ハワイATMで最も手数料の安い所はどこ?
ハワイ両替のお得を徹底検証!

ハワイ両替

ハワイ・リピーターともなると、安くて便利な両替の研究に余念がありません♪

FXで格安に外貨両替し、その両替した外貨を、最終的に「SMBC信託銀行プレスティア」(旧シティバンク銀行個人口座)で着金し、ハワイのATMで「プレスティア外貨キャッシュカード」を使って外貨を下ろす。

この両替方法を当サイトでご紹介しておりますが(SMBC信託銀行に口座を持っている人のFX両替(米ドル)2016)、このページでは、気になるけど中々調べられない 「ハワイで最も手数料が安いATMはどこ?」をお届けします!

より安いハワイATMを足で回って見つけてみました(笑)
ロングステイの時とは言え、ヒマ人だなぁ!って笑ってやってください〜♪

尚、このページの内容は、私が実行している2つの両替コースのうち「アメリカ(ハワイ)のATMで受け取るコース」だけに関係する記事となっています。ではどうぞ!

スポンサーリンク

ハワイATMの「手数料と限度額」を比較

ハワイのATM/CDで、プレスティア(旧シティバンク個人口座)の外貨キャッシュカードを使って、現地紙幣を引き出しする場合、お得なATM/CDを選ぶうえで重要な要素は次の2つです。

  1. 手数料がなるべく安いATM
    (オーナー手数料 + SMBCプレスティア手数料)
  2. 1回あたりの出金上限額(引出限度額)がなるべく高額なATM

アメリカ国内で、プレスティア(旧シティバンク個人口座)の外貨キャッシュカードを使って引き出すと、利用料は1回につき無料〜5ドル位。「1回につき」なので、1度に多くの現金を出金した方が、1ドルあたりの単価が下がりますよね。

ところが、海外ATMには、それぞれ1回あたりの出金限度額が決められていて、その金額が機種によって違うんです。

ということは、単に手数料だけ安くてもだめなんです。そのATMの限度額が少ない場合、引き出す金額によっては、2〜3回操作しなくてはいけないからです。
そこで、ハワイの各ATMを回って、手数料はもちろん、1回あたりの出金限度額も調べてきました。

2015年11月の統合で手数料改善!!

2015年11月1日、SMBC信託銀行はシティバンク銀行リテール事業を統合したことによって、それまで必ず必要だった2ドル(シティバンク手数料)が、米国内シティバンク本支店でのATM利用でなら「無料」となりました!

シティバンク本支店なら手数料は全く掛からなくなるなんて、素晴らしい改善です♪

しかーし!ハワイにはシティバンク支店がないので恩恵は・・なしです。。ショボン

しかも、仮にアメリカ本土のシティバンク本支店で出金しても、ATMのオーナーがシティバンクじゃない機種もあるとのことで、その場合はやはり2ドルが掛かるんですって

なんだそりゃ〜!くじ引きみたいですね(笑)


*最新調査日:2016年9月(過去調査:2009年頃からちょくちょくと更新中)

ファーストハワイアンバンク(ワイキキ店・アラモアナ内)
First Hawaiian Bank ー Waikiki / Alamoanacenter

ファーストハワイアンバンク

私も口座を持っているハワイ最大手の銀行「ファースト・ハワイアン・バンク」。

ここが安ければ言うこと無し!と思いきや、オーナー手数料 3ドル、引出限度額 500ドルと高め。

検証はワイキキ店とアラモアナ・センター。
調査開始以降、ジワジワと値上がりしています。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 5.25ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:3.25ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額500ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(500ドル出金の場合)
0.0105ドル
お得度★★☆☆☆(星2つ)

バンクオブハワイ(ワイキキ店・アラモアナ内)
Bank of Hawaii ー Waikiki

BOH

バンクオブハワイは、随分前にオーナー分が無料だったのですが、今は状況も変わってきて無料ではありません。それどころか年々値上げ傾向にあるようです。
出金限度額が少ないので、現在では全く使えないATMとなっています。(普通の両替より少し安い程度)

