パークシティホテル瀘州(ルゾウ)/成旅晶賛飯店(台北蘆洲)は、MRT中和新蘆線「徐匯中学駅」駅直結のステーションホテル。

駅のすぐ上(駅近)、部屋も広めな大型ホテル(高そう)、
・・・なのにリーズナブルなのは、台北中心地までMRTで移動するから。

元々、MRTを使って台北を観光する私にとって、それほど問題がない我慢ポイントなのです。

そこでこの頁では、パークシティホテルズ ルゾウ(瀘州)の旅行記ブログ、宿泊したお部屋、朝食、アメニティ、Wi-Fi、桃園空港や松山空港からの行き方等、パークシティホテル蘆洲のおすすめ度について口コミしたいと思います!

スポンサーリンク

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の立地Park City Hotel Luzhou Taipei/成旅晶賛飯店(台北蘆洲)

中和新蘆線「徐匯中学駅」から

駅直結

MRT徐匯中学駅とパークシティホテルズルゾウ
▲MRT徐匯中学駅とパークシティホテルズ ルゾウ

パークシティホテルズ瀘州(ルジョウ)は、MRT「徐匯中学駅」と駅直結。

駅ビルのショッピングモール「徐匯広場」を通って6Fに上がれば、そこにホテルのフロントがあります!

徐匯中学駅「徐匯広場」の入口
▲「徐匯広場」の入口

改札口から2番出口を目指すと、2番出口より先に「徐匯広場」の入口があります。

「徐匯広場」の営業時間内なら通行可能なのです。

  • フードコートの横にあるエレベーターで6階まで

    (エスカレーターは6階までは行かない)

  • 逆にホテルから駅に向かう時は、フロント前のエレベーターでB2まで降りればOK!

まさに、下に降りれば駅。雨に濡れない立地です。

MRT徐匯中学駅2番出口付近にあるパークシティホテルズ台北蘆洲のエントランス
▲パークシティホテルズ台北蘆洲のエントランス

また、「徐匯広場」の営業時間外なら、2番出口付近にあるホテルエントランスから。

2機のエレベーターがありました。

松山空港からはタクシーで(意外に近い)

意外だと思ったのは松山空港からの距離。
ホテルの紹介ページによると、「松山空港からタクシーで10分」なんだとか。(え? 本当?)

どうやら台北中心地を通らずに、東から西へ平行移動の約9km。
10分は大げさとしても20分くらいあれば着きそうな感じです。

MRT(地下鉄)だと2回乗り換えなくてはいけないので、意外にタクシーの方が良いかもしれません。

桃園空港から

空港MRTを使ってアクセス

桃園空港MRT 普通車
▲桃園空港MRT 普通車

2017年3月、桃園空港MRTの開業によって、「中和新蘆線」沿線ホテルへのアクセスの選択肢が増えましたよね!

桃園空港(桃園空港MRT)三重駅(MRT中和新蘆線)大橋頭(MRT中和新蘆線)徐匯中学

「三重」駅で乗り換え

桃園空港MRT 三重駅
▲桃園空港MRT 三重駅ホームから乗り換えしてみた

「桃園空港MRTの三重駅」は、普通車しか停まらないのが若干不便ですが、

「MRT中和新蘆線・三重駅」改札までは徒歩4分、人混みなど皆無でスムーズに乗り換え出来ました!

実は以前、「リムジンバスで途中下車し、そこから徒歩で駅まで歩き、MRTに乗り換え」とか「三重客運986で桃園空港から終点まで(←ホテル前に停まるけど時間掛かる)」・・・など、決して便利とは言い難かった桃園空港からのアクセスですが、

桃園空港MRTが開業し、中和新蘆線への乗り換えが出来るようになったとなれば、使わない手は無いと思います。

「大橋頭」で乗り換え(降りたホームの向かいに乗るだけ)

MRT中和新蘆線 大橋頭
▲「大橋頭」駅ホーム
 乗り換えは、向かいのホームに乗るだけ

三重駅からMRT中和新蘆線に乗り換えたら、3駅目の「大橋頭」で一旦降り、降りたホーム向かい側に来る電車「蘆州」方面に乗れば、3駅で徐匯中学です。

また、帰り(桃園空港に向かう時)も、「大橋頭」で向かい側の電車に乗り換えます。

詳しくは、こちら↓の記事「パターン2:三重駅で降りる(桃園空港MRT)」に書いておりますので是非どうぞ。

関連記事:桃園国際空港から台北駅、ホテルへ!桃園空港MRT・バス・タクシー乗換

スポンサーリンク

チェックイン

駅直結のショッピングモールにあるエレベーターで6階まで上がると、

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)
▲レセプション(パークシティホテル ルゾウ)

高級感のあるレセプションが!

