ハイウェイ イン|ワイキキに近い絶品ハワイアンフード オススメのメニューや店内の雰囲気、ワイキキからの行き方など

ハイウェイイン(Highway Inn)は、ワイキキやアラモアナに近い最近注目のエリア「カカアコ」のソルト(SALT)にあるロコにも人気のハワイアンフードのレストラン。

今回は、ロコモコやパンケーキからハワイ伝統料理まで揃うハイウェイインの豊富なメニューの中から、私のオススメや店内の様子・営業時間・ワイキキからの行き方(バス及びトロリー)などをご紹介します。

最新調査日:2017年10月

スポンサーリンク

ハイウェイ インの店内の雰囲気・メニュー・営業時間など

ハイウェイ インの外観
▲ハイウェイ インの外観

ハイウェイ インはロコに人気のハワイアンフードのお店なので、地元のお客さんに交じって手軽にハワイのローカルフードを味わう事ができます。

本格的なハワイの伝統食から、ロコモコ等 “お馴染み” のニューまで豊富に揃っているので、多くの方が楽しめます。

レストランを利用する場合は、バス通り側の正面入口から入ります。

ハイウェイ インの店内
▲ハイウェイ インの店内

木を多用したカジュアルな店内は、ハワイを感じる広くて居心地の良い空間。

私は、他店では見かけないほど重厚感のある木製のイスに座る事で「ハイウェイインに来たなぁ」と実感しています。

ハイウェイ インのカウンター席
▲ハイウェイ インのカウンター席

カウンター席には、いつも地元のお客さんらしき方々が座っていて、店員さんと楽しく話しながら食事をしています。

ちなみに「若輩者の私には敷居が高過ぎる」と感じて、この席を利用した事は一度もありません。。。

ハイウェイ インのウェイティングリスト
▲ハイウェイ インのウェイティングリスト

ハイウェイ インはランチタイムや週末になると非常に混みますので、可能であれば少し時間をズラして行くのがオススメです。

入口付近に待ってるお客さんが居たら、写真のウェイティングリストに人数と名前を記入して付近で待ちます。

ハイウェイ インの入口(テイクアウト用)
▲ハイウェイ インの入口(テイクアウト用)

ハイウェイ インには、バス通りに面した正面入口の反対側に、テイクアウト用の入口があります。

店内で繋がっているのでレストランにも入れますが、受付が正面にしか無いのでレストランを利用する場合は正面から入るのがオススメです。

ハイウェイ インのテイクアウト用カウンター
▲ハイウェイ インのテイクアウト用カウンター

テイクアウト用の入口から入ると、目の前に注文カウンターがあります。

プレートランチやポケ(ポキ)・デザート等を買う事ができます。

ハイウェイ インのテイクアウト用カウンター前のイートインスペース
▲テイクアウト用カウンター前のテーブル

レジカウンターの前には広いテーブルが用意されています。

時間の無い時に、テイクアウトのカウンターで注文してサクッと食べられのもイイですね。

ハイウェイ インの営業時間

ハイウェイ インの営業時間は、以下のとおりです。

ハイウェイ インの営業時間
▲ハイウェイ インの営業時間

月ー木曜日:8時30分から20時30分
金・土曜日:8時30分から21時
日曜日:9時から14時30分

※定休日は、ありません

ハイウェイ インのおすすめメニュー

ハイウェイ インで私がオススメするメニューを「ブレックファスト」「私の定番」「ハワイアン料理」の3種類に分けてご紹介します。

ハイウェイ インのメニュー

ハイウェイ インのメニュー
▲ハイウェイ インのメニュー

ハイウェイインのメニューには料理名の欄に日本語表記はありませんが、写真が多くて見やすく綺麗なものです。

種類毎に明確に分けられた構成で、食べたい料理を探すのに苦労する事はありません。

ハイウェイ インのメニュー(日本語解説)
▲ハイウェイ インのメニュー(日本語解説)

