ワイキキのおすすめ朝食&MAP!安い・テイクアウト・軽め朝食 編

ワイキキのおすすめ朝食「安い・テイクアウト・軽食」編です。

私が実際に頂いているハワイ朝食の中から、おすすめ店をカテゴリー別(気分別)に選んでおりますが、

このページでは、ワイキキだけに範囲を絞って「比較的リーズナブル・お持ち帰り・軽めのハワイ朝食」をテーマに、朝食写真や感想と共にご紹介いたします!

※更新日:2018年9月28日

※更新内容:ワイキキおすすめ朝食店のラインナップを見直しました。また、価格や時間、メニューなどを2018年夏現在の状況へと修正しました。

スポンサーリンク

ワイキキ おすすめ朝食マップお金なくてもハワイに行きたい!オリジナル・ワイキキMAP!

ワイキキ全域マップ(広域)

ワイキキおすすめ朝食(当ページ)対応のオリジナル・ワイキキMAPを作ってみました。中央・西・東の線引きは、あくまでも私の独断です。 ワイキキ地図 広域

ワイキキ中央マップ

赤丸の番号は、当ページ(地図の下)でご紹介している飲食店の位置を示しています。 ワイキキ朝食マップ(中央)

ワイキキ東部マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等) ワイキキ朝食マップ’(東部)

ワイキキ西部マップ

どの地図も、2本指で広げることで地図を拡大できます。(スマホやタッチ式のPC等) ワイキキ朝食マップ(西部)
地図更新日:2018年9月28日

リーズナブルなレストラン&カフェ(ワイキキ編)安い朝食(レストラン・カフェ)

ワイキキにあるレストランとカフェのうち、比較的安い朝食がいただけるお店をご紹介いたします。

お値段が安いお店の他、量が多いため割安感を感じたお店も含んでいます。(シェアすれば安いので)

デュークスレーン マーケット&イータリー

ハワイ・ワイキキの安い朝食 デュークスレーン
▲デュークスレーン マーケット&イータリー

「デュークスレーン マーケット & イータリー」は、小規模(4店舗)なフードコートと1つのレストラン、お洒落なコンビニがコンパクトな空間にまとまっている新しいスポット。

デュークスレーン
▲デュークスレーン

店内のイートインコーナーでは、こちらで購入した商品を頂くことが出来ます。

ハワイ・ワイキキののリーズナブルな朝食
▲デュークスレーンで食べた朝食
左:エッグサンドイッチ 中央:マラサダ
右:コーヒー

例えば、入ってすぐ左にあるベーカリー。

モーニングメニューとして「マラサダとコーヒー」のコンボがありました。

コンボ:2.79ドル
マラサダ単品:1.25ドル
(2018年7月現在)

こちらのマラサダは作り置きなので、レナーズほどのフワフワ感は有りませんが、甘過ぎず油っぽくないので悪くはない感じでした。(おすすめという程では無いですが)

コンボのコーヒーは普通のアメリカンコーヒー。サイズはハワイのSサイズで、日本のMサイズ位の大きさでした。

また、写真左は「エッグサンドイッチ」3.59ドル。(2018年7月現在)

これまた作り置きなのでバンズの状態は良くないのですが、玉子は厚焼きでフワフワ。チーズも入っているので、十分満足な味と量でした。

朝食サンドイッチは他にも、スパムサンドイッチ、ベーコンサンドイッチなどが数種類並んでいました。

ちなみに、作り置きと言っても、店内で焼き上げているパン屋さんなので、コンビニで売られているパンとは違いますよ〜。

尚、マラサダや朝食サンドイッチは、朝7時から10時半までの販売。無くなり次第終了のようで、間際に行ったら無くなった商品のサンプルを下げていました。

店内にはお洒落なコンビニもあり、そこで購入した品物もイートインコーナーで頂けますので、ベーカリーでは単品だけ購入し、店内コンビニで買ったペットボトル飲料などと合わせることも可能ですよ〜!

デュークスレーン マーケット&イータリー Dukes Lane MARKET & EATERY
  • 場所:ワイキキ中央
  • 朝食メニュー提供時間:7:00〜10:30(無くなり次第終了のようです。)
  • 営業時間:7:00〜23:00(終日同メニュー)

チーズバーガーワイキキ Cheeseburger Waikiki

チーズバーガービーチウォーク Cheeseburger Beachwalk

チーズバーガー
▲左:チーズバーガーワイキキ
右:チーズバーガー ビーチウォーク

「チーズバーガー・ワイキキ」および「チーズバーガー・ビーチウォーク」は、カジュアルな雰囲気を持つアメリカン・ダイナー。

英語オンリーの気さくな店員さんが、アメリカっぽさを感じさせてくれるレストランです。

これら2つの店舗は同系列で、安い朝食セットの「ブレックファスト・スペシャル」を注文できます。

「ブレックファスト・スペシャル」は、卵料理・サイド・トースト・コーヒー(又は紅茶)のセット。な・な・なんと5.99ドルです!(2018年7月時点/税別・チップ別)

しかも、コーヒーはおかわり自由です。(アメリカンコーヒー)

2018年夏現在のワイキキの物価で、コーヒーも付いてこのお値段は、貴重な存在となっております。

サイドは、ハッシュブラウン・トマト・ライスから選択可能。トーストも、スイートかサワーから選べました。

ワイキキの安い朝食セット チーズバーガー
▲ブレックファースト・スペシャル

この写真は、卵料理をサニーサイドアップ(目玉焼き)に、トーストはサワー(・・と言っても酸っぱくはない)、サイドはハッシュブラウン、飲み物はコーヒーを選択したもの。

