ハレイワ特集!【その1】
おすすめB級グルメ・レストラン・ショップ観光と散策マップ

ハレイワタウンって、ガーリックシュリンプ、フリフリチキン、ハンバーガー、シェイブアイス、ノースショア沿いのレストラン、ショップのハレイワ限定商品等、ハレイワ名物の宝庫なんですよね!

でも、ワイキキからハレイワタウンまでは遠い。。。
それなのに、胃袋は1つしかない。。。

そこで、私自身が現在までに頂いたお勧め「ハレイワタウンのB級グルメ・レストラン・ショップのハレイワ名物・散策観光マップ」を、感想も添えながらご紹介いたします。

2017年12月更新版(チョロズを追加。その他更新)

スポンサーリンク

ハレイワ観光&グルメ&ショッピング観光スポット

ハレイワタウンの名物ランチ(B級グルメ&レストラン編)の散策マップです。
完全に、私個人のおすすめスポットの地図になってまーす!(もちろん実食済み♪)

ハレイワタウンには沢山のお店があるので、地図が2つになっちゃいました!

このページは「シュリンプ屋台・名物レストラン・曜日限定グルメ&イベント」編、2ページ目は「ファストフード・スイーツ・ショップ」編になっています。

〔関連記事〕

スマホの方は、2本指で地図を広げれば拡大されます。

ハレイワタウン地図

地図上の赤番号は、下の口コミのお店の位置を示しています!

シュリンプ屋台(ガーリックシュリンプなど)

ノースショアと言えば、近くで養殖されていることで名物となっているシュリンプです。
ハレイワタウンにも数件のフードトラックがあるので、食べ比べをしてみました。

赤い番号は地図上の番号で、場所を示しています。(ランキングではありません)

ジョバンニ Giovanni's Shrimp Truck

ジョバンニ ハレイワ

元祖!ノースショア シュリンプ屋台ブームの火付け役「ジョバンニ」。

カフク店開店の翌年にハレイワ店がオープンしてもう20年くらい経つらしい。※2017年現在

ジョバンニの人気メニュー・ガーリックスキャンピーの特徴は、インパクトのあるカッツリ系ってこと。

濃厚なオイルソースとガーリックが絡んで、ヤミツキになる味です。

サラダ類は一切なく、絞るためのレモンが添えられているだけ。

最近、年食ってきたせいか、ジョバンニはちょっと油っぽく感じるようになってきちゃった。
箸休め的なサラダも無いしね。

シェアして2尾くらい食べるのが、今の私にはちょうど良いかな〜。(若い人はガツンと行っちゃってください!)

モヤさま2や、とんねるずのみなさんのおかげでした「きたな美味い店」も訪れている名物店なので、ガーリック好きな方にお勧めしたいエビ屋台です。

詳しくは:ハレイワ ガーリックシュリンプ(ジョバンニ)の行き方・メニュー・料金

ジョバンニまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約900m、ノースショアマーケットプレイスから約600m、ハレイワストアロッツから約1.2km

ビッグウェイブ BIG WAVE SHRIMP

ハレイワのビッグウエーブ
ハレイワ シュリンプ

ハレイワタウン南部にある、フードトラック「ビッグウェイブ」。

ここの特徴は、1ドル追加で「殻なしシュリンプ」を注文できること。

ガーリックシュリンプの「手ベトベト問題」を解決してくれるお店です。

(水道はどの店にも大抵あるけどね)

殻なしのオーダーは、
Peeled Garlic Shrimp(ガーリック味)
Lemon Peppered Shrimp(レモン風味)で。

それと、ここはシュリンプ専門店じゃなくて、ステーキ、揚げ春巻き、海老入りフライドライスもあるので、それぞれの単品はもちろん、シュリンプとステーキのハーフ&ハーフ(コンボプレート)ってメニューがあるのも特徴。

ジョバンニと比べると存在が地味なので、味はどうなの〜ぉ?と疑いの念を抱きながら食べたのですが、侮るなかれ、とても美味でした〜!(ガーリックシュリンプ)

カフク地域のエビ屋台を含めても、私の中では2〜3位を争うレベル♪

キャベツサラダは量が多め。ドレッシングはサウザンアイランドで、たっぷり掛かってました。

また、ハレイワタウンのガーリックシュリンプ・フードトラックの中では、イートインスペースが一番綺麗だと思います。

ビッグウェイブまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約1km、ノースショアマーケットプレイスから約700m、ハレイワストアロッツから約1.3km

