九份の行き方 電車編

台湾の人気観光地「九份」へ電車で行く方法の「2ページ目」です。

1ページ目では「台北駅から瑞芳駅まで」について、乗る電車・時刻表・注意点・料金・台湾鉄道改札までの行き方・何番線からどの方向の電車かを口コミしました。

その続編としてこのページでは、瑞芳駅から九份まで行く2つの手段、

  • 瑞芳から九份へはタクシー
  • 瑞芳から九份へはバス

を、両方とも利用したことがありますので、双方の良い点やお勧め、旅行記をご紹介します!

スポンサーリンク

瑞芳駅で電車を降りたら

台湾 瑞芳

台北駅から、電車で瑞芳駅(ルイファン)までやって来ました!

台北駅から九份 電車 瑞芳

西の出口に進みます。
九份って表示もあるから簡単♪

九份への行き方 電車編

小さい駅なので立派な自動改札じゃないのですが、悠遊カードもピッと出来ます。

あ、そうそう。
この写真、9月の暑い時期ですが、電車内の冷房が結構きつく、長袖が登場しました。

いつも持ち歩かないのですが、以前、九份まで行く電車は寒かった記憶があったので、今回は上着を持参です。

やはり今回も役に立ちました。

方法1:瑞芳駅から九份へはタクシーで行く

九份の最寄駅「瑞芳」まで電車で来てしまえば、あとは車で12分ほどの距離。

ここまで来ればタクシー料金も安いし、駅前からすぐに乗れるので、瑞芳から九份まではタクシーがおすすめです。

平日17時頃のタクシー所要時間は、渋滞なしで12分でした。(瑞芳から九份まで)

九份への行き方 電車編 瑞芳

改札を出ると駅舎前の広場に出ます。

すると左手に、

九份への行き方 電車とタクシー

タクシー乗り場が!

瑞芳から九份へのタクシー料金
▲九份までのタクシー料金(2017年6月現在)

瑞芳駅から九份までは、均一料金 205元です。
(タクシー料金の写真:2017年6月撮影)

これは市政府で定められた価格なんですよね。

タクシー乗り場に明示されているので安心・安心♪

タクシー乗り場には、日本語の少しできる案内係のお兄さんがいて、お客さんに行き先を聞いては、運転手に伝えていました。

「九份」と伝えて、タクシーに乗り込みます!

スポンサーリンク

方法2:瑞芳駅から九份はバスで行く(最も安い)

瑞芳駅までは電車で行き、そこから九份までバスで行けば、かかる交通費は、どの手段よりも安く行けることになります!(バス 1人15元、または24元〔1062系統〕 瑞芳→九份)

駅からバス停までは220メートル。
4分位歩きました。

駅舎正面のバス停は、九份には行かない

九份への行き方 電車とバス 逆方向のバス停
▲瑞芳駅前のバス停は、九份に行かない

駅前広場に出ると、まず目に飛び込んでくるのが、広場正面のバス停。

でもこちら、反対方向のバス停なので、乗ったらダメで〜す。

九份への行き方 電車とバス 逆方向のバス停2
▲台北方面バス停(九份とは逆方向)

台北に戻っちゃうから(笑)

では、九份方面のバス停まで行ってみま〜す

九份 行き方 電車とバス 瑞芳駅からバス停まで

こちらの写真は、その「台北方面行きバス停」から見た、「九份方面行きバス停」の方角を示したものです。

つまり、駅から外に出たら、駅前広場 正面の道を「左方向」に進めばOK!
バス停は、このオレンジ矢印方向の道沿いです。

九份への行き方 電車とバス 瑞芳駅のバス停までの道のり1
▲タクシー乗り場近くの横断歩道

バス停はこの道路沿いの向こう岸にあるので、横断歩道を渡ってから左方向へ進みます。

九份への行き方 電車とバス 瑞芳駅のバス停までの道のり2

こんな感じの通路を、200mくらい進むと、

九份への行き方 電車とバス 瑞芳駅バス停

九份方面に行くバス停に到着!

バスはひっきり無しにやって来ますし、次々に乗りたい人がやって来るアクティブなバス停なので、すぐに分かると思います。

※以前は、平日と土日祝とで停留所が違いましたが、2017年現在は、毎日220m先のこのバス停から乗車するようになっています。

瑞芳駅から九份まで行くバスは、1062系統だけじゃない

このバス停からは色々なバスが出ているのですが、お勧めのバス停「九份老街」まで行くのは

  • 788 (毎日) NT$15
  • 825 (土日祝のみ) NT$15
  • 827 (毎日) NT$15
  • F802(平日 8:30、10:50、15:30発のみ) 無料
  • 1062(毎日) NT$24

の、平日・土日祝ともに4種類ずつ。

これらのバスなら、どれに乗っても大丈夫です。

台北・忠孝復興駅近くから来る1062系統を始め、788系統も15〜25分間隔で来るので(2017年7月現在の時刻表より)、結構頻繁にやってきます。

尚、2017年3月1日から、基隆客運1062系統の料金だけが値上げになり、瑞芳駅⇔九份(片道)が24元になっています。(他の路線は料金据え置き)

スポンサーリンク

九份方面行きバスに乗る

九份 行き方 電車とバス バスに乗る

バスがやって来ました!