メニューに日本語表記はありませんが、ハワイ料理を写真で紹介した日本語の説明があります。

この説明を見ながらアラカルトで注文する事も出来ますし、伝統料理のセットメニューを注文して解説を見ながら味わうのも楽しいかも知れません。

ハイウェイ インのブレックファストメニューのオススメ

ブレックファストメニューは、月〜金曜日の11時まで・土曜日の12時まで・日曜日の閉店(14時30分)までの時間帯に注文可能です。

ロコモコ等はディナータイムでも注文出来ますが、パンケーキ・ワッフル・フレンチトースト等は朝食限定なので、この時間のみの提供です。

ハイウェイ インのポイパンケーキ
▲ハイウェイ インのポイパンケーキ

ハイウェイ インのブレックファストメニューのオススメは、この時間帯限定の「ポイパンケーキ ウィズ マカダミアナッツ」です。

1枚から3枚までボリュームが選べるのも嬉しいところです。

写真は2枚(7.65ドル:2017年10月時点)です。

ハイウェイ インのポイパンケーキ(断面)
▲ハイウェイ インのポイパンケーキ(断面)

ポイパンケーキは大判で、ご覧の通りの厚さがあるので1人で食べるなら一枚で充分かも。

ポイ(タロイモ)が練り込まれているので、パンケーキでは味わった事がない位の “モッチリ食感” が最高に美味です。

ハイウェイ インのロコモコ
▲ハイウェイ インのロコモコ

ロコモコ(レギュラー)12.95ドル(2017年10月時点)です。ライスは白米と玄米から選べます。

食感シッカリの大きなハンバーグが2個入ってボリューム満点で、適度に濃厚なグレービーソースもイイ感じです。

この仕上がりで この値段は、お得感があると思います。

ロコモコにセットのポテトマカロニサラダ
▲ロコモコにセットのポテトマカロニサラダ

ロコモコにセットで付いて来る「ポテトマカロニサラダ」もマイルドな味付けと丁度良い量で、最高の付け合わせです。

ロコモコはブレックファスト以外の時間帯にも同じ金額で注文でき、ミニサイズ(8.95ドル)もあります。

ハイウェイ インの定番メニューのオススメ

ここでは「私の中での定番」として、ハイウェイインに行くと高頻度で注文するオススメのメニューをご紹介します。

ハイウェイ インのビーフシチュー
▲ハイウェイ インのビーフシチュー

ビーフシチュー(レギュラー)6.95ドル(2017年10月時点)は、ほぼ毎回注文するメニューです。

酸味がマイルドなトマト風味で、じゃがいもやトロトロの肉が沢山入ってボリュームたっぷりで最高!

サイズは他に、スモールとオハナ(ファミリー)があります。

ハイウェイ インのキムチフライドライス
▲ハイウェイ インのキムチフライドライス

キムチフライドライス(ミニサイズ)7.50ドル(2016年9月時点)も少し前まで高頻度で注文していました。

辛い味付けをしたゴハンに、キムチが刻まない状態でドンと乗ってくる斬新なスタイル。
ライスはシットリ系で、塩味を控えながら味に深みがあって美味しく、唇がヒリヒリする位の辛さなので “ピリ辛” 位がお好みの方に特にオススメです。

ハイウェイ イン フライドライス(サイド)
▲ハイウェイ イン フライドライス(サイド)

ハイウェイイン フライドライスは、レギュラー・ミニ・サイドの3種類からサイズを選ぶ事が出来、私は「チョイ足し」で写真のサイド(1ラージ スクープ)2.95ドル(2017年10月時点)をよく注文します。

シットリ系のチャーハンは、油っぽさが無くて塩加減が優しく、具もタップリでオススメです。

ハイウェイ インのハワイアンフードのオススメ

ハイウェイ インのハワイ伝統料理
▲ハイウェイ インのハワイ伝統料理

ハイウェイ インはハワイアン料理のお店なので、美味しいハワイアンフードが充実しています。

私はアラカルトで少しずつ多くの種類を注文するのが好きなので、ハワイ伝統料理の単品からオススメのメニューをご紹介いたします。

数種類の伝統料理がワンプレートになっているセットメニューもあります。

ハイウェイ インのピピカウラ(レギュラー)
▲ハイウェイ インのピピカウラ(レギュラー)

