼を外して10時半位に行った時が約10分、13時半位に行った時は約40分でした。

ランチタイムは少し長い時間待つ様ですが、それでも以前の様な「2時間待ち」などという事はなく、常識的な待ち時間に落ち着いている様です。

エッグスンシングス サラトガ本店のオススメポイント

サラトガ本店は窓やドアを開け放っている事が多いので、心地よいハワイの自然風を受けながら食事が出来る事と、「本店」なのでエッグスンシングスらしさを一番感じられる “味のある” 店内の雰囲気を感じられる所がオススメです。

また、お土産を購入したい方は、商品が一番充実している本店がオススメです。

エッグスンシングス サラトガ本店の営業時間

エッグスンシングス サラトガ本店の営業時間は下記の通りです。

  • 6時から14時
  • 16時から22時

14時から16時までは閉店しますので、ご注意ください。

ワイキキビーチ エグスプレス店はビーチの目の前

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店
▲ワイキキビーチ エグスプレス店

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店は、窓からワイキキビーチが見えてロケーション抜群。でも席数は少なめ・・・。

場所は、カラカウア通りのハイアットリージェンシーとマクドナルドの間にある「ワイキキ・サークルホテル」の1階という分かり易い立地です。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の受付
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の受付

店内で食べる場合は、階段に並びます。

列が進み、最上段の入口前にある受付(写真)まで辿り着いたらココで注文。

以前は完全英語対応でしたが、2018年8月に行った時には日本語で対応してくれました。(日本人ではありません)

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のメニュー
▲ワイキキビーチ エグスプレス店のメニュー

階段の列に並んでいると、店員さんがメニューを持って来てくれます。

ワイキキビーチ店のメニューは「1枚もの」の裏表。

写真付で日本語メニューもあって、非常に見やすいものです。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の番号札
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の番号札

受付で注文が完了すると番号札を渡されますので、そのまま店内に入ってレジに並びます。

エッグスンシングスの他の2店舗は通常のレストランと同じ形式なので食後の会計ですが、ワイキキビーチ エグスプレス店だけは「カジュアルダイニングとテイクアウト」というコンセプトなので、カフェの様に先に会計を済ませる方式です。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のレジ
▲ワイキキビーチ エグスプレス店のレジ

レジは店内に入ってスグの所にありますので、順番が来たらカードを見せて会計を済ませます。(クレジットカードでの支払いも可能)

番号札は席まで持って行きますので、渡さずにそのまま持っていてOKです。

この時は日本人の方が対応してくれたので「完璧な日本語対応」でした。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のチップ
▲ワイキキビーチ エグスプレス店のチップ

会計(現金支払い)後に渡されたレシートに「チップはふくまれていません」と書いてあります。

本店とアラモアナ店では会計時にチップを加えて支払うので疑問は生じませんが、先に会計を済ませた場合はどうすれば良いのか迷います。

一般的なカフェ形式のお店なら「カウンターで支払って → 料理が出来たら呼ばれて取りに行き → 食べ終ったら自分で片付ける」という流れなのでチップを支払わなくても問題ないかも知れません。でも、ワイキキビーチ エグスプレス店は「席で待っていたらドリンクや料理を持って来てくれて、終ったら下げてくれるし、水まで持って来てくれる」という通常のレストランと何ら変わらないサービスなので、私は毎回チップを支払っています。

実際のチップの渡し方は、現地の方の方法を真似て、帰る時に現金を「テーブルに置く」か「レジにあるチップを入れる箱に入れる」のどちらかの方法で対応しています。

エッグスンシング ワイキキビーチ エグスプレス店のテイクアウト

エッグスンシング ワイキキビーチ エグスプレス店の外テーブル
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の外テーブル

テイクアウトをする場合は、受付(上記)に直接行って注文します。

注文が完了すると番号札を渡されますので、店内飲食と同じくレジで会計をして お店の前で待っていれば番号が呼ばれます。

お店の前(階段の下)にテーブルとイスが有りますので(写真)、時間がない時はテイクアウトをしてココで食べる事も出来ます。(歩道の横なので賑やかな環境です)

エッグスンシング ワイキキビーチ エグスプレス店のお土産

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のレジ
▲ワイキキビーチ エグスプレス店のお土産

ワイキキビーチ エグスプレス店にも、レジ前にエッグスンシングスのパンケーキ粉やオリジナルグッズがあります。

商品数は少ないので、色々なお土産を買いたい場合は 本店の1階 がオススメです。

エッグスンシング ワイキキビーチ エグスプレス店の店内は超快適

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のレジ
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の店内

ワイキキビーチ エグスプレス店の店内は、それほど広くはありませんがカジュアルな雰囲気で快適。

いつも大きな窓が開け放たれているので、心地よい風が吹き抜けます。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のレジ
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の景色

