リージェント台北(台北晶華酒店)の旅行記ブログです。

お部屋・朝食ビュッフェ・レストラン・スパ・ジム・大浴場・アメニティ・W-Fi・パジャマ・パイナップルケーキから、

最寄駅「中山駅」からの行き方・空港からのアクセス・宿泊ツアー、

周辺情報(食事・朝食・マッサージ)まで、

台湾・台北にある、憧れの高級5つ星ホテル「リージェント台北(Regent Taipei)」について、正直に口コミしたいと思います!



【目次】

リージェント台北とは?

リージェント台北
▲リージェント台北(台北晶華酒店)

リージェント台北は、

  • 台湾屈指の高級5つ星ホテル
  • MRT「中山」駅から徒歩6〜7分
  • お洒落なエリア「中山」にある
  • プール、スパ、フィットネスセンター・ジム・大浴場、レストラン完備。ショッピングモールを併設
  • 1990年創業
  • ゲストルーム478室、スイート60室

という、台湾を代表するラグジュアリーなホテルです。

「中山」は、高級ホテルや高級ブランドショップが立ち並び、新光三越や誠品生活、有名小龍包レストランも沢山出店している洗練されたエリア。

そうかと思えば、庶民的なお土産が買えるスーパーや、手軽に楽しめるフードコートもあって、グルメやお土産購入の大半をまかなう事が出来る、とても便利な場所なのです。

その一角にあるリージェント台北は、単なる高級ホテルだと思いきや、“中身の伴った真の高級ホテル”だと実感することができ、一気にファンになってしまいました。

では、なぜファンになったのか、その理由をこのブログに書いていきたいと思います。

チェックイン(リージェント台北)

目の前の道を通るたび、いつか泊まってみたいと思っていたリージェント台北。

ついに、チェックインをする日がやって来ました!

  • チェックイン/15:00
  • チェックアウト/12:00

リージェント台北 レセプション
▲リージェント台北 フロント

レセプションは、上品でラグジュアリーな雰囲気♪

正面玄関から入って、右がフロント、左はクロークです。

こんな高級ホテルに、カジュアル・ファッションの私達が泊まっても良いのだろうか〜?

と少し気にしていましたが(←でもカジュアルで行った)、ホテルゲストは皆さんラフな服装であったり、スーツを来たビジネスマンであったり・・など様々で、全く浮くことはありませんでした。ホッ

ちなみに、到着したのはお昼の12時すぎ。
チェックインは15時から。

(フロントの写真は、夜に撮影)

お部屋は準備中とのことだったので、クロークに荷物を預け、近くの小龍包レストランまでランチ & お土産を物色しに出掛け、その後、15時に戻ってチェックインしました。

リージェント台北のお部屋

ジュニアスイート

なんと、今回、幸運なことに、一番安いスーペリアでの予約を「ジュニアスイート」へと無料アップグレードしていただきました!

こんなに嬉しいことはありません。(涙)

とは言え、贔屓目に見るのではなく、しっかりとレポートしますよ〜。

リージェント台北 ジュニアスイートは、

  • 最大3人
  • シティビュー/パークビュー
  • キングサイズ または ツインベッド
  • ベッドルームに加え、リビングルームもあり
  • 65平米

というカテゴリー。

部屋に入ると、

リージェント台北 ブログ

蘭の生花が〜♪

一流ホテル感、満載です。

そして、その先に、もう一つの扉があり(つまり二重扉)、2つ目の扉の向こうには、

リージェント台北 ブログ
▲リージェント台北 ジュニアスイート リビングルーム

リビングルームが登場!

うわぁ、広い!

リージェント台北 ブログ
▲リージェント台北 ジュニアスイート リビングルーム

そして、リビングルームの先には、ベッドルームが。

ちなみにこのテレビ、写真ではリビングの方向を向いていますが、回転させてベッドルーム側で見ることもできるんです。

リージェント台北 ブログ
▲リージェント台北 ジュニアスイート ベッドルーム

ベッドルームも広い広い!

贅沢過ぎる〜♪

ちょ、ちょっと待って?

今、ベルの人に、スーツケースを運んでもらうように頼んでいるけれど、これはチップ要るんじゃない?

台湾でチップ、渡したことないよ〜。(←リーズナブルホテル常連)

幾ら? 相場は幾ら? ネットで調べないと!!

