京站国際サービスアパートメントの旅行記ブログです。
(京站國際酒店式公寓/iタイペイ サービス アパートメント)

行き方(桃園空港MRTから/空港バスから/地下鉄からのアクセスほか)、お部屋・トイレ・バスルーム・アメニティ・コンセントプラグの数・隣接するQスクエアの口コミなど、短期滞在でも使える台北駅のアパートメントホテル「京站国際サービスアパートメント」の宿泊記ブログをご紹介いたします!

スポンサーリンク

京站国際サービスアパートメントの立地

台北駅直結のショッピングモール・Qスクエアに隣接

iタイペイサービスアパートメント ロケーション
▲iタイペイサービスアパートメントは台北駅の北側

京站国際サービスアパートメント(iタイペイサービスアパートメント)は、台北駅直結ショッピングモール「Qスクエア(京站時尚広場)」に隣接する、マンションタイプのホテルです。

【Qスクエアとは? 関連記事】

大きなフードコートもあるファッショナブルなモールや、台湾最大のターミナル駅「台北駅(台北車站)」に直結している利点に加え、

地下鉄MRT改札口、台鉄・高鉄・国光客運バスターミナルなど、全ての改札口が近いという素晴らしい立地です!

(桃園空港MRT改札も、他のホテルより近い)

でも、アクセス方法がちょっと分かりづらいので、ブログに綴りたいと思います。

最寄出口(ホテルの受付へ行きたい時)

京站国際サービスアパートメントは、受付(チェックイン・チェックアウト時のみ)と部屋棟が分離しています。なので、まずは受付への最も簡単な行き方をご紹介いたします。

桃園空港からなら「桃園空港MRT」がおすすめ

桃園空港からなら、2017年3月に開業した「桃園空港MRT」を利用するのがおすすめです。

京站国際サービスアパートメントは、台北駅Y3出口直結。(Y区)
また、「桃園空港MRT台北駅」は、Y16・Y18・Y12などの出入口と繋がっているので、同じY区同士で、すんなり行けるからです。

「桃園空港MRT→Y3出口」までの行き方は、別記事:桃園空港バス vs 桃園MRT 2017!台北駅の簡単ルートでご紹介していますので、ここではその続きを。

桃園空港MRT 台北駅 Y区地下街 Y出口エスカレーター
▲台北地下街・Y3出口は上下エスカレーターあり

Y3出口のエスカレーター。

※Y1出口も近いのですが、階段オンリー

京站国際サービスアパートメントへの行き方1

エスカレーターを上って外へ出ると(右)、

※最後に下り階段が三段のみある

京站国際サービスアパートメントへの行き方2

左に進めば、すぐに赤い看板が!

京站国際サービスアパートメントへの行き方3

京站国際サービスアパートメントの受付に到着です!

桃園空港MRTからのアクセスは、楽々です。

松山空港からは、タクシーがおすすめ

松山空港から京站国際サービスアパートメントまでは、タクシーがおすすめです。

駅直結ホテルにも関わらず、地下鉄ではなくタクシーをお勧めする理由は、

京站国際サービスアパートメントへの行き方 タクシー
▲受付前の道路(市民大道)

受付がある地上道路「市民大道」まで連れて行ってくれるから。

地下鉄の改札は近いのですが、Qスクエア営業中は人混みがスゴイし、Qスクエア営業時間外は、ややこしい道のりになるので、キャリーバッグを持っての移動には、適さないのでは?・・と思います。

タクシーの所要時間は15〜20分ほどです。

  • ホテル名:京站国際酒店式公寓
  • 住所:台北市市民大道一段209號1F(台北轉運站,Y3出口車道旁)

地下鉄・台鉄・高鉄 改札からの行き方

とは言いながらも、地下鉄MRT改札口からの行き方もご紹介致します。

京站国際サービスアパートメントへの行き方 MRT

地下鉄MRTから台北駅に来たら、「市民大道方面」もしくは「京站 Qsquare方面」と書かれている改札口を出ます。

この改札口近くには、台鉄・高鉄の改札もあります。九份に行く時には便利ですね〜。

関連記事:九份の行き方 – 電車 タクシー バス 料金・注意点 1

台北駅 桃園空港MRTからMRT乗り場まで5
▲MRT淡水信義線・MRT板南線 改札口

正面の改札を出て、

京站国際サービスアパートメント アクセス
▲エスカレーター上った所

「市民大道/京站 Qsquare方面」の表示に従ってエスカレーターを上り、

(写真は上りきった所)

中山地下街 アクセス

そのまま、直進します。(中山地下街方面へ)

その際、左右に存在する2つ通路のうち、左側の通路を進みます。

Qスクエア台北へのアクセス

すると、左手にQスクエアの入口が!