最初にご紹介するのはピピカウラです。写真はレギュラーサイズ 6.95ドル(2017年10月時点)で、ダブルサイズ(12.95ドル)もあります。

ピピカウラは、牛の干し肉です。凝縮された肉の味とシッカリとした食感が特徴で、お店によって異なる味や形状を楽しむ為に私はハワイアンレストランに行くと必ず注文するメニューです。

ハイウェイインのピピカウラは小さなサイコロ状。食感も旨味もシッカリで美味しく、少し強めの塩味でゴハンが進みます。

肉の味が強めな部分が有るので苦手な方もいらっしゃるかも知れませんが、私は「そこが美味しさのポイント」だったりします。

ハイウェイ インのブラウンライス(レギュラーサイズ)
▲ハイウェイ インのブラウンライス(レギュラー)

アラカルトにはライスが付いて来ませんので、私は写真のブラウンライス(レギュラー)1.75ドル(2017年10月時点)を注文しています。

ハワイで玄米を注文すると固めの炊き上がりが多い気がします。ハイウェイインのブラウンライスも結構固めなので、圧力鍋で炊いた様なモチモチ食感がお好みの方は避けた方が良いかも知れません。

ハイウェイ インのカルアピッグ
▲ハイウェイ インのカルアピッグ

次にご紹介するカルアピッグ 6.65ドル(2017年10月時点)は、豚肉を蒸し焼きにしたシンプルな料理。(カルアポークとも言います)ファーマーズマーケット 等でも見かけるので、ご存知の方も多いかも知れません。

ハイウェイ インのカルアピッグは、油っぽさが少なくて肉の旨味がよく出た絶品です。

ハイウェイ インのカルアピッグ(側面)
▲ハイウェイ インのカルアピッグ(側面)

美味しさに加えて塩味が少し強めなので、ゴハンがどんどん進んで毎回ライスの追加注文は必至。

この値段にして、結構深めの中型ドンブリにタップリ入ってくるので、お得感もあります。

カルアピッグをキャベツと合わせ、ライスとポテトマカロニサラダが付いたプレートランチもあります。

ハイウェイ インのスモークドミート
▲ハイウェイ インのスモークドミート

スモークドミート 4.65ドル(2017年10月時点)もよく注文します。

香ばしいスモークの香りを感じる 少し甘めに味付けされた肉は、シッカリ旨みが感じられる深い味わいです。

ご飯のおかずとしても、ビールのおつまみにも最高!

ハイウェイ インのライス(レギュラーサイズ)
▲ハイウェイ インのライス(レギュラー)

美味しくて味が濃い目の料理を食べると、当然ゴハンが進みますので、アラカルトで注文した時は毎回途中で追加。

いつもは上記の玄米ですが、時々白米も注文します。(値段は玄米と同じです)

玄米は水分が少ない感じですが、白米の方は日本で食べるものと同じ感じの炊き上がりです。

ハイウェイ インのチキンロングライス
▲ハイウェイ インのチキンロングライス

チキンロングライス 5.65ドル(2017年10月時点)もハワイグルメの定番です。

たっぷり入った薄味のチキンとマイルドだけどしっかりチキンのダシが効いたスープが、ツルッとした食感の春雨によく合います。

塩味強めのメニューが多い中、優しい味の料理が食べたい方にもオススメで、ご飯に乗せて食べる方もよく見かけます。

ハイウェイ インのハウピア
▲ハイウェイ インのハウピア

ハウピア 1.5ドル(2017年10月時点)は、ココナッツミルクを固めたシンプルなメニューで、ハワイローカルスイーツの定番です。

ハイウェイ インのハウピアは、ココナッツの味がシッカリで甘さ控えめ、弾力が強過ぎない和菓子の様な滑らかな食感が他店とはチョット違うので、私のシメは必ずコレ!(パンケーキの後でも食べます)

ハイウェイ インのチップは独特のシステム

ハワイのレストランで慣習の「チップの支払い」に関しハイウェイ インは、導入当時地元の新聞も取り上げたほど独特なシステムを取り入れています。

内容は「キッチンスタッフのサービス料として5%を先に引かせてもらいます」という単純なものですが、知らないと後で嫌な思いをする可能性もありますので、簡単にご紹介いたします。

