SMBC信託銀行プレスティア(旧シティバンク個人口座)の
口座維持手数料を無料にするには?

SMBC信託銀行プレスティア(=旧シティバンク個人口座)に口座を持っていれば、FXで安く両替した米ドルを、数社の金融機関を経由すれば、アメリカのATMで出金できます。

そして、その手順と間違えやすいポイントを、当サイトで紹介しています。

シティバンク銀行のリテール事業(個人口座のみ)は、統合により、2015年11月から三井住友フィナンシャルグループの「SMBC信託銀行プレスティア」になりました。

三井住友グループに統合されたと言っても、条件を1つはクリアしないと口座維持手数料が無料にならない、という点はシティバンク時代と同じ。

では、プレスティアにこれから口座開設をしたい場合、口座維持手数料を無料にするにはどんな方法があるのでしょうか。まとめてみました。

スポンサーリンク

無料の優遇措置

頻繁に海外へ行くなら、「SMBC信託銀行プレスティア」(旧シティバンク銀行 個人口座)は、とても便利な銀行です。

その理由は、

  • FXで安く両替した外貨など、他銀行から外貨を受け取るのに便利
    • 外貨着金手数料が無料
    • 他の銀行だと、外貨を着金するとなるとリフティングチャージが掛かってくる
  • アメリカ(ハワイなど)のATMで、自分の口座にある米ドルを、米ドルのまま引き出せる「プレスティア外貨キャッシュカード」がある
    • 為替手数料が掛からない
    • このサービスは、アメリカ国内での利用(米ドル)に限られます
  • アメリカ国内のシティバンク本支店・直営ATMを利用すれば、ATM手数料が無料

    (例外ATMあり・・その場合は2ドル)

    • 2015年11月1日SMBC信託銀行の統合による新サービス!
    • 残念ながらハワイにはシティバンク支店が無いため、無料の恩恵はなし
      こちらの記事にも書いてますが、私の知るところではハワイ最安ATMは4ドル)
    • 米国内シティバンク直営ATMを利用できる方にとって、特に利用価値が高くなりました!

と、外資系・シティバンクならではのサービスを継承しているからです。

2015年現在、新規でSMBC信託銀行プレスティアに口座開設する場合は、口座維持手数料(月2,000円/税抜)が必要になる場合があるので、「やーめた!」となる方もいらっしゃるかと思います。

とは言え、下記のどれかに該当すれば、口座維持手数料が無料になる優遇措置がありますので、当てはまりそうな方は、検討してみるのもいいかもしれません。

尚、「格安の外貨両替」ということなら、SMBC信託銀行プレスティア(旧シティバンク個人口座)に口座を持っていなくても、羽田空港・成田空港・関空・中部(セントレア)で受け取れる、FXの外貨両替・マネパの外貨両替・空港受取りサービスがありますので、2016年現在は、そちらを利用するのが簡単でお勧めです。

さて、これから口座開設する人が、
SMBC信託銀行プレスティアの口座維持手数料を無料にするには
(下記のどれかに該当すれば無料)

  • 月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上

    つまり、SMBC信託銀行プレスティアに常時、外貨だったら20万円相当額の残高があること。

    アメリカ国内のATMで出金できる「米ドル普通預金口座」をはじめ、プレスティア マルチマネー口座の外貨普通預金・外貨定期預金・外貨建ての投資信託や債券なども、合計金額に含むことが出来ます。(外貨ならどの通貨でもOK)

    外貨の場合、日々の為替レートにより残高も上下するので、多めに入金しておくと安全ですね。

    ちなみに私が持っている他の海外銀行は「1日でも下回るとダメ」なものもあるのですが、SMBC信託銀行プレスティアは「平均残高」なので、20万円相当額を下回った日があっても、あとで追加入金すれば挽回することができるので(月内ならば)、その点は気が利いてると思います。

