ハワイのハッピーアワー特集!
各店のハッピーアワー条件&メニュー
地図・時間割も!(私が行った店限定)

ハッピーアワーとは、人気レストランが空いている時間帯に限り、お得な料金で料理やアルコールを提供するサービスメニューのこと。

でも、その安い料金と引き換えに、「時間帯が中途半端」「ハッピーアワーは予約不可」「カウンターなど条件が悪い席のみ」「メニューはハッピーアワー専用」など、ハッピーアワーには幾つかの我慢ポイントもあったりします。(条件はお店によって異なります)

そこでこのページでは、私たちがハワイ・ホノルルで実際に頂いたハッピーアワーを「おすすめポイント & 我慢ポイント」をセットにしてご紹介致します!(ワイキキ編)

スポンサーリンク

ワイキキ・ハッピーアワーMAPお金なくてもハワイに行きたい!オリジナル地図

ワイキキ全域マップ(広域)

「ハワイのハッピーアワー特集!」(当ページ)対応のオリジナル・ワイキキMAPを作ってみました☆ 中央・西・東の線引きは、あくまでも私の独断です。 ワイキキ地図 広域

ワイキキ中央マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等) ワイキキのハッピーアワーMAP(中心部)

ワイキキ東部マップ

赤丸の番号は、当ページ(地図の下)でご紹介している飲食店の位置を示しています。 ワイキキハッピーアワー地図(東部)

ワイキキ西部マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等)ワイキキ ハッピーアワーマップ(西部)
スポンサーリンク

肉系のハッピーアワー

まずはハッピーアワーに、肉系メニュー(ステーキ・焼肉)があるお店をご紹介します。(ハンバーガー・ハンバーグ・おつまみは除く)

お酒を飲める方も飲めない方も、みんなが楽しめるレストランだと思っています。
もちろん、食事の代わりになってまーす!

ショアバード・レストラン&ビーチバー
Shore Bird Restaurant & Beach Bar

毎日:16:00〜17:30(17:30までに着席)

ハワイ ハッピーアワー ショアバード
▲ショアバードは景色最高

「ショアバード・レストラン&ビーチバー」は、アウトリガーリーフ(ホテル)の1階にある、海を眺めながらお食事のできる景色最高のカジュアルレストラン

毎日夕方4時〜5時30分は、ちょっとだけお得なメニュー「サンセット・スペシャル」がいただけるんですよね〜。
(5時30分までに着席)

どんなメニューかと言いますと、

ショアバード ワイキキ サラダバー
▲ショアバードのサラダバー

食べ放題の「サラダバー」。

ショアバード ワイキキ サラダバー2
▲ショアバードのサラダバーで持ってきたもの

ガッツいてしまったっ!(笑)

ハワイのハッピーアワー ショアバードのサンセットスペシャル
▲サンセットスペシャル
(ショアバードのハッピーアワーメニュー)

そして、ステーキ!

アンガス トップ サーロイン ステーキ、1人前は約227g。

この写真は、サンセットスペシャル2人分のお肉です。

生肉が運ばれてきたということは・・・・、

ハワイのハッピーアワー ショアバードのサンセットスペシャル BBQ
▲ショアバードのBBQ

自分で焼く。。。

奥のバーベキュースペースでね。

このセルフサービスで焼くステーキとサラダバーが付いた「サンセットスペシャル」は 19.95ドル(+税・チップ)。

でもでも、ショアバードは元々、そんなに高くないレストランですので、サンセットスペシャルじゃなくても、227gのトップサーロインは23.95ドルなんです。(ディナーメニュー・サラダバー付)

4ドルOFFってことですね。
(2017年初めにグランドメニューの方だけ1ドル値上げした)

まあ、なので、ちょっと安くなるだけです。

ちなみに、公式サイトに掲載されているこちらのクーポン(2017.6月末まで)をオーダー時に見せれば(スマホ画面でもOK)、メイン2品目が半額になるので(同額 or 安い方のメインが50%引)、人数によってはサンセットスペシャルよりもクーポン利用のグランドメニューの方が、お安い結果になるのかなぁと。。

(サンセットスペシャルには、このクーポンは使えず。4人グループまで利用可能。クーポン期間終了後は公式サイトTOPで新しいクーポンが出ているかご確認くださいね〜)

お肉は多少堅かったのですが(焼きの技術不足か質の問題かは判断できず)、ステーキを、リーズナブルに、サラダバー付きで(どのメインにも付いています)、海の見えるレストランでいただけると考えれば、とってもオススメです! 肉を焼く間は、肉から離れられない点が大丈夫ならば、子連れファミリーさんにも特におすすめです!

ショアバード・レストラン&ビーチバー/Shore Bird Restaurant & Beach Bar
  • 場所:ワイキキ中央MAP/アウトリガーリーフ1階
  • ハッピーアワーのお得メニュー
    • サンセットスペシャル(ステーキ・サラダバーのセット) 19.95ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日16:00〜17:30(17:30までに着席)
    • クーポン券は使用できない → クーポン利用のグランドメニューの方が安い場合もある
  • 予約・席について
    • サンセットスペシャルを注文する場合でも、予約できます。
    • サンセットスペシャルを注文する場合でも、席は通常のテーブル席です。

オーシャンハウス
Ocean House

毎日:17:00〜18:00(18:00までに着席)

ハワイ ハッピーアワー オーシャンハウス
▲オーシャンハウスも景色は抜群

「オーシャンハウス」も、アウトリガーリーフ・オンザビーチの1階にある、海を眺めながらお食事のできるオーシャンフロント・レストラン

先程ご紹介した「ショアバード」のお隣にあります。(同じアウトリガーリーフ1階)

オーシャンハウスでも、毎日夕方5時〜6時はお得なメニュー「サンセット・スペシャル」がいただけるんですよね〜。(6時までに着席)

ショアバードと同じアウトリガー内だからか、お得なメニュー名も同じく「サンセット・スペシャル」なんですね。

違うのは、

オーシャンハウス サンセットスペシャル プライムリブ
▲オーシャンハウスのサンセットスペシャルは
 プライムリブ

じっくりと長時間かけてローストした「ブラック アンガス プライムリブ」であること。

(ちなみに、ショアバードはサーロイン。量は同じく約227g)

ローストビーフなので、こちらの方が少しヘルシーかしら〜。

それに、調理済みが運ばれてきます。(まっ、これが普通ですけど)

お皿には、マウイオニオンのマッシュポテトが添えられていました。(コショウ強めですが、なめらかで良い感じ)

この時は、ミディアムとミディアムレアを1枚ずつオーダーし、注文どおりの焼き具合でサーブされました。お肉はボリュームがあって、適度に歯応えもあって美味しかったです。

オーシャンハウス ワイキキ パン
▲オーシャンハウスのパン

また、パンは注文せずとも、バスケットで提供されます。

緑黄色野菜系のサラダは付かないので、注文するならグランドメニューから。

この、プライムリブのローストビーフ(マッシュポテト付)とパンが付いたサンセットスペシャルが、24.95ドル(+税・チップ)《2017年2月現在。2016年年末から2ドル値上げしとる〜》

海沿いのレストランだし、料理も美味しいし、他のグランドメニュー(ステーキ)はどれも33〜40ドルなので、値上げしても尚、ここのサンセットスペシャルはお得でおすすめです。

オーシャンハウス / Ocean House
  • 場所:ワイキキ中央MAP/アウトリガーリーフ1階
  • ハッピーアワーのお得メニュー
    • サンセットスペシャル(プライムリブ・パン) 24.95ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日17:00〜18:00(18:00までに着席)
  • 予約・席について
    • サンセットスペシャルを注文する場合でも、予約できます。
    • サンセットスペシャルを注文する場合でも、席は通常のテーブル席です。

