コココーブ(ハワイ)
ワイキキ中心部で安くて美味しいポケ(ポキ)丼
オススメのポケ(ポキ)丼・買い方・営業時間など

コココーブはワイキキ中心部、カラカウア通り沿いにある「ポキ(ポケ)が美味しい」と評判のコンビニエンスストア。

私もよく食べるので、今回はコココーブのポキ(ポケ)のオススメと買い方・場所・営業時間などをご紹介します。

最新調査日:2017年10月

スポンサーリンク

コココーブ(ハワイ)の場所と営業時間

コココーブの外観
▲コココーブの外観

コココーブは、ロイヤルハワイアンセンターにある「アップルストア」のカラカウア通りを挟んだ向かい側にありますので、ワイキキの「ど真ん中」という最高の立地です。

詳しい場所を地図でご覧になりたい方は、別ページ ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食3/3 に掲載しているオリジナル地図の「17番」がコココーブです。

コココーブの営業時間

営業時間とポケの提供時間は異なります
▲営業時間とポケの提供時間は異なります

コココーブの営業時間は、以下のとおりです。

営業時間
日〜土曜日:6時30分から23時30分

※ポケの提供時間は 9時から20時 です

コココーブのポケ(ポキ)丼とポケ(単品を量り売り)の注文方法

ご存知の方も多いと思いますが、フードランド のポケ(ポキ)は美味しいと評判で大人気です。

そして今回ご紹介している「コココーブ」は、フードランドは同じグループの会社なので、ポケが美味しいという訳です。

ポケ(ポキ)丼の注文方法

コココーブのショーケース
▲コココーブのショーケース

ドアの無い開放的な入口から入ると、すぐ左手にポケの売り場が。
大きなポケの写真が貼ってありますので、間違う事はありません。

行列が出来ている事が多いのですが、列に並べば順番に店員さんが注文を取ってくれます。

コココーブのポケ丼は2タイプから選択
▲コココーブのポケ丼は2タイプから選択

コココーブのポケ丼は「ポケ1種類」7.99ドルと「ポケ2種類」11.99ドル(共に2017年10月現在)の2タイプから選択可能なので、最初にどちらにするのかを店員さんに告げます。

「1種類」の方はポケが3分の1ポンド(約150g)、「2種類」の方はポケが3分の2ポンド(約300g)入り、ご飯は玄米か白米が選べます。

コココーブのアヒポケ
▲コココーブのアヒポケ

次にポケを選びます。

冷蔵ケースの中にポケがズラリと並んでいて、左側がアヒ(マグロ)ポケで右に進むとタコやホタテのポケが登場。

アヒポケは、基本の「アヒ ショウユ」と「スパイシーアヒ」の他にも色々な味付けがあって、気になるものが有れば試食もOKです。

ポケのプライスカード
▲ポケのプライスカード

ポケを選ぶ際に、一つだけ注意点があります。

商品の前には1ポンド(約453g)あたりの値段が書かれたプライスカードがあって、ポケ丼で選べるのは「14.99ドル以下」の商品です。

とは言え、味付けに高級食材を使ったものやフレッシュ(一度も冷凍していない)食材以外、殆どの商品が選べます。

きざみ海苔のボトル
▲きざみ海苔のボトル

ポケを選び終わると、最後に「海苔は、かけますか?」という質問が。

私は毎回「イエス!」と答え、ご飯とポキの間に刻みのりを振りかけてもらいます。

これでポキ丼の注文は終了です。

カウンターでポケ丼を受け取り
▲カウンターでポケ丼を受け取り

フタをして手渡され、近くに醤油とワサビも用意されています。

会計を店内中ほどにあるレジで済ませ、割り箸を受け取ったら全て完了!

写真は「ポケ1種類」です。

スポンサーリンク

ポケ(単品を量り売り)の注文方法

ポケを単品で おつまみ や おかず にしたい場合やご飯を用意できる方は、量り売りで購入する事もできます。

コココーブのポケ量り売り
▲コココーブのポケ量り売り

購入する量によって容器が3種類用意されています。

手前から、0,5ポンド(約225g)・1ポンド(約450g)・2ポンド(約900g)で、容器だけ指定すれば、それに近い量を入れてくれます。(量の指定も可能)

日本と同様に指定した量より前後しますが、量り売りなので単価同じです。

レジで会計
▲レジで会計

ポケ丼と同じく、会計は お店のチョット奥にあるレジで済ませます。

ちなみに私は、ご飯が炊ける環境にある時は「量り売り」で買う事が多いです。

コココーブのおにぎり
▲コココーブのおにぎり

余談ですが、コココーブのポケ売り場には、チョット変わったスタイルのおにぎりや稲荷寿司もあります。

結構種類が豊富で、具材も「純和風」なものが多いのでオススメです。

コココーブのポケ(ポキ)のオススメ

コココーブのポケ(ポキ)のオススメを3種類ご紹介します。

コココーブのショウユアヒポケ
▲コココーブのショウユ アヒポケ

まずは定番中の定番「ショウユ アヒポケ」です。

適度な濃さの絶妙な醤油味の新鮮アヒは、食感も良くて “間違いない” 美味しさ。

アヒポケは甘過ぎたり しょっぱ過ぎたり油っぽかったりする事がありますが、コココーブやフードランドのポケは「丁度良い」抜群の安定感だと感じます。

コココーブのスパイシーアヒポケ
▲コココーブのスパイシー アヒポケ

こちらも定番の「スパイシー アヒポケ」は、スパイシーと言ってもマイルドなので辛い味が苦手な方にもオススメ。

クリーミーなソースが新鮮なアヒに絡んだ食感が最高で、私がコココーブのポケで一番好きな味だったりします。

コココーブのポケ丼(ポケボウル)アヒオイスターポケ
▲コココーブのポケ丼(アヒオイスターポケ)

最後にチョット変わり種「アヒ ショウユ オイスターソース」をご紹介。

醤油ベースで少しオイスターの風味を感じる美味しい味付けで、もちろん新鮮なアヒは食感も良いので、牡蠣の風味が好きな方にはオススメです。

コココーブのポケ丼のサイズ
▲コココーブのポケ丼のサイズ

そう言えば、ポケボウルのサイズをご紹介していませんでしたね。

ボウルの直径はCDくらいと小振りですが、ポケもゴハンもギッシリ入っていて写真のとおり深さがあるので、いつもコレ一つで満腹です。

このボリュームと味で約8ドルは、かなりお得だと思います。

コココーブのポケ丼のラベル
▲コココーブのポケ丼のラベル

ポケ売場のカウンターで、容器の裏側に写真のラベルを貼ってくれます。

以前、「ラベルが間違っている」と店員さんに申し出ているお客さんを見た事がありますので、ポケ丼を受け取ったら念の為確認するのがオススメです。

余談ですが、ラベルに書いてある「フードパントリー」もフードランド同様グループ会社です。

以上、コココーブのポケ(ポキ)のオススメと注文方法・場所・営業時間のご紹介でした。

コココーブには食べる場所が無いのが悩みですが、ワイキキの中心部でリーズナブルで美味しいポケ(ポキ)が手軽に買えるオススメのお店です。

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