ハッシュブラウンは適度な塩加減で美味しいです。

ワイキキの安い朝食 チーズバーガー
▲ブレックファースト・スペシャル

そしてこちらは、卵はスクランブルエッグ、トーストはスイート、サイドはトマト、飲み物はコーヒーを選んだブレックファースト・スペシャル。

トマトは、ハワイではよくあるタイプの「硬くて甘くない」ものだったので、トマトよりもハッシュブラウンの方がおすすめです。(トマトは2回選んで、2回共そんな感じだった)

ちなみに、スクランブルエッグを指定すると、追加1.5ドルでチーズ追加はどうか?と聞かれた事もありました。

気を付けたいのは、注文後に「ジュースは要りますか?」と聞かれたことが有ること。うっかりYESと言ってしまうと別注文になりますのでご注意くださいね〜。(聞かれなかった事の方が多いのですが、念の為。。)

このブレックファースト・スペシャルは、「焼くだけ・切るだけ・・という何のこだわりも無い、誰でも作れるような普通の軽い洋定食」にはなりますが、「座ってゆっくりお食事できる“安いワイキキ朝食”」をお探しの方にはおすすめです。

「チーズバーガー・ビーチウォーク」は、ワイキキビーチウォークにあるため、ほぼ中心地にありますし、

チーズバーガー ワイキキ
▲チーズバーガー ワイキキ(2018年7月撮影)

「チーズバーガー・ワイキキ」は、ワイキキの西側で中心地からは12〜15分くらい歩くのですが、まったりした雰囲気が良い感じです。(ヒルトンハワイアンビレッジ・カリアタワーから徒歩6〜7分くらい)

尚、この安い「ブレックファースト・スペシャル」は、どちらの店舗でも、渡されるメニューには載っていないので、固有名詞である「ブレックファースト・スペシャル」の名前を出して、注文してくださいね〜(注文例:Can I get the ブレックファースト スペシャル?)。

(渡される朝食メニューには、10ドル前後の朝食メニューしか載っていません。2018年8月現在、ビーチウォーク店では看板すら掲示されておらず、裏メニューみたいな感じになっておりますが、両店舗で注文できました。)

「チーズバーガー・ワイキキ」と「チーズバーガー・ビーチウォーク」の2店舗は、ブレックファーストスペシャルが5.99ドル(2018年8月現在)ですが、同グループの「チーズバーガー・インパラダイス」は、同じメニューが数ドル高いので、私のブログでは2つの店舗のみをご紹介いたしました。

チーズバーガー Cheeseburger
  • 場所

    チーズバーガー ワイキキ / ワイキキ西部MAP(カラカウア通り)

    チーズバーガー ビーチウォーク / ワイキキ中央MAP(ワイキキ・ビーチウォーク2F)

  • 朝食メニュー提供時間

    ◎チーズバーガー ワイキキ 8:00〜11:00

    ◎チーズバーガー ビーチウォーク 8:00〜12:00

  • 営業時間

    ◎チーズバーガー ワイキキ 8:00〜23:00

    ◎チーズバーガー ビーチウォーク 日〜木 8:00〜23:00・金・土 8:00〜0:00

ディーン&デルーカ(ロイヤルハワイアンセンター店)
DEAN & DELUCA

ディーン&デルーカ ハワイ トートバック
▲ディーン&デルーカ
ハワイ・ロイヤルハワイアンセンター店

ディーン&デルーカ (DEAN & DELUCA)は、日本でも大人気の“食のセレクトショップ”。

ロイヤルハワイアンセンター1階にある「DEAN & DELUCA」では、ハワイ限定のハイビスカス柄トートバッグ・Sサイズを買うために、まだ暗い早朝から列が出来るという程、ホットな場所となっています。

(ハイビスカス柄トートバック・Sサイズの値段は税込37.7ドル)

大人気のSサイズは大人1人につき1個のみで、整理券が配布されるとのことです。

ディーンアンドデルーカ ハワイで朝食
▲ベーグルにはクリームチーズが付いてきました!

こちらでは、ベーグルを注文してみました。

「グアバ・ストロベリーベーグル」2.95ドルです。(2018年7月現在)

注文後に軽く焼かれたベーグルが、クリームチーズと共に提供されました。

モッチリ食感のベーグルは、見た目も鮮やかで “ほのかな” フルーツの風味もあります。クリームチーズと合わせると美味しさもUP!シンプルながら美味しくてリーズナブルに頂けました。

ディーン&デルーカ ハワイで朝食
▲ディーン&デルーカで朝食

また、サンドイッチも購入。

写真は「Prsreo Grilled Chicke Cap」。中身は、チキン・ほうれん草・トマト・バジルソースです。

サンドイッチ等は冷蔵庫に並んでいて、自分でレジまで持って行くシステムなのですが、店内で食べると言えば、温め直してイートインコーナーに運んでくれます。

とろけたマイルドなチーズが、タップリ入ったチキン(ムネ肉)とホウレン草に絡まって、美味しいサンドイッチでした。鶏のムネ肉と野菜たっぷりでヘルシーなのも◎。

一つで充分満足なボリュームなので、女性2人で軽食として頂くなら足りる場合も多いと思います。(プラスティック製のナイフが付いてきますので自分で切ります。)

こちらのサンドイッチは、6.95ドルでした。(2018年7月現在)

また、ソーダのリリコイも注文(写真・左)。2種類あるサイズから小さい方を選択しました。4.95ドル(2018年7月現在)

味は3種類。ボトルではなく店内で作られるフルーティーなソーダです。(冷蔵庫には、他に既製品のボトル飲料も売られています。)

爽やかなリリコイの酸味と炭酸の相性が良く、適度な甘さで最高に美味しいソーダ。見た目も良いのでオススメです。

尚、サンドイッチやベーグルなどの軽食は、朝食だけではなく1日中提供されていました。コーヒーは2.95ドルからありましたよ。(2018年7月現在)

