台湾旅行で大きな楽しみのひとつ「台湾グルメ」の中で、特に人気が高くて有名なのは小籠包かも知れません。
私は毎回、お気に入りや人気店・有名店・新店舗などで小籠包を食べ歩く事を楽しみにしていて情報も随分溜まりましたので、その中からオススメのお店を本音でご紹介させて頂いています。

今回は、台北にある「明月湯包」(ミンユエタンパオ)をご紹介します。
明月湯包は、人気の小籠包や餃子は勿論 “何を食べても絶品” の私の大好きなお店。
駅から少し距離はありますが、台北に行けば必ず美味しさを求めて訪問します。

内容は、明月湯包(支店)の店内の様子、小籠包・餃子など人気メニューと私のオススメ料理の感想や値段、MRT「信義安和駅」駅からの詳しい行き方(本店と支店両方)のご案内などです。

スポンサーリンク

明月湯包(台北)の小籠包など絶品メニュー を食べた感想・店内の雰囲気・行き方(場所)など

明月湯包(支店)の店内の様子と注文方法

明月湯包(支店)の外観
▲明月湯包(支店)の外観

明月湯包の支店は、赤と黒が基調のオシャレな店構え。

いかにも「美味しいものが食べられる」雰囲気が出ています。

明月湯包(支店)の店内
▲明月湯包(支店)の店内

店内もオシャレな赤と黒のインテリア。

スタイリッシュな中に温かみのある、居心地の良い雰囲気です。

明月湯包の厨房
▲明月湯包の厨房

お店の奥へ行くと、厨房で職人さん達が作業している様子を見る事が出来ます。

この時は、人気メニュー「鍋貼」(焼き餃子)の仕込み中でした。

明月湯包の注文票
▲明月湯包の注文票

明月湯包は、好きなメニューの個数を注文票に記載して、店員さんに渡す注文スタイルです。

注文票に日本語表記は有りません。

明月湯包のメニュー
▲明月湯包のメニュー

でもメニューには、日本語表記に合わせて料理の簡単な説明も記載されているので、注文に困る事はありません。

メニュー名の日本語訳だけじゃなく、説明まで書かれているのは珍しいし親切ですね。

明月湯包の接客
▲明月湯包の接客

注文が終われると、お茶と 小籠包を注文すれば生姜も運ばれて来ますので、自分でする準備は調味料を注ぐ事くらいです。(調味料は各テーブルに有ります)

店員さんは皆さん感じが良く、気持ちよく食事を楽しむ事ができます。

スポンサーリンク

明月湯包の人気メニュー 小籠包・餃子と私のオススメ

明月湯包の人気メニューは、店名がそのまま料理名の「明月湯包」(小籠包)です。
殆どのお客さんのテーブルに乗っていて、私も毎回注文します。

明月湯包の小籠包「明月湯包」
▲明月湯包の「明月湯包」

明月湯包の人気メニュー「明月湯包」(130NT$)が運ばれて来ました。

名物の絶品小籠包は、皮が若干厚めなので、具は透けて見えません。

明月湯包の小籠包「明月湯包」(中身)
▲明月湯包の「明月湯包」(中身)

明月湯包は、具もスープも味わい深くて、でも全然しつこくない満足度の高い味で、私の中では最高レベルの小籠包。

しかも、このリーズナブルな値段が信じられません。

明月湯包の鍋貼(焼き餃子)
▲明月湯包の鍋貼(焼き餃子)

「明月湯包」(小籠包)程ではありませんが、鍋貼(焼き餃子)130NT$ も注文している方を頻繁に見かける人気メニュー(多分)。

羽根付き焼き餃子の、この絶妙な焼き具合が最高で、ボリュームもタップリです。

明月湯包の鍋貼(焼き餃子)中身
▲明月湯包の鍋貼(中身)

明月湯包の鍋貼は、肉がとにかくフンワリで、旨みがシッカリ有りながら脂っぽさやしつこさが無い軽い食感。

10個が見るみる皿から消えてしまう程の絶品で、超オススメです。

私が台湾で食べる中で、一番好きな鍋貼だったりします。

明月湯包でオススメのメニュー

人気メニューであるかどうかは不明ですが、明月湯包で私が頻繁に注文する大好きな料理をご紹介します。

明月湯包の葱油餅
▲明月湯包の葱油餅

まずは、この葱油餅。

屋台でもお馴染みのメニューですが、明月湯包の「葱油餅」(50NT$)は一味違います。

大判のパンケーキ位のサイズなのに、値段は “屋台並み” です。

明月湯包の葱油餅(断面)
▲明月湯包の葱油餅(断面)