    尚、その時点での「月間平均総取引残高」を知りたい時は、ログインするとすぐ現れる画面(マイホーム)の、「前営業日付の月間平均総取引残高」で確認できます。16:50以降や定休日などは確認できないので、その点はご注意くださいね。(平日昼間にだけ確認できる)

  • 月間平均総取引残高が50万円相当額以上

    つまり、日本円も外貨も全部含み、常時50万円相当額の残高があること。

    日本円の普通預金をはじめ、日本円の定期預金、投資信託や債券、保険商品や、米ドル普通預金口座、外貨普通預金、外貨定期預金など外貨部分(上で説明したのと同じもの)もすべて、合計金額として加算することが出来ます。

    合計金額として「外貨」を含んでいる場合は、上記と同様、レートの変動を考慮して多めの入金が安心。また、こちらも日々の平均残高となっています。

    平均残高の確認は、上記と同じ方法でチェックできます。

  • SMBC信託銀行の提携クレジットカード会員であること

    年会費12,000円(税抜)から・・とちょっと高いですが、下記のクレジットカード所有者なら、プレスティア口座維持手数料が無料になります。(SMBC信託銀行のクレジットカード

    SMBC信託銀行 ゴールドカード・・・ 下記参照
    (年会費[税抜]本会員:12,000円/家族会員:無料)

    SMBC信託銀行 デルタ スカイマイル ゴールドVISAカード
    (年会費[税抜]本会員:18,000円/家族会員:9,000円)

    SMBC信託銀行 ダイナースクラブカード・・・ 下記参照
    (年会費[税抜]本会員:22,000円/家族会員:5,000円)

    SMBC信託銀行 ANAダイナースカード
    (年会費[税抜]本会員:27,000円/家族会員:6,000円)

    SMBC信託銀行ドルカード
    (年会費[税抜]40ドル/家族会員:無料)

    SMBC信託銀行 プラチナカード
    (年会費[税抜]35,000円・次年度以降は半額/家族会員:無料)

    SMBC信託銀行 デルタ スカイマイル プラチナVISAカード
    (年会費[税抜]40,000円・次年度以降は半額/家族会員:無料)

    SMBC信託銀行 ダイナースクラブ プレミアムカード
    (年会費[税抜]130,000円・次年度以降は半額/家族会員:無料)

    ちなみに「SMBC信託銀行 ゴールドカード」と「SMBC信託銀行 ダイナースクラブカード」は、入会から3ヶ月で合計10万円のカード利用をすれば年会費初年度無料に、それ以降は、年間30万円以上の利用で翌年の年会費も無料になります。

  • 既に、eセービング口座を持っていること(eセービングの新規申込は終了してます)
  • 住宅ローン(不動産担保ローンを含む)の借入れがあること
  • プレスティア アドバンスマネーまたはカードローンの月間平均借入残高が4円以上

上のどれかに該当すれば、SMBC信託銀行プレスティア(旧シティバンク銀行個人)の口座維持手数料が無料になります。(前月の実績で当月無料)

尚、口座開設した月は上記にかかわらず、全員無料

上の優遇条件は、開設月の翌月から実施すれば良いのだそうです。
ちなみに、クレジットカードの場合は、開設の翌月25日時点(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)に会員であればOKだそうですよ。

スポンサーリンク

SMBC信託銀行・プレスティアに
口座を持っていると出来る事(FX両替)

そんなわけで、条件が付くものの、

SMBC信託銀行プレスティア(旧シティバンク銀行・リテール事業)に口座があれば、FXで格安に両替した米ドルを、ハワイなどアメリカのATMで引き出すことができます。

追記:2015年11月に、某金融機関で手数料改定があったため、これまで紹介していた「シティバンクを使ったFXでの格安両替手順」のルートを一新することにしました。

以前よりも、経由する金融機関が1社増えたことで、ハードルが高くなり、これを実行する人は少ないと思いますが、やってみたら出来ましたので一応口コミしてみます。

SMBC信託銀行に口座を持っている人のFX両替(米ドル)2016

「FXで外貨両替する」ということは、自分が良いと思う相場の時に両替できるわけで、〝レートはその時の運任せ〟であった旅行中の両替よりも、自分に合っているので私はいつも利用しています。(手数料も安いしね)