と、言っていたその2秒後に、

「ピンポ〜ン!」

調べる間もなく、ベルの方が荷物を届けにやって来ました。

感じの良い方が、荷物置き場まで滞りなく荷物を運んでくださったので、チップを紙幣でとっさに渡す。

リージェント台北 口コミ
▲リージェント台北 ジュニアスイートのソファ

ふぅ〜。やれやれ。

ゆったりソファーに座って、しばし休憩。

リージェント台北 口コミ
▲リージェント台北 ジュニアスイート

こちら、ソファーからの景色です。

左にちょっと写っているドアの向こうは、バスルームです。

リージェント台北 口コミ
▲リージェント台北 ジュニアスイート

使いやすそうなデスクもちゃんと備わっておりました。

リージェント台北 口コミ
▲リージェント台北 ジュニアスイート

ジュニアスイートはエレベーターの横に位置していますが、そこを広く造ることによって、寝室やリビングをエレベーターから遠ざけ、快適な滞在へと誘っているんだなと感じました。

現に、エレベーターによる騒音は皆無。

私達は、部屋の騒音が気になるタイプなのですが、全く騒音がなく、静かに過ごすことが出来ました。

バスルーム

リージェント台北 バスルーム
▲リージェント台北 バスルーム(ジュニアスイート)

リージェント台北・ジュニアスイートのバスルームは、バスタブ・シャワーブース・トイレ・洗面台が、1つの部屋にまとめられていました。

ここも広いです。

リージェント台北 シャワーブース
▲シャワーブース(リージェント台北)

このシャワーブース、大きいという事に加え、水がシャワーブースの外に漏れ出さない仕様になっているため、とても使いやすかったなぁ。

海外のホテルって、バリアフリーにこだわるあまり、シャワーブースの外が水浸しになってしまう事がよくあるのですが、ここは水が流れないよう段差があるため、水浸しになることなく、使いやすかったです。

きっとバリヤフリールームは、別でしっかり用意されているんだろうなぁ。

尚、シャワーは、ハンドシャワーと固定シャワー、両方有り。

小物を置く棚もしっかり有りました。

洗面台 兼 脱衣所 の使い勝手

リージェント台北 洗面台
▲洗面台/リージェント台北(ジュニアスイート)

そしてこちらは、バスタブ正面にある洗面台。

上に、TVモニターが付いているので、バスタブに浸かりながらテレビを観ることが出来ました。

脱衣所としても使うこの洗面台は、着替えを置くスペースも十分あるので、使い勝手が良かったです。

トイレ

リージェント台北のトイレ
▲リージェント台北のトイレ(ジュニアスイート)

トイレは、バスルームと同じ部屋にあるものの、その間には厚い壁があるため、 “個室風”になっていました。

写真で言うと、黄色い矢印のところです。(扉はない)

やっぱり、出来れば、湯船に浸かりながら便器を見たくはないので、この配慮はありがたいなと思いました。

また、流石にリージェント台北クラスになれば、トイレットペーパーは流しても問題ないと思ってはいましたが、当ブログの「ホテル・口コミシリーズ」でパターン化しているので、恥をしのんで、いつもの質問をしてみました。

リージェント台北のトイレ
▲リージェント台北のトイレ

  • ウォシュレット付き
  • トイレットペーパーは流せる
    (ちょっとずつでお願いします、と言われました)

トイレットペーパーの件、聞いて良かった〜。

「流せます。でも、ちょっとずつお願いします」と言われた訳は、弱々しく吸い込まれていくタイプだったから。

一度に流す量はあまり多く無い方が良いと、使用してみて分かりました。

まぁ結局は流せるという事で良かったです。

クローゼット・チェスト・荷物置き・金庫など

ところで、このバスルーム、

リージェント台北 バスルームの扉

居室から、扉を開けて入ると、

リージェント台北のバスルーム
▲バスルームと荷物置き場とチェスト

荷物置き場と、チェスト、

リージェント台北のクローゼット
▲クローゼットと金庫と引き出し

クローゼットなどと、バスルームが同じ部屋になってる!