チャックスセラー
Chuck's Cellar

毎日:17:00〜18:30

ハワイ ハッピーアワー チャックスセラー
▲チャックスセラーは地下1階

「チャックスセラー」は、ステーキやシーフードをサラダバー付きで楽しめるカジュアル・レストラン。

地下1階なので景色は全くなく、ワイキキというよりは「秘密基地のようなアメリカン・ダイナー」といった雰囲気。

若い女子よりは、“40代以上の男性”が好みそうな趣のある内装です。

私はここの看板メニュー「プライムリブ」(通常料金グランドメニュー)が好きで、何回か行ったことはあったのですが、ハッピーアワーはどんな物が食べられるのだろうかと思い、2度ほど行ってみました。

チャックスセラーのハッピーアワーは、毎日夕方5時〜6時30分
(日本語版公式サイトと入口の看板は、以前の時間帯 PM5:30〜6:30のままになっていますが、英語版公式サイトは現在の時間帯 PM5:00〜6:30に訂正されています)

ハッピーアワーは「アーリー・イブニング・スペシャル」として日替わりで毎日2種類ずつ提供され、その日のメニューは地上入口の看板で知ることができます。

どんなメニューだったかと言いますと、

チャックスセラー サラダバー
▲チャックスセラーのサラダバー

まず、ハッピーアワーに限らず全てのメインに付いてくる食べ放題のサラダバー。

10種類ほどの野菜類、2種類のパン、日替わりのスープがあります。

そしてメインの方は、

チャックスセラー ハッピーアワー アーリーイブニングスペシャル サウスウエストプライムリブ
▲サウスウエスト・プライムリブ・チップス
(ハッピーアワー・アーリーイブニングスペシャル)

こちらが「サウスウエスト・プライムリブ・チップス」。

チャックスセラー ハッピーアワー アーリーイブニングスペシャル ステーキダイアン
▲ステーキダイアン
(ハッピーアワー・アーリーイブニングスペシャル)

「ステーキダイアン」。

チャックスセラー ハッピーアワー アーリーイブニングスペシャル ハワイアンペッパーステーキ
▲ハワイアンペッパーステーキ
(ハッピーアワー・アーリーイブニングスペシャル)

「ハワイアン・ペッパー・ステーキ」。

2度の訪問で3種類のハッピーアワーメニューをいただきましたが、いずれも、アメリカンな濃いめの味付け。

肉の量も多くはなく、ソースと他の具材でボリューム感を出している点も気になり、あまりお得な感じはしませんでした。

(他のハッピーアワーメニュー「グリルド マヒマヒ」と「チキンテリヤキ炒め」は未経験です。)

ハッピーアワーメニューのお値段は、食べ放題のサラダバー(パン・スープ付)・メイン料理とのセットで、22.5ドル也(+税金・チップ)。

公式サイトのこの画面(または印刷)をオーダー時に見せれば10%OFFになるので、それであれば20.25ドルです。クーポンはハッピーアワーでも使えました。(飲み物は割引対象外)

でも、このページに掲載しておいて言うのも何なのですが、チャックスセラーは11ドル追加してでも、ディナーの看板メニュー「プライムリブ」(サラダバー付・33.5ドル・通常価格のグランドメニュー)が、やっぱりいいなと思いました。クーポン使うと約30ドルになりますしね。

チャックスセラー ハッピーアワー ドリンク
▲チャックスセラーのハッピーアワー・ドリンク

あ、でも、チャックスセラーのハッピーアワーにはアルコールもあって

クアーズライト・バドライト・バドワイザーが4.25ドル(通常料金 5.5〜6ドル)なのは普通だとして、

マイタイ 4.25ドル、ブルーハワイ4.25ドルが安いです!

特にブルーハワイはグラスが大きいからお得感ありです!

ちなみに、他店のハッピーアワーでのカクテル類は6ドル以上が相場だと、この記事を全部書き終えて気づきました。私が行ったハッピーアワー店限定ですけどね。

あとはハウスワイン(赤・白)が安くなります。(2016年8月訪問時)

ということでチャックスセラーは、ハッピーアワーに行って、通常メニュー(プライムリブなど)とブルーハワイを楽しむのが、私のおすすめです。

チャックスセラー Chuck's Cellar
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ワイキキ・オハナ・イースト地下1階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • 毎日2種類ずつ日替り(メイン・サラダバー・パン・スープ) 22.5ドル
    • 数種類のアルコール 4.25ドル
      (クアーズライト・バドライト・バドワイザー・マイタイ・ブルーハワイ)
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日17:00〜18:30
  • 予約・席などについて
    • チャックスセラーは、予約はできません。(ディナーも同じ)
    • ハッピーアワーメニューでも、席は通常のテーブル席です。
    • この画面をオーダー時に提示すれば、お食事代が10%引に。
スポンサーリンク

牛角 ワイキキ

毎日:11:30〜18:30
毎日:21:30〜23:30(L.O.)

牛角 ハワイ ワイキキ点
▲牛角 ワイキキ店

日本人にお馴染みの「牛角」も、ハワイではお得なハッピーアワーをやっています。(海外店ならでは☆)

おすすめの理由は、ハッピーアワーのメニューの多さ

ハッピーアワー専用メニューでは無く、多くのレギュラーメニューが価格だけ1〜3ドル、ディスカウントされているため、選択肢が多いのです。

(ハッピーアワーの設定がないメニューもあります)

牛角 ワイキキ ハッピーアワー
▲ハッピーアワーで特に割引率の高いもの

2017年2月現在、昨夏より値上げしたことにより、さすがに以前の半額水準とは行かなくなりましたが、それでも4割引〜3割引の商品があります。

ケチな私たちは、割引率高めの5品を選んでみました。

  • チキン(照り焼き) $6.95→3.95 写真左上
  • 牛焼きしゃぶ肉 $6.95→4.95 右上
  • 牛バラ肉   $6.95→4.95 左中
  • 豚バラ肉   $6.95→4.95 右中
  • チーズワンタン $6.95→4.95 左下
  • この画面(KauKauクーポン)提示で、99セント

    (ビールのハッピーアワー価格は2.95ドル、通常価格は5.45ドル)

ハッピーアワーで、税抜13ドル安くなりました♪
(2名。飲み物のクーポンはいつでも使えるので計算からは外しました)

味は、日本の牛角とほぼ同じ。
開催時間も長いので、利用しやすい点も気に入っています!

牛角 ワイキキ
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ Tギャラリア免税店の近く
  • ハッピーアワーのメニュー:1〜3ドル引/2017年2月現在
    • 牛・鶏・豚/17種類が割引対象(26種類中)
    • 魚介・野菜 /12種類が割引対象(19種類中)
    • 前菜・サラダ・スープ・麺・ご飯類/27種類が割引対象(42種類中)
    • アルコール類も多数が割引対象
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日11:30〜18:30 、 21:30〜23:30(L.O.)
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも、予約できます。
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席です。
    • この画面(クーポン)提示でビールがディスカウント、ソフトドリンクは無料

ルースズクリス ステーキハウス
RUTH'S CHRIS STEAK HOUSE

プライムタイム(お得なコース):毎日17:00〜18:00

ハッピーアワー(おつまみ):毎日17:00〜19:00

ルースズクリス ステーキハウス ワイキキ 店内
▲ルースクリス ワイキキ店

「ルースズクリス」は、ハワイで美味しいステーキを食べたい!って時に、必ず候補に挙がるステーキハウス。

質もお値段も、上で紹介してきたレストランよりワンランク上になるのですが、美味しさ・雰囲気ともに納得の、本当に美味しいレストランなのです。

そんな高級ステーキハウスのルースクリスも、毎日PM5〜6時の1時間は、「プライムタイム」といってステーキコースをお得な価格で注文できるんですよね〜。

プライムタイムのコースは、メインを何にするかによって49.95ドル(3種類)と59.95ドル(3種類)に分かれておりまして、(メイン以外は同じ)

