バーガーアンドシングス|ハワイの絶品バーガーの感想と詳しい行き方
食べたメニューの感想やお店の雰囲気・注文方法・ワイキキからの行き方(バス利用)・駐車場情報など

バーガーアンドシングスは、有吉の夏休み2017で紹介されたハンバーガーのお店。
放送日にハワイに滞在していた私に、番組を見ていた友人が情報をくれたので、早速行ってみました。

場所はダウンタウンの少し北側なのでワイキキから少し離れますが、ハンバーガーは絶品なのでオススメです。

内容は、私が食べたメニューの感想・お店の雰囲気・注文方法・ワイキキからの詳しい行き方(場所)・営業時間・駐車場などのご紹介です。

最新調査日:2017年9月

スポンサーリンク

バーガーアンドシングスのお店の雰囲気と注文方法

バーガーアンドシングス(burger and things)の外観
▲バーガーアンドシングスの外観

バーガーアンドシングスの外観は、かなり渋めな感じ。

2015年オープンと聞いていたので新しいお店を想像していましたが、“老舗感” すら感じる佇まいです。

バーガーアンドシングス(burger and things)の店内
▲バーガーアンドシングスの店内

店内は2面採光で明るく、とてもシンプルでカジュアルな雰囲気。

席はカウンターの他にテーブル1台という小さなお店で、全16席位です。

バーガーアンドシングス(burger and things)のテーブル
▲バーガーアンドシングスのテーブル

テーブル席は、バーカウンター位の高さがあり少々座り難い感じ。

皆さんカウンター席が空くと移動していたので、不人気の様です。(私はテーブル席を利用)

バーガーアンドシングス(burger and things)のインテリア
▲バーガーアンドシングスのインテリア

お店の壁には、アメリカンコミックのポスターがズラリ。

ロボットの模型もお店の隅にあって、おもちゃ屋さんの様なチョット不思議なインテリアです。

バーガーアンドシングスの注文方法

バーガーアンドシングス(burger and things)のレジ
▲バーガーアンドシングスのレジ

店内に入ると、目の前にレジがありますので、最初に注文と会計を済ませます。

ちなみにレシートは出ませんので、必要な方はiPadにEメールアドレスを入力すれば送られて来ます。

バーガーアンドシングス(burger and things)のメニュー
▲バーガーアンドシングスのメニュー

大きなメニューがレジの上に貼ってあり、レジ横に紙のタイプも有ります。

ハンバーガーは全部で6種類あり、ビーブは4種類。そこからテリヤキと高級牛を外して残った2種類を選択。

会計が済んだら空いてる席へ。
番号札等は渡されません。

バーガーアンドシングスのドリンクと水はセルフで

バーガーアンドシングス(burger and things)のドリンク
▲バーガーアンドシングスのドリンク

レジでソフトドリンクを注文した方は、店内のサーバーで好きなドリンクを注ぎます。

カップはサーバーの横にありますので、プラスティックカップか紙コップお好きな方で。

バーガーアンドシングス(burger and things)の水の取り方
▲バーガーアンドシングスの水の取り方

水は無料で、コチラもセルフなのですが、チョットややこしいので説明を。

プラスティックカップを取って、写真右の透明なプラスティックが付いた部分から氷を入れます。

次に、写真赤枠部分を押すと水が出ますので、右手でカップを持って左手でこの部分を押します。(カップを奥に押し込むと有料のドリンクが出てしまいますので、ご注意ください)

スポンサーリンク

バーガーアンドシングスで食べたメニューと感想

バーガーアンドシングスのワギュウセイ
▲バーガーアンドシングスのワギュウセイ

最初に注文したメニュー「ワギュウセイ(WAGYU SAY?!)」(12ドル)

ジューシーで「肉」を感じる深みのある味わいが印象的な、かなり美味しいハンバーガー。

マッシュルームやオニオンソテー・トマトなど具材タップリで満足感もあります。

バーガーアンドシングスのジューシーバーガー
▲バーガーアンドシングスのジューシーバーガー

次に注文したのは「ジューシーバーガー」(8ドル)