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4.75ドル(ワイキキ店)
1回 = 4.50ドル(アラモアナ)
ワイキキ店 内訳 / ATMオーナー手数料:2.75ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
アラモアナ 内訳 / ATMオーナー手数料:2.50ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額300ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(200ドル出金の場合)
0.0159ドル(ワイキキ店)
お得度★☆☆☆☆(星1つ)

アメリカン・セービングス・バンク(ウォルマート ケアモク店内)
American Savings Bank ー Honolulu Wal-Mart

残念ながら値上げです。。

ハワイ ウォルマートATM

かつて当サイトで、イチオシ高評価だったウォルマート・ケアモク(アラモアナの近く)店内のATM。

(アメリカンセービングスバンクのATMです)

手数料や引出限度額、どれを取っても他銀行より輝かしいサービス内容だった日々、忘れはしません。

しかーし、現在では、引出限度額がかなり低い300ドルになってしまいました。さらに手数料も値上げ。
よって現在は、お勧めのATMではありませ〜ん。
さようなら、そして今まで有り難う!アメリカンセービングスバンクよ!

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:2.0ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額300ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(300ドル出金の場合)
0.013ドル
お得度★★☆☆☆(星2つ)

アメリカン セービング バンク
(ワイキキ店・アラモアナ内・カパフル店・カハラモール店)
American Savings Bank ー Wikiki / Alamoanacenter / Kapahulu / kahalamall

アメリカン・セービング・バンク(ワイキキ店・カパフル店)

アメリカンセービングバンクは、どうやら全ATMを入れ替えたようで、私が試した機種すべてが上限額300ドルに変更されていました。

手数料は場所によって違いがありますが、300ドルまでだとお得感はありませんね。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4.75ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:2.75ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額300ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(300ドル出金の場合)
0.0158ドル
お得度★☆☆☆☆(星1つ)

Hickam Federal Credit Union(パールリッジセンター店)

ハワイ両替HFCU

パールリッジセンターで、常に2〜3人位の順番待ちができているATMがあったので試してみました。

もちろん列はローカルの人達なので、シティバンク外貨キャッシュカード(現プレスティア外貨キャッシュカード)で手数料が安い可能性は極めて低いのですが、その人気が気になったので検証してみました。

結果、手数料は安めなものの、限度額が400ドルと低く、あえなく撃沈。

パールリッジショッピングセンターはワイキキから車で約1時間の郊外にあります

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4.0ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:2.0ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額400ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(400ドル出金の場合)
0.01ドル
お得度★★☆☆☆(星2つ)

ヒルトンハワイアンビレッジ
ラグーンタワーATM
Hilton HawaiianVillage ー Lagoon Tower

私がよく利用する「ヒルトンハワイアンビレッジ」。
ラグーンタワーにATMがあります。
が、オーナー分はなんと3ドルもするので、合計すると5ドルも掛かってしまいます。
限度額も300ドルだったりするので、ここでは出金しない方がいいですよ。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 5.0ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:3.0ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額300ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(300ドル出金の場合)
0.0166ドル
お得度☆☆☆☆☆(星ゼロ)
スポンサーリンク

Tギャラリア by DFS ATM(旧:DFSギャラリア)
DFS Galleria ー Waikiki

ハワイ両替dfs

外貨両替所があるTギャラリア by DFS。
(旧:DFSギャラリア免税店)

その一角にあるATMも、プレスティア(旧シティバンク)外貨キャッシュカードで現地通貨をおろすことが出来ます。でも手数料がお高いので、ここでは絶対利用しません。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 5.5ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:3.5ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額200ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(200ドル出金の場合)
0.0275ドル
お得度☆☆☆☆☆(星ゼロ)

ホノルル空港ATM 個人用出口
Honolulu Airport

ホノルル空港ATM

日本からハワイに来て、すぐに現地通貨を入手できる手数料の安いATMが、ホノルル空港内にあると便利ですよね。

実は当ページで以前、「ホノルル空港内のATMは、到着出口からかなり遠い」と書いていたんですが、ある時ふと目をやると、出口のすぐ近くにひっそりと設置されているではありませんか!(あれ?いつから?)

