アロハタワーファーマーズマーケットがスタート(金曜日夕方開催) ダウンタウンで夕方に開催する海沿いのファーマーズマーケット

アロハタワーファーマーズマーケットは、2016年8月5日に新規開催(グランドオープン)のファーマーマーケット。

ダウンタウン近くにあるオアフ島の海の玄関口「アロハタワーマーケットプレイス」で夕方からのスタートなので、観光帰りにも寄れる立地&時間帯です。

今回は偶然グランドオープン時にハワイに滞在していたので、オープン時のお店の様子や開催時間、ワイキキからの行き方・帰り方、食べた物等をご紹介します。

スポンサーリンク

アロハタワーファーマーズマーケットの店舗や雰囲気・開催時間など

最新調査日:2016年8月

グランドオープン時に出店していた店舗は25店と、比較的小規模でのスタートでした。
会場のスペースには、まだまだ余裕がありそうだったので、今後増えて行くかも知れません。

オープン時間の少し前に行くとハワイ式のオープニングセレモニーが厳かに執り行われていました。

私も端っこで “何となく参加っぽい感じ” の立ち位置に。。。

ファーマーズマーケットのグランドオープンを見るのは初めてで、貴重な体験でした。

アロハタワーファーマーズマーケットのオープニングセレモニー

アロハタワーファーマーズマーケットの入口にある看板です。

主催者は、KCCファーマーズマーケットやホノルルファーマーズマーケット・カイルアファーマーズマーケット等と一緒ですね。

開催時間は、毎週金曜日の16時から19時です。

アロハタワーファーマーズマーケットの看板

アロハタワーは第8埠頭(Pier8)にあるので、ファーマーズマーケット会場のすぐ先は港です。

写真の様な大型貨物船が目の前を通過したり、豪華客船が停泊している事も珍しくありません。

海沿いのファーマーズマーケットというのも珍しい(と言うか、他に知らない)ので、雰囲気があってイイかも。

アロハタワーファーマーズマーケット前の港

オープンしたばかりの16時頃は まだ空いていましたが、帰る頃には徐々に賑わいが。

アロハタワーマーケットプレイスの建物が日差しを遮ってくれるので、会場内は大部分が日陰で快適です。

アロハタワーファーマーズマーケットの雰囲気

アロハタワーファーマーズマーケットの店舗(物販)

ここからは、アロハタワーファーマーズマーケットで気になったお店をご紹介します。

会場に入って一番先にあったのは、グルテンフリーのグラノラとホームメイドケーキのお店。

試食させて頂いたケーキは、優しい甘さでフンワリでした。

アロハタワーファーマーズマーケットのグラノラ店

こちらは定番のローカルフルーツ&野菜のお店。

コンドミニアムステイの時には、翌朝食べるフルーツ等が買えて便利です。

アロハタワーファーマーズマーケットの農産物店

農産物を販売するお店は複数あって、中にはカットフルーツを売っているお店も。

ホテルステイの時に便利ですね。

アロハタワーファーマーズマーケットの農産物店(カットフルーツ)

パン屋さんには、色とりどりのパンが並んでいました。

写真に写っている以外にも多くの種類があり、品揃えが豊富でした。

アロハタワーファーマーズマーケットのパン屋

ハワイのローカルスイーツ「バターモチ」の専門店もありました。

カップケーキ風にアレンジされたバターモチが、可愛く陳列。

アロハタワーファーマーズマーケットのバターモチ店

こちらはタロイモを使ったスイーツとドリンクのお店。

奥に見えるのは、最近ハワイで流行りのレモネード専門店です。

アロハタワーファーマーズマーケットのタロイモ製品店

ハワイ伝統のタロイモを使った主食の「ポイ」を専門に扱うお店も。

私達には馴染みがありませんが、一点勝負出来るというのは さすが主食ですね。

アロハタワーファーマーズマーケットのポイ専門店

お店の中では実際にタロイモを練ってポイを作っていました。

運が良いと見られるかも。

アロハタワーファーマーズマーケットのポイ専門店(実演)
スポンサーリンク

アロハタワーファーマーズマーケットの店舗(飲食)