ディーン&デルーカ DEAN & DELUCA
  • 場所:ワイキキ中央MAP(ロイヤルハワイアンセンター1階)
  • 営業時間:毎日 7:00〜21:00

ロイヤルハワイアン・ベーカリー
Royal Hawaiian BAKERY

ロイヤルハワイアンベーカリー
ロイヤルハワイアンベーカリー

ロイヤルハワイアンベーカリーは、ワイキキを象徴するホテル「ロイヤルハワイアン」内の1階、中庭近くにある小さなパン屋さん。

販売カウンターとイートインスペースが5〜6卓という小さなお店です。

ロイヤルハワイアンベーカリー ハワイの朝食
▲ロイヤルハワイアンベーカリーで朝食

こちらで購入したのは、「ロイヤル ラズベリー クロワッサン」5ドル。(写真中央)

甘そうに見えますが、赤い部分に強い甘さは無く、パリっとした食感。クロワッサン生地のサックリ感とはまた違った感触を加えている、オリジナリティある一品です。

派手な見た目に似合わずクセが無く、誰にでも食べやすいと思える美味しさでした。

また、写真右に写っているのは「ほうれん草とベーコンのキッシュ」5.5ドル。

クリーミーな食感で、食材の卵やほうれん草・ベーコンの味がシッカリ感じられる、とっても美味しいキッシュでした。量的に足りるのであれば、これ一つで朝食として満足できてしまう様な逸品だと思います。

そして、左に写っているのは、「バナナマカダミアナッツマフィン」。2.5ドル。

シットリとした生地に、バナナの風味とマカダミアナッツの食感がマッチしていました。甘さは適度で、口の中の水分を「一切持って行かれない」秀逸なマフィンでした。

ロイヤルハワイアンベーカリー ハワイの朝食
▲ロイヤルハワイアンベーカリーの
フレッシュグアバジュース

そしてこちらは、フレッシュグアバジュース(5ドル)。

出来たのものが冷蔵ケースで売られていました。追加したばかりで冷たくないものもあるので、冷えている事を確認するのがオススメです。

こちらは多分、朝食ビュッフェ(サーフラナイ)で出て来るものと同じだと思います。甘みと酸味のバランスが良くて美味しく、量も結構入っているのでお得感があると思いました。

(価格は2018年7月現在)

ロイヤルハワイアン・ベーカリー Royal Hawaiian BAKERY
  • 場所:ワイキキ中央MAP(ロイヤルハワイアンホテル1階)
  • 営業時間:毎日 7:00〜16:00

サウスビーチカフェ South Beach Cafe

サウスビーチカフェ
▲サウスビーチカフェ

「サウスビーチ カフェ」は、ワイキキに有るにも関わらず、自然豊かなエントランスが癒しを与えてくれる可愛いらしいカフェ。

朝食メニューをはじめ、サンドイッチやバーガー、アサイーボウル、スープ・サラダ、ロコモコ、ポケボウル、スムージーなどが頂けるお店です。

サウスビーチカフェのアサイーボウル
▲サウスビーチカフェのアサイーボウル

こちらでは、アサイーボウルをオーダー。

スモールサイズで8.95ドルでした。(2018年8月現在)

スモールと言っても、うどんの丼ぶりを浅くした位の大きさは有り、ボリュームは十分。

アサイーの酸味は適度で、多くの新鮮なフルーツが乗っていました。グラノーラがアサイーに対して多過ぎる印象があったので、アサイーよりもグラノーラを沢山食べたい方に良いですね。

サウスビーチカフェのサンドイッチとスープ
▲ホットサンド + トマトスープ

また、ホットサンドイッチの「ターキーハムとチーズ」も注文。

サンドイッチかバーガーを注文すると、トマトスープが3ドルで買えるセットサービスがあったので、そちらもお願いしてみました。

ターキーハムとチーズのホットサンドは7.95ドル。スープとのセットで10.95ドルでした。(2018年8月現在)

ターキーを選んだからかあっさり目。程良い酸味のクリーミーなトマトスープは、とても美味しかったです。

サウスビーチカフェは、全て自然な食材をしようしているとのことですよ。

日本語も通じます。

サウスビーチカフェ South Beach Cafe
  • 場所:ワイキキ中央MAP/旧ハワイアナホテルが有った場所
  • 営業時間:8:00〜17:00

コナコーヒー・パーベイヤーズ
Kona Coffee Purveyors

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲コナコーヒー・パーベイヤーズは、
クヒオ通りに面しています

「コナコーヒー・パーベイヤーズ」は、上質でとっても美味しいコナコーヒーがいただけるベーカリー&カフェ。

場所は、新しいインターナショナル・マーケットプレイスの1階・クヒオ通り側にあります。

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲スコーン・ケーキ・クロワッサン

店内で焼き上げたスコーンやクロワッサンがすごく良い香り♪

小さめサイズのケーキ類もありました。

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲コナコーヒーは4ドルもするけど、すごく美味しい

コーヒーは4ドルしますが、また飲みたいと思えるような良いお味でした♪

よく見てみると、ハワイ島・コナの「標高が高い場所に位置する農園から出荷される豆」を使っているんだとか。。。(ほほ〜ぉ)

コーヒーとパンだけ・・という簡単なお食事をしたい時に、覚えておきたいコーヒーショップです。

(価格は2018年7月現在のものです)

コナコーヒー・パーベイヤーズ(インターナショナルマーケットプレイスのレストラン・フードコート・お食事情報!)