ルースズクリス プライムタイム コース料理
▲プライムタイムのコース一式は、こんな感じでした

内容は、

  • 前菜(シーザーサラダ・ステーキハウスサラダから選択)
  • メイン 1品選択
  • サイド(マッシュポテト・ほうれん草のクリーム煮・白ご飯から選択)
  • デザート(アイスクリーム・シャーベットから選択)

の4点コース。

49.95ドルのコースだとメインが「プチフィレ・本日の魚料理・鶏胸肉のチーズ詰め」の中から、59.95ドルだと「フィレ・ラムチョップ・リブアイ」から選べるようになっていました。(2016年8月現在)

この写真の他に、もう1つ「プライムタイムのステーキコース」を注文しています。前菜などは、それぞれ違う物を選んでいますので、詳しくは別記事「ルースズクリス ワイキキ プライムタイムとディナー 値段・予約方法」をどうぞ。

また、プライムタイムとは別にハッピーアワーもあるとのこと(こちらは未経験)。
ハッピーアワーは、「おつまみメニュー & バーエリア & 予約不可」、プライムタイムは「ステーキコース & テーブル席 & 予約可」となっているので、間違えないようにしないとですね〜。

ルースクリス ステーキハウス/RUTH'S CHRIS STEAK HOUSE
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ワイキキビーチウォーク2階
  • プライムタイムのコースメニュー
    • 前菜・メイン・サイド・デザート(49.95ドル・59.95ドル)
  • プライムタイムの条件
    • 時間/毎日17:00〜18:00
  • 予約・席などについて
    • プライムタイムでも、予約できます。
    • プライムタイムでも、席は通常のテーブル席です。
    • プライムタイムとは別に、ハッピーアワーもあります。ハッピーアワーは、バーエリア・おつまみ・予約不可です。

ウルフギャング・ステーキハウス
Wolfgang's Steakhouse

毎日11:00〜18:30

ウルフギャング ハワイ ハッピーアワー
▲ウルフギャング(ハワイ)バーエリア

“ハワイでステーキ”と言えば、まず最初に名前が挙がるであろう超人気店「ウルフギャング・ステーキハウス」。

お値段的には、ルースズクリスと同じく「高級ステーキハウス」ですね〜。(でも雰囲気はカジュアル)

そんなウルフギャングのハッピーアワーは、毎日午前11時〜午後6時30分

予約不可 & 基本バーエリアのみなので、混雑を避けるべく昼もしくは、中途半端な時間帯に訪問するのがオススメです。

ウルフギャング ハワイ ハッピーアワー Taste of NY
▲TASTE OF NEW YORK(セットメニュー)

ハッピーアワーメニューは、

  • TASTE OF NEW YORK $39.95
    • NYサーロイン
    • マッシュポテト
    • クリームほうれん草
    • デザート のセット
  • 7ドルのつまみ(7種類)
  • 10ドルのつまみ(2種類)
  • アルコール類

というラインナップ。

人気なのもうなずけるメニュー内容なんですよね〜。

ウルフギャング ハッピーアワー メニュー
▲ハッピーアワーのおつまみ類(ププ)
(ウルフギャング・ハワイ)

ここではご紹介しきれないウルフギャング・ハッピーアワーの食べ物写真、おすすめメニューなどは、「ウルフギャング・ハワイのステーキ&ハッピーアワー&ランチメニュー!予約は?」に載せておりますので、是非どうぞ!

ウルフギャング・ステーキハウス/Wolfgang's Steakhouse
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ロイヤルハワイアンセンター 2階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • サーロイン・2種類のサイド・デザートのセット(39.95ドル)
    • 7ドルのププ(7種類)
    • 10ドルのププ(2種類)
    • アルコール類
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日11:00〜18:30(L.O.)
    • 席は、バーエリア(カウンター席)
    • 予約は出来ない
  • その他、お伝えしたいこと
    • TASTE OF NEW YORK(お得なサーロインステーキのセット)は、ハッピーアワーだけではなく、ランチでも注文できます。ランチは、毎日11:00〜15:30、テーブル席、予約可能です。
スポンサーリンク

ププ充実のハッピーアワー

次に、ハッピーアワーのフードメニューに、ププ(おつまみ)が5種類以上あるお店をご紹介します。

「ちょい飲み」のイメージがあるハッピーアワーですが、食事の代わりにしたい私たちにとって、ププ(おつまみ)の充実度は“最重要チェックポイント”となっています。笑

ヤードハウス
Yard House Waikiki

月〜金 14:00〜17:30
日〜水 22:30〜0:00

ヤードハウス ワイキキ
▲ヤードハウス

ヤードハウスは、全米にチェーン展開しているスポーツバー&ビアレストラン。

店内は、アメリカンダイナーらしくカジュアルでフレンドリーな雰囲気です。

ビアレストランながら子供用のハイチェアや、ソフトドリンクも豊富に揃っていて、どんな客層もウェルカムな感じ。

そんなヤードハウスのハッピーアワーは、平日の午後2時〜午後5時30分。(日〜水は、夜10時30分以降もやってる)

予約制度は無く、ハッピーアワーでも普通のテーブル席でいただけます。

ヤードハウス ハッピーアワーで食べたもの メニュー
▲ヤードハウスのハッピーアワーで食べたもの

ハッピーアワーのフードメニューは、

  • 5ドルのつまみ 3種類
  • 6ドルのつまみ 8種類
  • 7ドルのつまみ 11種類
  • 8ドルのつまみ 4種類

なんと25種類以上!
素敵すぎます。

これらの写真は、今までの注文してきたハッピーアワーメニューの一部。

ピザもありますよ〜。

ヤードハウス ハッピーアワーメニュー
▲ヤードハウスのハッピーアワーで食べたもの
左上は、ムーシューエッグロール5ドル

ちなみに私のマストオーダーは、5ドルのムーシューエッグロールです。(この写真左上)

また、ハッピーアワーで安くなるアルコール類は、1ドル〜4ドル割引。多くの種類が対象になっています。

ちなみに、写真右に写っている背の高いサイズは、ハーフヤード(1.4リットル)、写真中央のサイズは、1パイント(551ml)。

種類やサイズによって割引額は異なるのですが、私がオーダーしたハワイ産ビール(コナロングボード)の1.4リットルは4ドル引き。通常価格15ドルのところ、ハッピーアワー価格で11ドルでした。(写真右)

また、551mlのハワイ産ビール(プリモラガー)は2ドル引き。通常価格7ドルが5ドルでした。(写真中央)551mlは、たとえハッピーアワー価格であっても全然安くないですね〜。

ということで、ヤードハウスのハッピーアワーは、ハーフヤードのハワイ産とププを幾つか頼んで、アメリカらしい雰囲気を味わうのが、私のお気に入りです。

週末は開催していない(14:00〜17:30の部)ので、その点は注意しなくっちゃだわ〜www
(↑私は、週末に行って席に着いてから、今日は無いと教えられたことがあります。。。)

ヤードハウス/Yard House Waikiki
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ワイキキビーチウォーク1階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • 5ドルのつまみ 3種類
    • 6ドルのつまみ 8種類
    • 7ドルのつまみ 11種類
    • 8ドルのつまみ 4種類
    • アルコール類 1ドル〜4ドル引
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/月〜金 14:00〜17:30、日〜水 22:30〜0:00
  • 予約・席などについて
    • ヤードハウスは、予約制度はないです。(どの時間帯でも)
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席です。

ビルズ ワイキキ Bills waikiki

毎日 15:00〜18:00

ビルズ ワイキキ ハッピーアワー ピザ
▲ペパロニ・モッツアレラ・ルッコラのピザ
(ビルズのハッピーアワー)