ホノズ Honos Shrimp Truck

ホノズ ハレイワ

ジョバンニと同じ敷地内にあるのは、ホノズ。

ホノズも、Big Waveのように、シュリンプ以外のメニューもあるのですが、

お肉はカルビ、サイドメニューはキムチがあったりします。(たぶん経営者は韓国系)

でも頂いたのはやっぱりガーリックシュリンプ。

エビは、しっかり大蒜の味が染み込んでいて、見た目もキレイに盛り付けられています。

ご飯は、2スクープ共にガーリック掛けじゃなく、純白領域が残されている所がいいですね。

キャベツサラダのドレッシングはビネガー系で、さっぱり頂けました。

ホノズまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約900m、ノースショアマーケットプレイスから約600m、ハレイワストアロッツから約1.2km

ダット・ケイジャン・ガイ Dat Cajun Guy

ダットケイジャンガイ ハレイワ

ケイジャン料理って知ってますか?

アメリカ・ルイジアナ州の郷土料理で、フランス系移民によってつくられた庶民の味。
ジャンバラヤがその代表メニューだそうです。

ジャンバラヤは、日本のファミレスで食べたことあるけど、本格的なのは食べたことないわ〜。

それに、このダット・ケイジャン・ガイは、ずっと地元の口コミサイトで、ハレイワタウンのレストラン・ランキングNO.1だったから、行かないわけにはいかないわ〜。

ということで、口コミで特に評判の良かった「ニューオリンズスタイル バーベキューシュリンプ」を頂いてみました。

なんと、オシャレにフランスパンが添えられているではないか!

その分、ご飯は1スクープになってますね。
ちなみに、白米か玄米かを選べます。

味は、これが本場のケイジャン料理なのかと驚くほど、日本で食べたものとは全く違う、かなりスパイシーで濃厚なものでした。(これが本場の味かどうかは分からないけど。。。)

ソースもたっぷりでシチューみたい。ソースと海老をパンに乗せたりと、フレンチっぽい食べ方ができます。サラダ類の付け添えは一切ないです。

場所は、ジョバンニと同じ広場にありますよ。

ダット・ケイジャン・ガイまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約900m、ノースショアマーケットプレイスから約600m、ハレイワストアロッツから約1.2km

カマロン シュリンプ ワゴン Camaron Shrimp Truck

haleiwa-garlicshrimp-camaron.jpg

ハレイワタウンの中心地に位置する「カマロン シュリンプ ワゴン」。

ここでも、定番メニューのガーリックシュリンプを頂きました。

カマロン ハレイワ

「定番」と言っても、いわゆるガーリックシュリンプとは全く違う、ホワイトソースタイプ。

脂っぽくなく、それでいてスライスガーリックがしっかり入っていました。(シュリンプは8尾)

サラダは、レタス・レッドキャベツ・人参。

上品に添えられたお花の下には、コーンとパイナップルも。

ここの特筆すべき点は、クリーミーな味付けと、お米の炊き方。
日本人経営だけあって、日本で頂けるような美味しく炊いたお米が頂けます!

こういうプレートランチって、ライスがパサパサな店も結構あるので、ちょっと嬉しいかも。

だからでしょうか、ライスの盛り付けが、スクープではなくお弁当風に入っています。お米を潰さないように・・・なのかな?

また、ハレイワタウンの中心部にあるため、ハレイワで時間を多く割けない場合(ツアーや航空会社の特典シャトルバス等、自由時間が少ない時)でも行きやすいのが特徴です。

カマロンまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約165m、ノースショアマーケットプレイスから約150m、ハレイワストアロッツから約375m
スポンサーリンク

ハレイワタウンの名物レストラン

ウエイターさんやウエイトレスさんがいて、サーブしてくれるタイプのレストランです。
(=チップは忘れずに)

数件ある中から、ハワイらしい、ハレイワらしいレストランだと思うものを挙げてみました。

カフェハレイワ Cafe Haleiwa

カフェハレイワ

ハレイワタウンで、地元の人から長く愛され続けている老舗レストラン「カフェ ハレイワ」。

外にウェイティングが出来るほどの人気店なんですよね〜。

(この時は10分待ちでした。9時50分頃到着で)

カフェハレイワの店内

お客さんはほとんどが地元の人。
ローカルの日常を垣間見れる場所ですね。

カフェハレイワのパンケーキ

こちら、ブレックファーストメニューから、「ザ・カントリー・ブレックファースト / The Country Breakfast」。

バターミルクパンケーキ2枚に、卵料理(この日はスクランブルエッグをチョイス)、ベーコン or ソーセージ、という内容です。

あれ・・? やっちまったかな?