コナコーヒー・パーベイヤーズ Kona Coffee Purveyors
  • 場所:ワイキキ中央
    (インターナショナルマーケットプレイス1F・クヒオ通り沿い)
  • 営業時間:6:00〜22:00

タッカー&ベビー(ハイアット・リージェンシー店)

タッカー&ベビー(パークショア店)

ハワイの朝食
▲タッカー&ベビーにて朝食

「タッカー&ベビー・ピクニックフード」は、ヘルシー志向のサンドイッチやパニーニ、トルティーヤ、アヒラップ、アサイーボウル、サラダやスムージーを販売するお店。

オアフ島のオーガニック卵、ハワイ産の牛肉、オーガニックorハワイ産の野菜や果物、抗生物質未使用のチキンやターキーを使用するなど、食材にはかなりこだわっている様子です。

そんな「タッカー&ベビー・ピクニックフード」は、ワイキキに2店舗。

タッカー&ベビー ハイアットリージェンシー
▲ハイアット リージェンシー店(タッカー&ベビー)

アクセスが便利な「ハイアット リージェンシー」の1Fと、

(ホテルの中庭からアクセスします)

タッカーアンドベビー パークショア
▲パークショア店(タッカー&ベビー)

ワイキキ動物園の手前にあるホテル「パークショア」の1Fです。

どちらも、イートインコーナーがあります。

タッカー&ベビー TUCKER & BEVVY 朝食メニュー
▲パニーニを買うと、バナナスムージーが3ドル
(タッカー&ベビー)

また、両店舗とも、「ブレックファーストパニーニ」または「ランチパニーニ」を買うと、バナナスムージーが3ドルで買えたり(終日OK)、

「ランチパニーニ」を買うと、スープが3ドルで買えたり(AM11時〜)など、セット割引のサービスがあります。(2018年7月現在)

パニーニは外がサックサクでとても美味しく、バナナスムージーは少し酸味があってスッキリしたお味でした。

また、1枚目の写真(タッカー&ベビー)にあるアサイーボウルは10.5ドル、「パニーニ&コーヒーのセット」は10ドル(ハイアット店)でした。(2018年7月現在)

タッカー&ベビー・ピクニックフード Tucker & bevvy Picnic Food
  • 場所

    ハイアットリージェンシー店 / ワイキキ中央MAP

    パークショア店 / ワイキキ東部MAP

  • 朝食メニュー提供時間:終日
  • 営業時間

    ◎ハイアットリージェンシー店 毎日 6:30〜21:00

    ◎パークショア店 毎日 6:00〜19:30

ハワイアン アロマ カフェ Hawaiian Aroma Caffe

ハワイアン アロマ カフェ
▲ハワイアン アロマ カフェ

「ハワイアン アロマ カフェ」は、素朴なインテリアとカラフルなメニューがインスタ映えすると、女子に人気の可愛いカフェ。

ワイキキビーチコマーの2Fという、アクセスしやすいワイキキ中心地にあります。

(エスカレーターを上がって左手)

ハワイアンアロマカフェのワッフルとスムージー
▲ハワイアンアロマカフェのワッフルとスムージー

私が頂いたこちらは、「トラディショナル・ワッフル」10.5ドル。(2018年7月)

そして「ストロベリースムージー」。

8.35ドル+トッピングのバナナ 1.75ドル。(2018年7月)

写真映えを狙ってスムージーにバナナをトッピングしてみたのですが、ちょっと失敗しました。(値段が高い上に1つ落下した。。。)

ハワイアンアロマカフェ
▲アイスカフェラテ(M)/ターキーパニーニ

また、アイスカフェラテのM(5.25ドル)、

ターキーパニーニ(10.75ドル)も注文してみました。

(価格は2018年7月現在)

このパニーニは、表面が焼かれてサックリしていて美味しかったです。サラダ付き。

ドリンクはともかく、フードメニューは意外とリーズナブルですね。

ハワイアンアロマカフェは、SNS映えする可愛いカフェを探している女の子におすすめです。

(ホットコーヒーなら、小さいサイズで3.5ドルからありました。)

ハワイアン アロマ カフェ Hawaiian Aroma Caffe
  • 場所:ワイキキ中央MAP/ワイキキビーチコマー(ホリデイン・ワイキキ)2階
  • 営業時間:6:00〜20:00

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe

ベアフット ビーチカフェ
▲ベアフット ビーチカフェ

ベアフットビーチカフェは、海沿いにあるアウトドアなカフェ。

ワイキキの中心地から、ダイヤモンドヘッド方向へビーチ沿いを歩くと、赤いパラソルが見えてくるので、場所は分かりやすいと思います。

(この写真・奥に、ワイキキの中心・ホテル群が写っているのですが、位置関係分かりますか?)

ベアフットビーチカフェは、カウンターで注文&受取、片付けもセルフサービスというカフェスタイル。席も「公園の延長」みたいな場所にあり、カジュアルな感じです。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe ワイキキ 朝食メニュー フレンチトースト
▲フレンチトースト with フルーツ(朝食メニュー)

こちらは、私が頂いた朝食メニューの「フレンチトースト with フレッシュフルーツ」12ドル。

(価格は、2018年7月現在)

フレンチトースト(9ドル)に、フルーツをトッピングしたものです。

見た目はバッチリ!
味は普通です。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe ワイキキ 朝食メニュー  キングスベーグル
▲ザ・キングスベーグル(朝食メニュー)

そしてこちらも朝食メニューの、ザ・キングス・ベーグル。

10ドル(2018年7月現在)

スモークサーモンとクリームチーズのベーグルです。

サーモンの質は悪くなく、大判が2枚。オニオンの状態も良かったです。クリームチーズは市販品(小分け)が、そのまま提供されました。

ベーグル・サーモン・オニオンが共に2枚ずつ入っていたので、ベーグルに具を挟むのではなく、上に乗せて2つ作り、2人で分けました。

全体的に決してマズくは無いのですが。。。、肝心のベーグルが固くて良くなかったので、次はコレ以外を注文しようかと思っています。

ベアフットビーチカフェは、景色は最高でリーズナブルという良い面がある一方、緑多き場所であるがゆえにハエが多いという欠点もあります。

食事をしながら、常にもう片方の手はハエ除けの為に振り回し、優雅とは真逆の状況だったので、本当におすすめなのは、この最高のロケーションで、スムージーなどの飲み物メニューだけを注文することだなぁ。。と食べながら思っていたのでありました。