ファッショナブルな巨大ショッピングモールにしては、とっても地味ぃ〜な入口です。

小さめに書かれた「京站」の看板を見逃すと、通り過ぎちゃいそうですね。(笑)

営業時間中は、Qスクエアの中を通って行った方が、楽しいと思います。

その場合は、Qスクエアの1階まで上がって、「COACH(コーチ)」と「N.Y. BAGELS CAFÉ」の間の通路(2017年8月現在)を通って「市民大道」(外)に出ると、京站国際サービスアパートメント(iTaipei)の受付に行けますよ。

※Qスクエア営業時間:月〜木・休日 11:00-21:30、金・土 11:00-22:00

※Qスクエア1階の通路は営業時間外でも通行できますが、Qスクエア内の地下1階は営業時間外は通行できません。Qスクエアの出入口を入ってすぐ脇に、長距離用バスターミナル(Taipei Bus Station)に行く通路があり、そこ経由で行くなら営業時間外のB1通行は可能ですが、説明がややこしいのと、営業時間外パターンを以下で1つご紹介するので割愛しま〜す。

でも、もしQスクエアの営業時間外なら、先の写真の場所で右に行くと(黄色い矢印方向/Qスクエア入口の反対側/Y区・台北地下街へ行けるエレベータの表示)、

京站国際サービスアパートメント アクセス
▲黄色い矢印方向にあるエレベーター。ここはB1

これまた、地味ぃ〜なエレベーターが!

これでB2まで降りて、

京站国際サービスアパートメント アクセス
▲B2

斜め左前へ(スロープあり)

京站国際サービスアパートメント アクセス
▲マッサージ店

スロープを超えると、台北地下街(Y区)のマッサージ屋さんが現れます。

あとは、出口表示があるので簡単です。

マッサージ店から、1分くらいでY3出口に到着しました。

国光客運1819バスターミナルも近い

国光客運1819バスターミナルも近いです。

が、「桃園空港MRT」と比較すると、近いのに分かりにくいので、場所を確認できてからの利用がおすすめです。(帰りとか)

Qスクエアの中を通るか、台北地下街のマッサージ屋さんの前を通るかして、

京站国際サービスアパートメント バスターミナル

上でご紹介した「地下鉄MRT改札の上にあるエスカレーター」まで来ます。(地下1階)

下へ降りると地下鉄・台鉄・高鉄の改札口ですが(黄色い矢印)、

スロープを上ると(ピンクの矢印)

台北駅 國光客運バスターミナル 移転後 M2エレベーター
▲M2エレベーター地下1階

真っ正面に、M2エレベーターが!

これで1階まで上がれば、国光客運バスターミナル(1819桃園空港行き)の乗り場に出ます。

関連記事:パターン3:MRT淡水信義線・MRT板南線に乗り換える(国光客運1819下車後)

尚、京站国際サービスアパートメントからすぐ近く、Qスクエア内にある「タイペイ・バス・ステーション(Taipei Bus Station)」は、長距離用のバスターミナルであって、「国光客運1819・桃園空港行き」は来ないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク

チェックイン後、お部屋に案内されました

京站国際サービスアパートメントのフロント
▲京站国際サービスアパートメントキャンペーンの
事務所

さぁ、受付でチェックイン。

既に、チェックイン時間が過ぎていたので、すぐにお部屋に案内されました。

この事務所は、主にチェックイン・チェックアウトの手続きや、荷物一時預かりの場所となっているようです。

英語オンリー。

京站国際サービスアパートメントキャンペーン内

すぐ近くのスタバを通過しながら、内部へと案内されました。

エレベーターの乗り継ぎ時に見えて来たのは、まさに高級マンション。

iTaipei Service Apartment

すぐ近くが、あの台北駅とは思えないほど、静寂に包まれています。

いくつかの棟に別れているので、遠くの棟だと、出るのに時間掛かりそう。。。

私たちは、一番近い棟へと案内されました。

iTaipei Service Apartmentのラウンジ

居住棟へと進む接続部分にある5階には、ちょっとしたラウンジのような場所があり、滞在時はここで、ランドリー用の洗剤をいただいたりが出来ます。

(私も洗剤をいただきました。受付に係の方がいます。ここも英語オンリー)