え〜! 合理的〜♪

この空間に、全ての着替えと、荷物、パジャマなどを揃える事ができるため、

お風呂に入るときに、わざわざ着替えなどを持って入らなくてもイイってわけなのです。

鏡もあるし、身支度ルームという感じですかね。

リージェント台北のチェスト
▲チェスト/リージェント台北

スーツケース置き場の下は、チェストがあり、

リージェント台北の引き出し
▲引き出し/リージェント台北

クローゼットの下には、このような引き出しも付いていて、

リージェント台北のクローゼット
▲クローゼットの中/リージェント台北

ハンガーやネクタイ掛け、帽子などを掛けるフック、

リージェント台北の金庫
▲金庫/リージェント台北

通常の2〜3倍はあろうかと言う金庫も、この空間に備わっていました。

アメニティ

持ち帰り可能なアメニティ

リージェント台北 アメニティ
▲リージェント台北 アメニティ

リージェント台北のアメニティで、個別包装だったのは、

  • 歯ブラシ、歯磨き粉 各2
  • コーム 2
  • カミソリ 2
  • シャワーキャップ 2
  • コットンセット 2
  • ヘアゴム 1
  • 綿棒4本セット 1
  • ボディミルク 1
  • 固形石鹸 2

(ジュニアスイートにて)

リージェント台北 シャンプー
▲リージェント台北 シャンプー類

あとは、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ。

これらは、洗面台とシャワールーム、それぞれに置かれていました。(=各2個あった)

リージェント台北 石鹸
▲リージェント台北 石鹸

固形石鹸は、シャワールームと洗面台に。

それぞれ違う石鹸が用意されていました。

備え付け

リージェント台北 アメニティ
▲バスソルト

部屋に備え付けだったのは、

  • バスソルト

なんかね、優雅な気分になりましたよ。

もちろん使わせていただきました。

スリッパ

リージェント台北 アメニティー スリッパ
▲リージェント台北 アメニティ

ジュニアスイートのスリッパは、こんなに分厚いタオル地のもの!

リージェント台北 スリッパ
▲リージェント台北 スリッパ

「こんなの見たことない!」

と思っていたら、これはスイート限定のスリッパで、持ち帰りは出来ないタイプだそうです。

(スイート以外のお部屋は、“使い捨てタイプ”)

パジャマ・バスローブ

シーザーメトロ台北 パジャマ
▲リージェント台北 パジャマ

また、リージェント台北には、浴衣も完備。

リージェント台北 パジャマ
▲リージェント台北 パジャマ

丈が短いのでこれ1枚だと風邪を引きそうですが、台湾のホテルはこのタイプがスタンダードみたいです。(他のホテルでも短い丈の浴衣を何件か見たので)

リージェント台北 バスローブ
▲リージェント台北 バスローブ

そして、高級ホテルにしかないバスローブはこちら。

真っ白で分厚くて、いい感じのバスローブでした。

サービス

リージェント台北 ソーイングセット
▲リージェント台北 ソーイングセット

ソーイングセット。

これ、高級ホテルにしかないサービスですよね。

リージェント台北 サービス
▲リージェント台北にて

また、「さすが!リージェント台北」と思ったのは、トイレの壁にさり気なく汚物入れが用意されていたこと。(写真左)

この気配りは初めて見たので、「さすが!」と思ってしまいました。

また、「靴磨きクロス」(写真右)や、

リージェント台北 サービス
▲リージェント台北にて

紙袋の用意もありました。

街中で袋を貰えないスーパーもあるので(中山駅前の金興發生活百貨とか)、エコバッグを忘れてしまった時はコレを持っていけますね〜。

明らかに、ゲストの行動を先回りし予測したサービスの数々。

きめ細かいなぁ。

タオル & タオル掛け

リージェント台北 タオル
▲リージェント台北 タオル

そして、私のこだわりチェックポイントの1つ、タオルの枚数。

リージェント台北のジュニアスイートには、大中小(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)の3種類が3セットも用意されていました。

この部屋は最大3名まで泊まれるので、3セット用意されているのかも。

また、バスタオルを掛けておけるバーやフックは合計3箇所。使い勝手はGoodでした。

ドリンク類

リージェント台北 ミネラルウォーター
▲リージェント台北 ミネラルウォーター

普通、無料のミネラルウォーターって1人1日1つずつじゃないですか?