あ、でも、金・土のディナー時に注文できるステーキは、ハエとの戦いに挑んででも、また訪れたいと思うほどコスパも雰囲気も良かったですよ。

夏はハエが多かったのですが、10月頃は少なく、あまり気になりませんでした。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe
  • 場所:ワイキキ東部
  • 朝食メニュー提供時間:AM 7:00〜PM 2:00
  • 営業時間

    ◎ブレックファスト / 7:00〜14:00

    ◎オールデイ・メニュー / 7:00〜20:30(ラストオーダー 20:30)

    ◎ランチ・ディナーメニュー / 11:00〜20:30(ラストオーダー 20:30)

    ◎ビーチ BBQ / 毎日 17:30〜20:30

    ◎ライブミュージック / 19:45

ビーチウォークカフェ BeachWalk Cafe

ビーチウォークカフェ ワイキキ

「ビーチウォークカフェ」は、アウトリガーリーフホテルの正面玄関前にある小さなカフェ。

店内は販売スペースのみ、外にはテーブル席やカウンター席がちょっとずつ用意されています。

座席数が少ないので長居する雰囲気ではなく、サクッと食べる感じですね。

ビーチウォークカフェ ワイキキ テラス席

ビーチウォークカフェのメニューは、ベトナム風サンドイッチのバインミー(パクチー入)、

パニーニ、スープ(バケット付)、プレート、

アサイーボウル、スムージー、ジェラート、マカロンなど、

ちょっとだけ食べたい時に役立ちそうな軽食系が揃っています。

ビーチウォークカフェ ワイキキ バインミー
▲ビーチウォークカフェのバインミー
(パクチー入り)

こちらは、私がオーダーしたバインミー。

写真では、半分にカットされたバインミーサンドイッチが3つ入っていますが、2018年7月現在では、これが「2つ」になっていて、9.25ドル。

(同じ味のものが、2つにカットされて提供されます)

バインミーは、バーベキューチキン・チキンカレー・ミートボール・ツナ・ターキー・ハム&チーズ・野菜・サーモンの8種類ありました。(サーモン以外は、全て各9.25ドル)

2人で分けたのですが、意外とボリュームがあり、軽い朝食にはピッタリでした。

作り置きではなく、注文を受けてから作ってくれるシステムなので、少し待ちます。

フランスパンは、オーブンで軽く焼いてから提供されたので表面はサックリ。
酢漬けの野菜は、酸味が控え目で食べやすかったです。

また、バインミーメニューのミートボールは優しい味付け。肉の旨味がパンに染みて良い感じに。

バーベキューチキンは少し濃い目の味付けで、これまたプレーンなバケットに染みて美味しかったです。

ターキーはあっさりしているので、胃が疲れた時にも良いと思いました。

ホノルルの有名カフェ「ラ・トゥール・カフェ」のパンが使われているとあって、小さなカフェながら、クオリティの高いバインミーを頂くことが出来ました。おすすめです。

ビーチウォークカフェ BeachWalk Cafe
  • 場所:ワイキキ中央(アウトリガーリーフ正面玄関前)
  • 営業時間:7:00〜23:00(終日同メニュー)

シナモンズ イリカイ Cinnamon’s at the ‘Ilikai

シナモンズ ワイキキ イリカイホテル
▲欧米人で賑わっています(写真はテラス席)

カイルアの人気朝食店「シナモンズ」が、ワイキキの「イリカイホテル」内にもあります。

ヨットハーバー前に建つオーシャンフロント・レストランでありながら、カジュアルなのがいいですね。

席は、オープンエアが気持ち良い広めのテラス席と、海を眺められるカウンター席、バーカウンターの席、ガラス張りの室内席があります。

テラス席は大人気。ある日9時半頃に行ったら、テラス席はウエイティング○○番目だけど、屋内だったらすぐ入れるわよ〜と言われたことがあります。テラス席が大好きな私も、蒸し暑かったその日に限っては冷房の効いた部屋でも良かったこと、あまり待ちたくなかったこともあり室内にしてみました。室内席はガラス張りで明るく、空調で涼しかったので、悪くはなかったです。

(テラス席も屋内席も、座ってしまえば海はあまり見えないんです。立つと見えますが。。。でも、テラス席は開放感たっぷりです。海を眺められるカウンター席は、座席が高いので海が見えます。)

シナモンズ 朝食メニュー Da Sunshine
▲Da Sunshine Combo ハーフオーダー(シナモンズ)

この日は「ダ・サンシャイン・コンボのハーフオーダー」を頼んでみました。

$12.5(ハーフオーダー)
$16.5(フルオーダー)

(値段は2018年8月現在)

焼いたマフィンに厚切りハム・トマト・ほうれん草が乗り、タップリのチーズソースがかかったボリュームたっぷりの料理です。

ハーフオーダーでもこんなにあるんです。(多い!)

2人でシェアしました。味は普通です。

シナモンズ ワイキキ
▲エッグベネディクトと酸味系の各種パンケーキが有名

シナモンズは、看板メニューの「エッグベネディクト」と「甘酸っぱいパンケーキ類」で有名。

パンケーキも、2枚か4枚でオーダーできるのですが、2枚で十分です。

楕円形の長手方向で18センチ位ある大判パンケーキですので。。。

この日は、写真の中央にあります「シナモンアップルパンケーキ」にしてみました。

2枚オーダーで8ドルと安いんですが、これと言って特徴もなく。。。

(価格は2018年8月現在)

やっぱり「グアバ シフォン パンケーキ」(写真:左上)が一番美味しかったのは間違いありません。

エッグベネディクト・グアバパンケーキなど、他メニューの感想は、シナモンズ・カイルア店の記事でご紹介しています。

シナモンズ | カイルアで朝食レストランと言えばココ

ワイキキのシナモンズは、各社トロリーの停留所があるイリカイホテル内なので、近くに宿泊していなくても行きやすいこと、雰囲気が良いこと、安いこと(ハーフオーダーでもボリューム感あり)が良いと思っています。