「ジューシーバーガー」と言うだけあって、ジューシーさは和牛より「上」な感じ。

味の深みは和牛には叶わないものの、肉の旨みはシッカリ感じられる美味しいバンバーガーです。

バーガーアンドシングスで食べたハンバーガー
▲バーガーアンドシングスで食べたハンバーガー

バーガーアンドシングスのハンバーガーはオープンな状態で出て来ますが、重ねたると こんな感じに。

全体的なボリュームはハワイのハンバーガーにしては控えめですが、どちらも肉は大きくて何より美味しいので、値段はリーズナブルだと感じます。

バーガーアンドシングスの営業時間と住所

バーガーアンドシングス(burger and things)の営業時間
▲バーガーアンドシングスの営業時間と定休日

バーガーアンドシングスの営業時間と定休日・住所は以下のとおりです。

営業時間
火ー日曜日:11時から18時00分
定休日:月曜日

バーガーアンドシングスの住所
1991 Pauoa Rd, Honolulu, HI 96813

バーガーアンドシングスの駐車場

バーガーアンドシングスの駐車場入口
▲バーガーアンドシングスの駐車場入口

バーガーアンドシングスはワイキキから離れているので、駐車場の情報もお知らせします。

駐車場はお店の裏手にあり、通りから向かって右側の通路から入ります。

バーガーアンドシングスの駐車場
▲バーガーアンドシングスの駐車場

通路を抜けると7台分位の駐車スペースが有ります。

建物側は駐車禁止なので、ご注意を。

バーガーアンドシングスの入口(駐車場側)
▲バーガーアンドシングスの入口(駐車場側)

入口は、駐車場側にもあります。

階段を上って、裏口から入る感じです。

スポンサーリンク

バーガーアンドシングスの行き方(バス利用)

ワイキキからバーガーアンドシングスへバスで行く方法は何通りかありますが、今回は一番シンプルで歩く時間が少ないルートを詳しくご紹介します。

まずはワイキキからアラモアナセンターへ行き、アラモアナセンター海側のバス停からスタートします。

ワイキキからアラモアナセンターへは、各社トロリーの「海側」停留所で降りると道路側にバス停があります。(JTBのトロリーを利用される方は、海側の歩道に出てワイキキ方面へ少し進んだ所にバス停が有ります)

アラモアナセンター海側バス停
▲アラモアナセンター海側バス停

バーガーアンドシングスへバスで行くには、アラモアナセンターの海側バス停から「6番」に乗ります。

ワイキキからバスでアラモアナセンターへ行かれる方は、クヒオ通りから「8番・19番・20番」の何れかに乗り、アラモアナセンターで降りれば、降りたバス停で乗り換えが可能です。

アラモアナセンター海側バス停(ワイキキ寄り)
▲アラモアナセンター海側バス停(ワイキキ寄り)

アラモアナセンターの海側バス停は2つの停留所が並んでいますので、ワイキキ寄りの方から乗車します。

停留所に、バス番号の「6」が記載されていれば確実です。

6番バスは、曜日や時間帯によっては運行本数が少ないので、出来れば ウェブサイトスマホアプリ 等で事前に調べておくと待ち時間が短縮できます。

ダウンタウンを抜けてH1フリーウェイの上を通過
▲ダウンタウンを抜けてH1フリーウェイの上を通過

アラモアナセンターを出て、渋滞が無ければ10分程度でダウンタウンのビル街に入ります。

ビル街を抜けて、少し進むと「H1フリーウェイ」の上を通過。

写真はバス乗車時に進行方向右側からH1フリーウェイを撮影したものです。

降りる一つ前のバス停(進行方向右側)
▲降りる一つ前のバス停(進行方向右側)

H1フリーウェイの上を通過してから数分後、進行方向右手に 写真の「青いストライプの入った白い家」があるバス停「ルージターナ ストリート + サンアントニオ アヴェニュー」に停まれば、次が降りるバス停です。

降りる準備をして、バスが発車したら降車サインのワイヤーを引いて下さい。

降りる一つ前のバス停(進行方向左側)
▲降りる一つ前のバス停(進行方向左側)

