ザ・バスでハワイ観光!
バスの乗り方・降り方・1デイパス・料金・注意点ハワイの路線バス「ザ・バス」のあれこれ

ザ・バスはハワイ・オアフ島を走る公共路線バス。

長年、ハワイ観光やグルメ巡りにTHE BUSを利用しまくっている私たちですが、最初はキョロキョロ & ドキドキしていたものです。(笑)

そこで、このページでは、ザ・バスの乗り方・降り方・2017年10月からスタートした「ワンデーパス/1日乗り放題チケット」・料金・時刻表・ルート路線図・アプリ・クヒオ通りバス停(ワイキキ)・アラモアナバス停・注意点など、ハワイ・オアフ島「ザ・バス」について色々とご紹介いたします!

スポンサーリンク

ワンデイパス(1日乗り放題券)が
2017年10月1日からスタートした!

2017年10月1日から、ザ・バスの「1-Day Pass」がスタートしたので、早速買ってみました!(車内で購入できます。)

ハワイ バス ワンデーパス
▲ハワイ バス乗り放題一日券を買ってみた

1日バス乗り放題のワンデーパスです。

「購入当日は、無制限で乗降可能」なので、料金や乗換時間を気にすることなく、バスの旅が楽しめるようになったんですね〜!(素晴らしい!)

注意点はお釣りが出ないという点。

大人1人5.5ドルなので、2人で11ドル、4人で22ドル、子供2名分・大人2名分の合計16ドル・・・などと、まとめ払いも出来ます

なので、ピッタリの現金を予め用意しておくのがポイントなのですね〜。(現金のみ)

(ピッタリな現金を用意しておかないと、余計に支払うことになってしまう。。。)

車内で購入できるのは、「ワンデイパス(一日券)」と「片道料金(都度払い)」です。

片道料金(都度払い)もお釣りは出ません。

ハワイ - ザ・バスの新料金(2018年1月1日〜)

2018年1月1日から、バスの料金が改定になりました。
(料金変更はピンク文字のみ)

ワンデーパス(1日乗り放題チケット)

ハワイバス 一日券
1日券は、毎日色が変わります

  • 料金
    • 大人(18歳以上) 5.5ドル
    • ユース(6〜17歳)2.5ドル
    • 幼児(5歳以下)1人まで無料
    • シニア 2.0ドル

      このシニア料金は、有効期限内の「ザ・バス シニアカード(ステッカーなし)」または「アメリカのメディケアカード」を提示した場合に適用されます。

  • 販売場所:車内
  • 注意点:お釣りは出ません

1回のみの都度払い(片道料金)

  • 料金
    • 大人(18歳以上) 2.75ドル
    • ユース(6〜17歳)1.25ドル
    • 幼児(5歳以下)1人まで無料(幼児2人はユース1人分:1.25ドル)
    • シニア 1.0ドル(シニア割引適用条件はワンデーパスと同じです)
  • 販売場所:車内
  • 注意点:お釣りは出ません

マンスリーパス(当月乗り放題)

ハワイ バスパス
デザインはハワイの風景。毎月変わります。

  • 料金
    • 大人(18歳以上) 70ドル
    • ユース(6〜17歳)35ドル
  • 販売場所

    フードランドセブンイレブン・タイムズスーパーマーケット・サテライトシティホール(アラモアナセンター内)・バスパスオフィス(カリヒトランジットセンター内)など。

    また、一部のABCストアーでも入手可能です。(私が購入した事があるのは、シーサイド・アベニューのABCストアーです。また、クヒオ通り沿いのABCストアーにも置いている店がありました。)

  • 注意点
    • マンスリーパスの有効期限は月末までです。月初からなら1ヶ月間丸々使えますが、月の途中で購入すると使用可能日数が減りますのでご注意くださいね。
    • 現金のみ(ザ・バスの運賃は全てクレジットカードでの購入は不可です。それは、セブンイレブンやフードランドなどで購入できるマンスリーパスについても同様です。)

The Bus シニアカード(65歳以上のみ申請可能)

ハワイ バス シニアカード
我が母のシニアカード

The Bus シニアカード
  • 料金:10ドル
  • 発行場所:バスパス オフィス(カリヒトランジットセンター内)
  • 概要

    65歳以上の方の為のシニアカードです。4年間有効。パスポート持参の上、カリヒのバスパスオフィスで申請すれば、顔写真入りのシニアカードを発行してもらえます。ID代わりにもなりますよ。