デラックスルーム ダブルベッド1台京站国際サービスアパートメント(iTaipei)

お部屋

京站国際サービスアパートメント(iTaipei)のブログ デラックスルーム
▲iTaipei デラックスルーム ダブルベッド1台

では、私が宿泊した「京站国際サービスアパートメントキャンペーン (京站國際酒店式公寓)・デラックスルーム ダブルベッド1台」のお部屋を口コミいたします。

デラックスルーム(ダブルベッド1台)は、京站国際サービスアパートメントが宿泊予約サイトに出している部屋では、一番安いカテゴリー。

為替、残室数、宿泊日までの日数など、色々な要素で宿泊料金は変化するものの、普通のリーズナブルなホテルと変わらないお値段で、

iTaipei デラックスルーム リビング
▲デラックスルームのリビング

小さいながらも、リビングが付いていました。

(仕切られているだけで、部屋自体は1つ)

でもこのソファー、直角過ぎですけどね。(笑)

iTaipei デラックスルーム
▲デラックスルームのダブルベッド

ベッドは硬め。

ダブルサイズとのことですが、縦幅が短めのような気が。。。

180cmくらい身長がある方は、体を伸ばしての就寝は、ちょっとキビシイかもしれません。

シーツは清潔でした。

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム
▲ダイニングカウンターとミニキッチン

そして、小型のダイニングカウンターと

(ハイチェア2脚つき)

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム
▲ミニキッチン

ミニキッチン、

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム 冷蔵庫

ホテルサイズの冷蔵庫も完備です。

ちなみに、「京站国際サービスアパートメント」には朝食は付いていません。

Qスクエアのフードコート(B3)は11時から。
朝早くから営業しているわけではないので、朝食は台北市内の朝食店へと繰り出していました。

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム ベッドから

ベッド側から見たキッチンエリアはこんな感じでした。

スーツケースやキャリーバッグも、余裕で広げられるスペースもありましたよ。

シャワールーム

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム シャワールーム

京站国際サービスアパートメント・デラックスルームのシャワールームです。

トイレや洗面台の奥にありました。

バスタブはなし。

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム シャワールーム

ハンドシャワーとレインシャワーの2つ。

シャンプーなどの置き場もあるし、

シャワールームも広かったので、使い勝手は良かったです。

洗面所 兼 脱衣所 の使い勝手

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム 洗面台

洗面台です。

シンクは、こう見えても意外と大きく、歯磨きや洗顔などするには、使いやすかったです。

脱衣所としても使うことになるこの場所は、着替えを置く場所は大きくないけれど、全く無いわけではないので、脱衣所としては普通な使い勝手だと思います。

タオル掛けは、2人分ありました。

トイレ

京站国際サービスアパートメント デラックスルーム トイレ

そして、何気に重要視しているトイレ。

ウォシュレットは付いていませんでした。

それから、どのホテルでもフロントに確認するのですが、トイレットペーパーは流せないそうです。

  • ウォシュレットなし(デラックスルーム)
  • トイレットペーパーは流せない
    (5Fのラウンジスタッフに確認済)

水流は、勢いよく流れるんですけどね。

スポンサーリンク

アメニティ

京站国際サービスアパートメントキャンペーン アメニティ
▲京站国際サービスアパートメントのアメニティ

京站国際サービスアパートメントキャンペーンのアメニティはこんな感じでした。

歯ブラシ2本・シャワーキャップ1つ・カミソリ1つ・コーム1つ・コットンと綿棒のセット1つ、

京站国際サービスアパートメントキャンペーン アメニティ
▲京站国際サービスアパートメントのアメニティ

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・固形石鹸です。(私たちは2名)

アパートメントタイプと言っても、毎日のハウスキーピングはあり、

その際、アメニティは毎日補充されました。(スリッパ以外)

また、ミネラルウォーター2本や、

京站国際サービスアパートメントキャンペーン アメニティ
▲京站国際サービスアパートメントのスリッパ

使い捨てスリッパ、
(スリッパだけは連泊での補充はなし)