ハイウェイ インのレシート(5%加算)
▲ハイウェイ インのレシート(5%加算)

食事が終わり、サーバーに会計を依頼して手渡されたレシートに「キッチンサービスチャージ」という聞きなれない項目があり、5%が加算されています。

通常サーバーのサービスに対して支払うチップが「5%以下」という事はないので、この金額に上乗せするかたちでチップの支払いをする事になります。

ハイウェイ インのレシート(キッチンサービス)
▲ハイウェイ インのレシート(キッチンサービス)

レシートの一番下に「キッチンサービスチャージ」に関する説明が。

レシートに記載されているチップの目安が、他店では見かけないほど低い「10%から」になっているのは、その為と思われます。

後でレシートを見て気付くと あまり気分が良くないかも知れないので、書かせて頂きました。

ハイウェイ インの行き方(ワイキキからバス及びトロリー利用)

ワイキキからザ バスでハイウェイ インへ

ハイウェイ インの行き方 バス番号
▲ハイウェイ インの行き方 バス番号

ワイキキから ザバス でハイウェイ インへ行く場合、クヒオ通りのアラモアナセンター方面へ向かう車線にあるバス停(山側バス停)から「19番・20番・42番」の何れかに乗車します。

アラモアナセンターの海側バス停 から乗車する場合は、上記のバスに加えて「55・56・57・57A・65・88A」の何れかに乗車します。

ワイキキから、本数の多い「8番」バスに乗って「アラモアナセンター海側バス停」で乗り換えるのもオススメです。

ハイウェイ インの行き方 降車目印(バス車内から撮影)
▲ハイウェイ インの行き方 降車目印(バスから撮影)

アラモアナセンター海側を出てワードヴィレッジを過ぎ、右手に写真の事務用品店「Office Max」が見えたら次の停留所で降りますので、降車サインを。

この辺りはバス停の間隔が狭いので、間もなく到着です。

ハイウェイ インの行き方 降車バス停
▲ハイウェイ インの行き方 降車バス停

バスを降りると目の前にハイウェイインがありますので、停車の直前に確認出来ます。

アラモアナセンター海側 の次から数えて6個目のバス停です。

ワイキキからトロリーでハイウェイ インへ

ハイウェイインへは、次の各トロリーで行く事が可能です。
停留所の場所は全て同じですが、各社で呼び名が異なります。

ハイウェイ インの行き方(トロリー)
▲ハイウェイ インの行き方(トロリー)

  • HISレアレアトロリー
    「ダウンタウンライン」
    ソルト・アット・カカアコ停留所
  • JTBオリオリウォーカー/トロリー
    「ワード/ダウンタウンルート」
    カカアコ停留所
  • JALレインボースカイ/トロリー
    「ダウンタウンルート」
    ソルト・アット・カカアコ停留所
  • ワイキキトロリー
    「レッドライン」
    ソルト(カカアコ)停留所

上記トロリーは、都度払い制度は無く、専用チケットが必要です。

トロリーのカカアコ ソルト前停留所
▲トロリーのカカアコ ソルト前停留所

カカアコ ソルト前のトロリー停留所は、出来て間もないせいか(2017年10月現在)他のトロリー乗り場の様な固定された看板は無く、立て看板が置かれていました。

コレの方が分かりやすいとは思いますが、いつもの感じで歩道の標識を探しても見つかりませんので、乗車の際はご注意ください。

トロリーを降りたら進行方向に直進
▲トロリーを降りたら進行方向に直進

トロリーを降りたら、進行方向に直進します。

この右手一帯が複合商業施設「ソルト」(SALT)です。

アルボカフェの前を通過
▲アルボカフェの前を通過

少し歩くと右手に、オシャレな店舗と可愛いメニューで人気の「アーヴォ カフェ」(ARVO Cafe)が見えて来ます。

目の前は、シェア自転車 biki のスタンドです。

もう少し直進します。

モーニングブリューの角を右折
▲モーニングブリューの角を右折

更に進むと、メニューが豊富で広くて開放的な店内が快適なカフェ「モーニングブリュー」が右手に。

モーニングブリューの角を右折して少し進むと、右手にハイウェイインのテイクアウトの入口(上記)が見えて来て到着です。(トロリー停留所から約200m)