  • 注意点

    発行場所である「カリヒトランジットセンター」は、アラモアナからバスで40〜50分の場所にあります。遠いので、時間に余裕があり滞在期間も長めの65歳以上の方におすすめです。

「The Bus シニアカード」に貼るマンスリーパスステッカー
  • 料金:6ドル
  • 販売場所

    サテライトシティホール(アラモアナセンター内)・バスパスオフィス(カリヒトランジットセンター内)

  • 概要

    最初に10ドルの「The Bus シニアカード」を申請。同時に「マンスリーパス・ステッカー」も購入し、即時発行される「The Bus シニアカード」にステッカーを貼れば、当月は乗り放題になります。

    2回目からは「The Bus シニアカード」をハワイに持参し、アラモアナセンターのサテライトシティホールにて「マンスリーパス・ステッカー」だけを購入すれば、ステッカーの該当月は乗り放題となります。(2回目からは6ドルで当月乗り放題となります)

    尚、ステッカーの無い「The Bus シニアカード」(有効期限内)をドライバーさんに提示すれば、片道は1ドルで、1日券は2ドルで購入できます。

  • 注意点

    マンスリーパスと同じで、マンスリーパスステッカーも有効期限は月末までです。

ザ・バスの乗り方(手順)

バス停を見つける

ザ・バス ハワイ バス停1
ザ・バス(ハワイ)のバス停

まずは、バス停を見つけます。

「黄色いバスマーク」が目印です。

ハワイ バス バス番号
「バス番号」はこんな風に書いてあります

確認するのは2つ。

  • バス番号
  • 方面(同じバス番号が、双方向に運行している道路のみ)

バス停に「方面」や「停留所名」は記載されていないので、よく使うバス路線とバス停、方面を2ページ目に書いております。→ ザ・バスでハワイ観光!バス路線・ワイキキ・アラモアナバス停ほか

ハワイ バス停
「バス番号」の無いバス停

ちなみに、小さなバス停では、バス番号が書いていなかったり、

バスマークが黄色ではなく、白かったりもあります。

バスがやって来ました!
バスの番号を確認 & 合図

ザ・バス 乗り方
ザ・バス(ハワイ)のバス番号は前面にあります

バスがやって来ました!

乗りたいバス番号かを確認します。

乗りたいバスなら、手を挙げるか、乗りたい素振りを見せて、合図します。

逆に乗らないバスなら、そっぽを向いて、バスがわざわざ自分の為だけに停まらないようにしています。

手を挙げなくても、バスの方向を見ているだけで、停まってくれちゃうこともあるので。。。

前から乗車します。
「降りる人」や「車椅子」の後に、乗車。

ザバス ハワイ 乗り方2
ザ・バス(ハワイ)は前から乗車

バスは、前から乗車します。

降りる人が先なので、ドアが開いても真っ先に乗らず、降りる人が居ないか確認してから、乗車しないとね。

また、乗車する人の中に「車椅子」の方がいる場合は、その方が乗車した後に乗るのが慣習となっています。

料金の支払い(お釣りは出ません)

1日乗り放題チケット「ワンデーパス」を車内で購入してみた
ザ・バス(ハワイ)の運転手さんに支払い

では、料金をお支払いしま〜す。

ワンデイパスを購入したかったので、

「ワンデーパス・プリーズ!」と言ってから、

ハワイ バス 料金
料金支払機にお札を投入

料金支払機に、お金を投入!

ハワイ バス 料金
バス運賃の支払い

紙幣は1枚ずつ右側に、

コインは左側の投入口から複数枚入れて大丈夫です。

この料金BOXには、金額を数える機能はありませんので、運転手さんが目視で確認しています。

ハワイ バス 1デーパス

すると、

ハワイ バス ワンデーパス

本日1日乗り放題の「1-DAY PASS」を受け取ることが出来ました!