シナモンズ イリカイ Cinnamon’s at the ‘Ilikai
  • 場所:ワイキキ西部(イリカイホテル・ロビーフロア)
  • 朝食メニュー(パンケーキ・エッグベネディクト等):7:00〜14:00
  • 営業時間

    ◎ブレックファスト / 7:00〜14:00

    ◎ランチ / 11:00〜14:00

    ◎ディナー / 16:00〜21:00(パンケーキはディナー時間も注文可)

ワイキキ店(イリカイホテル)は、ディナー営業もしています。

軽めの朝食・リーズナブル安い朝食(ジューススタンド)

ハワイでは、フルーティーなメニューを専門に扱う「ジュース・スタンド」が人気です。(イートイン・コーナーもあります。)

私達は、夕食がヘビーな予定の日や、前夜のディナーがガッツリだった日は、この辺で抑えておくことが多いです。

ハワイアン・クラウン・プランテーション
Hawaiian Crown Plantation

ハワイアン・クラウン・プランテーション ブレックファストコンボ
▲ブレックファスト・コンボ
(ハワイアン・クラウン・プランテーション)
Lサイズのアサイーボウルと、Sサイズコーヒー

「ハワイアン・クラウン・プランテーション」は、甘くて美味しいパイナップルを生産する農園直営のカフェ。

パイナップルの他、オーガニックカカオ・コーヒー豆・マカデミアナッツなども自社栽培し、これらを扱うお土産・チョコレートも充実しています。

写真は、ブレックファスト・コンボ。

アサイーボウル(Lサイズ)と、コーヒー(Sサイズ)がセットで、10.25ドルでした。(2018年7月現在)

このアサイーボウルは、パイナップル農園直営店らしさが出ていて、適度な酸味のパイナップルが多く乗っていたり、同じく自社で獲れたと思われるカカオフレークも添えられている点が珍しく、味に変化をもたらしていて美味です。

ちなみにこちら、「ブレックファスト・コンボ」という名前ですが、よく見てみると、グランドメニューにも同じ組み合わせが同じ価格で売られていましたので、朝以外でも注文できるようです。

ハワイアンクラウンプランテーション 100パーセントパイナップルジュース
▲100%パイナップルジュース
(ハワイアン・クラウン・プランテーション)

また、「ハワイアン・クラウン・プランテーション」は、100%パイナップルジュースもおすすめです!

  • S:5.00ドル
  • L:5.75ドル

(2018年7月現在)

この写真は、Lサイズです。

パイナップルの味が濃く、適度な甘さのフレッシュジュースが、すごく美味しいのです。

「罪悪感のないスイーツ」だと私は思っているんです。。。

(↑糖分はあると思いますけど。。)

ハワイアンクラウンプランテーション パイナップルジュース
▲ハワイアン・クラウン・プランテーションの外観

場所はクヒオ通り沿い。

フードパントリーから徒歩2分位、ハイアットリージェンシーからなら歩いて4分位の所です。

外観はすごーく地味なので、気を付けないと通り過ぎちゃいそうですが、お店の中は可愛い感じです。

イートインスペースとして、ちょっとしたカウンターが数席(7〜10席)ありますよ。

ハワイアン・クラウン・プランテーション Hawaiian Crown Plantation
  • 場所:ワイキキ中央MAP(クヒオ通り沿い・フードパントリー近く)
  • 営業時間

    ◎月〜土 / 8:00〜20:00

    ◎日 / 9:00〜18:00

ラニカイジュース Lanikai Juice

ラニカイジュースのピタヤボウル

「ラニカイジュース」は、ヒルトンハワイアンビレッジ内・タパプール付近にある人気のジュースバー。

スムージーやアサイーボウルなど、フルーツを使った健康的なメニューがいただけるカイルアタウン発の有名店ですね〜。

ちなみにこちらは、ピタヤボウル。

ハワイの陽射しに打ち勝つために、ポリフェノールを補給します。

ラニカイジュース アサイーボウル

そして、こちらはアサイーボウル。

ピタヤボウルと同様、こちらもポリフェノールたっぷりだそうです。

抗酸化作用も期待して、せっせと摂っております。

どちらも美容には良いとのことなので、酸味がお好みならアサイーボウルを、酸味がお嫌いならちょっとマイルドなピタヤボウルがおすすめです。

ラニカイジュース Lanikai Juice
  • 場所:ワイキキ西部(ヒルトンハワイアンビレッジ1F・タパプール付近)
  • 営業時間

    ◎土〜木/ 6:30〜19:00

    ◎金 / 6:30〜20:00

ジャンバジュース jamba Juice

ジャンバジュースのピタヤボウル
▲ピタヤボウル(24oz)大きいサイズは結構な量

「ジャンバジュース」も、ラニカイジュースと同様、フルーツを使った健康的なジュースバー。

ジャンバジュースはチェーン店で、ハワイ内に沢山店舗がありますので、何かと寄る機会も多いです。

ちなみにこちらは、ピタヤプリモボウル。(24oz)

トッピングは、バナナ・ココナッツフレーク・オーガニックグラノラとシンプルですが、ピタヤの中にはマンゴー・パパイヤ・パッションフルーツ・パイナップルが入っています。

味はマイルドな酸味で食べやすく、グラノーラと、一緒に入っている無糖ナッツの食感が美味しさを増幅している感じ。甘い要素は感じないので、サッパリとした味を欲している時に特にオススメです。

大きいサイズ(24oz)は結構な量があり、2人でシェアしました。

ジャンバジュース スムージー

スムージーは、本当に沢山の種類があり、軽い朝食の代わりにもなります。

以前、ハワイで風邪を引きそうになった時(だるい感じ)、ジャンバジュースのビタミンがたっぷり入っているスムージー(大)を一人で飲んだら、薬を飲まずに回復したことが。。。