窓の外は「1段上がった場所からワイキキビーチが見渡せる」絶好のロケーション。

この最高の景色を見ながら美味しい食事を楽しむ事ができる「ワイキキビーチ エグスプレス店」は、エッグスンシングスの中で私の “イチオシ” です。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の待ち時間

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の一番最近の待ち時間は、平日の9時半頃に行って約30分でしたが、このお店は同じ時間帯でも日によって列の長さが違う印象です。(よく前を通るので)

ワイキキビーチ店は、時間帯よりも列の長さで時間を予測するのが参考になると考えて何度か計ってみたところ、階段の一番下より少し下がった「看板の下」辺りから約30分でした。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のオススメポイント

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店のオススメポイントは、何と言っても「ロケーション」です。

立地が良くて席数が少ないので待ち時間が長くなる事が多いですが、この景色の良さはエッグスンシングス以外のレストランと比べても「かなりのレベル」だと思います。

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の営業時間

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の営業時間
▲ワイキキビーチ エグスプレス店の営業時間

エッグスンシングス ワイキキビーチ エグスプレス店の営業時間は下記の通りです。

  • 6時から14時
  • 16時から22時

14時から16時までは閉店しますので、ご注意ください。

アラモアナ店は、待ち時間最短で駐車場あり

エッグスンシングスのアラモアナ店
▲エッグスンシングス アラモアナ店

アラモアナ店は、待ち時間が少なく(週末と昼を外せば待たずに入れる事が多い)一日通し営業なので、時間を気にせず行く事ができます。

場所は、アラモアナセンターの一角で、一番ワードセンター側。(アラモアナセンターの建物内ではありません)
日本食ス-パー「ニジヤマーケット」の前(駐車場共有)です。

エッグスンシングスアラモアナ店の店内
▲エッグスンシングス アラモアナ店の店内

店内は、エッグスンシングスの中で一番広いので、席数も多く通路もゆったり。

窓は完全に閉まっていますし、目の前が駐車場なので外の景色も楽しめませんが、店内は涼しくて快適です。

商品数は少ないですが、エッグスンシングスのパンケーキ粉やオリジナルグッズ等のお土産を買う事も出来ます。

エッグスンシングス アラモアナ店の待ち時間

エッグスンシングス アラモアナ店の最近の待ち時間は、ランチタイムを外して平日に行けば概ね15分以内、「ほぼ待ち時間なし」で入れる事も多いです。

他のお店よりも地元のお客さんが多い感じなので、週末は混む印象です。

エッグスンシングス アラモアナ店のオススメポイント

店内は完全に「室内」なので、安定した涼しさで食事がしたい方や、短い待ち時間で食事がしたい方にオススメで、アルコールが飲める(16時以降)のはエッグスンシングスではアラモアナ店のみです。

お店の目の前が共有の駐車場なので、車で行かれる方にもオススメです。

エッグスンシングス アラモアナ店の営業時間

エッグスンシングス アラモアナ店の営業時間は下記の通りです。

  • 日曜日〜木曜日:6時から22時
  • 金曜日・土曜日:6時から24時

エッグスンシングス恐るべし!

ある日、早朝からクアロア牧場へ。。。行く前に、初めて開店直後のエッグスンシングスへ行ってみました。

エッグスンシングス開店直後の行列
▲開店直後のエッグスンシングス

「早朝だから空いてるよね〜 まだ暗いし」 なんて思っていた私は、思いっきり甘かった。

開店時間から10分で、この人数・・・。大行列ではないものの待ち時間は想定していなかったので、ABCストアのスパムむすびへの変更を余儀なくされました。

エッグスンシングス恐るべし!
やはり待たずに入るなら、昼過ぎのアラモアナ店だなぁ。

以上、エッグスンシングスで一番人気のパンケーキや、その他のお気に入りメニュー、ワイキキ周辺3店舗の混雑や待ち時間・営業時間などのご紹介でした。

エッグスンシングスで人気のお土産や、リニューアルしたギフトショップの情報は別ページ エッグスンシングス本店のお土産 | パンケーキミックス(粉)等も をご覧ください。

スポンサーリンク

TRファイヤーグリルのハッピーアワー


ハワイのカーシェアシェアリング「Hui」を現地調査!レンタカーの新たな選択肢


エッグスンシングスで人気のお土産とリニューアルされたギフトショップの様子


カフェカイラのおすすめメニュー・待ち時間・営業時間など


レナーズのマラサダ全種類の感想・おすすめメニュー・行き方・営業時間


ヘンリーズプレイス|高橋果実店の絶品アイスクリームとサンドイッチ


ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食1/3


ワイキキのおすすめ朝食&MAP!


ハワイのハッピーアワー特集!VOL,1 ステーキ・焼き肉編


ハワイのハッピーアワー時間割


ザ・ストリート|インターナショナルマーケットプレイスのフードコート


ハレクラニで朝食&ディナー - オーキッズの料金・予約・服装など


ロイヤルハワイアンセンター フードコート|厳選3店のおすすめメニュー


アイランドヴィンテージコーヒー・ハワイの美味しいメニュー!