京站国際サービスアパートメントキャンペーン バスローブ
▲バスローブ・アイロン・金庫・ドライヤー

バスローブやドライヤーも完備です。

ちなみに、クローゼットの中には、金庫(11インチPCが入りました)、アイロン・アイロン台・靴べらの用意もありました。

京站国際サービスアパートメントキャンペーン タオル
▲京站国際サービスアパートメントのタオル

そして、私のチェックポイントの1つ、タオルの枚数。

大・中の2種類だけってホテル、大・中・小の3種類あるホテル、それぞれありますのでね。同じ価格帯であっても。

京站国際サービスアパートメントは、大中(バスタオル・フェイスタオル)の2種類でした。

3枚目のタオルは自分で用意しなくちゃだわ。www

冷暖房の調節

つぎは、冷暖房スイッチの有無について。
ポイントは、主電源を切れるかどうか。

京站国際サービスアパートメント・デラックスルームは、リモコンで冷暖房のオンオフが出来ました。

よく考えてみたら、ホテルではなく、元々居住用だから、各家庭で冷暖房が切れないわけ無いんだったわ。www

コンセントの数

私が宿泊した京站国際サービスアパートメント・キャンペーンのデラックスルームには、3個のコンセントプラグ(空き)がありました。

Wi-Fi

京站国際サービスアパートメント・キャンペーンには、無料Wifiが利用できます。

部屋番号ごとにWi-FiのID・パスワードが提供されるので、部屋位置による感度のムラはないです。

ダウンは19.74mbpsもあり、アップは1.91mbpsでした。

その他の設備・備品

京站国際サービスアパートメントの最大の魅力は、

京站国際サービスアパートメントの洗濯機
▲京站国際サービスアパートメントの洗濯機

各部屋のベランダに、洗濯機が付いていること!

共同ランドリールーム完備のホテルはよくあるけれど、終わった頃にまた行かなちゃならないのが結構面倒で。。。

お部屋に有れば、スイッチオンしたまま出掛けても問題ないから、とっても楽なのです。

台湾は暑くて、よく汗をかくので、これは魅力的です。

京站国際サービスアパートメントの洗濯機 洗剤入れ

中国語で書いてあるので、ちょっとだけ使い方を。

まずは、洗剤を入れて(左上の引き出しを開けて、一番左の枠)、

※洗剤は、5階ラウンジ(のような場所)でもらえます。

京站国際サービスアパートメントの洗濯機 使い方

  1. 電源を入れる
  2. ダイヤルを回してコースを選ぶ。私は「標準」を選びました。
  3. すると自動で、洗濯や脱水のランプが付きます。
  4. 乾燥だけは手動で選択することになるので(現時点では脱水まで)、乾燥まで必要なら、ボタンを押して乾燥のコースを選びます。ちなみに1回押したら「標準」でした。
  5. この状態で「スタート」ボタンを押す

これで、放っておけば乾燥までやってくれます。

京站国際サービスアパートメントの浴室乾燥機
▲浴室乾燥機の操作パネル

ちなみに、シャワールームには浴室乾燥機も備わっていました。

シャワーブースの出入口を開けておけばハンガーを沢山掛けられるので(追加ハンガーの貸し出しあり)、吊るして乾かしたい洋服、雨で濡れてしまったけれど洗濯は不要な洋服などは、シャワールームでも乾燥できますよ。

スポンサーリンク

京站国際サービスアパートメント(iTaipei)のおすすめ度

Qスクエアのフードコート
▲マンションの下にはフードコート

京站国際サービスアパートメントは、Qスクエアに隣接していること、洗濯機が部屋に付いていること、各改札口が全て近く利便性が良いことが、利点です。

特に、マンションの階下にはQスクエアの大きなフードコート、スーパー、スタバなどがあり、さっきまで部屋に居たのに、ものの数分で賑やかな場所に行けるという、「都会の高級マンション」に住んでいる体験も、何だか面白いです。

そう思う一方で、台北駅やマンションの規模が大きすぎて、部屋までは意外と時間が掛かることや、ケバケバしいインテリア、やはりホテルとは違う感覚(一般居宅っぽさが強い)もあったりするので、そこら辺が了承できる方にはおすすめです。

宿泊料金を見てみる

スポンサーリンク