「世界一の朝食」と称されるビルズでもハッピーアワーをやっています。

時間は、毎日午後3時〜6時。
通常のテーブル席
で頂けます。

ハッピーアワーのフードメニューは、

  • アペタイザー 6種類
  • ピザ 2種類

6ドル〜9ドルの全8種類でした。(2016年8月)

写真は、2種類あるピザのうち、9ドルの「ペパロニ・モッツアレラ・ズッキーニ・レモン・ルッコラ」を注文した時のもの。

ビルズ ハッピーアワー メニュー
▲ビルズ(ワイキキ)のハッピーアワーで食べたもの

そしてこちらは、ハッピーアワーのアペタイザーで、

  • ヤギ乳チーズ $6(左上)
  • ジュニアビーフバーガー $6(右上)
  • アピポキ ライスボウル $9(下)

ピザを含め、どれも、酒の肴向けに、塩気が強いかなと感じました。

ビルズ ハッピーアワードリンク
▲ビルズのハッピーアワーで飲んだもの
上:ローカル瓶4ドル、ブルーハワイ6ドル
下:マルガリータ6ドル、ローカル生3ドル

また、ハッピーアワーで安くなるドリンク類は、3ドル〜6ドル。(2016年8月)

特に、ローカルの生は3ドル(写真右下)。グラスがそこそこ大きいのと、ハワイ産ビールは他店では高めなので、お得感ありありです♪

ちなみに、写真のローカル生ビールは「コナ・ロングボード」です。

また、ハワイ産 瓶ビールは4ドル(写真・左上)。何も言わなければサーバーさんチョイスで適当なが運ばれてきますが、自分で希望の銘柄を言えば叶うことがあります。ちなみに写真のは「コナ ワイルア ウイート」です。

ビルズは1人でも入りやすく、お隣にはピザとアルコールでお食事をされていた女性もいらっしゃいました。

また、ソフトドリンクは割引対象外ですが、種類は沢山ありましたよ。

ビルズ 店内の様子は別記事に↓
ワイキキのおすすめ朝食&MAP!

ビルズ ワイキキ/Bills waikiki
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ワイキキビーチウォーク1階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 6種類 6ドル・9ドル
    • ピザ 2種類 8ドル・9ドル
    • アルコール類が半額位 3〜6ドル(元値 6〜12ドル)
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日 15:00〜18:00
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも予約できます。(空いてるから必要ないと思いますが)
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席です。

ブホ・コシーナ イ カンティーナ
Buho Cocina Y Cantina

毎日 16:00〜19:00(カウンター)
毎日 22:00〜CLOSE(全ての席)

ブホ・コシーナ・イ・カンティーナのハッピーアワー
▲夕方のハッピーアワーは、このカウンターバーで
(ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)

「ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ」は、ワイキキのど真ん中・ワイキキショッピングプラザの屋上にあるメキシカン。

今、流行りのルーフトップ レストランですね〜。でも5階なので「屋上ビアガーデン」って呼んだ方が、しっくりくる気がしないでもない(笑)。
↑親しみを込めて♪

ブホのハッピーアワーは、毎日午後4〜7時。写真のカウンター席のみです。(夜10時以降のハッピーアワーは、どの席でもOK)

ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ ハッピーアワーのフードメニュー1
▲Carne Asada Fries(9ドル)ボリュームあり

ハッピーアワーのフードメニューは、

  • ププ(つまみ) 11種類
  • スイーツ系 1種類

全12種類、3ドル〜9ドルでした。(2016年8月)

写真は、Carne Asada Fries(9ドル)。フレンチフライにアサーダステーキを細かく刻んだもの、トマト、ピーマン、サワークリーム、とろけるチーズが掛かっています。お皿が熱い! (←触っちゃった)
これは、に合う合う〜。

ブホ ワイキキ ハッピーアワー
▲ブホ(ワイキキ)のハッピーアワーで食べたもの
各6ドル

こちらの写真は、全て各6ドルの

  • Jidori Chicken Tostada (上)
  • Pork Belly Flautas (左下)
  • Ice Cream Burrito (右下)

写真上の「Jidori Chicken Tostada(地鶏チキン トスターダ)」は、ピリ辛に味付けされた地鶏とアボカド・レタス・ポテトがナチョスに乗っかったスパイシーなププ。これ、美味しかったです。

Buho Cocina Y Cantina ハッピーアワー ドリンク
▲Buho Cocina Y Cantinaのハッピーアワーで
飲んだもの
左:スパークリングワイン 6ドル
右:ハワイローカル生(ビキニブロンド)4ドル

ハッピーアワーで安くなるお飲物は、

  • 生ビール $4
  • ワイン・シャンパン $6
  • ハウスマルガリータ $7
  • ブホ スピリッツ on スペシャル $7

メキシカンなのでコロナ等もありましたが、やっぱりハワイ・ローカルブランドの「ビキニブロント」の生と、スパークリングワインで。

ブホは、 “おつまみ系” のみですが(←たぶん)、メキシカンが好きな方にはおすすめです。

ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ/Buho Cocina Y Cantina
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ワイキキショッピングプラザ5階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 11種類 3〜9ドル
    • スイーツ 1種類 6ドル
    • アルコール類 4〜7ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 夕方/毎日 16:00〜19:00(バーカウンターのみ)
    • 深夜/毎日 22:00〜CLOSE(全ての席)
    • ハッピーアワーは予約できない
スポンサーリンク

KAIWA

毎日 17:00〜18:00

カイワ 店内
▲カイワ

美味しい和食屋さんの1つ「KAIWA」のハッピーアワーは、おつまみメニューを始め、酒類を飲まないお食事派さん向けのメニューも沢山ありました。

KAIWA カイワ ハッピーアワーメニュー ロール寿司
▲KAIWA(カイワ)のハッピーアワーで頂いた
ロール寿司

例えば、巻き寿司は8種類。

3.75ドルからあるので、リーズナブルですね〜。(3.75〜10ドル)

KAIWA カイワのハッピーアワーメニュー 寿司6貫
▲KAIWA(カイワ)のハッピーアワーで頂いた
寿司6貫セット

そしてこちらは「にぎり6貫」。

どんなネタが乗っているのか1度だけオーダーしてみました。

15ドルしますが、ネタは新鮮で美味しかったです。

テリヤキチキンとハッピーアワー定食
▲KAIWA(カイワ)のハッピーアワーで頂いた
照り焼きチキン(上)とハッピーアワー定食(下・左右)

KAIWA(カイワ)のハッピーアワーでの面白い所は、どんな物でも定食にできる「ハッピーアワー定食」があること。

「サラダ・ご飯・お味噌汁のセット」のことで、値段は5ドルです。(写真下のサラダ・ご飯・味噌汁がそれ)

写真は、ある日のオーダー「照り焼きチキン」12ドルと定食5ドル。

照り焼きチキンは、後ろに人参・ジャガイモ・パプリカ・アスパラも添えられていました。(写ってないけど)

皮パリパリ、間違いなしの美味しさでした。

この他、和風ハンバーグやプライムリブアイステーキといった、定食と組み合わせたいメインメニューがあるので、お酒を飲まない友達や母親と来る時は、KAIWAのハッピーアワーでお食事することも多いです。

ハッピーアワーのフードメニューは、24種類。(ハッピーアワー定食は除く)

価格は、3ドル〜24ドル
どうやらグランドメニューの半額っぽいですね。(同じ内容ならば)

カイワ ハッピーアワー
▲ハッピーアワーでは3ドル

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • サッポロ生 $3
  • ハウスワイン 赤白 $3

の2種類。

ワイキキで3ドルはお安いです!