ハレクラニ・サンデーブランチ(オーキッズ)


ロングスドラッグス ワイキキ店|私のおすすめとお土産・場所・営業時間


ワイキキのスーパー フードパントリーのお土産と私がよく買うオススメ


アランチーノ ディマーレ|朝食・ランチ・ウニパスタ・ハッピーアワー


ルースズクリス ワイキキ | プライムタイム・ディナー・ハッピーアワーのお勧めメニュー他


ウルフギャング ハワイ | お勧めメニューと値段・予約は?服装 ランチ 場所 ハッピーアワー


ウルフギャング ハワイのハッピーアワー | メニュー全種類と価格・注意点


ハイズステーキハウス ワイキキのステーキディナー & ハッピーアワー!メニュー・服装・予約・ハッピーアワー・トマホークも!


インターナショナルマーケットプレイスのレストラン店舗情報!1/2


ストリップステーキ - インターナショナルマーケットプレイスのステーキレストラン


イーティングハウス1849 ワイキキ インターナショナルマーケットプレイス。ワイキキ中心地の心地良いレストラン。


ロイヤルハワイアン・サーフラナイの朝食レポ!料金・ビュッフェ・席ほか


ザ・リーフ バー&マーケットグリル|アウトリガーリーフの海正面レストラン


サムズキッチン|ワイキキ中心部で安くて美味しいプレートランチ


ステーキシャック|ワイキキビーチの安い&美味しいステーキプレート


セブンイレブン(ハワイ)のオススメ|ワイキキの安い&美味いハワイグルメ


テディーズビガーバーガー|ワイキキの安くて美味しいハンバーガー店


コココーブ|ワイキキ中心部で安くて美味しいポケ(ポキ)丼


ABCストア38号店(ワイキキビーチウォーク近く)はデリ充実の大型店


ポケバー|ワイキキビーチウォークのポケ(ポキ)専門店


サイゴンズ サラダカフェ|ヘルシーで安くて美味しいベトナム料理店


トロピカルトライブのアサイーボウルは、本場ブラジルの味


ワイラナコーヒーハウス(ハワイ)でオススメのメニュー・場所・駐車場


ワイキキのアウトレット!ノードストロームラックで買った戦利品。割引率ほか。


新インターナショナルマーケットプレイスの現在。ショー・お店・お得情報 2/2


ワイキキ周辺で買えるお土産 雑貨・コスメ・食品と人気ランキング1/2


ハワイのスーパーおすすめ9店舗の特徴と、お土産が安いお店<エリア別>


ハワイ パンケーキ&ワッフルランキング <私が「絶対に外せない」と思うパンケーキ店>


ハワイ アサイーボウルおすすめランキング<人気店と特徴のあるお店>


ハワイのロコモコおすすめランキング<厳選15店から>


ハワイのモンサラットアベニュー・おすすめのお店&メニューと地図&行き方


ハワイのファーマーズマーケット特集|オススメ10か所の開催日(曜日別)・行き方など


KCCファーマーズマーケット(土曜日午前中)|オススメのお店やメニューと行き方


ハイアットリージェンシー・ファーマーズマーケットは、ワイキキで週2回夕方開催


キングスビレッジファーマーズマーケットは、ワイキキで週4回夕方から小規模開催


ワイキキビーチウォークのファーマーズマーケット「マーケット オン ザ プラザ」


ハワイのおすすめ観光と人気グルメのTOPページ


アラモアナセンターのおすすめレストラン&スーパーでのお土産購入・営業時間も


アラモアナセンター フードコートでオススメのお店とメニュー


ハワイWIFI・無料スポットと利用方法(地図と設定方法) 1/3 ワイキキ編


ザ・バスでハワイ観光!バスの乗り方・ワンデーパス(1-Day Pass)・注意点


ザ・バスでハワイ観光!路線バスで美味しいグルメ巡り・よく使うバス路線


カイルアでオススメのグルメとレンタサイクル(オリジナル地図付)


ザ・バスに乗ってカイルアへ 行き方編(ワイキキ出発)


ハレイワタウン おすすめ店&MAP1 - シュリンプ・名物レストラン・曜日限定グルメ 編


ハワイの自転車biki!実例写真で解説するルール・バイクレーンのある場所・使い方


ハワイの自転車biki!使い方・借り方・返し方・場所・料金


ダイヤモンドヘッド登山のおすすめルートや服装・注意点・駐車場と日の出(朝日)体験談


ダイヤモンドヘッドへの行き方 ワイキキからバス・トロリー・タクシー


ハワイのホテル・コンドミニアム TOP


お得な外貨両替 TOP


お金なくてもハワイに行きたい!TOP


このページの先頭へ