上の写真がバス乗車時のもので不鮮明なので、進行方向左手の特徴的な木の写真も載せてみました。

日立の「この木何の木」の小さいバージョンの様な木が、このバス停の進行方向左手に見えます。

バーガーアンドシングス最寄りのバス停
▲バーガーアンドシングス最寄りのバス停

この後、バスは大きく右に曲がってすぐ先にあるバス停に停まります。

この停留所が、バーガーアンドシングス最寄りのバス停「パウオア ロード + ルージターナ ストリート」です。

ここで問題なのが、「バスは降りる人も乗る人も居なければ停まらない」ので、一つ前のバス停を通過する可能性があるという事です。
この対策としまして、H1フリーウェイを過ぎてから数分後に「大きく(90度以上)右に曲がったらスグに降車サイン」と覚えて頂けると確実です。(万一降り損なっても、次のバス停は約250m先なので戻ればOKです)

バーガーアンドシングス最寄りバス停前の教会
▲バーガーアンドシングス最寄りバス停前の教会

バーガーアンドシングスの最寄りバス停前には教会が有ります。

バスを降りて、この景色なら間違いはありません。

渋滞が無ければ、アラモアナセンターを出てから25分位で到着します。

バスが来た方へ直進
▲バスが来た方へ直進

ここから、まずはバスが来た方へ戻るかたちで直進します。

横断歩道を渡って更に直進
▲横断歩道を渡って更に直進

すぐに横断歩道があります。

バスが大きく右に曲がった交差点ですね。

この横断歩道を渡って、更に直進します。

右手前方にガソリンスタンドと高速道路
▲右手前方にガソリンスタンドと高速道路

右手前方にガソリンスタンドが見えて来ます。

更に先には、高速道路の高架が見えます。

横断歩道を渡ればスグ到着
▲横断歩道を渡ればスグ到着

次に見えて来る横断歩道を渡れば、もうすぐ到着。

バーガーアンドシングスは、渡った先にある建物の一角です。

バーガーアンドシングスに到着
▲バーガーアンドシングスに到着

まっすぐ進めば、バーガーアンドシングスに到着。

バス停から3分位(約200m)で着きました。

スポンサーリンク

バーガーアンドシングスからの帰り方

通常であれば、降りた停留所の向かい側からバスに乗れば帰れるのですが、ここの場合はチョット違いますので軽く説明させて頂きます。

帰りのバス停へ
▲帰りのバス停へ

バーガーアンドシングスを出て、来た道を戻ります。

途中までは全く同じ経路です。

降りたバス停と帰りのバス停
▲降りたバス停と帰りのバス停

バスを降りて最初に渡った横断歩道まで戻って来ました。

右手の黄色い矢印で示した停留所が、来る時に降りたバス停です。

左手の赤い矢印で示した停留所が、帰りに乗るバス停です。

交差点の左手にある横断歩道を渡って直進
▲交差点の左手にある横断歩道を渡って直進

交差点の左手にある横断歩道を渡って直進します。

帰りのバス停
▲帰りのバス停

歩道にベンチが見えたら、帰りのバス停です。

何だか不安になる佇まいですが、間違いありません。

帰りのバス停の表示
▲帰りのバス停の表示

反対方向から見ると、ちゃんとバス停の表示があります。(バス番号の記載はありません)

ご覧のとおり日陰はありませんので、天気の良い日には日焼け対策が必須です。。。

ほぼ時間通りに6番バスが到着
▲ほぼ時間通りに6番バスが到着

ほぼ時間通りに6番バスが到着しました。

この停留所は始発のバス停から近いので、予め時刻表で時間を調べておいても「ほぼ正確に」来ると思います。(始発のバスが遅れる事も時々ありますが)

到着はアラモアナセンター山側バス停
▲到着はアラモアナセンター山側バス停

行きはアラモアナセンター海側のバス停でしたが、到着は山側のバス停です。

6番バスは、途中「ワードヴィレッジ」の有るカカアコ地区を通りますので、私は時々途中で降りて買い物をします。

余談ですが、アラモアナセンターで降りずに少し先まで乗っていると「ドン・キホーテ」の横まで行き、終点は「マノアショッピングセンター」の傍です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