必ず、料金BOXへお金を入れる前に、「ワンデイパス」と言ってから、運転手さんが見ている時にお金を投入した方が良いです。

私の前の方(地元の方)が、小銭を先に入れたのに、運転手さんがそれを見ていなかった為に、モメていたことがありました。

ちなみに、都度払い(片道)は「ワンウェイ」と言います。

なるべく後方の席に座るのがオススメ。その理由は・・。

ハワイ バスの乗り方
前方は、車椅子が最優先。お年寄りはその次に優先。

バスに乗ったら、「前方の横並び席以外」に座るのがおすすめです。

なぜなら、前の方の横並び席は左右とも、車椅子やお年寄り、体の不自由な方のための優先席だからです。

尚、これらの席は、車椅子が最優先。

たとえ、お年寄りであっても、車椅子の方が乗車した際には、前方の座席を譲る事になっています。

ちなみに私の母は、「The Bus シニアカード」を持っている年齢ですが、若く見えるのと、母以上に高齢の方がたくさん乗車してくる可能性があるので、母にもなるべく後方に座ってもらうようにしています。

ザ・バスの降り方

「アナウンス」と「電光掲示板」

日本と同じく「アナウンス」と「電光掲示板」で、次のバス停のお知らせがあります。

バス停名のパターンは、

ハワイ ザ・バス 乗り方・降り方
電光掲示板

「道路名 / 近くの場所の名前(施設・ホテル・ビーチなど)」

や、

ザバス ハワイ 乗り方と降り方
電光掲示板

「道路名 / 道路名」
(交差点の近く)

「道路名 / 住所の番地」
(一般居宅しかない一本道など)

などなど。

電光掲示板やアナウンスは1回だけなので、見逃してしまったり、聞き逃してしまうことも、きっと有ると思います。

英語ですし、表示もすぐ消えちゃいますのでね。

また、たまに、アナウンスも電光掲示板での案内も、一切ないバスもあります。

なので、「目印となる風景」などの情報も、仕入れておくのがおすすめです。

ちなみに当サイトでは、ワイキキ以外のグルメスポットや観光地へ、ザ・バスで行く方法を多く掲載しています。その際、降りるバス停近くの目印・風景も口コミしておりますので、もし宜しかったら各ページも是非ご覧いただければと思います!

降車の合図は、「紐を引く」か「ボタン」で

ハワイ・バスの降車サイン
降車のサイン(ヒモ)

「次のバス停で降りたい!」

という時に、窓に張り巡らされているこのワイヤーを、

ザバス ハワイ 乗り方と降り方 降車

下に引いて「ピーン」と音を鳴らします。

(既に他の乗客が、降車の合図をした場合には音は鳴りません)

ザ・バスの乗り方(ハワイ)
▲降車ボタン

それか、ボタンを押してもOKです。

すると、

ザ・バス ハワイ STOP REQUESTED

「STOP REQUESTED」
ストップ リクエステッド!

(次、停まります)

の文字が!

降車は、前でも後ろでもOK!

降りる時は、前からでも後ろのドアからでもOKです。

新型のバス(後ろのドア)

ザ・バス ハワイ 降り方
新型バス(後ろのドア)

ドアの中央に「黄色いシール」が貼られているのが、新型のバス。

「新型」と言っても数年前から導入され始め、2018年現在ではすっかりスタンダードになっています。

ハワイのバス 降り方

降りる時は、上にセンサーが付いているので、黄色い部分に手を軽く当てるだけでドアが開きます。

時々センサーが反応せず、「開かないぞ〜」となる時があります。

そんな時は、ちょっと手をずらしたりして、センサーに手を見てもらうようにすると上手くいくのでお試しあれ〜。

開かないからと言って、無理矢理、押して開けようとしてもダメダメで〜す。(笑)

旧式のバス(後ろのドア)

ハワイの市バスの乗り方・降り方
旧式バス(後ろのドア)

ドアに取手が付いているのが、旧式のバス。

2018年現在、数は減ってきていますが、それでもまだ走っています。

ハワイ バス 乗り方・降り方

降りる時はドアを押し、手動で開けます。

尚、旧式のドアは、開けたら誰かが押さえていないと、すぐにドアが閉まってしまうので、

次の人が降りるまで前の人がドアを押さえておいたり、押さえるのを交代したりと、協力し合う感じになっています。

ドアが開かない!そんな時は・・・
「バックドア!」

ドアは、運転手さんがロックを解除して初めて、開くためのセンサーが機能したり、手動ドアが開くようになります。

ハワイ バス 降り方
緑のランプがついていない=ドアは開かない

ドアの上にある「緑のランプ」がついていない時はロックされた状態なので、ドアを押しても黄色い部分に手を当ててもドアは開きません。

もし、降りる人が全て降りたとドライバーさんが勘違いし、ドアをロックしてしまった時は、大きな声でドライバーさんに聞こえるように

「バックドア!」

と言ってみてください。

すると・・・、

ハワイ バスの降り方
緑のランプがついている=ドアが開けられる

運転手さんがロックを解除してくれて(=緑のランプがつく)、ドアが開くようになります!