レストランを利用される場合は、正面入口に回った方がスムーズだと思います。

以上、ハイウェイ インでオススメのメニュー・店内の様子・バスやトロリーでの行き方等のご紹介でした。

伝統的なハワイアンフードが食べられるお店は、聞いた事が無いメニューが多くて少し敷居が高い印象がありますが、ハイウェイ インはロコモコやポケ(ポキ)等の食べやすいメニューも豊富なので安心です。

また、ハイウェイ インが入っている「ソルト」(SALT)は最近注目のエリアで、新しいショップやレストランが続々オープンしていますので、行く度に新しい発見があって食事の前後も楽しめます。
トロリーで行かれる場合はダウンタウンの後に通りますので、観光の帰りの食事に寄ってみるのも楽しいかも知れません。

スポンサーリンク

ハワイのカーシェアシェアリング「Hui」を現地調査!レンタカーの新たな選択肢


ハレクラニ・サンデーブランチ(オーキッズ)


ロングスドラッグス ワイキキ店|私のおすすめとお土産・場所・営業時間


ワイキキのスーパー フードパントリー ワイキキクヒオ店のお土産と私がよく買うオススメ・行き方・営業時間


ハワイのウォルマート(アラモアナ)|私のオススメとお土産・行き方・営業時間など


アランチーノ ディマーレ|おすすめメニュー・朝食・ランチ・ウニパスタ・ハッピーアワー・予約方法(ハワイ ワイキキ)


カカアコキッチンでオススメのメニューや店内の雰囲気・場所(行き方)


モーニングブリュー カカアコ店|開放的で居心地最高なカフェのオススメメニューと行き方


カカアコのおすすめMAP・行き方(ソルト・ウォールアート編)


クックストリートダイナー|ハワイローカルに愛されるプレートランチ店(行き方詳細付)


ハンクス オートドッグ|カカアコ ソルトの名物ホットドッグ店でオススメのハワイアンドッグと行き方


モーニンググラス カカアコ|マノアにある人気店のコーヒーをカカアコで(行き方詳細付)


スクラッチキッチン&ミータリー|ワードビレッジ(カカアコ)のオシャレなレストランで食べた絶品メニューと行き方


パイナカフェ|ポケボウルとアサイーボウルが美味しいワードビレッジ(カカアコ)のお店(行き方あり)


ホノルルファーマーズマーケットをレポート。開催日や開催時間も


ホノルルファーマーズマーケットの場所・バスでの行き方・駐車場


カカアコ ファーマーズマーケット(土曜日午前中開催)をレポート(移転後)


ザ・バスでハワイ観光!バスの乗り方・ワンデーパス(1-Day Pass)・注意点


ザ・バスでハワイ観光!路線バスで美味しいグルメ巡り・よく使うバス路線・ワイキキ・アラモアナバス停ほか


ハレクラニで朝食&ディナー - オーキッズの料金・予約・服装など


ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食1/3


ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食2/3


ワイキキおすすめレストラン&食事 人気グルメと旨くて安いローカル食3/3


ワイキキのおすすめ朝食&MAP!


ハワイのハッピーアワー特集!1/3


インターナショナルマーケットプレイスのフードコート。ザ・ストリートで朝食・お食事・ハッピーアワー!


ロイヤルハワイアンセンター フードコート|厳選3店のおすすめメニュー


アイランドヴィンテージコーヒー・ハワイの美味しいメニュー!アサイーボウル・朝食・ランチ・アヒポキ丼・お土産


ルースズクリス ワイキキのプライムタイム・ディナー・ハッピーアワー。メニュー・ 値段・予約方法ほか


ウルフギャング ハワイ | お勧めメニューと値段・予約は?服装 ランチ 場所 ハッピーアワー


ウルフギャング ハワイのハッピーアワー | メニュー9種類と価格・注意点


ハイズステーキハウス ワイキキのステーキディナー & ハッピーアワー!メニュー・服装・予約・ハッピーアワー・トマホークも!