その場で食べられる食べ物・飲み物を売っているお店も多数ありましたので、ご紹介します。

チョット珍しいブラジル料理のお店が。

お店のお姉さんが、ポーズを取ってくれました。

アロハタワーファーマーズマーケットのブラジル料理店

ハンバーガーの有名店「ホノルルバーガーカンパニー」の店員さんも陽気にポーズを取ってくれました。

ここのハンバーガーは美味しいのでオススメです。

ホノルルファーマーズマーケットのページ に食べた時の様子と感想を書きましたので、宜しければご覧ください。

アロハタワーファーマーズマーケットのホノルルバーガーカンパニー

コンブチャ?のお店も。

最近ハワイで流行の健康ドリンク「コンブチャ」は、「昆布茶」ではなく、日本で昔流行したという「紅茶キノコ」に似たものだそうです。

私は紅茶キノコを詳しく知らないので説明出来ないのですが、気になる方は試飲が可能です。

コンブチャ専門店

KCCファーマーズマーケット でも見かけた焼き海老のお店が、周囲に香ばしい香りを漂わせていました。

いつも気にはなるものの、ついつい他店のガッツリ系メニューに惹かれ・・・。

アロハタワーファーマーズマーケットの焼き海老店

メニューが豊富なタイ料理のお店。

ここのタイカレーは美味しいのでオススメです。

KCCファーマーズマーケット(火曜日夕方)のページ に食べた時の様子と感想を書きましたので、宜しければご覧ください。

アロハタワーファーマーズマーケットのタイ料理店

カルアピッグを使った料理の専門店です。

試食をさせて頂き、美味しかったので注文する事に。
(下に、注文したメニューの写真と感想があります)

アロハタワーファーマーズマーケットのカルアピッグ店

この日は暑くて「辛いものが食べたい」と思っていたら、韓国料理のお店を発見。

希望の辛い料理があり、お店の方の感じがとても良かったので迷わず注文しました。

アロハタワーファーマーズマーケットの韓国料理店

メニューは、ポークカルビ(写真:左)とスパイシーポークトッポギの2種類とシンプル。

どちらを注文したかは・・・説明の必要がないですね。。。
(下に、注文したメニューの写真と感想があります)

アロハタワーファーマーズマーケットの韓国料理店メニュー

涼しくて快適な場所で飲食が可能

アロハタワーファーマーズマーケットの会場内に飲食出来るスペースが少なかったので、隣りのアロハタワーマーケットプレイスに移動。

写真の様な綺麗なテーブルが涼しい場所に多数あり、快適に食事をする事が出来ました。

アロハタワーファーマーズマーケットの飲食スペース

アロハタワー ファーマーズマーケットで私が食べたもの

上でご紹介したカルアピッグのお店で「カルアピッグ スライダー」を注文。

3種類選べるソースから、辛い「シラチャマヨ」を選択しました。

アロハタワーファーマーズマーケットで食べたカルアピッグスライダー

味は、シットリした食感の少し甘いバンズに、優しい味付けのカルアピッグがよく染みて美味。

辛口のマヨネーズソースは、ピリ辛程度の適度な感じでした。

小振りなので、チョットだけ食べたい方にもオススメです。

アロハタワーファーマーズマーケットで食べたカルアピッグスライダー(中身)

上でご紹介した韓国料理のお店で、2種類のメニューからスパイシー ポーク トッポギを注文。

注文を受けてから作るので少し時間はかかるけど、出来立てアツアツが食べられます。

アロハタワーファーマーズマーケットのスパイシーポークトッポギ

味は、適度な辛さの豚キムチにトッポギが入っていて食感が楽しく美味。

レタスが結構入っていてゴハンが雑穀米(写真)なので、意外とヘルシーかも。

丁度良い炊き上がりのモチモチしたゴハンとタップリの具の相性は抜群で、オススメです。

アロハタワーファーマーズマーケットのスパイシーポークトッポギ(雑穀米)
スポンサーリンク

アロハタワーファーマーズマーケットへの行き方・帰り方(場所)