地元の方も、この「バックドア」の一言でロック解除してもらっています。

日本人でよく見掛けるのは「Sorry」や「Excuse me」と言っている光景。

これだと、何に対して「すみません」と言っているのか理解してもらいにくいので「バックドア」が最適です。(プリーズを付けるなどで丁寧になりますが、地元の方でも「バックドア」だけでロック解除してもらっているので問題ないです。素早く言う必要もありますしね。)

The Bus(ハワイ)のルール

  • スーツケース等の大きな荷物は持ち込めません。
    • 最大サイズは、22" x 14" x 9" (機内持込可サイズ程度)
  • 飲食禁止・禁煙
  • 運転中にドライバーに話しかける行為は禁止

次のページでは、実際にバスでどういう場所に行けるのか、バス路線とバス停、バスで行くグルメ&観光スポット、ザ・バスのアプリ他を綴った「ザ・バスでハワイ観光!バス路線・ワイキキ・アラモアナバス停ほか - バス路線別・おいしいグルメ店・観光地」をご紹介いたします!

スポンサーリンク

ハワイのホールフーズ クイーン店(カカアコ)の行き方と駐車場


ハワイのホールフーズ クイーン店(カカアコ)で朝食&ランチ


ホールフーズ クイーン店(カカアコ)お土産お勧め・エコバック


ワイキキ サンドビラ ホテル|朝食・アメニティ・お部屋レポ!


ワイケレアウトレットのアグ(UGG)セール品の値段や戦利品


ザ・バスでハワイ観光!路線バスで美味しいグルメ巡り・観光


ハワイ ザ・バスの到着時刻が分かるサイト「AllBUS」の使い方


ハワイ ザ・バス:路線図や時刻表いらずのアプリDaBus2の使い方


[iOS版]ハワイ ザバス 路線図や時刻表いらずのアプリの使い方


ハワイのWIFIレンタル体験記|現地で契約し各観光地で速度計測


アメリカ放題をハワイで1ヶ月使ってみた!設定・使い方など


auのiPhoneがハワイのプリペイドSIMで使えた!使った感想他


ハワイのAT&T|「データ専用SIM」と「通話専用SIM」


ザ・バスに乗ってカイルアへ 行き方編(ワイキキ出発)


カイルアでオススメのグルメとレンタサイクル/オリジナル地図付


ザ・バスに乗ってハレイワへ 行き方編


ハワイのカーシェアリング・Huiを調査!レンタカーの新選択肢


ハレイワおすすめMAP|ガーリックシュリンプ・フリフリチキン他


ハレイワタウンおすすめMAP|ショッピング・お勧めツアー・食事


モヤさまスポット!ワイアルアへの行き方


カカアコのおすすめMAP・行き方|ソルト・ウォールアート編


ハワイのスーパーおすすめ9店舗の特徴と、お土産が安いお店


ハワイのファーマーズマーケット|お勧め10か所の開催日・行き方


ハワイのおすすめ観光と人気グルメのTOPページ


カフェカイラ(Cafe Kaila)の行き方・帰り方(バス利用)


コア パンケーキハウス カイムキ店|お勧めメニューや行き方


ハワイの自転車biki!使い方・借り方・返し方・場所・料金


リリハベーカリーでオススメのメニュー・バスでの行き方・駐車場


ニコスピア38|お勧めメニュー・行き方(バスなど)・駐車場


カハイストリートキッチン|絶品おすすめメニュー&行き方


ホノルルファーマーズマーケットの場所・行き方・駐車場


カカアコキッチンでオススメのメニューや店内の雰囲気・行き方


“きたなトラン” や “めざまし土曜日”で紹介された絶品レストラン


ホールフーズ カハラ店|お土産のおすすめ・エコバッグや行き方


ハワイのモンサラットアベニュー|お勧め店・地図・行き方など


ハワイのハッピーアワー特集!VOL.2 好コスパのハッピーアワー


アラモアナセンター フードコートでオススメのお店とメニュー


アラモアナセンター新フードコート「ラナイ」のお勧めメニュー


スイートイーズカフェのおすすめメニュー・お店の雰囲気・行き方


ハッピーハレイワ カフェのシェイブアイス & アサイーボウル


ナンディングズベーカリーのスパニッシュロールと私のおすすめ他


【座席シート比較】JALビジネス・プレエコ・エコノミー


マネーパートナーズで外貨両替【やることリスト】−1 口座開設


お金なくてもハワイに行きたい!TOP

このページの先頭へ