表面がサックリで脂っぽさが少ないので、最後までサッパリ美味しく頂けます。

このレベルのメニューが この値段というのは、本当に信じられません。

明月湯包の清燉牛肉湯(牛肉スープ)麺あり
▲清燉牛肉湯(牛肉スープ)麺あり

明月湯包で麺類を食べている日本人の方は見た事がありませんが、度々地元っぽい方が食べているのが気になって、ある時この「清燉牛肉湯」(牛肉スープ)150NT$ を注文してみたら最高でした。

清燉牛肉湯には「麺なし」と「麺あり」が選べるので、私はいつも「麺あり」を、麺は「にゅう麺」と「春雨」が選べるので「にゅう麺」を選択します。

明月湯包の清燉牛肉湯(牛肉スープ)
▲明月湯包の清燉牛肉湯(牛肉スープ)

牛肉スープと麺は別々の器で提供され、4枚入っている牛肉はシッカリ食感で味が濃くて美味。

何より牛肉スープは、澄んだ色からは想像出来ないくらい肉の旨みが凝縮された濃厚な味で「激ウマ」レベルです。

麺の方はモチモチで、牛肉スープとは違ったアッサリ味で美味しいので、お腹に余裕がある方は「麺あり」がオススメ!

明月湯包の営業時間と定休日

明月湯包の営業時間は、昼が11時から14時で、夜が17時から20時30分です。

昼と夜の間に、お店を閉める時間帯が有り、夜は遅くまで営業していないので、ご注意ください。

本店のみ月曜日が定休日ですが、支店は旧正月以外年中無休です。
(下記「行き方」でご案内の通り、本店と支店は徒歩1分位の距離です)

スポンサーリンク

明月湯包への行き方
MRT(地下鉄)「信義安和」駅から徒歩

MRT(地下鉄)「信義安和」駅から明月湯包 支店・本店への行き方を、写真で詳しくご案内します。

MRT(地下鉄)「信義安和」駅から明月湯包の支店への行き方

MRT「信義安和」駅出口4
▲MRT「信義安和」駅出口4

MRT「信義安和」駅の改札を通り「出口4」から外へ出たら、方向転換する様に写真の赤矢印方向へ進みます。

出口4には階段しか無いので、エスカレーターを利用される方は「出口3」から地上へ。
出口3と出口4は向かい合っているので、地上へ出たら目の前が写真の風景です。

次の横断歩道を渡って右へ
▲次の横断歩道を渡って右へ

次の横断歩道を渡ってから右(写真の赤矢印方向)へ曲がります。

正面に台北101が見えます。

約250m直進
▲約250m直進

横断歩道を渡って右へ曲がったら、しばらく直進します。

緑色のドリンク店を更に直進
▲緑色のドリンク店を更に直進

特徴的な緑色の看板が鮮やかな、ドリンク店の前を通過して更に直進。

余談ですが、ここを左に曲がると、宜蘭産のネギがタップリ入った小籠包が有名な 正好鮮肉小籠包 があります。

左手に臨江街夜市の看板
▲左手に臨江街夜市の看板

もう少し進むと、左手に「臨江街夜市」の看板が。
夕方になると、ここから奥に向かって屋台が並んで賑やかになります。

交差点を渡って右折してから、ここまで約300m歩きました。

進行方向は、写真の左から右です。

商店街が続きます
▲商店街が続きます

まだまだ先へと進みます。

臨江街夜市の看板を過ぎても、しばらく賑やかな商店が続きます。

交差点を左折
▲交差点を左折

臨江街夜市の看板を過ぎてから約250m進むと、交差点があります。

この交差点の横断歩道を渡ってから左に曲がります。

もう少し直進
▲もう少し直進

ここまで来れば、もう少し。

交差点から約200m直進します。

明月湯包に到着
▲明月湯包に到着

明月湯包の支店に到着です。

MRT信義安和駅の「出口4」から12分位(約900m)で着きました。

私はいつも歩きますが、チョット遠いので「タクシー利用」もアリかも知れません。

明月湯包の支店から本店への行き方

明月湯包(支店)の前を通過
▲明月湯包(支店)の前を通過

「信義安和駅から明月湯包の支店への行き方」の続きでご案内します。

明月湯包(支店)の前を通過すると、すぐ大きな道路に出ますので、ココを右に曲がります。

本店は、大きな通りを右折してスグ
▲本店は、大きな通りを右折してスグ

右に曲がれば、明月湯包の赤い看板が見えて来ます。

この日は定休日だったので、シャッターが下りていますが・・・。

明月湯包の本店に到着
▲明月湯包の本店に到着

明月湯包の本店に到着です。

支店から1分位(約70m)で着きました。

上記「定休日と営業時間」にも記載しましたが、本店は月曜日が定休日です。(支店は旧正月以外無休)

スポンサーリンク