台湾旅行で欠かせない私の楽しみの一つが「台湾スイーツ食べ歩き」です。
毎回色々なお店を巡った中から、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などをご紹介していますので、お店選びの参考にして頂けると嬉しいです。

今回は、台北の人気エリア「永康街」にある かき氷店「芒果皇帝」です。
人気メニューという「元創新鮮芒果冰」を食べた感想や値段・お店の外観や店内の雰囲気・注文方法・営業時間・MRT(地下鉄)東門駅からの詳しい行き方等をご紹介します。

スポンサーリンク

芒果皇帝のマンゴーかき氷の感想とお店への行き方

永康街でマンゴーかき氷と言えば、いつもは迷わず 思慕昔(スムージー) に行くのですが、この日は「たまには違うお店」と思って、以前から気になっていた「芒果皇帝」に行ってみる事に。

場所は、小籠包の有名店 鼎泰豐(ディンタイフォン)高記(カオチー)思慕昔 の近くです。(詳しい行き方は、最後にご案内しています)

芒果皇帝の店内の雰囲気と人気メニューの注文

芒果皇帝の外観
▲芒果皇帝の外観

芒果皇帝は人通りの多い賑やかな場所に在り、黄色い看板が目印。

かき氷屋さんには珍しく、メニューのチラシを持ったお姉さんが、店頭で呼び込みをしていました。

芒果皇帝の店内
▲芒果皇帝の店内

店頭のお姉さんにメニューのチラシを貰って店内へ。

この日は ほぼ満席で、比較的狭めのお店は大混雑でした。

客席は、一番奥を左手に進んだ所にも少しあります。

芒果皇帝で人気メニューを注文

芒果皇帝の注文カウンター
▲芒果皇帝の注文カウンター

芒果皇帝では、店内に入ってすぐ左手にあるカウンターで、最初に注文と支払いを済ませます。

店頭で配っていたものと同じ内容のメニューがカウンターにも有りました。

芒果皇帝のメニュー(チラシ)
▲芒果皇帝のメニュー(チラシ)

メニューには写真と番号が付いていますので、注文は指差しで楽々。

「人気商品」と書いてある1番の「元創新鮮芒果冰」を注文しました。

支払いが終わるとレシートが渡され、好きな席に座って待ちます。

芒果皇帝のメニュー(日本語表記)
▲芒果皇帝のメニュー(日本語表記)

ちなみに、芒果皇帝のメニューには日本語が併記されています。

店頭でチラシを受け取って、ジックリ選んでからカウンターへ行く方法もアリですね。

芒果皇帝のレシート
▲芒果皇帝のレシート

支払いが終わると渡されるレシート。

上に大きく書かれた3桁の数字が注文番号です。

芒果皇帝の電光掲示板
▲芒果皇帝の電光掲示板

お店の奥にある電光掲示板に、レシート記載の注文番号が表示されたら、そのスグ下にある受取りカウンターで商品を受け取ります。

これは、思慕昔 と同じシステムですね。

受け取りカウンターのスプーン
▲受け取りカウンターのスプーン

受け取りカウンターの横にスプーンが置いてありますので、お忘れなく。

スポンサーリンク

芒果皇帝の ふわふわマンゴーかき氷「元創新鮮芒果冰」の感想

芒果皇帝の「元創新鮮芒果冰」
▲芒果皇帝の「元創新鮮芒果冰」

注文した「元創新鮮芒果冰」(200NT$)です。

感じ方は人それぞれだと思いますが、私の第一印象は「メニューの写真と違い過ぎない?」

メニューの写真は “山盛り過ぎ” だったので、多少ボリュームダウンする事は予想していましたが、想像を超えていました。。。

元創新鮮芒果冰のフワフワ氷
▲元創新鮮芒果冰のフワフワ氷

氷のフワフワ食感と濃厚なマンゴーソースで味は美味しいけど・・・果肉を味わいたい方には、値段を含めてオススメし難い感じ・・・。

立地も味も良いので、この内容と値段に納得できれば、悪くはないのかも知れません。

芒果皇帝の営業時間

芒果皇帝の営業時間は、10時から23時 です。

スポンサーリンク

芒果皇帝への行き方 MRT「東門」駅から

MRT(地下鉄)東門駅から芒果皇帝への行き方を写真で詳しくご紹介します。

MRT東門駅の出口5を出たら直進
▲MRT東門駅の出口5を出たら直進

MRT東門駅の改札を出たら「出口5」から地上へ。

外に出たら、そのまま直進します。

交差点を渡らずに右折
▲交差点を渡らずに右折

少し歩くと信号のある交差点に出ます。

この交差点を 渡らずに 右折します。

右折後少し直進
▲右折後少し直進

右折したら、少し直進です。

ここは、ご覧のとおり道幅が狭い割りに交通量が多いので、歩行にはご注意を。

右手上方に芒果皇帝の看板
▲右手上方に芒果皇帝の看板

間もなく右手上方(写真の赤枠部分)に、芒果皇帝の黄色い看板が見えます。

芒果皇帝に到着
▲芒果皇帝に到着

芒果皇帝に到着。

東門駅の「出口5」から2分位(約120m)で着きました。

スポンサーリンク