近代的でゴージャスな雰囲気です。

では、チェックインします。

まだお部屋には入れないとのだったので、荷物を預けてから台北市内へと繰り出すことにしました。

すぐに電車に乗れるので、何駅か乗るにしても、私はそんなに苦ではなかったです。

▼MRT中和新蘆線沿いにあるお土産・グルメ店

台北市内からホテルに戻るときは、MRT中和新蘆線で「蘆州」方面に乗りますよ。(蘆州方面と迴龍方面が交互に来ます)

スタンダード ダブルルームパークシティホテル瀘州台北 (成旅晶贊飯店 台北蘆洲)

お部屋

パークシティホテル・ルゾウのお部屋
▲スタンダード ダブルルーム

では、私が宿泊した パークシティホテル・ルゾウの「スタンダード ダブルルーム」をご紹介いたします。

パークシティホテル瀘州台北のお部屋
▲スタンダードダブル/パークシティホテル瀘州台北

この部屋は、パークシティホテル瀘州の中で一番安いカテゴリーなのですが、

けっこう広い!

やっぱり、MRTで何駅か移動したら、こういう広さが待っているのね。安い料金でも。

パークシティホテルズ ルゾウ(瀘州)
▲スタンダードダブル/パークシティホテルズ蘆洲

ダブルベッドでも、サイズはホテルによって様々だったりしますが、ここパークシティホテルズ瀘州(ルゾウ)のダブルサイズは、大きめのダブルサイズでした。

マットレスは硬すぎず柔らかすぎず、寝心地が良かったです。

パークシティホテルズ ルゾウ台北のお部屋

ちょっと座れる椅子や、

(コーヒーテーブルには、ウェルカムフルーツ)

パークシティホテルズ蘆洲台北のお部屋

長いデスクもあります。

成旅晶賛飯店のスタンダードルーム クローゼット
▲クローゼット(パークシティホテルズ蘆洲)

また、クローゼットはこんな感じでした。

洋服が見渡せないタイプですが、相方と1レーンずつ使えるので、まっ、いっか。

成旅晶賛飯店のスタンダードルーム
▲スタンダード(成旅晶賛飯店)

ベッドの前には荷物置き場、チェストっぽいものはテレビの下にありました。

パークシティホテルズ蘆洲台北
▲テレビ下の引き出し

そんなに大きくは無いけれども。

パークシティホテル瀘州台北のチェスト

なので、ベッド両脇にある2つのサイドテーブルを、チェストとしてそれぞれ使っていました。

バスルーム・洗面台・トイレ

パークシティホテルズルゾウ瀘州 バスルーム
▲スタンダードダブルのバスルーム

バスルームはこんな感じ。

ベッドが見えてしまう魅惑的な造りです。
∑(゚m゚=)

パークシティホテルズルゾウ バスルーム

当然、ブラインドで閉められるんですけどね。www

パークシティホテルズルゾウ バスタブ

バスタブ横もゆったりしています。

パークシティホテルズルゾウ 洗面台

洗面台はこんな感じ。

このスペースにしては、着替えを置く場所は小さめです。

パークシティホテルズルゾウ バスタブ
▲パークシティホテルズルゾウ(スタンダード)

そして、シャワーブースは別。

シャンプーなどを置けるラックも付いています。ハンドシャワー。

また、スタンダード・ダブルルームのトイレのウォシュレットは、一部客室だけだそうです。

で、こちらでも、トイレットペーパーを流しても良いか、お聞きしてみたところ、

  • ウォシュレットは一部客室のみ
    (スタンダードダブル)
  • トイレットペーパーは流しても良い
    (フロントに確認)

出ました!

久々の、「流しても良い」という回答。

ありがたや〜

スポンサーリンク

アメニティ

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)のアメニティ
▲パークシティホテル瀘州(ルゾウ)のアメニティ

アメニティは、歯ブラシ2、固形石鹸1、コーム1、T字カミソリ(シェービングクリーム付)1、シャワーキャップ1、コットンと綿棒のセット1。

(私たちは2名)

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)のシャンプー

リンスインシャンプー(一緒になったタイプ)とボディーソープは備え付けのものでした。

パークシティホテルルゾウのボディミルク

それと、客室にはボトルタイプのボディミルクも。

後ろに写っているのは、ミネラルウォーターです。(写っていないけど、ちゃんと2本あります)

パークシティホテルルゾウ瀘州台北のタオル

そして、私のチェックポイントの1つ。

タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

パークシティホテル・ルゾウ台北は、大中小(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)の3種類でした。

(写っていませんが、小タオルは洗面台の横にありました)

パークシティホテルルゾウ瀘州台北のスリッパ

あと、スリッパや靴磨きもあります。

冷暖房の調節

冷暖房スイッチの有無。ポイントは、主電源を切れるかどうか。

パークシティホテル・ルゾウ台北には、主電源をON・OFFできるエアコンパネルがありました。

コンセントの数

私が宿泊した「スタンダード ダブルルーム」には、3個の空きコンセントがありました。ちなみに3個は、床に近いコンセントやケトル用のコンセントを含みます。

(洗面台にある「髭剃り用マルチコンセント」を入れたら計4個)