インターナショナルマーケットプレイスのレストラン店舗情報!1/2


ストリップステーキ - インターナショナルマーケットプレイスのステーキレストラン


イーティングハウス1849 ワイキキ インターナショナルマーケットプレイス。ワイキキ中心地の心地良いレストラン。


ロイヤルハワイアン・サーフラナイの朝食レポ!料金・ビュッフェ・席ほか


ザ・リーフ バー&マーケットグリルに行ってみた!アウトリガーリーフのオーシャンフロントレストラン


エッグスンシングスのオススメとワイキキ・アラモアナ・本店の待ち時間など


カフェカイラのおすすめメニュー・待ち時間・営業時間など


レナーズのマラサダ全種類の感想・おすすめメニュー・行き方・営業時間


ヘンリーズプレイス|高橋果実店の絶品アイスクリームとサンドイッチ


サムズキッチン|ワイキキ中心部で安くて美味しいプレートランチ


ステーキシャック|ワイキキビーチの安い&美味しいステーキプレート


セブンイレブン(ハワイ)のオススメ|ワイキキの安い&美味いハワイグルメ


テディーズビガーバーガー|ワイキキの安くて美味しいハンバーガー店


コココーブ|ワイキキ中心部で安くて美味しいポケ(ポキ)丼


ABCストア38号店(ワイキキビーチウォーク近く)はデリ充実の大型店


ポケバー|ワイキキビーチウォークのポケ(ポキ)専門店


サイゴンズ サラダカフェ|ヘルシーで安くて美味しいベトナム料理店


トロピカルトライブのアサイーボウルは、本場ブラジルの味


ワイラナコーヒーハウス(ハワイ)でオススメのメニュー・場所・駐車場


ワイキキのアウトレット!ノードストロームラックで買った戦利品。割引率ほか。


新インターナショナルマーケットプレイスの現在。ショー・お店・お得情報 2/2


ワイキキ周辺で買えるお土産 雑貨・コスメ・食品と人気ランキング1/2


ハワイのスーパーおすすめ9店舗の特徴と、お土産が安いお店<エリア別>


ハワイ パンケーキ&ワッフルランキング <私が「絶対に外せない」と思うパンケーキ店>


ハワイ アサイーボウルおすすめランキング<人気店と特徴のあるお店>


ハワイのロコモコおすすめランキング<厳選15店から>


ハワイのモンサラットアベニュー・おすすめのお店&メニューと地図&行き方


ハワイのファーマーズマーケット特集|オススメ10か所の開催日(曜日別)・行き方など


KCCファーマーズマーケット(土曜日午前中)|オススメのお店やメニューと行き方


ハイアットリージェンシー・ファーマーズマーケットは、ワイキキで週2回夕方開催


キングスビレッジファーマーズマーケットは、ワイキキで週4回夕方から小規模開催


ワイキキビーチウォークのファーマーズマーケット「マーケット オン ザ プラザ」


ハワイのおすすめ観光と人気グルメのTOPページ


アラモアナセンターのおすすめレストラン&スーパーでのお土産購入・営業時間も


アラモアナセンター フードコートでオススメのお店とメニュー


ハワイWIFI・無料スポットと利用方法(地図と設定方法) 1/3 ワイキキ編


カイルアでオススメのグルメとレンタサイクル(オリジナル地図付)


ザ・バスに乗ってカイルアへ 行き方編(ワイキキ出発)


ハレイワタウン おすすめ店&MAP1 - シュリンプ・名物レストラン・曜日限定グルメ 編


ハワイの自転車biki!実例写真で解説するルール・バイクレーンのある場所・使い方


ハワイの自転車biki!使い方・借り方・返し方・場所・料金


ダイヤモンドヘッド登山のおすすめルートや服装・注意点・駐車場と日の出(朝日)体験談


ダイヤモンドヘッドへの行き方 ワイキキからバス・トロリー・タクシー


ハワイのホテル・コンドミニアム TOP


お得な外貨両替 TOP


お金なくてもハワイに行きたい!TOP


このページの先頭へ