朝から夜まで、遊び疲れた時にも良いかもしれませんね〜。

ワイキキのジャンバジュースは、「クヒオ通り」と「アストンワイキキビーチ」の2店舗ありますよ。(どちらも、上のオリジナル地図では、icon-repo27.gifで表示しています)

ジャンバジュース jamba Juice
  • 場所
    1. ワイキキ中央
      (クヒオ通り / ハイアットセントリックワイキキビーチ1F)
    2. ワイキキ東(アストンワイキキビーチ1F)
  • 営業時間

    ◎月〜木 / 6:30〜20:30(クヒオ通り)・6:30〜21:30(アストン)

    ◎金 / 6:30〜21:00(クヒオ通り)・6:30〜21:30(アストン)

    ◎土・日 / 7:00〜20:30(クヒオ通り)・7:00〜21:30(アストン)

テイクアウトで安い朝ごはん安い朝食(テイクアウト)

とにかく安く済ませたい時は、これらのお店でテイクアウトしています。

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)Henry's Place

ヘンリーズプレイス・高橋果実店

ワイキキに残された数少ないノスタルジック スポット「ヘンリーズプレイス」。

果物屋さんですが、アイスクリームやシャーベット、サンドイッチが美味しくて、私は必ず訪れます。

ヘンリーズプレイスのサンドイッチ

サンドイッチはどれも、3ドル、3.5ドルと言ったリーズナブル・プライス。

中身もたくさん入っています。

高橋果実店 サンドイッチ

手作り感満載で、温かい気持ちになるサンドイッチ。おすすめです!

ヘンリーズプレイス|高橋果実店の絶品アイスクリームとサンドイッチ

ヘンリーズプレイス(高橋果実店)Henry's Place

いやす夢 Iyasume

いやす夢 ワイキキ

おにぎり・スパムむすび・お弁当などを販売するお店「いやすめ」。

おにぎり類やスパムむすびは2ドル前後。

リーズナブルだし、日本人には丁度良い量です。

私の場合「明日の朝はいやす夢」と決めたら前日の夜に買っておき、翌朝ホテルの部屋で食べることが多いです。

いやす夢
▲ミニ牛丼と豚汁定食(写真:左下)

旅の途中で必ず胃が疲れてくるので、何度もお世話になっている「いやす夢」。

ワイキキにある「いやす夢」のうち、インターナショナルマーケットプレイス2F「ミツワマーケットプレイス」内のお店 と、パシフィックモナーク店は、イートインコーナーもあります。

(シーサイド通りのお店は、テイクアウト専門で現金のみ)

特に、インターナショナルマーケットプレイス店は、明るくて綺麗で夜10時まで営業しているので便利です。

2018年9月、ヒルトンハワイアンビレッジ近くに新店舗が出来るそうですよ。

いやす夢 Iyasume
  • 場所
    1. シーサイド店:ワイキキ中央MAP(ロスドレス目の前)
    2. パシフィックモナーク店:東部MAP(左)・中央MAP(右)
    3. インターナショナルマーケットプレイス:ワイキキ中央(2Fミツワ内)
  • 営業時間

    ◎シーサイド店 / 7:00〜21:00(テイクアウト専門)

    ◎パシフィックモナーク店 / 6:30〜21:00

    ◎インターナショナルマーケットプレイス店 / 7:00〜22:00

おおきに おにぎり Ookini Onigiri

おおきに おにぎり ワイキキ

おおきに おにぎり(Ookini Onigiri)は、ワイキキ・シーサイド通りにある「おにぎり & お弁当」のお店。

朝6時30分から15時まで、時間限定でオープンしていました。(夜は、鍋料理「スイート ホーム カフェ ワイキキ」にチェンジします。)

おおきに おにぎり ワイキキ
▲私が購入したスパムむすびと鮭おにぎり

おにぎり・スパムむすび類は、2ドル前後が中心。

中には、ガッツリ系の具が入った大きな“爆弾おにぎり”や(3ドル前後)、お弁当類もありました。

また、6:30〜9:00の「おおきに朝ごはんセット」は、「おにぎり(またはスパムむすび)が2つ + 味噌汁 + お漬物」で4.92ドルだそう。

(価格は2018年8月現在)

カリフォルニア産の超高級短粒米 祭(MATSURI)を使用しているだけあって、ご飯はふっくら。

私が買った「鮭おにぎり」の鮭は、塩味控えめで優しいお味でした。

おおきに おにぎり Ookini Onigiri
  • 場所:ワイキキ中央MAP(Sweet Home Cafeと同じ場所)
  • 営業時間:月〜土 6:30〜15:00(無くなり次第終了)
  • 日曜定休

Omusubi Gaba おむすびギャバ

鮭おむすび

おむすびギャバ(Omusubi Gaba)は、ワイキキ西側に位置するおむすび屋さん。

ヒルトンハワイアンビレッジから徒歩7分くらいの場所にあります。

使用している広島米の「無洗米GABAライス」は、栄養成分を添加せず、お米自身の力でGABAを増やした安心のお米だとのこと。

広島米は初めていただきましたが、こんなに美味しいとは知りませんでした。

食べるとホロっとほぐれるような上手な握り方で、ご飯の塩加減も丁度よく、とても美味しかったです。(おにぎり・2ドル)

ポケボウル おむすびGABA

また、朝食ではないのですが、お昼の12時から提供されるポケボウルも頂いたことがあります。

醤油ポケとスパイシーポケのミックスでお願いしたのですが、どちらもご飯の進む濃い目の味付けになっていました。

おにぎりテイクアウト GABA
▲GABAのあるコンドの中庭。
スーパーの入口を過ぎると、コンドの入口があり、
そこから中庭へと入っていきます。

場所は、ワイキキにある「メジャーじゃない方のフードパントリー」裏手。(ワイキキにフードパントリーは2軒あります)