なので、持参した電源タップが役に立ったのです。

Wi-Fi

無料WiFiは、SSIDが数種類出てきたので、好きなものを選んで繋げていました。
(自分の部屋番号のSSIDは現れなかったので、近い番号を選んだりして。。)

下り31Mbps、上り10Mbpsでした。

その他の設備・備品

パークシティホテル・ルゾウ台北スタンダードダブルの部屋の設備

あとは、ドライヤー、セーフティーボックス、ケトル、冷蔵庫もありましたよ〜。

朝食パークシティホテル瀘州(ルゾウ)

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の朝食会場
▲パークシティホテル瀘州(ルゾウ)朝食会場

朝食は、テラスも備えるダイニングルームで頂きました。

レセプションと同じフロアです。(2箇所ある)

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の朝食
▲朝食ビュッフェ

ビュッフェ朝食は、こんな感じ〜。

パークシティホテルルゾウの朝食
▲朝食ビュッフェ

定番のサラダや、台湾のホテルでは必ずあるお粥&具をはじめ、洋食や台湾風の朝食が並びます。

パークシティホテルルゾウの朝食

では、いただきま〜す!

外食では不足しがちな野菜を補いました。

普通に美味しかったです。

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の朝食
▲朝食ビュッフェ

フルーツも摂ったりしてね。

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の魯肉飯

魯肉飯もあります。www

スポンサーリンク

ホテル内の施設

ロビー&テラス

パークシティホテルルゾウのロビー
▲フロント近くのロビー

レセプション前にあるロビー。

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)の6Fテラス
▲パークシティホテル瀘州(ルゾウ)のテラス

外には、テラスがあります。

パークシティホテルルゾウのテラス
▲パークシティホテルズルゾウ 6Fテラス

ここは朝食会場の横なので、朝はダイニングテーブルとして、それ以外はちょっと寛ぐ感じで利用出来るみたいです。

パークシティホテルルゾウの喫煙場所
▲パークシティホテルズルゾウ 6Fテラス

手前のベンチ横には灰皿もありました。

ランドリールーム

パークシティホテルルゾウ ランドリールーム
▲アイロンもあるランドリールーム

8Fのランドリールームも使わせていただきました。

結構ジャンボサイズで、乾燥時間も短め。

普段なら1時間以上は掛かるであろうという量でしたが、1時間後に見に行ったら既に終わっていました。

無料の洗剤はあるし、利用料も無料。アイロン・アイロン台も完備です。

ただ、利用時間が7:30〜21:30と、やや短め。

フィットネスジム

パークシティホテル瀘州 フィットネスジム
▲フィットネスジム受付

1日でも筋トレを休みたくない方には、パークシティホテル瀘州は良いかもしれません。

本格的な(←多分)、フィットネスジムがあるからです。

ホテル内なのに「専用の受付」があるジムって、本格的じゃ〜ないですかぁ〜。

パークシティホテルルゾウのフィットネスジム
▲動きやすい服装・靴でないとダメだそう

ただ、動きやすい服装・靴でないとダメだそうです。(靴をレンタルできるかどうかは不明)

宿泊者は無料で利用でき、フロントで予約すれば良いそうですよ。

パークシティホテル・ルゾウの周辺情報

パークシティホテル・ルゾウの周辺
▲成旅晶賛飯店の周辺

中心地から何駅か離れている「徐匯中学駅」ってどうなの?

寂しいの?

・・・と思って探検してみたら、意外と賑やかな街でした。

あくまでも遊ぶのは台北中心地かもしれませんが、ホテル周辺にも庶民的な飲食店がたくさんあったり、

パークシティホテル瀘州から近いマッサージ店

2番出口を出て右に進むとマッサージ店があったり(交差点の先)、

2番出口には小さなセブンイレブンもあるので、この街でチョット遊ぶのも意外とアリかもしれません。

ちなみに、駅ビル「徐匯広場」のフードコートは、観光客が楽しめそうなお店はないので、外へ繰り出した方が良いような気がします。

パークシティホテル瀘州(ルゾウ)のおすすめ度

一般的に、台湾のホテル料金って、残室数と滞在日までの残日数、為替レートなど、様々な要因でどんどん料金が変化して行くんですよね〜。

予約をモタモタしていると、台北中心地のホテル料金が上がって行ったり、安い部屋が売り切れてしまったりなど・・・。そんな経験が多いです。

そんな時に救ってくれるのが、パークシティホテル瀘州(ルゾウ)。
安定的に安い料金ですからね。www

中心地でも駅から徒歩10分・15分のホテルよりは、こちらの方が安全だし、時間的にそんなに変わらないと思います。

しかも、綺麗で素敵で部屋が広い!

荷物を置きにちょっと戻って来る・・・という行為は気軽にできませんが、それを了承できれば、コスパが良く、とてもおすすめです!

宿泊料金を見てみる(パーク シティーホテル ルジョウ タイペイ)

スポンサーリンク