時間は、毎日午後5時〜6時。
テーブル席
で落ち着いていただけますよ。

KAIWA
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ ワイキキビーチウォーク2階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 24種類 3ドル〜24ドル
    • 24種類中、定食組み合わせると良さそうなメイン料理 3種類
    • ビールとグラスワイン:各3ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日 17:00〜18:00
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも予約はできると思います。
    • ハッピーアワーでも、席は通常のテーブル席でした。

フラグリル Hula GRILL

月〜木 15:00〜18:00
金〜日 14:00〜18:00

フラグリル ハッピーアワーの席 バー
▲ハッピーアワーの席(フラグリル)
カウンター席と、その前のテーブル席

オーシャンビューレストラン「フラグリル」にも、アロハ・アワーという名のお得な時間があります。

アロハアワーで利用できる席は、プランテーション・バー内

海から遠い位置にある「カウンター席」と「その近くにあるテーブル席」、

フラグリル ハッピーアワーの席
▲ハッピーアワーの席(フラグリル)
写真右に海が少し見えるハイチェア席も利用可能

そしてこちら、「遠目に海がちょっと見えるテーブル席(ハイチェア)」も、バーエリアとしてハッピーアワーに利用可能でした。(2016年8月現在)

残念ながら、海から近い眺めの良い席はハッピーアワーで利用出来ないのですが、一段高い所にあって、オープンエアな雰囲気もちょっとだけ味わえるこのハイチェア席は、ハッピーアワーとしてなかなかだと思っています。

4組限定ですけれどもね。
ハイチェア席が空いていれば、ラッキーですね〜。(ハッピーアワーは予約は出来ない

フラグリル ワイキキ ハッピーアワー メニュー
▲トリュフ フライ パルメザンチーズ
フラグリルのハッピーアワー(アロハアワー)

オーダーしたフラグリル・アロハアワーのメニューは、

「トリュフ フライ パルメザンチーズ(TRUFFLE FRIES - parmesan cheese)」5ドル。

名前からは全く想像できなかったけど、いわゆるフライドポテトでした。

これは少し油っぽかったな〜。

フラグリル ポークスライダー
▲KAPULU JOE BBQ ポークスライダー
フラグリルのハッピーアワー(アロハアワー)

そしてこちらは、「KAPULU JOE BBQ ポークスライダー」4ドル。

カルアポークとマウイオニオン入りコールスローサラダ、BBQソースの「ミニハンバーガー」で、サイドにはタロイモ・チップスが添えられていました。

かなり小振りですが、しっとりしたバンズに具材の味が染みて、こちらは美味しかったです。

フラグリル・アロハアワー(ハッピーアワー)のフードメニューは、8種類
価格は、4ドル〜11ドル

ご飯物は無く、ププ(おつまみ)系のラインナップとなっていました。(スライダーと呼ばれるミニハンバーガーは他にもう1種類ありました。でも小っさい。。。)

フラグリル ハッピーアワー
▲ブルーハワイは6ドル/ハッピーアワー価格

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • トロピカルドリンク $6
  • マイタイ $8
  • グラスワイン $5
  • ローカル生 $4

通常価格よりも、3ドル〜5ドル安いようです。

フラグリル ワイキキ ハッピーアワー
▲パイナパンチ(左上)、マイタイ(右上)
ハナウマベイブリーズ(左下)、ローカル生(右下)

グラスは大小あるので、お得感は異なりますけどね〜。

例えば、写真左下のハナウマベイブリーズは、パイナパンチやブルーハワイと同じ6ドルなのに、グラス小っさ!って思ったりして。。(笑)

場所は、「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート・ホテル」の2階。

ちょっと1〜2杯、軽くおつまみで・・・といった印象のフラグリル・ハッピーアワーでした。

フラグリル/Hula GRILL
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ アウトリガーワイキキ ビーチリゾート2階
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 8種類 4ドル〜11ドル
    • アルコール類:4ドル〜8ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/月〜木 15:00〜18:00、金・土・日 14:00〜18:00
    • 席は、プランテーションバー内(カウンター席・テーブル席・ハイチェア席)
    • ハッピーアワーは予約できない

トミーバハマ
Tommy Bahama

毎日 14:00〜17:00

トミーバハマ ワイキキ 2階
▲トミーバハマ ワイキキ2階

洗練された綺麗な店内と、風の抜ける心地よい空間。

そんなトミーバハマにもハッピーアワーがあると言うことなので、行ってみました。

私が訪問した2016年8月には、2階にあるバーエリアのみが、ハッピーアワーで利用可能でしたが、

トミーバハマ ワイキキ 3階 ルーフトップ
▲トミーバハマ ワイキキ 3階 ルーフトップ
砂浜をイメージした席にも行ってみました

その後に行ったお友達によると、「3階にある、砂が敷き詰められた席もOKだったよ〜!」とのことだったので、

是非次回は、「曇った涼しい日」に3階ルーフトップ・砂場席を利用したいなぁ〜と思っています。

(日陰がないので、涼しい日に。。)

トミーバハマ ルーフトップ3階
▲トミーバハマ ワイキキ 3階 屋根のあるテーブル席

でも、奥にあった屋根付きテーブル席(3F)もイイ感じだったので、暑ければこっちでも良いかも〜。

トミーバハマ ワイキキ ハッピーアワー メニュー
▲Blackened Fish Tacos
トミーバハマ・ハッピーアワーメニュー

'16年8月に、私がオーダーしたハッピーアワーメニューは、

「ブラックエンド フィッシュタコス(Blackened Fish Tacos)」。

ハッピーアワー仕様(2つ)で、9ドルでした。

野菜たっぷりのヘルシーなタコスは、食べやすい味付けでボリュームもそこそこ。美味しいのでこれはおすすめです!

トミーバハマ ワイキキ ハッピーアワー メニュー
▲カルアピック・ケサディーヤ
トミーバハマ・ハッピーアワーメニュー

そしてこちらは、「カルアピック・ケサディーヤ(Kalua Pork Quesadilla)」9ドル。

優しい味付けのカルアピックにチーズのコクがプラスされ、あっさりなのに満足感もあって、これも美味しかったです。

トミーバハマ・ハッピーアワーのフードメニューは、5種類

価格は、全て9ドルでした。

トミーバハマのハッピーアワーも、ププ(おつまみ)系のラインナップ
他には、スパイシーアヒポケ・黒豚ポークスチームバンズ・ヤギのチーズがありました。

トミーバハマ ハワイ ハッピーアワー 飲み物
▲モヒート7ドル・コナ ワイルア 5ドル(地ビール)
ハッピーアワー価格(トミーバハマ ワイキキ)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • ワイン $7〜9
  • カクテル $7
  • マティーニ $9
  • ビール $5

(2016年8月のハッピーアワー価格)

アルコールは選択肢が多かったけど、そんなに安くないかも。

ハッピーアワーの時間帯は、2016年8月時点で毎日14:00〜17:00になっていました。

トミーバハマ/Tommy Bahama
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「ラーメンなかむら」の近く
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 5種類 各9ドル
    • アルコール類:5ドル〜9ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 時間/毎日 14:00〜17:00
スポンサーリンク

チャートハウス ワイキキ
Chart House Waikiki

月〜金 16:30〜19:00
土・日 17:00〜19:00
毎日 22:00〜CLOSE

チャートハウス ワイキキ
▲チャートハウス ワイキキ
ハッピーアワーは、夕陽の見える素敵な席で

チャートハウスは、アラモアナセンターとワイキキ中心部の間にある、ヨットハーバー前のレストラン。

ハッピーアワーは、サンセットを臨める「オープンエアなテーブル席」が利用でき、とっても良い雰囲気でした。

チャートハウス ハッピーアワーのメニュー ポークチョップ
▲ポークチョップス ハーフ(ハッピーアワーメニュー)
チャートハウス ワイキキ

ハッピーアワーで注文したこちらは、ポークチョップス(ハーフ)。

これでハーフオーダーなのですが、ボリュームあり!