そんなFX両替も、羽田空港・成田空港・関空・中部(セントレア)で外貨を受け取れるようになりまして、それはかなりお勧めなのですが、空港受取りサービスを利用できない以下のような場合で、かつ、2015年11月から経由銀行が1つ増えたことが問題ないならば、「プレスティア外貨キャッシュカード」を使って、アメリカ国内にあるATMで受け取ることもできます。

「SMBC信託銀行プレスティア口座」を持っていれば
以下が可能(FXで米ドル両替)

  • 福岡空港、新千歳空港、地方空港から出発する時

    マネーパートナーズが行っている外貨両替・空港受取りサービスは、成田・羽田・関空・中部空港でのサービス。
    福岡空港や新千歳空港(札幌)から直行便で出発する場合や、グアムに就航している仙台・新潟・岡山・広島空港から直行便を利用する場合は、「SMBC信託銀行プレスティア」等を経由しアメリカのATMで受け取る方法もあります。

  • 成田空港出発だけど、営業時間内に受け取れない時

    成田なら空港受取サービスをお勧めしたいところですが、窓口の営業時間は9時〜18時と短め。(年中無休)

    なので、成田から遅い便で出発する時は(22時台など)、「出発まで時間があるけど空港で受け取る」か「時間の制約がないアメリカATMで受け取る」かの2択に。

    ということで、成田空港出発で18時までに受け取れない方は、「SMBC信託銀行プレスティア」経由という手もあります。

    ちなみに羽田・関空・セントレア出発の方は、受取窓口が早朝から夜遅くまで営業しているので、外貨両替・空港受取りサービスがお勧めです。

  • 長期滞在の時には便利

    長期滞在の時、現金をいくら持参したらいいか見当がつかなくなるときがあります。そんな時、出発前にある程度の金額をFXで両替しておき、「SMBC信託銀行プレスティア」の米ドル普通預金まで移しておけば、現地ATMで必要な分だけ引き出しながら過ごせば良いので便利です。(ただしATM手数料が都度必要)

    → たくさん現金を持って行かなくても済みます

    また、もし途中で足りなくなっても、パソコンかスマホと、セキュリティの掛かった「ネット環境」があれば、現地でFXにログインし追加両替できます。

    その場合、ATMで引き出せるようになるのは4〜5日後、土日祝を挟むと6日位掛かりますが、「FXの口座」か「クイック入金できる大手銀行」に日本円を預けておけば良いので、ロングステイの時に重宝しました。

    スマホで両替する場合は、アプリではなく「ブラウザのPC向けサイト」で

    マネパの口座開設は、日本に住所があることが条件になっています。(あくまでも“長期滞在の旅行”という意味です。海外居住者は口座開設不可です)

  • アメリカ国内「シティバンク直営ATM」に行ける時

    シティバンク直営ATM(米国内)で出金した場合、2015年11月1日から、ATM手数料が無料になったので、利用価値が高くなりました!

    とは言え、シティバンク本支店であっても、直営じゃないATMもあるそうで、その場合は従来通り2ドル掛かるんだとか。。(やってみて初めて分かるらしい)

    主にハワイで使う私には関係ない話ですが(ハワイにはシティバンク支店がない)、米国内シティバンク本支店「直営ATM」に行ける人にとっては、気軽に何度でも必要分だけ、引き出せるので大変便利です。

ちなみに今まで、シティバンク銀行に個人口座を持っていた方は、新規開設することなく同じ条件で引き継がれますよ。

2016年、経由銀行が1つ増えたことで、ハードルは高くなりましたが、アメリカ本土に行く時には活躍しそうです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