パンケーキは美味しかったけど、スクランブルエッグとベーコンのクオリティが今ひとつ。。。

一方、地元のおじさんのテーブルをチラリと横目で見てみると・・・、オムレツが大変美味しそうでした〜!(やっぱり慣れている人は違うね〜)

味は、正直なところ「普通」だし、食事のジャンルもパンケーキ、オムレツ、フレンチトースト、メキシカン等「至って普通の朝食&ブランチメニュー」なのですが、サーファーや欧米人のおじいちゃんに囲まれて、ノースショアの日常に溶け込める、そんな雰囲気を味わえる老舗レストランということで、私のハレイワ・ランチマップに加えています。

営業時間は、7時から14時(毎日)(水〜土は18時からの営業もあり)。
駐車場はお店の裏にありますよ。

カフェ・ハレイワまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約820m、ノースショアマーケットプレイスから約520m、ハレイワストアロッツから約1.1km

ハレイワジョーズ Haleiwa Joe’s Seafood Grill

ハレイワジョーズ
▲ハレイワジョーズのテラス席

「モヤモヤさまぁ〜ず2」で、3回も訪れているハレイワタウンの有名レストラン。

人気のテラス席からは、ノースショアの小さな港がちょっと見え、ワイキキとは違う「のんびりムード」を満喫する事ができました。

モヤさまで店員さんがおすすめしていたメニューは、フィッシュタコス、ベジタブルバーガー、シーズニングマッシュルーム、アヒ、ジョーズ・テンプラ・クラブ・ロールス。

TVでは4品注文していましたが、私たちは2人だったので、その中から、

ハレイワジョーズ メニュー
▲ジョーズ・テンプラ・クラブ・ロールス(上)
スイート・カルビ・リブス(右)
アヒの春巻(左)

さま〜ずのリアクションが特に良かった「ジョーズ・テンプラ・クラブ・ロールス」と「スイート・カルビ・リブス」をチョイス。

それに加えて、お客さんの多くが注文するという「アヒの春巻」も一緒にオーダーしてみました。

スイート・カルビ・リブスは、甘辛くコリアン風に味付けされた骨つきカルビ。確かに美味しい!

ジョーズ・テンプラ・クラブ・ロールスは、カニとキュウリの海苔巻きに衣をつけて揚げたもの。
ローカル風にアレンジしたお寿司だけど、日本人の舌にも合うと思いました。

アヒの春巻も、そのままでも美味しいけれど、お醤油を付けていただくと和風にも感じられて、それも美味しかったです。

ハレイワジョーズまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約370m、ノースショアマーケットプレイスから約800m、ハレイワストアロッツから約180m

チョロズ ホームスタイル メキシカン
Cholo's Homestyle Mexican

ハレイワ チョロズ
▲チョロズ

ノースショア マーケットプレイスの中にあるメキシカン料理「チョロズ」。

2017年10月は、こちらに訪れてみました。

店内はカラフルな内装。
海外に居る感が満載で楽しいです。
(インスタ映えしそう♪)

ハレイワタウン チョロズ
▲チョロズでランチ

味は、本場のメキシカン!
そして、ボリューム満点!