表面はカリッと、中は肉の旨味がしっかり出ていて美味しかったので、これはおすすめです!

値段もハーフで9ドル。安い!

チャートハウス ハッピーアワー メニュー フライドライスとシーザーサラダ
▲フライドライス(ハーフ)とシーザーサラダ
(ハッピーアワーメニュー)

また、フライドライスもハーフオーダーで注文してみました。

1/2と言っても日本人にはフルサイズ・・ていうか、大盛りじゃないか〜!(2人でも多かった)

味はバターたっぷりの、シットリ系タイプ。具も多く、ハーフで7.5ドルと安いので、こってりが好きな方にはおすすめ出来ます。

でもシーザーサラダは、新鮮でもなければ、量が多い訳でもない、ちょっと失敗した印象が残った一品でした。6.75ドル。

チャートハウス・ハッピーアワーのフードメニューは、20種類。
6.5〜28ドル
のププ類は、お食事の代わりとしても十分だと思います。

チャートハウス ワイキキ ハッピーアワー サンセット
▲チャートハウスのハッピーアワーでサンセット
ライチマテーニ/左・MIRRER GENUINE DRAFT/右

ドリンクは、

  • カクテル $5〜9
  • 生ビール $6・$6.25
  • 瓶ビール $4.5
  • ハウスワイン $4.75・$6

あら〜。飲み物はそんなに安くない〜。

5.5ドル、この中では安めの「ライチマティーニ」にしてみたら、グラスがちっちゃかったし。。。(写真左)

ワイキキ中心地から少し離れているせいか、「夕方の部はオープンから19時まで」「ハッピーアワーなのに席が素敵」など、中心地よりも良い条件でハッピーアワーを楽しめる、そんなお店だと思います。

チャートハウス ワイキキ/Chart House Waikiki
  • 場所:ワイキキ西部/ 「ハワイプリンスホテル」の近く
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 20種類 6.5〜28ドル
    • アルコール類:4.5ドル〜9ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 夕方/月〜金 16:30〜19:00、土・日 17:00〜19:00
    • 深夜/毎日 22:00〜CLOSE
  • 予約・席などについて
    • ハッピーアワーでも予約できます。
    • ハッピーアワーでもテーブル席で頂けます。

道楽寿司 Doraku Sushi

毎日 16:00〜18:00

道楽寿司 ハワイ
▲道楽寿司 ハワイ
テラス席(左)・店内席(右)

道楽寿司は、ワイキキの中心地「ロイヤル・ハワイアンセンター」の3Fにあるジャパニーズ・レストラン。

和食屋というより「IZAKAYA」と言った方がしっくりくる感じのアメリカンな居酒屋で、テラス席・店内席・カウンター席(ネタケース付)がありました。

そんな中、私達は、カラカウア通りを見下ろすボックス席(室内)へと案内されました。

道楽寿司 ハッピーアワー アヒポケ
▲アヒポケ(ハッピーアワーメニュー)道楽寿司

ハッピーアワーメニューから注文したのは、アヒポケ。6ドル

大きなぶつ切りのマグロは新鮮で、塩加減も適度で美味しかったです。

道楽寿司 ハッピーアワー 唐揚げ
▲鶏肉の唐揚げ生姜風味
(ハッピーアワーメニュー)道楽寿司

そしてこちらは「鶏肉の唐揚げ生姜風味」6ドル。

カラッと揚がった唐揚げは、甘辛な味付け。量は丁度良く、甘い味付けが好みなら、おすすめです。

道楽寿司 ハッピーアワー
▲大イカの姿焼き
(ハッピーアワーメニュー)道楽寿司

こちらは「大イカの姿焼き」9ドル。

醤油に一味が入って来る以外は日本の物と変わらないお味。

食感もシッカリしていて、美味しかったです。

道楽寿司、ハッピーアワーのププメニュー(おつまみ)は、全17品

お値段は、3ドル〜9ドル
最多価格は6ドルで、9品ありました。(2016年8月)

また、ごはん系は6ドルの「ダイナマイト丼」(ハッピーアワー価格)という、魚介と野菜の丼物があるようです。(この日は残念ながら品切れ)

また、「寿司(にぎり・巻寿司)」や「ダイナマイト丼以外の丼物」「刺身」はハッピーアワーメニューにはなく、注文するならグランドメニューからになる模様。

道楽寿司 ワイキキ ハッピーアワー
▲桃太郎レモネード(スピリッツ)6ドル/左
 キリンドラフト 4ドル/右(道楽寿司ハッピーアワー)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • ビール(瓶・生) $4
  • ハウスワイン $5
  • スピリッツ $6
  • 酒 $5・$10

日本酒があるのは珍しいですね(笑)

この写真は、スピリッツの桃太郎レモネード(6ドル)と、キリン生ビール(4ドル)ですが、特にビールはそこそこ大きなジョッキで来るので、なかなかのお得感です!

ソフトドリンクは他店と同様通常料金ですが、ジュースなどに加え、外国人がいかにも好きそうなラムネ・抹茶・玄米茶といった「ザ・日本」な飲み物が揃っていて、“日本以外から来た観光客向け”っぽさが現れています。

日本語メニューはあるけれど、店員さんは英語のみ(断定は出来ないのですが、たぶん多くの店員さんが英語オンリー)、客層も日本人少なめなど、日本食だけど海外旅行気分も味わえるお店かなと思っております。

道楽寿司/Doraku Sushi
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「ロイヤル・ハワイアンセンター」3F
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 17種類 3〜9ドル
    • アルコール類:4ドル〜10ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 16:00〜18:00(L.O.)
  • 予約・席などについて
    • 予約は可能のようですが、ハッピーアワーの時間帯はネット予約は不可で電話のみのようです。(私は予約なしで行きました)
    • ハッピーアワーでもテーブル席で頂けます。

BLTステーキ

毎日 16:30〜18:30

BLT ステーキ ワイキキ
▲BLTステーキ・ワイキキの店内

BLTステーキは、トランプインターナショナル1Fにある高級ステーキハウス。

ハッピーアワーは「サンセット・メニュー」という名前で、毎日夕方4:30〜6:30に開催されます。

残念ながら、ステーキ類はハッピーアワーメニューには無いんですけどね。

通された席は、カウンター後ろの2名用テーブル席。写真右・窓際の席です。

実は、受付で「サンセットメニューとステーキ、両方オーダーしたい」と申し出たところ、この席になりました。

「席はバーエリアのみ」と、サンセットメニューには記載されているけれど、このテーブル席もバーエリアの一部なのか、グランドメニューであるステーキも注文するからこの席になったのかは、定かではありません。

BLT ワイキキ ハッピーアワー  ツナアボカドロール
▲ツナアボカドロール(ハッピーアワーメニュー)
BLTステーキ・ワイキキ

で、サンセットメニューの中から頂いたのは、ツナ アボカドロール。8ドル。

ハワイでは、「海苔は中、ご飯が外」という巻寿司が多い中、日本風の「海苔が外巻きタイプ」で出てきました。

(外国の方は、海苔が紙のように思えて苦手派が多いんですって〜。だから海苔は中巻きが多い)

マグロは新鮮で美味しかったです。

BLTステーキのサンセットメニュー、フードメニューは19種類。(生もの系が4種類、巻寿司が6種類、温かいププが9種類)

巻寿司が6種類もあるので、飲めない人でも楽しめそうです。

フードメニューのお値段は、3ドル〜14ドルでした。(2016年1月訪問時)

BLTステーキ ワイキキ ハッピーアワー 飲み物
▲ハッピーアワー価格は5ドル(アロハラガー)
BLTステーキ ワイキキ

また、ドリンクのハッピーアワー価格は、

  • カクテル $7
  • ワイン $7・$9
  • ビール $5・$6

ちなみに私はこの日、ステーキ(グランドメニュー)も注文したのですが、再訪するならステーキではなく、サンセットメニューのみでイイなと思いました。

サンセットメニューのハンバーガー、美味しそうだったな〜。

BLTステーキ/BLT STEAK
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「トランプ・インターナショナル」1F
  • サンセットメニュー(ハッピーアワーメニュー)
    • つまみ 19種類 3〜14ドル
    • アルコール類:5ドル〜9ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 16:30〜18:30
    • サンセットメニューは、バーエリアのみ
スポンサーリンク

ププの数は少ないけど・・・。

ハッピーアワーでお得になるププ(おつまみ)の数は少ない。。。(または無い)
が、ハワイを感じるお店での、お得なハッピーアワーもイイものだ〜!