店内に食べる場所はないのでテイクアウトになりますが、店のあるコンドミニアム中庭は、日陰で涼しく、花壇の脇に座って食べることも出来ました。
穴場中の穴場です。

Omusubi Gaba おむすびギャバ
  • 場所:ワイキキ西部MAP(コンドミニアム・イートンスクエア中庭)
  • 営業時間:月〜土 8:00〜17:30
  • 日曜定休

七むすび Shichimusubi

七むすび Shichimusubi 鮭・昆布

ワイキキ中心部にオープンしたワイキキ横丁。(ワイキキ ショッピングプラザ地下1階)

その一角にあるテイクアウトのおむすび屋さん「七むすび」でも購入してみました。

七むすび Shichimusubi 鮭・昆布
▲七むすびの鮭と昆布

農薬・化学肥料は一切使用していないという日本産の有機米おむすびは、具がたっぷり。

白米かブラウンライスから選べ、私は白米を選んでみたのですが、お米がとても美味しかったです。

価格帯は2.1ドル〜2.5ドルが主で、中には「うなぎ3.0ドル」という高級おむすびや、おかずとしての「豚の角煮(3.5ドル)」もありました。

ちなみに、海苔は別売り(0.6ドル)です。

海苔を買ったとしたら、かなりお高めのおむすびになってしまう〜!(2.7ドル〜)

とは言え、「オーガニック米」というアドバンテージもあるので、海苔は買わずに写真の状態で頂いたのでした。(それなら何とか。。。笑)

七むすび Shichimusubi
  • 場所:ワイキキ中央MAP(ワイキキ・ショッピング・プラザ地下1階)
  • 営業時間:11:00〜22:00

「スパムむすび」を買うならセブンイレブンも美味しいです。(ワイキキの超メジャーコンビニ「ABCストア」ではなく。。)

セブンイレブンはアメリカ発祥。中でも「スパムむすび」は、地元紙企画の「Hawaii's BEST」において10年以上1位を獲っている地元民の愛するB級グルメなのです。

尚、セブンイレブンのハワイグルメについては、関連記事で熱く語っております。

セブンイレブン(ハワイ)のオススメ・ハワイグルメ!

セブンイレブン

ワイキキのおすすめ朝食MAPは、人気店・穴場店・安い朝食・軽い朝食・テイクアウト・ビュッフェ・ホテルなどと気分別にカテゴリー分けしておりますが、「人気があって、安くて軽めでテイクアウトも出来る朝食」などと、分類に迷ったお店も沢山ありますので、その辺は温かい気持ちでご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

ハワイのホールフーズ クイーン店(カカアコ)の行き方と駐車場


ハワイのホールフーズ クイーン店(カカアコ)で朝食&ランチ


ホールフーズ クイーン店(カカアコ)お土産お勧め・エコバック


ワイキキ サンドビラ ホテル|朝食・アメニティ・お部屋レポ!


ワイケレアウトレットのアグ(UGG)セール品の値段や戦利品


ザ・リーフ|比較的お安いオーシャンフロント・レストラン


ザ・ストリート|インターナショナルMPのフードコート


アイランドヴィンテージコーヒー・ハワイの美味しいメニュー!


ハレクラニ・サンデーブランチ(オーキッズ)


ロングスドラッグス ワイキキ店|私のお勧めとお土産・場所ほか


ワイキキのスーパー フードパントリーのお土産と私のオススメ


アランチーノ ディマーレ|朝食・ランチ・ウニパスタほか


TRファイヤーグリルのハッピーアワー


ロイヤルハワイアン・サーフラナイの朝食レポ!


テディーズビガーバーガー|ワイキキの美味しいハンバーガー店


ヘンリーズプレイス|高橋果実店の絶品アイスとサンドイッチ


セブンイレブン(ハワイ)のオススメ|安い&美味ハワイグルメ


コココーブ|ワイキキ中心部で安くて美味しいポケ(ポキ)丼


ABCストア38号店(ワイキキビーチウォーク近く)はデリ充実


ハレクラニで朝食&ディナー - オーキッズの料金・予約・服装


ハワイのファーマーズマーケット|お勧め10か所の開催日・行き方


ハワイ アサイーボウルおすすめ店|人気店と特徴のあるお店


ハワイ パンケーキ&ワッフル|絶対に外せないパンケーキ店


カイルアタウンの絶品朝食レストラン「オーバーイージー」


ブーツ&キモズ|パンケーキ・お食事メニュー・行き方・混雑ほか


絶品!カイルアの手作り&無添加スコーン「ママニータスコーン」


カイルアでロコに人気の激ウマ朝食レストランMOKE'S


シナモンズ|カイルアで有名な朝食レストラン!イリカイ店も!


カラパワイマーケット|カイルアビーチ近くのローカルコンビニ


ラニカイジュースの絶品スムージー&アサイーボウル


カイルアの可愛いカフェ「nalu」のアサイーボウル&ホットサンド


カフェラニで食べ放題の「焼きたてパン」や店内の様子など


スイートイーズカフェのおすすめメニュー・お店の雰囲気・行き方


カフェカイラのおすすめメニュー・待ち時間・営業時間など


コア パンケーキハウス カイムキ店|お勧めメニューや行き方


ハワイのハッピーアワー特集!VOL.1 ステーキ・焼き肉編


ハワイのハッピーアワー時間割


ハワイのハッピーアワー特集!VOL.2 好コスパのハッピーアワー


ハワイのハッピーアワー特集!VOL.3 おすすめ厳選店


ハワイの自転車biki!使い方・借り方・返し方・場所・料金


ザ・バスでハワイ観光!バスの乗り方・ワンデーパス・注意点


ハワイのスーパーおすすめ9店舗の特徴と、お土産が安いお店


ハワイのWIFIレンタル体験記|現地で契約し各観光地で速度計測


お得な外貨両替 TOP


お金なくてもハワイに行きたい!TOP

このページの先頭へ