でも、リージェント台北は冷蔵庫の上に6本、洗面台にうがい用として2本が置かれておりました。

合計8本なので、1人4本です。

まぁ、飲むなら飲んでってことで、多めに置いているんでしょうね。

リージェント台北 コーヒー
▲リージェント台北 カートリッジ式コーヒー
(ジュニアスイート)

そしてこれは、スイート限定の設備だそうなのですが、無料で飲める「カートリッジ式のコーヒーメーカー」がありました。

耐熱ガラスのグラスが、このカートリッジにセットすると高さが合わず斜めってしまうけれど。。。

(出来ないことはない)

リージェント台北 飲み物
▲リージェント台北 ドリンク類

お茶やインスタントコーヒーなどの無料セルフドリンクも当然あり。

リージェント台北 飲み物
▲リージェント台北 ドリンク類

また、冷蔵庫の中には、有料のドリンク類、

部屋内のミニバーには、ワイン(有料)も置かれていました。

Wi-Fi

Wi-Fiは、ホテル名のSSIDを選び、名前と部屋番号を入力するシステム。(入力しないと先に進めない)

速度はそこそこ早かったです。

冷暖房の調節

リージェント台北 冷暖房
▲リージェント台北 冷暖房

リージェント台北のエアコンは主電源も切れましたし、10〜30度の間で温度調節可能でした。

ちょっと古いタイプのコントローラーだったんですが、機能は問題なかったです。

コンセントの数

リージェント台北・ジュニアスイートのお部屋には、8個のコンセントプラグがありました。(洗面所にあるコンセント1つを含む)

中には、「ここは気付かないな〜」という場所にもあったので、足りない時は宝探し感覚で探してみるのも良いかも〜。(簡単に発見できるコンセントだけで足りると思うけど。。。)

その他の設備・備品

リージェント台北 ドライヤー
▲リージェント台北にて

あとは、ドライヤー、体重計、靴ベラなども完備。

体重計は、自分の体重はもちろん、荷物の重さも測っちゃいました。

リージェント台北に泊まるツアーを見てみる

スーペリアルーム

続いて、リージェント台北で最もリーズナブルなカテゴリーである「スーペリアルーム」を口コミしたいと思います。

リージェント台北「スーペリアルーム」の基本情報は、

  • 収容人数 2人
  • シティビュー/パークビュー
  • キングサイズベッド
  • 39平米

というカテゴリー。

部屋に入ると、

リージェント台北 スーペリアルーム
▲リージェント台北 スーペリアルーム

一番安いカテゴリーも、十分すぎるほどの広さだわ〜!

そして、落ち着いた雰囲気♪

リージェント台北 宿泊記

ベッドの前にはテレビ、荷物置き場、

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

窓際には2人共座れるソファーがあるのはイイですね。

街中をひとしきり歩いて、疲れて帰ってきた時にひとまず座れるソファーがあるのは、“嬉しい”というよりは“有って欲しい”ものだから〜。

なので、台北ホテル選びにおける私のチェックポイントの1つとなっております。

大体無いか、有っても1人しか座れないパターンが多いので。。。

このソファーは、普通のホテルよりもゆったりしていて、ポイント高し!でした。

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

また、デスクは広く、椅子は疲れないタイプのもの。

チェックインの際、ビジネスマンの姿も何人か見掛けたので、そういった方々にも適していると思います。

クローゼット

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

そしてクローゼットは、ベッドの横に。

結構なビッグサイズです。

格子状になっているので、中身は見えちゃいますけれど。

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

横に長いタイプなので、使いやすいのもマル。

バスルーム

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

そしてバスルームは、1つの空間に洗面化粧台と、

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

トイレ、シャワールーム、

リージェント台北 滞在記ブログ
▲リージェント台北 スーペリアルーム

深めのバスタブが備わっていました。

一番安いスーペリアでも、バスタブに浸かりながら、便器が視界に入らない構造になっていたのが何気に嬉しいわ。

また、バスアメニティーやパスローブはジュニアスイートと同じ。

スリッパは、ジュニアスイートとは違い、使い捨てのものです。



デラックスルーム

一つ上で紹介した一番安いスーペリアルームは、キングサイズベッドが1台で定員も2名なので、夫婦やカップル向けかな〜と思います。

でも、スーペリアの1つ上には「デラックスルーム」というカテゴリーがあって、その基本情報は、

  • 最大 3人
  • シティビュー/パークビュー
  • キングサイズ または ツインベッド
  • 45平米

とのこと。

スーペリアとデラックスの違いは、「定員・ベッドの種類・広さ」ですね。

尚、リージェント台北に宿泊するツアーは、「部屋指定なし」か「デラックスルーム」のプランが多いようです。

リージェント台北に泊まるツアーを見てみる

価格を比較してみる

スポンサーリンク