と思っているハッピーアワー店をご紹介いたします。

ラムファイヤー RUMFIRE

祝日を除く毎日/15:00〜16:00(2017年3月現在)
※時間変更の可能性があるので、直前にこちらでご確認お願い致します。

ラムファイヤー 景色
▲ラムファイヤーの景色は最高です!

ラムファイヤーは、シェラトンワイキキ1Fにある「オーシャンフロントのレストラン&バー」。

ダイヤモンドヘッドと海を眺めながらお食事が出来る、最高のロケーションですね〜。

ラムファイヤーは自由席制(オープンシーティング)。受付を通ることなく、空いている好きな席に自由に座ってよいシステムで、席に着いたところで後からサーバーさんがやって来る、というスタイルが取られています。

なので、ハッピーアワーであっても眺めの良いテーブル席で頂くことが可能ですし、予約も受け付けていないので気軽なんですよね〜。(1人でも入りやすい)

では、ラムファイヤー・ハッピーアワーのメニューをご紹介します。

ラムファイヤー ハッピーアワー メニュー カルアポークナチョス
▲カルアポーク ナチョス
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

こちらはハッピーアワーメニューの「カルアポーク ナチョス」。

$10

赤・紫・普通のナチョス3種類です。

ディップも3種類(アボカド、チーズソース、サワークリーム)、それらとは別に、ピリ辛のサルサソースがセンターに乗っています。これ、好きです。

ラムファイヤー ハッピーアワー メニュー キムチフライドライス キムチチャーハン
▲キムチ・フライドライス
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

そしてこちらは「ラムファイヤー キムチ フライドライス」。6ドル。

キムチ・ハム・卵・人参・ネギ・玉ねぎが入ったロングライスのチャーハンです。

この立地で6ドルは安い!
食事の代わりにも、なるなる〜

ラムファイヤー ハッピーアワー カラマリバスケット
▲カラマリバスケット
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

こちら「カラマリバスケット」10ドルは、2017年2月現在ハッピーアワーメニューから消えてしまいました。(上の2品は健在)

ラムファイヤーのププは4種類
お値段は、5〜10ドルです。

安くなるププは4種類しかないのですが、キムチチャーハンがあるのがポイント高いです。(お腹の足しになるという意味で)

ラムファイヤー ハッピーアワー 飲み物
▲ハッピーアワーのお飲み物
ラムファイヤー(ハッピーアワーメニュー)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • 各種ラム酒 $6・$7
  • 各種ドラフトビール $5
  • ハウスワイン $6
  • カクテル $5〜6.5

さすが、ラムファイヤー。
ハッピーアワーにもラムが3種類、カクテルにもラムベースがありました。

私たちは、ハワイの地ビール「Kona Fire Rock」と「Kona Big Wave」(各5ドル)の生で乾杯です!

ただ、ラムファイヤー・ハッピーアワーの残念なところは、その時間帯。
時間が、中途半端すぎると思うのです。

2017年3月現在、午後3:00〜4:00(祝日除く)
3時台に行くなんて、なかなか出来ませ〜ん(´ω`;)

尚、ラムファイヤーのハッピーアワーは、よく時間変更をするので、行かれる前にこちらでご確認くださいね。

ラムファイヤー/RUMFIRE
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「シェラトン・ワイキキ・ホテル」1F
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 4種類 5〜10ドル
    • アルコール類:5ドル〜7ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 15:00〜16:00(2017年3月現在)
    • 祝日は開催していません
  • 予約・席などについて
    • ラムファイヤーは、少人数なら予約制ではありません(どの時間帯でも)
    • 席は、空いている好きな席に自由に座れるオープンシーティング制です
    • ハッピーアワーでも、眺めの良いテーブル席を利用可能です

スカイ ワイキキ Sky Waikiki

水〜日(祝日・スペシャルイベント日は除く)/17:00〜19:00(2017年2月現在)

スカイ ワイキキ ルーフトップレストラン
▲スカイ ワイキキ
こちらは通常席。ハッピーアワーは利用できない。

スカイは、ワイキキのド真ん中「ワイキキ・ビジネスプラザ」の19階にある「ルーフトップ・レストラン&ラウンジ」。

屋上からの景色は圧巻で、ワイキキのホテル群や、ダイヤモンドヘッドを一望できる素晴らしいものでした。

でーんとした大きなソファが、ゆったり贅沢に配置されている点も、アメリカらしさが出ていて、日本ではなかなか味わえない雰囲気だと思います。

でも、メディアで度々紹介されるこの素敵なお席・・、実は「通常料金エリア」とのこと。

ハッピーアワーは、

その裏側にある・・・・、

スカイ ワイキキ ハピーアワーのラウンジエリア

ラウンジ・エリアのみ

なるほど。
表側と様子が全然違〜う www

SKY ハッピーアワー ラウンジのバー
▲SKY(ハッピーアワーで利用できる室内カウンター)

利用できるのは、屋内ラウンジ内にある「カウンター席」や、

スカイ ワイキキ ハッピーアワーの席
▲SKY(ハッピーアワーで利用できるラウンジ)

ラウンジ内のテーブル席やソファ席、

スカイ ワイキキ ハッピーアワー テラス席
▲SKY(ハッピーアワーで利用できるテラス席)
ラウンジエリア

その横にあるテラス席の一部も、ハッピーアワーで利用可能でした。

でも西日が強すぎて暑すぎ!

ということで、テラス席は断念することに。ハッピーアワーは19時までなので(L.O.)、涼しくなる頃の方がイイかもしれませんね。

ちなみにこの写真・奥にある短い階段の向こう側に、表側の煌びやかな世界(通常価格の席)が広がっています。(笑)

表側(通常料金エリア)はまあまあ人が居たけれど、裏側(ハッピーアワー)は、私たちを含め3組だけでした。

Sky ワイキキ ハッピーアワーにて
▲ハッピーアワーで飲んだもの
Sky Waikiki(ハッピーアワー)

ハッピーアワーで安くなる飲み物は、

  • ハイネケン $4
  • 各種カクテル $6
  • ハウスワイン $6
  • バーテンダーのチョイス $7

です。

ハイネケン(写真左)4ドルは、ワイキキのハッピーアワー価格としては中間くらいのお値段ですが、5ドルが4ドルになるだけなので、あまりお得感はないような。。。

写真右のカクテルは「House tequila daisy」。6ドル。
グラスが小さいだけにあまり安く感じなかったのですが、Skyのカクテルは10ドル〜13ドルするので(通常料金)、そんなものかもしれませんね。

ちなみに以前、ハッピーアワーのカクテルは、1品ずつ日替りで提供されていたのですが、2017年2月現在は、毎日全てを注文できるように変わっていますね〜。

スカイ ワイキキ ハッピーアワーメニュー アヒポケ
▲アヒポケ&アボカドムース(スカイ ワイキキ)

スカイ・ハッピーアワーのフードメニューは、日替りで1品(全て10ドル)