ワイキキからアロハタワーアロハタワーファーマーズマーケットへの バスでの行き方と、帰り の最寄りバス停が 行き と離れているので、帰り方もご紹介します。

ワイキキからアロハタワーファーマーズマーケットへ
バスでの行き方

バスは、クヒオ通りのアラモアナセンター方面行きのバス停なら何処でも乗車可能で、私は いつものワイキキトレードセンター近くのバス停(ロイヤルクヒオ前:バス停ID:26)で乗車。

19番か20番どちらかのバスに乗りますが、どちらも頻繁に来るバスではないので、待ち時間は最大で30分から40分位です。

可能であれば別ページでご紹介している ザ・バスの到着時刻が分かる日本語サイト「AllBUS」 等を利用されると時間を有効に使えると思います。

カカアコファーマーズマーケット行きバス停
▲ロイヤルクヒオ前のバス停

アラモアナセンターを過ぎ、ワードセンターを過ぎて少し走り、右折した所のバス停で降車します。(アラモアナセンターを出発して最初の右折です)

バス停名は「アラケアST + ニミッツHWY」で、アナウンスで「アロハタワーマーケットプレイス」と言います。

アロハタワーの最寄りバス停(行き)

降車バス停の目の前の建物は「ホノルル セーラーズ ホーム」です。

ホノルル セーラーズ ホーム

バスを降りたら、曲がって来た道に戻ります。

アラモアナ大通りへ出たら、横断歩道を右へ渡ります。(写真赤矢印方向)

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ1

この横断歩道を渡ります。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ2

横断歩道を渡り切ったら、そのまま直進します。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ3

この段階で、左手前方にアロハタワーが見えて来ます。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ4

写真の様な景色を、次の交差点まで進みます。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ5

次の交差点を渡ります。

渡った先を左(写真赤矢印方向)に横断します。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ6

この横断歩道を渡ると すぐ先は海なので、アロハタワーマーケットプレイスまで あと少しです。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ7

横断歩道を渡り切った先には駐車場があります。

この先がアロハタワーマーケットプレイスなのですが、駐車場の中は横切れないので左から回り込みます。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ8

建物が少なくなり、だんだん視界が開けて良い雰囲気になって来ます。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ9

港に着き、目の前に大きな船が停泊しています。

余談ですが、この港(pier8)からサンセットクルーズ等の船が出ています。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ10

更に道なりに進むと、左手前方にアロハタワーファーマーズマーケットのテントが見えてきて、到着です。

バスを降りてから約5分で到着しました。

バス停からアロハタワーファーマーズマーケットへ11

アロハタワーファーマーズマーケットからワイキキへ
バスでの帰り方

アロハタワーファーマーズマーケットの会場を出て右手方向へ、来た道を戻ります。

道路は渡りません。

アロハタワーの最寄りバス停(帰り)

歩いて行くと、右手に建物が無くなり海が見えて来ますので、更に直進します。

アロハタワーファーマーズマーケットから帰りのバス停へ1

トロリー乗り場が見えたら、バス停はスグ先です。

アロハタワーファーマーズマーケットから帰りのバス停へ2

更に進むと、バス停が見えて来ます。
アロハタワーファーマーズマーケットの会場を出てから約3分で到着しました。

このバス停に来るバス 55番・56番・57番・57A番 は全てアラモアナセンターが終点なので、終点でバスを降りたら少し先にあるバス停から 8番バス に乗ってワイキキ(クヒオ通り)へ戻ります。

現金で乗られる場合は、乗車時にトランスファーチケットの受け取りをお忘れなく。

アロハタワーファーマーズマーケットから帰りのバス停へ3

ワイキキからアロハタワーファーマーズマーケットへ トロリーでの行き方

2016年8月現在、Tギャラリアのトロリー乗り場からファーマーズマーケットに直行するトロリーが出ていました。

私は乗った事が無いので詳しい事は不明ですが、ワイキキトロリーのスタッフに聞くと「金曜日の4時頃から往復4便運行している」との事で、料金は片道2ドルだそうです。

以上、アロハタワーファーマーズマーケットの雰囲気や出店しているお店、行き方・帰り方(場所)等のご紹介でした。

グランドオープン時は25店舗と まだまだ小規模で、ワイキキからも少し遠いですが、港の近くで “のんびり” した雰囲気が味わえるので、お出掛け帰りに夕涼みがてら訪れるのもイイかも知れません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