ちなみにホノルル空港の地図でATMの場所を探してみると、たったの2カ所しかない事になっていて(少なっ)、このATMは案内マップには載っていませんでした。

場所:個人出口を出たら、左側(道路が正面)にあります。

※旅行会社のパッケージツアーは団体出口になります。
 団体出口にATMがあるかどうかは未確認です。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4.75ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:2.75ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額500ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(500ドル出金の場合)
0.0095ドル
お得度★★★☆☆(星3つ)

Citi financial

ハワイ両替citibank

ハワイには citibankはない。
citibankのATMもない。

知ってはいましたが、見慣れた「citi」のロゴマークを見つけてしまったので、真相を確かめるべく思わず入店してしまいました。(関連会社です)

店内にいたオジさんに、「シティバンク 外貨キャッシュカード」を見せながら、「この店にシティバンクのATMはないの?」と尋ねてみましたが、その店( Citi financial )はもちろんのこと、ハワイ全域にわたり1台もないとのこと。

答えは予想通りでしたが、なんかスッキリ!
こうやって皆さんにはっきりと伝えられますしね。

セントラル・パシフィック・バンク ワイキキ支店 ATM
Central Pacific Bank ー Waikiki

セントラルパシフィックバンクのATM

私も口座を持っているセントラルパシフィックバンク。

ここのATMが安ければ便利なのになぁ。
と、いつも思うけどそうでもない。

(シティバンクのキャッシュカードだからね ← 他銀行)

でも出金限度額は1000ドルと多め。
なので、多く引き出すならまあまあかな。

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 5.25ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:3.25ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額1000ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(1000ドル出金の場合)
0.00525ドル
お得度★★★★☆(星4つ)

セントラル・パシフィック・バンク Central Pacific Bank
「ABCストア」にあるATM

一番お勧めのATM!

セントラルパシフィックバンクABC

上の説明でも書きましたが、セントラル・パシフィック・バンクは1回の出金限度額が1,000ドルと多いのが特徴。

さらに、ABCストア内にあるセントラルパシフィックバンクATMなら、オーナー手数料が2ドルと、大変お得です。(計 4ドル)

全店舗にATMはありませんし、さらに、料金も変更になる可能性もありますが、

とりあえず、2016年1月現在のABCストア内ATMは、オーナー手数料 2ドルで最も安かったです。

ちなみに以前は、店舗によって2ドルだったり、2.25ドルだったりと、手数料がバラバラだったのですが、現在では、ほとんどの店舗で2ドルになっています。(中心部の9店舗で試したら全て2ドルでした。全店舗で試したわけではないです)

ATMがあるABCストアのネオンサイン

ATMがあるABCストアーは、
表の「ATM」ネオンサインが目印です。

  • カラカウア通りアウトリガーワイキキビーチリゾート道路挟んだ向かいABC内 MAP/地図
  • ホテルリニュー隣ABC内 MAP/地図
  • エッグスンシングス ワイキキ店隣ABC内(カラカウア通り沿い)MAP/地図
  • ワイキキビーチマリオット隣ABC内(カラカウア通り沿い) MAP/地図

ほか、数店舗あり

ATM手数料 合計 / 1回あたり1回 = 4.00ドル
内訳 / ATMオーナー手数料:2.0ドル、SMBCプレスティアATM手数料:2.0ドル
1回あたりの出金限度額1,000ドル
出金額1ドルあたりのATM手数料
(1,000ドル出金の場合)
0.004ドル(1ドル当たり)
お得度★★★★★(星5つ)

私のハワイATM 手数料検証、いかがでしたか?
ATMで何度もキャンセルしながら調査しているので、はたから見るととっても怪しいし(怪しい者ではございません。。)、アホな調査だなぁ〜、こんな事までして誰かの役に立ってるのかなぁ?・・って自分でも疑問に思う今日この頃です。。

スポンサーリンク

このページの先頭へ