私たちは、こちらの アヒポケ&アボカドムース を頂いてみました。

スパイシーなアヒポケと、クリーミーなアボカドムース、ライスクラッカーをオシャレに盛り付けしたププで、見た目も味も良かったです。

(2017年2月現在は、通常メニューでのみ注文可。価格は15ドルです)

SKYのハッピーアワーは、「料理が1品、デザート3品、席は裏側」という点を考えると、多くの方には景色の良い“表側”の席がおすすめだな〜と思いました。

自由な雰囲気なので、ハッピーアワーで入っても、表側にフラフラ見学に行ったりは出来ますけどね(笑)

スカイ ワイキキ/Sky Waikiki
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ 「ワイキキ・ビジネスプラザ」19F(1FはH&M)
  • ハッピーアワーのメニュー
    • つまみ 日替りで1種類ずつ 10ドル
    • デザート 3種類 各6ドル
    • アルコール類:4ドル〜7ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 水〜日 17:00〜19:00(2017年2月現在)
    • 祝日・スペシャルイベント日は開催していない
    • ラウンジエリアのみ(メディアで紹介されている良い景色の席ではない)

ルルズ ワイキキ Lulu's Waikiki

毎日 15:00〜17:00

ルルズワイキキ 店内
▲ルルズ ワイキキの店内

ルルズ ワイキキは、ホノルル動物園近くにあるカジュアル・レストラン。

風の抜けるオープンな造りと、カラカウア通り越しに見える海、オシャレ過ぎない素朴なところが、イイんですよね〜。

でも、ルルズは、ハッピーアワーで安くなるフードメニューが無い

アルコールだけなんですよね〜。

食べ物をオーダーするとしたら、普通のフードメニューからになるってことに。。。

ルルズ ワイキキ ハッピーアワー
▲ダイキリ(マンゴー)4ドル(写真左)
 ウェルドリンクのジントニック 3ドル(右)

でも、マンゴーダイキリ(写真左)はこの量で4ドルだったり、

ウェルカクテルの中から選んだジントニック(写真右)は3ドルと、

他店のハッピーアワーでは高めのカクテル類が、お安いではないか!

  • ウェルカクテル 3ドル
  • ダイキリ 4ドル
  • サングリア 4ドル
  • マイタイ 5ドル
  • ハウスワイン 5ドル
  • クアーズライト・バドライト 3ドル
  • ハワイのローカル4ドル(ビキニブロンド ラガー・ロングボード)

また、前述したとおりハッピーアワーの食べ物はナイので、沢山あるレギュラーメニューから、選ぶわけです。

ハッピーアワーの時間帯(午後3時〜5時)は、ランチメニューとメインメニューの両方を注文できるので、選択肢はかなり多いです。(サンドイッチ・ハンバーガー・サラダ・ププ)

ルルズ ワイキキ ロコモコ看板
▲ルルズの看板

ルルズの自画自賛なこの看板、果たして本当なのでしょうか?

ルルズ ワイキキ ロコモコ
▲食べ物は通常料金(こちらは、14ドル)

試してみました。

私たちは、お気に入りのロコモコ店を紹介した別記事「ハワイのロコモコ|おすすめランキング&有名店(厳選15店から)」を書いていて、新たに美味しいロコモコと出会えたら記事に加えたり、その逆だとお気に入りランキングを下げたりして、ちょいちょい編集しているのですが・・・、

そのロコモコのページに、ルルズ自慢のロコモコを加えることは出来ませんでした。

ハンバーグは焼き過ぎでジューシー感が乏しく、グレービーの塩味も私には強すぎたからです。(でも、賛否両論ありますね〜)

でも、他に食べ物は色々ありますし、たとえ通常料金でも 11ドル〜15ドル、ボリュームもあるので、シェアすれば他のハッピーアワー価格と変わらなくなると思ったのでご紹介しました。

ただ、ハッピーアワーの時間帯はまだ西日が強く、海に向いてるカウンター席はすごく暑いので、季節やお天気にもよりますが「テーブル席」か「動物園側のカウンター席」が快適かなと思っています。(朝食ならば、海に向かったカウンター席が最高)

ワイキキのおすすめ朝食&MAP!

ルルズ ワイキキ/Lulu's Waikikii
  • 場所:ワイキキ東部MAP/ (パークショアワイキキホテル2階)
  • ハッピーアワーのメニュー
    • アルコール類:3ドル〜5ドル
  • ハッピーアワーの条件
    • 毎日 15:00〜17:00
  • 予約・席などについて
    • ルルズは、予約制度はありません(どの時間帯でも)
    • ハッピーアワーは、どの席でも利用できます
    • もし西日の強い席に案内されたら、その場・その時に「別の席が良い」と言わないと、サーブする店員さんのテリトリーの関係で、変更は難しくなります。

      (色々なシステムのお店がありますよね〜。チップを後から全員で分けるお店もあれば、サービスするテーブルの範囲を分けて各自でチップを受け取るレストランも。

      ルルズは後者のようで、「席は変更できないの。あっちは違うサーバーだから」と断られてしまいました。なので、案内されたその時に言うことをおすすめします。空いている席を指差すだけでも、きっと伝わると思いますよ。)

スポンサーリンク

ハッピーアワーの時間割

「今、やってるとこ!」
現地で探したい場面が多々あるので、ハッピーアワー・スケジュールを作ってみました。
早く探せないと刻々と時間は過ぎて行きますので。。(そして夕食難民へと化すのだ・笑)

尚、ハッピーアワーの時間帯は変更になる事があります。その場合はご容赦くださいませ。

《表の見方》
表は30分刻みです。5時「00〜」の枠は、午後5時〜5時30分。
○はハッピーアワータイムを示しています。

2017年2月7日

【昼〜夕方のハッピーアワー】
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
ショアバード
オーシャンハウス
チャックスセラー
牛角
11:30〜18:30 お昼も開催
ルースズクリス
上段:プライムタイム(お得なコース)下段:ハッピーアワー(ププ)
ウルフギャング
11:00〜18:30 お昼も開催
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
ヤードハウス
土日は無し
ビルズ
ブホ
KAIWA
フラグリル
※金土日のみ2時から
トミーバハマ
午後 2時 3時 4時 5時 6時
30分刻み 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜 00〜 30〜
チャートハウス
※月〜金は4時30分から
道楽寿司
BLTステーキ
ラムファイヤー
祝日は無し
スカイ
水〜日のみ営業(祝日・スペシャルイベント日は除く)
ルルズ
【遅い時間のハッピーアワー】

牛角 21:30〜23:30 、 ヤードハウス(日〜水のみ)22:30〜0:00 、 ブホ 22:00〜CLOSE 、 チャートハウス 22:00〜CLOSE


このページは、「ハッピーアワーで安くなる食べ物・飲み物だけ」にこだわってご紹介してみました。(ハッピーアワーの食べ物がない「ルルズのロコモコ」は除きます。)

また、グランドメニュー(通常料金メニュー)について触れたい場合は、それがグランドメニュー(レギュラーメニュー)であると、はっきり分かる様に書いてみたつもりです。(ごっちゃにならぬ様。。。)

当ページに掲載している写真(料理・ドリンク)は、ルルズのロコモコを除き、全てハッピーアワーメニューです!(もちろん全て実食分♪ ←当サイト共通ポリシー☆)

レストランによって我慢ポイント(時間・席・予約可否)は違いますが、それさえ了承できればお安く楽しめるハッピーアワー。お得なので私達は大好きです。

ただ、ランチでガッツリ食べすぎると「ハッピーアワーの時間なのにまだお腹空いてな〜い!」って事にも成りかねないので(中途半端な時間ゆえ)、朝食・ランチ計画も結構重要かもしれませぬ。(思ったよりランチの量が多かったとか ← あるある・笑)

スポンサーリンク

このページの先頭へ