今回は、788系統です。

バスでも「悠遊カード」が便利。

現金だと、15元を釣銭の無いよう準備しなくちゃならないからね。

九份 行き方 電車とバス バスに乗る6

運ちゃんの横にあるカードリーダーにかざして乗り込みます。

ピッ

九份 行き方 電車とバス バスに乗る2

788は、ガラガラでした〜

九份 行き方 電車とバス バスに乗る3

次の停留所が、前方の電光掲示板に表示されます。

降りるのは「九份老街」。

九份 行き方 電車とバス バスに乗る4

「九份老街」の文字が表示されたので、すかさずボタンを押す!

ピンポーン!

他に誰も押さなかったから、「降りるのは私達だけね」と思っとったら、

なんと、乗客全員がそこで降りるではないか!

おーーーい!

もし、電光掲示板がなかったら

このように他の乗客も大体降りる「九份老街」ですが、もし電光掲示板が無かったり、壊れていたり、乗客が少なくて不安な時のために、一応目安を。

台北駅から九份 電車とバス 九份老街手前のバス停

瑞芳バス停を出てから、渋滞なしの場合で約10分。

山道を走行していくと、進行方向「左側」にこの建物が!

こちら「代天府」です。

ここを過ぎるとすぐ(40m位)、

代天府バス停

1つ手前のバス停「代天府」が。

この写真は、進行方向「左側」の代天府バス停を撮影したもの。

なので、このバス停を過ぎたら、次はいよいよ目的地「九份老街」。

誰かボタン押して〜〜!と願っても、その気配がなければ自らどうぞ(笑)

お勧めバス停名「舊道」と「九份老街」は同じ場所

先ほど、降りるおすすめのバス停は「九份老街」と書きました。

「九份老街」で下車した方が、急な階段を登らず九份の街散策をスタートできるので、楽だからです。

でも、バス停に設置されてる路線図には、「九份老街」というバス停名ではなく「舊道」と書かれている路線も多いので(2017年1月現在)、そこはご注意くださいね。 ※舊道=旧道

九份 行き方 電車とバス バス路線図1
▲788 基隆客運路線図より抜粋

たとえば、地元客の多い788、825、827の路線図では「舊道」というバス停名(画像)、

F802(市バス)では「舊道車站」、

九份 行き方 電車とバス バス路線図2
▲1062 基隆客運路線図より抜粋

また、観光客の多い1062(MRT忠孝復興駅から行けるバス)の路線図では「九份老街」というバス停名が書かれています。

これら(九份老街、舊道、舊道車站)は、全部同じバス停。完全に統一されてない感じです。

まっ、そうは言っても、788でも、路線図では「舊道」となっているのに、バス車内の電光掲示板は「九份老街」と表示されていたので、あまり心配することではないですけどね。

2017年7月現在、788、825、827系統も、1062に合わせて、バス停名を「舊道」から「九份老街」に変更したようです。変更のないF802は滅多に来ないバスなので、この件は気にしなくて良さそうです。とは言え、様々なバス停に設置されている路線図看板も、完全に差し替えられているとは考えにくいので、一応経緯として残しておこうと思います。

バス・タクシーを下車(九份老街)

九份老街バス停
▲九份老街バス停

さあ、九份に到着しました!

こちら、九份老街バス停です。

九份老街タクシー降り場
▲九份老街タクシー降り場

タクシーで行った時も、同じ場所で降ろしてくれました。

瑞芳駅でタクシーに乗るとき、「九份」としか言わなかったけどね。

でも、近くなったら念のため「セブンイレブン」と言った方が良いみたいです。

バス・タクシーを降りた後の道順や、九份の行き方3種類の料金・所要時間比較は、次の記事「九份の行き方 バス編」で、また、九份から台北までの帰り方については、「九份からの帰り方とバス待ち行列時の対処法」で、台北駅から瑞芳駅まで電車で行く方法は「九份の行き方 電車編 1ページ目」でご紹介しています。

九份観光 – おすすめ写真スポット・撮影時間 編九份おすすめグルメ- 茶藝館・カフェ・レストラン編九份B級グルメ・食べ歩き・安いフード編も是非どうぞ!

スポンサーリンク