ハレイワタウンと言えば、ガーリックシュリンプ、フリフリチキン、ハンバーガー、サンドイッチが有名で、なかなか「メキシカンに行こう!」・・とは、ならないかもしれませんが、私はかなり気に入りました。

ボリュームがあるので、ご注意を。(無料でトルティーヤチップスも提供されます)

チョロズ ホームスタイル メキシカンまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約310m、ノースショアマーケットプレイス内、ハレイワストアロッツから約525m

ハレイワビーチハウス Haleiwa Beach House

ハレイワビーチハウス

「モヤモヤさまぁ〜ず2・ハワイ 2016」で訪れたハレイワ・ビーチハウス。

ポケボウル(ポケ丼)が美味しいと狩野アナがうなっていた海の見えるレストランです。

以前ここに、「ジェイムソンズ バイ ザ シー (Jameson's By The Sea)」という名のレストランがあり、そこに、モヤさま ハワイ 2013は訪れていました。

2016年3月27日オープン。
未訪問につき、料理写真が無くてすみません。

ハレイワビーチハウスまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターから約790m、ノースショアマーケットプレイスから約1.2km、ハレイワストアロッツから約600m
スポンサーリンク

ハレイワタウンの曜日限定グルメ・イベント

私が知っている範囲内ですが、ハレイワタウンの曜日限定ランチを挙げてみました。

レイズのフリフリチキン(土日) Ray’s Kiawe Broiled Chicken

フリフリチキン ハレイワタウン

ご存知!土日限定でオープンしてるハレイワ名物のフリフリチキン。

レイズ キアヴェ ブロイルド チキンです。

うちの母は年1ペースでハワイに行くのですが(その時は私が案内係)、

旅の序盤から「フリフリチキンに連れてけ〜、連れてけ〜」

と、言い出します。
土日しか営業してないんだよ〜って、何度言ったことか。。。

チキンを回転しながら焼くことで余計な油が落ちるので、年配者でも食べやすい味わいになっているんだと思います。

レイズ キアヴェ ブロイルド チキン

こちらは1羽分をカットした「ホールチキン」。

10.75ドル(2017年8月現在)

フリフリチキン レイズ

そしてこっちは、プレートランチ 9ドル。(2017年8月現在)

ハーフチキンにライス、コールスローサラダが付いてます。(コールスローサラダにはパイナップルも入ってる)

そして、なぜかタレ付き
(どこに掛けるの?ご飯?)

場所は、マラマ・マーケットの駐車場内。

今は、店前にテーブルと椅子はありません。

フリフリチキンの行き方

レイズ・フリフリチキンまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターの目の前、ノースショアマーケットプレイスから約300m、ハレイワストアロッツから約230m

マラママーケットの木曜日限定ステーキ Malama Market

マラママーケットのステーキプレート ハレイワ

マラマ・マーケットに木曜日だけ出現するステーキプレートランチは、そこそこの美味しさでした。(あ〜、でもちょっと硬いかなぁ)

スーパーの入口で、店員さんが焼いてます。

2スクープのご飯、グリーンサラダ付きは普通だとして、ドリンクまで付くのが驚きです。

ステーキプレート 9.99ドル(2017年9月現在)

ドリンクは、クーラーボックスの中から好きな種類を持ってって〜って感じです。

マラママーケットのステーキプレート ハレイワ

注文は、マラママーケット店内にある有人のお惣菜コーナーにて。(入口右手)

フォークやナイフ、ソース、飲み物が近くの机に用意されているので、セルフサービスで、受け取ったステーキと共にレジへ運び、会計します。

ただ、こちらも食べる場所が用意されていないので、どこかに移動しないとですけどね〜。

マラマ・マーケットまでの距離(ハレイワタウン主要場所から)
ハレイワタウン地図
ハワイワタウンセンターの目の前、ノースショアマーケットプレイスから約300m、ハレイワストアロッツから約230m

閉店したお店(シュリンプ屋台・名物レストラン・曜日限定店 編)

かつて、このページでご紹介していた下記お店は閉店しています。(2016年11月更新)

シュリンプ屋台・名物レストラン・曜日限定店 編 のみの閉店情報です。次頁にも閉店情報あります

  • マッキーズ
  • ジェイムソンズ バイ ザ シー Jameson's By The Sea
  • リリウオカラニ教会のフリフリチキン(日曜お昼〜) Liliuokalani Church
  • グラススカートグリル

このページは、私が実際食べたハレイワタウンのグルメから、【シュリンプ屋台、サービスのあるレストラン、曜日限定グルメ編】をダイジェストでご紹介いたしました。

次のページは、セルフサービスの軽食カフェ・デザート・ショップ編(ハレイワタウンMAP2)をご紹介いたします!

スポンサーリンク

このページの先頭へ